富山県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 富山県の県名の由来 ・ 富山県の難読地名・珍地名

★ 富山県の名字の特徴

# 全国的に多い、佐藤鈴木が上位にはいってこない。西日本型の名字構成。

# 富山藩は加賀藩の支藩なので、加賀藩から家臣が移住してきたため石川県と似たような傾向がある。

# 新湊市は珍名の宝庫と言われる。「釣」「網」「海老」「魚」「水門」「波」「草」「菓子」「飴」「石灰(いしばい)」「壁」「風呂」など。

# 下新川郡山崎は「山崎姓」の発祥の地の一つため、富山県内には山崎姓が多い。

【富山県らしい名字】

# 「石黒(いしぐろ)」「堀田(ほりた)・普通は(ほった)読みだよね」。石黒氏は、奈良時代に砺波地方を開拓した古代豪族の利波臣の子孫。

# 新タ(にった): 「タ」はカタカナの「タ」。富山県滑川市に集中している。

■ 富山県の特徴的名字: 金森、二上、布目、林、地崎、確井、安念、二口、氷見、宇於崎(うおさき)。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ (県内)1位: 山本
# 西日本特有の名字の一つ。
# 県内全域に見られるが、南砺市(旧平村、上平村、城端町)、黒部市(旧宇奈月町)、富山市(旧大沢野町)などに多い。
# 富山県の山本家: 黒部市宇奈月町明日(あけび)に江戸時代中期に土着して村の肝煎を努めた山本家がある。

■ 2位: 
# 林は一文字の名字としては最多。北陸地方から東海地方にかけて多くみられる。
# 県内全域に見られるが、旧砺波市、旧高岡市に多い。江戸時代、富山藩士には林家が多かった。

■ 3位: 吉田
# 近畿地方と東北地方を中心に、全国にみられる。
# 呉西に多く、南砺市(旧福光町)、南砺市(旧井口村)や小矢部市、旧砺波市に多い。
# 富山県の吉田家: 越中国新川郡江上村(富山県上市町)。越中国の国司の末裔ともいわれる。

■ 4位: 中村
# 西日本特有の名字の一つ。
# 県内全域に見られ、富山市(旧細入村)、黒部市(旧宇奈月町)、射水市(旧大門町)、高岡市、小矢部市に多い。富山藩士に中村家が多くあった。

■ 5位: 山田
# 山田は庶民名字のナンバーワンといわれる。
# 呉西に多い。南砺市(旧平村、福光町)に多い。越中国南砺郡石黒荘に山田郷があった。
# 富山県の山田家: 富山藩士。伊勢北畠家に仕えていた家城(いえき)家の出で、方英(まさひで)が母方の姓に変えた。
# 富山県の山田家: 越中国南砺郡石黒荘山田郷をルーツとする。

■ 6位: 山崎
# 全国的に分布するが、比較的西日本に多い。
# 県内全域に見られるが、特に富山市(旧山田村)に多く見られる。越中国下新川郡山崎村(朝日町)の地名が見られる。

■ 7位: 田中
# 西日本特有の名字の一つ。
# 県内全域に見られるが、富山市、高岡市、氷見市、黒部市などの海岸部に多い。
# 富山県の田中家: 越中国婦負郡田中保(富山県富山市八尾町)に、戦国時代に土豪の田中氏がいた。

■ 8位: 中川
# 北陸地方、特に石川県には方位姓が多いと言われる。
# 県内全域に見られるが、南砺市(旧井口村)、高岡市(旧福岡町)、南砺市(旧福光町、平村)に多く見られる。越中国射水郡中川(高岡市)の地名がある。
# 富山県の中川家: 越中国上新川郡町袋村(富山県富山市)の中川家は、能登国中川村の出。

■ 9位: 清水
# 立山町から富山市(旧八尾町)にかけての山間部に多く、富山市(旧山田村、大沢野町、大山町)に多い。

■ 10位: 酒井
# 富山県は全国一の、酒井が多い県。県内では、上市町、南砺市(旧上平村)にまとまって見られる。

■ 11位: 高田
# 富山県は全国一高田が多い県。南砺市など、県の南西部に多く見られる。

■ 12位: 中田
# 富山県や石川県に集中している。
# 富山県や石川県は全国的に見て中田姓の多い県。読みは「なかだ」と「なかた」があり、全国的には「なかだ」が多いが、富山県内では「なかた」の方が優勢。

