富山県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 四十物(あいもの): 富山県富山市西四十物町、富山県黒部市四十物町

■ 青柳(あおやなぎ): 富山県富山市青柳
・ 地名は飛騨国一の宮水無(すいむ)神社を当地へ分社した折、神馬に乗った別当が鞭に使っていた柳の枝をさし植えたところ、古木となったことに由来するという。真宗西派性宗寺の境内には市の指定文化財であるサルスベリの大木がある。【角川日本地名大辞典】

■ 山女(あけび): 富山県魚津市山女

■ 雨晴(あまはらし):  富山県高岡市太田雨晴

■ 雨潜(あめくぐり): 富山県南砺市雨潜

■ 生地(いくぢ): 富山県黒部市生地
・ 生地(いくじ): 地名の由来は、久寿2年の津波によって新治(にいばり)村の人家もろとも四散した。その後、住民が生まれた地に帰ることを念願して、生地としたという。この地にあった新治神社も同時に海中に没したが、のち再興された。【角川日本地名大辞典】

■ 井波(いなみ): 富山県南砺市井波
・ 南北朝の頃、本願寺5代綽如が下向し、瑞泉寺が建立された。その時寺内に霊泉が湧き出たのでこの地方を井波とした、また霊泉の南にあるので井南とした、さらに従来の利波を井波に改めたなどの諸説がある。稲見・伊波の文字をあてるものもある。【角川日本地名大辞典】
・ 「ヰ(湧泉)」+「なみ(崩壊地形)」で、「湧泉のある崖」のことか、または「いな(砂地)」+「み(接尾語)」という地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 射水(いみず): 富山県射水市
・ 古代の越中国の郡名による。「や(湿地)」+「みず(水)」の転訛で「湿地」を意味する。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 打出(うちいで): 富山県富山市打出
・ 海に面し、東は四方(よかた)村、西は本江(ほんごう)村に接す。地名は、当地に出れば佐渡・能登・越後まで見渡すことができると、駿河の打出浜に比べて称せられたことにより付けられたという。古くは村は沖の方にあり、数度の高波により南遷したという。古くは港として栄え、3、000軒もある繁昌した宿で、岩瀬の海禅寺も往時はこの地にあり、現在も海中にその跡があるという。また古く長の家に華という才色兼備の白拍子がおり、近郷人に慕われていたが、その女の死後、その塚を築いて標に松を植え、花塚と称えた。現在も村の西にある松原の東端を称している。【角川日本地名大辞典】

■ 宇奈月(うなづき): 富山県黒部市宇奈月町

■ 瓜裂清水(うりわりしょうず): 富山県

■ 上見(うわみ): 富山県南砺市上見

■ 海老江(えびえ): 富山県中新川郡舟橋村海老江
・ 村名の由来は海老川(現在の細川)が村内を流れていたことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 海老江(えびえ): 富山県射水市海老江
・ 神通(じんづう)川から庄(しよう)川の河口に伸びる砂丘に面して発展した漁業集落。地名の由来は、倉垣荘の主神、賀茂明神にちなむ。また南方に海老潟がありエビの生息地であったことに由来するともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 大江干(おおえぼし): 富山県富山市大江干
・ 常願寺川の中流左岸付近に位置する。
※ 地名の由来はわかりませんが、たぶん「大江」を干拓してできた村ではなかろうか?干し地名は全国にありますね。飯干なんかは有名か?

■ 大江(おおごう): 富山県射水市。この地方は沼地が多く田仕事も川底に沈むほどであることに由来する。

■ 押上(おしあげ): 富山県富山市押上
・ 地名は神通川洪水の際に上流飛騨からの流木が、この地に押し上げられて当地の住吉社の神木となったという伝承による。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 開発(かいほつ): 富山地方鉄道。富山県富山市月岡町。新田開発の地名で中部地方に多く見られる。

■ 楠木(くすのき): 富山県富山市楠木
・ 常願寺川と神通川にはさまれた平地の北部に位置する。明暦2年の村御印には楠と見える(加越能文庫)。のちに楠木と改められた。地名の由来はこの地の社地に楠の大木があったためとも、この地の開拓者と伝えられる楠正秀にちなんだともいわれている。【角川日本地名大辞典】

■ 呉羽山(くれはやま): 富山市の西部に延びている呉羽丘陵中の山。昔、神通(じんづう)川が大量の砂礫を堆積、褶曲運動によって小丘をつくり、その東側を神通川が浸食し、現在の地形ができた。この丘陵を境に県内を東西に分け、呉東(ごとう)・呉西(ごせい)と呼ばれている。【角川日本地名大辞典】
# 呉西平野(ごせいへいや): 富山県中央部の呉羽(くれは)丘陵以西の平野。射水(いみず)平野・礪波(となみ)平野・氷見(ひみ)平野の総称。東部の呉東平野が扇状地性であるのに対し、低湿地域がかなりの面積を占める。【角川日本地名大辞典】
# 呉東平野(ごとうへいや): 富山県中央部の呉羽(くれは)丘陵以東の平野。富山平野・新川(にいかわ)平野・黒部(くろべ)平野の総称。西部の呉西平野が低湿地域が多いのに対し、各河川による扇状地地形を形成している。【角川日本地名大辞典】