■ 13位: 前田
# 前田は方位姓で庶民の間でも拡がった名字で、殿様の名字が前田だった割りには前田の名字は多い。
# 県の東部の旧宇奈月町や朝日町を除いて広く見られ、特に富山市(旧大山町)、高岡市(旧福岡町)に多い。また、小矢部市や砺波市や氷見市にも多い。
# 富山県の前田家: 富山藩主10万石。加賀藩の前田家の分家。二代藩主の正甫が売薬を奨励した。

■ 14位: 中島
# 九州地方から山口県では濁らない「なかしま」が多いが、関東地方では「なかじま」が多い。富山県内には「なかしま」も「なかじま」も多い。富山県内では比較的南砺市に多い。
# 富山県の中島家: 越中国砺波郡国吉(富山県高岡市)の旧家。

■ 15位: 高橋
# 富山県内では滑川市、小矢部市、射水市に多い。
# 富山県の高橋家: 越中国射水郡五十里村(富山県高岡市)の旧家で宇多源氏佐々木氏流。永正年間に戦乱をさけて越中国の五十里村に移り住んだ。代々十村役を務めた。

■ 16位: 松井
# 中国地方から関東地方にかけて多く、特に富山県、群馬県、滋賀県、奈良県に多い。
# 富山県内では富山市や滑川市、上市町、立山町に多い。
# 富山県の松井家: 富山城下の豪商で布目屋を号す。美濃国稲葉山城主の斎藤家の家老の氏家卜全の三男の行継の末裔と言われる。行継は関ヶ原の戦いで西軍につき、越中の一族を頼って落ち延びた。その後、松井と改称し十村役を務めた。
# 富山県の松井家: 滑川市の豪商で小泉屋を号した。

■ 17位: 山口
# 全国にまんべんなく見られ、特に佐賀県と長崎県に多い。
# 富山県内でも全域に見られるが、黒部市(旧宇奈月町)、氷見市、魚津市、富山市に多い。中世、越中国砺波郡広瀬城(富山県南砺市福光町)に山口家があった。
# 富山県の山口家: 中世、越中国砺波郡広瀬城(富山県南砺市福光町)に山口家があった。
# 富山県の山口家: 富山藩士。伊勢国の出で、祖の重治は藤堂家に仕えた。

■ 18位: 藤井
# 広島県、山口県、岡山県に多く見られ、富山県も全国的には多い方。
# 富山県内では富山市から南砺市にかけて集中している。
# 富山県の藤井家: 越中国婦負郡大坪村(富山県富山市婦中町千里)の豪農。代々十村役を務めた。
# 富山県の藤井家: 富山県砺波郡庄川村の旧家。砺波地方の藤井一族の宗家。藤原姓で奈良時代に越中国に移り住んだ。

■ 19位: 
# 徳島県、香川県、長崎県、三重県に多い。
# 富山県内では舟橋村、富山市や氷見市、立山町、上市町に多い。
# 富山県の森家: 戦国時代に越中国砺波郡の刀利砦(富山県南砺市)に森氏がいた。
# 富山県の森家: 越中国新川郡上市村(富山県上市町)の旧家。代々山廻役を務めた。
# 富山県の森家: 富山市東岩瀬で四十物屋を号した廻船問屋。

■ 20位: 沢田
# 沖縄県を除き全国に分布するが、ランキングの上位にみられるのは富山県と青森県だけ。地域的には愛知県の知多半島や北海道函館市に多い。
# 富山県内では高岡市から小矢部市と魚津市に多い。

■ 21位: 上田
# 上田の「上」は標高が高いという意味と、川の流れの上手との意味があり、方角を意味する。東北地方と沖縄を除く全国にみられ、特に近畿地方を中心とした西日本に多く、奈良県、京都府、大阪府、熊本県に多い。一般には「うえだ」読みが多いが、「うえた」と濁らないことも多く、高知県では「うえた」読みの方が多い。
# 富山県内では入善町をはじめ南砺市や小矢部市などに多い。戦国時代に広瀬城(富山県南砺市舘)に上田氏がいた。
# 富山県の上田家: 戦国時代に広瀬城(富山県南砺市舘)に上田氏がいた。
# 富山県の上田家: 越中国新川郡東岩瀬村(富山県富山市)の旧家。肝煎を努めた。

■ 22位: 加藤
# 加藤の加は加賀の加ですねぇ。
# 富山県内ではまんべんなく分布するが朝日町、立山町、砺波市に多い。
# 富山県の加藤家: 室町時代に越中国太田保(富山県富山市)の土豪に加藤氏がいた。
# 富山県の加藤家: 戦国時代に越中国砺波郡広瀬舘村(富山県南砺市舘)に加藤氏がいた。

■ 23位: 松本
# 全体的には、西日本に多くみられ、関西から九州に特に多くみられる。
# 富山県内ではまんべんなく分布するが上市町、砺波市、魚津市、南砺市などに多い。

■ 24位: 小林
# 長野県を中心に分布する。
# 富山県内では、朝日町、魚津市、富山市、高岡市などに多く見られる。
# 富山県の小林家: 越中国射水郡仏性村(富山県氷見市)の旧家で加賀藩の十村役を務めた。
# 富山県の小林家: 越中国新川郡篠川村(富山県朝日町笹川)の旧家でこの地を開拓した。

■ 25位: 渡辺
# 全国に分布するが、どちらかと言えば東日本の名字。
# 富山県内では、舟橋村、朝日町、立山町、富山市などに多い。平安時代後期に国司任用の官人として渡辺氏が移り住んで土着した。
# 富山県の渡辺家: 平安時代後期に国司任用の官人として渡辺氏が移り住んで土着した。
# 富山県の渡辺家: 小矢部市峠の旧家で江戸時代には十村役を務め、渡辺綱の末裔と言われる。
# 富山県の渡辺家: 富山市八尾町の渡辺家も渡辺綱の末裔と言われ当地の土豪で、江戸時代には富山藩の十村役を務めた。

■ 26位: 池田
# 「山田」とともに全国にみられる名字の一つ。
# 富山県内では、上市町、南砺市、砺波市などに多い。
# 富山県の池田家: 越中国砺波郡池田荘(富山県南砺市)をルーツとする。

■ 27位: 島田
# 全国に見られるが、関東甲信越地区に多い。
# 富山県内では、舟橋村、砺波市、富山市、高岡市などに多い。富山藩士には島田家が多いと言われる。
# 富山県の島田家: 富山藩士。富山藩士には島田家が多いと言われる。

■ 28位: 松田
# 沖縄県も含めた全国各地にみられる。
# 富山県内では、舟橋村、入善町、朝日町などに多い。富山市の旧家の松田家は、もとは佐伯氏を称した。上杉謙信に敗れ、舟橋村で帰農した。当時は舟橋村は松田という地名で、それをとって松田氏を称した。
# 富山県の松田家: 富山市の旧家。もとは佐伯氏を称した。上杉謙信に敗れ、舟橋村で帰農した。当時は舟橋村は松田という地名で、それをとって松田氏を称した。

■ 29位: 橋本
# 全国でトップ10に入るのは福島県だけだが、鹿児島県と沖縄県を除いて、まんべんなくみられる。
# 富山県内では、全域に見られるが舟橋村、上市町、射水市などに多い。
# 富山県の橋本家: 越中国細入村猪谷(富山県富山市)の飛騨街道の西猪谷の関所の番人。
# 富山県の橋本家: 富山藩士。もとは加賀藩士で山本を称していたが、浪人後富山藩に仕え吉見を名乗り、後に橋本と称した。

■ 30位: 山下
# 西日本の名字で、鹿児島県、香川県、長崎県、熊本県など九州や四国に多い。
# 富山県内では県の南部に多く、砺波市(旧城端町)、氷見市、南砺市、富山市などに多い。
# 富山県の山下家: 富山城下平吹町の旧家で御召染紺屋。

■ 31位: 谷口
# 庶民中心の名字。東北地方を除く全国にみられ、北陸地方から関西地方にかけて多く見られる。
# 富山県内では県の東部に多く、特に魚津市や朝日町に多い。