■ 小出(こいで):  富山県富山市水橋小出
・ 古くは小井手とも書いた。地名の由来は、鎌倉期に水中より1寸8分の黄金仏が出現し、人々はこの地のために「おいで(御出)」になられたと喜び、「オイデ」と名づけたことによるという。【角川日本地名大辞典】
・ 本村からでた小さな出村のこと。手ノ子(てのこ)も同じ意味。

★ 

■ 眼目(さっか): 富山県中新川郡上市町眼目
・ この地は、かつて「咲花」や「察花」と書いた。
・ 目(さっか)という名字と同じで役職に由来する。
・ 昔の役職は、上から「かみ・守(長官)」「すけ・介(じかん)」「じょう・尉(三等官)」「さかん(四等官)」で、「さかん」は「左官(補佐官)」で「属」「史」「目」などの字をあて、「さっか」とも読んだ。
・ 村名の由来は「越中志徴」には「眼目の二字をサックハというよし、未だ詳ならず」とある。慶長12年に前田利常が巡回の際に、当地にある眼目山(がんもくざん)立山寺の由緒を聞き、山号の文字眼目を以て村名の察花の文字と替えさせ、眼目の二字をサッカと読むようにした。これによって、寺の村に先だつことを後代に証したと伝えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 指崎(さっさき): 富山県氷見市指崎

■ 三女子(さんよし): 富山県高岡市三女子
・ 「三好」から転じた。

■ 七軒(しちけん): 富山県射水市海老江七軒
・ 地名の由来は、もとの戸数が7軒であったということに由来する。

■ 七軒町(しちけんまち): 富山県富山市七軒町
・ 七間町とも書く。町名の由来は、昔からしばしば神通川の水害にあい家数が少ないことによるとも、当初富山藩の足軽の家7軒ができたことによるとも言われる。

■ 一日市(していち): 富山県南砺市一日市
・ 地名の由来は、中世の頃、一の日すなわち、1日・11日・21日の三斎市が開かれた名残をとどめる地名であろう。「ひとひいち」が次第になまって、「していち」と呼ばれるようになったもの。【角川日本地名大辞典】

■ 城端(じょうはな):  富山県南砺市城端
・ 地名の由来は、戦国期に荒木大膳の居城の前端に、城下町として開けたことによって名づけられた。なお、地名の文字は、当初、城ケ端(じようがはな)と記されていた。時には尉之鼻の文字を当てていた。元禄15年から正徳の頃まで、加賀藩の御算用場の命により、城ケ端村と唱えたこともあったが、一般には城端町と呼ばれていた。【角川日本地名大辞典】

■ 総曲輪(そうがわ): 富山県富山市総曲輪
・ 総曲輪(そうがわ): 惣曲輪とも書く。町名の由来は、富山城外濠の側の意を総称し、この名が生じたという。【角川日本地名大辞典】
※ 明治44年には異人さんの幼稚園として知られたカナダ出身のアームストロング女史経営の青葉幼稚園が開設された。富山県の幼児教育に与えた影響は大きく、多くのすぐれた人材が巣立っている。

★ 

■ 高岡(たかおか): 富山県高岡市
・ 前田利長が隠居して富山城に住んだが、1609年3月の富山大火で富山城も焼け落ちた。そこで、利長は別の所に築城しようと「関野」の地に決めた。そして「関野」を「高岡」と変えた。鳳凰の鳴き声か。「景周謹んで按ずるに、高岡と号するは、古昔、姫周、盛徳ありて、鳳凰高岡に鳴くと、事韓詩外伝に出ず。今や、之を名づくるは、諸民公・・・・」【戦国大名はなぜその「地名」をつけたのか? 谷川彰英 朝日新聞出版】

■ 砺波(となみ): 富山県
・ 7世紀前半、朝廷より利波評(郡)を賜ったのに由来する。8世紀半ば頃に「利波」から現在の「礪波」「砺波」に変わっていった。

■ 戸保家(とぼけ): 富山県南砺市戸保家

★ 

■ 鍋島(なべしま): 富山県砺波市鍋島

■ 滑川(なめりかわ): 富山県滑川市
・ 日本海の荒波が川に遡上し、「波入川(なみいりかわ)」と呼ばれた。鎌倉時代に、北条氏がこの地に攻め入り、鎌倉の滑川に似ていることからこの字をあてたと言われる。

★ 

■ 戸破(ひばり): 富山県射水市戸破
・ 戸破(へわり): 俗称ヒバリといっている。戸破の地名は、水不足のため信州戸隠へ水をもらいに行ったところ、戸を破るほどの大雨になったことによるとか、当地を開いた武士の名であるとか伝えている。【角川日本地名大辞典】

■ 氷見(ひみ): 富山県氷見市

★ 

■ 

★ 

■ 湯神子(ゆのみこ): 富山県中新川郡上市町湯神子
・ 湯神子(ゆのみこ): 村名の由来は、昔、上市大岩街道の東方にあった湯の谷温泉が出ていたことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 鼠谷(よめだん): 富山県富山市

★ 

■ 頼成(らんじょう): 富山県砺波市頼成

■ 六渡寺(ろくどうじ)駅: 万葉線。富山県射水市庄西町
・ 江戸時代からの六渡寺村に由来し、庄川沿いに渡しがあり、付近にあった六動寺に「渡」の字をあてた。

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示