■ 32位: 中山
# 地形姓で全国に見られる。関東地方から北陸地方と四国・九州に多い。
# 富山県内では県の西部に多く、小矢部市、高岡市(旧福岡町)、南砺市に多い。
# 富山県の中山家: 越中国砺波郡の旧家。武蔵国の出で、南朝の宗良親王に従って越中国に転じた。
# 富山県の中山家: 越中国射水郡万尾村(富山県氷見市)の旧家。加賀藩の山廻り役を務めた。

■ 33位: 高木
# 岐阜県、滋賀県、三重県の県境付近に特に多い。
# 富山県内では富山市から氷見市にかけて多く、特に射水市(旧新湊市)に多く見られる。
# 富山県の高木家: 越中国射水郡園村(富山県氷見市)の郷士で豪農。
# 富山県の高木家: 富山藩士に高木家が四家ある。

■ 34位: 森田
# 関東地方と関西地方に多く、特に奈良県、鳥取県、高知県などに多い。
# 富山県内では西部にに多く、小矢部市から南砺市にかけて多い。

■ 35位: 長谷川
# 奈良県をルーツとし、新潟県に多い名字。
# 富山県内では新潟県に近い東部に多く、特に黒部市に多い他、小矢部市や南砺市にも多い。
# 富山県の長谷川家: 越中国砺波郡細島村(富山県南砺市利賀村)の旧家。江戸時代には加賀藩の十村役を務めた。
# 富山県の長谷川家: 滑川市の仏師。
# 富山県の長谷川家: 富山城下で伊沢屋を号した呉服屋。

■ 36位: 藤田
# 植物の「藤」に由来する名字だが、水田の「縁」の場所を表す「縁田(ふちだ)」から転じたものもある。全国的にみられるが、瀬戸内海沿岸や東北地方北部に多く見られる。
# 富山県内では朝日町から入善町にかけて多く、また上市町にも多い。
# 富山県の藤田家: 入善町の豪農。
# 富山県の藤田家: 富山藩の藩医。

■ 37位: 石田
# 沖縄県を除く全国に分布するが、特に山陰地方から北陸地方にかけて多い。
# 富山県内では、立山町、上市町、滑川市などに多い。
# 富山県の石田家: 富山藩の天保の改革の立役者で、阿波国の藍商人の出。
# 富山県の石田家: 宇奈月温泉の開発者。

■ 38位: 竹内
# 東北地方南部を除いた全国に分布し、福井県、長野県、愛知県に特に多い。
# 富山県内では、朝日町や入善町、射水市に多い他、富山市や高岡市に多い。
# 富山県の竹内家: 越中国新川郡入膳村(富山県入善町)の旧家。但馬国出石の出の岡豊後が赤松氏に仕え後に浪人。その二男の兵左衛門が新川郡南保の竹ノ内に住んで竹内を称し、帰農した。江戸時代には加賀藩の十村役で入善宿の本陣。
# 富山県の竹内家: 越中国新川郡新庄町(富山県富山市)の旧家。加賀藩士の出。

■ 39位: 野村
# 北陸地方と中国・四国に多い。
# 富山県内では、県の中央部にまとまってみられ、舟橋村、砺波市、南砺市に多い。
# 富山県の野村家: 越中国砺波郡城端町(富山県南砺市)の豪商で、荒山屋を号す。

■ 40位: 西田
# 全国に分布するが、特に北陸地方から関西地方に多い。
# 富山県内では、上市町、朝日町、氷見市などに多い。
# 富山県の西田家: 越中国新川郡(富山県)。同地の戦国大名の椎名氏の一族で、後に帰農した。
# 富山県の西田家: 越中国新川郡若栗村(富山県黒部市)の豪農。江戸時代には加賀藩の十村役を務めた。
# 富山県の西田家: 魚津市の豪農。
# 富山県の西田家: 富山藩士に西田家が三家ある。

■ 41位: 村上
# 瀬戸内海沿岸や東北地方に多い。
# 富山県内では、全域にみられるが特に上市町、小矢部市、立山町に多い。
# 富山県の村上家: 富山藩士に村上家が二家ある。

■ 42位: 黒田
# 地名由来の名字で、沖縄県を除いた全国にみられるが、中でも富山県に多く関西地方にも多い。
# 富山県内では、富山市付近に多く、特に上市町に多い。
# 富山県の黒田家: 高岡市の黒田地区は肥後国天草の出の黒田氏が開発領主と言われる。
# 富山県の黒田家: 富山城下の旧家で、黒田屋を号した。コクヨの先祖らしい。

■ 43位: 佐伯
# 愛媛県と富山県に多く、愛媛県では「さいき」読みが多く、富山県ではほとんどが「さえき」読み。全国的には「さえき」読みが優勢。
# 富山県内では、立山町を始め舟橋村、富山市、上市町に多い。
# 富山県の佐伯家: 立山町の芦峅寺の社家に佐伯氏がおり、富山県内の佐伯家はこの一族と言われる。
# 富山県の佐伯家: 越中国新川郡斉木村(富山県魚津市)の旧家。加賀藩の鷹御用や十村役を務めた。

■ 44位: 佐々木
# 東北地方に多い他、山陰地方にも多い。
# 富山県内では、黒部市(旧宇奈月町)、魚津市、上市町などに多い。
# 富山県内佐々木家: 黒部市(旧宇奈月町)の木地師。佐々木家の一族の佐々成政の末裔と言われる。
# 富山県内佐々木家: 南砺市。蔵宿を努め河崎屋を号した。近江の佐々木氏の末裔

■ 45位: 堀田
# 全国的には「ほった」読みだが、富山県ではほとんどが「ほりた」読み。
# 富山県内では、富山市から中新川郡にかけて多く、特に上市町、立山町、舟橋村に多い。
# 富山県の堀田家: 高岡市伏木の廻船問屋で鶴屋を号した。

■ 46位: 宮崎
# 東北地方を除いた全国にみられ、特に九州地方に多い。
# 富山県内では、黒部市に多い他、舟橋村や魚津市にも多い。
# 富山県の宮崎家: 越中国宮崎(富山県朝日町)をルーツとし、藤原北家利仁流というが未詳。宮崎氏が住んで宮崎の地名ができたとも言われる。木曽義仲の出兵に従い、義仲が敗れた後には信濃国伊那郡黒田荘(長野県上郷町)に逃れて土着した。
# 富山県の宮崎家: 越中国下新川郡石田村(富山県黒部市)の豪農。
# 富山県の宮崎家: 富山藩士の宮崎家は、もとは加賀藩士。

■ 47位: 
# 沖縄県を除き広く見られ、特に岐阜県に多いほか富山県や大分県にも多い。
# 富山県内では、立山町、舟橋村、射水市に多い。
# 富山県の堀家: 越中国射水郡布施村(富山県氷見市)の旧家で、加賀藩の十村役を務めた。
# 富山県の堀家: 高岡市の豪農。
# 富山県の堀家: 富山藩士に堀家が四家ある。

■ 48位: 杉本
# 沖縄県を除き広く見られ、特に四国から東海地方や北陸地方に多い。
# 富山県内では、入善町、射水市、上市町に多い。

■ 49位: 宮本
# 宮本と宮下は同じ意味で、宮根は宮本一族が改姓したと言われる。西日本一帯に広く見られる。
# 富山県内では、高岡市(旧福岡町)、南砺市(旧福野町)、富山市(旧八尾町)などに多い。

■ 50位: 斎藤
# 富山県内では、砺波市、南砺市に多い。

■ 51位: 上野
# 地名姓で、沖縄県を除く全国にみられる。
# 富山県内では全域にみられるが、氷見市、入善町、高岡市に多く見られる。
# 富山県の上野家: 越中国新川郡上野(富山県富山市)をルーツとする。
# 富山県の上野家: 冨山藩士に上野家が二家あった。

■ 52位: 石黒
# 富山県と愛知県に多く見られる。
# 富山県では上市町、射水市、砺波市に多い。
# 富山県の石黒家: 古代豪族の利波氏の一族で越中国砺波郡に勢力をもった。戦国時代に一向一揆に敗れて衰退した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 富山県の石黒家: 越中国新川郡向新庄村(富山県富山市)の豪農。
# 富山県の石黒家: 越中国射水郡高木村(富山県射水市)の旧家。江戸時代には加賀藩の十村役を務める。

■ 53位: 伊藤
# 東海地方を中心に東日本に広がる。
# 富山県では全域にみられ、魚津市、滑川市、上市町に多い。
# 富山県の伊藤家: 越中国新川郡島尻村(富山県魚津市)の旧家。戦国時代に奥州から移り住んで、江戸時代には加賀藩の十村役を務める。
# 富山県の伊藤家: 越中国新川郡西水橋町(富山県富山市)の旧家で北陸街道の本陣を努めた。

■ 54位: 太田
# 富山県では呉西に多く、魚津市、滑川市、上市町に多い。
# 富山県の太田家: 越中国新川郡太田保(富山県富山市)をルーツとする。平安時代に京の山科から下向した在庁官人の宮道(みやじ)氏の末裔
# 富山県の太田家: 越中国砺波郡埴生村(富山県小矢部市)の旧家。先祖は織田信長に仕え前田家と共に北陸に来た。江戸時代には加賀藩の十村役を務める。

■ 55位: 岡田
# 沖縄県を除く全国に見られるが、関西地方、中国地方、四国地方に多い。
# 富山県では射水市、高岡市、小矢部市に多い。
# 富山県の岡田家: 江戸時代に冨山藩士に岡田家が三家あった。
# 富山県の岡田家: 富山城下の中野新町の豪商。岡田屋を号して米穀商や金融業を営んだ。

■ 56位: 柴田
# 四国地方を除く全国にみられ、特に秋田県、愛知県、福岡県に多い。
# 富山県では呉西に多く、小矢部市、砺波市、南砺市に多い。
# 富山県の柴田家: 冨山藩士。

■ 57位: 佐藤
# 東日本の名字で、特に東北地方に多い。全国一人口の多い名字だが東日本の名字のため、西日本型の北陸地方には比較的少ない。
# 富山県では砺波市、入善町、富山市に多い。
# 富山県の佐藤家: 越中国砺波郡柳瀬村(富山県砺波市)の旧家。元は、越中国砺波郡常国村(富山県高岡市)の郷士。

■ 58位: 水野
# 東海地方に多い名字で、特に愛知県の尾張地方に多い。東海地方以外では富山県と福島県に多い。
# 富山県では呉東に多く、朝日町、滑川市、上市町に多い。

■ 59位: 今井
# 京都府から、滋賀県、岐阜県、長野県、新潟県と連なるように分布する。
# 富山県内では砺波市、南砺市、富山市に多い。
# 富山県の今井家: 冨山藩士。

■ 60位: 村田
# 沖縄県を除き全国に分布し、比較的山口県、三重県、滋賀県、石川県に多い。
# 富山県内では全域に見られるが、立山町、氷見市、小矢部市に多い。
# 富山県の村田家: 冨山藩士に村田家が二家あった。

■ 61位: 岡本
# 地名姓。西日本の名字で関西地方、中国地方、四国地方に多く見られ、特に奈良県と和歌山県に多い。
# 富山県内では呉東に多く、滑川市、立山町、魚津市に多い。
# 富山県の岡本家: 冨山藩士に岡本家が四家あった。

■ 62位: 荒木
# 地名由来の名字で、全国に見られるが九州北部に最も多く、長崎県や熊本県に多い。その他、山陰地方から北陸地方と、日本海側に多い。
# 富山県内でも広くみられ、立山町、射水市、砺波市に多い。
# 富山県の荒木家: 戦国時代に南砺市の城端城に荒木氏がいた。
# 富山県の荒木家: 越中国砺波郡四日市村(富山県小矢部市)の旧家。

■ 63位: 広瀬
# 沖縄県と東北地方を除く全国に広く分布し、特に山梨県に多い。
# 富山県内では魚津市、入善町、黒部市に多い。
# 富山県の広瀬家: 越中国新川郡経田村(富山県魚津市)の旧家で、江戸時代には加賀藩の十村役を務める。
# 富山県の広瀬家: 富山市星井町で売薬業を営んだ。

■ 64位: 稲垣
# 愛知県から三重県にかけて多く見られる他、富山県や岐阜県東部や埼玉県南部にも多い。
# 富山県では上市町、滑川市、射水市に多い。
# 富山県の稲垣家: 越中国婦負郡鵯島(ひよどりじま)村(富山県富山市)の豪農。江戸時代には十村役を務めた。
# 富山県の稲垣家: 越中国射水郡棚田村(富山県大門町)の豪農。
# 富山県の稲垣家: 富山城下の造り酒屋。先祖は京都・鳥羽の米穀商の島屋。

■ 65位: 大野
# 地名姓で、そのルーツとなった地は全国にみられる。沖縄県以外に広く分布するが東北地方には少なく、比較的西日本に多く、岐阜県や愛媛県に多い。
# 富山県では呉西に多くみられ、高岡市、黒部市、入善町に多い。
# 富山県の大野家: 越中国砺波郡道明村(富山県小矢部市)の旧家。

■ 66位: 米田
# 全国に分布するが、関西地方に多く、特に兵庫県の北部に多い。
# 富山県では「よねだ」読み。富山県では朝日町、魚津市、入善町に多い。
# 富山県の米田家: 越中国上新川郡岩瀬村(富山県富山市)の旧家で船問屋。

■ 67位: 平井
# 東北地方以外に分布し、関西地方から中国地方にかけて多く、富山県に多く見られる。
# 富山県では上市町、立山町、富山市に多い。
# 富山県の平井家: 冨山藩士に平井家が三家あった。
# 富山県の平井家: 越中国中新川郡千石村(富山県上市町)の旧家で、源頼光の家臣の平井保昌の末裔と言われる。

■ 68位: 田村
# 沖縄県をのぞく全国にみられ、群馬県、高知県、山口県に多い。
# 富山県では全域にみられるが、比較的富山市周辺に多い。立山町、魚津市、富山市に多い。
# 富山県の田村家: 越中国新川郡生地村(富山県黒部市)の旧家。戦国時代には越前国朝倉氏に仕え、朝倉氏が滅んだ後に越中国に逃れて土着した。江戸時代には十村役を務めた。
# 富山県の田村家: 富山市の田村家は公家の高辻家の家臣の末裔といわれる。

■ 69位: 村井
# 地名姓で、沖縄県を除く全国に広く分布し、特に関西地方から北陸地方にかけて多く、人口比では富山県が全国1位、石川県が2位。村井姓は前田家と関係が深い。富山県の本藩の加賀藩には八家(はっか)という重臣がおり、この中に村井家がある。尾張時代の前田家に仕え、平氏の出と言われる。
# 立山町、黒部市、富山市に多い。
# 富山県の村井家: 冨山藩士には村井家が多い。

■ 70位: 
# 方位姓。関西地方から北陸地方にかけてと、九州地方南部に多い。
# 呉西に多く、氷見市、射水市、小矢部市に多い。
# 富山県の南家: 戦国時代に越中国氷見郡田子村(富山県氷見市)に南家があり、橘氏の出。江戸時代には豪農。
# 富山県の南家: 放生津町(射水市)に肝煎を努めた南家があった。
# 富山県の南家: 越中国射水郡中村村(富山県高岡市)の旧家。江戸時代には十村役を務めた。

■ 71位: 高島
# 東北地方と沖縄県を除く全国に分布する。福井県と富山県に多い。
# 朝日町、魚津市、船橋村に多い。
# 富山県の高島家: 越中国射水郡五十里村(富山県高岡市)の旧家で、近江の高島氏の末裔。
# 富山県の高島家: 冨山藩士に高島家が二家ある。

■ 72位: 青木
# 栃木県を中心に関東地方から長野県に広がってみられる。
# 富山県では呉東に多く、入善町、朝日町、立山町に多い。
# 富山県の青木家: 冨山藩の重臣。

■ 73位: 平野
# 地形姓。全国に分布するが、関東地方南部から東海地方にかけて多い。
# 黒部市、船橋村、富山市に多い。
# 富山県の平野家: 越中国婦負郡乗嶺村(富山県富山市)の旧家。敏達天皇の子孫である清原夏野の末裔といわれる。摂津国平野(大阪府大阪市)に住んで平野氏を称した。大永年間に越中国に移り住み帰農した。
# 富山県の平野家: 魚津の御旅屋(おたや)で平野屋を号した。

■ 74位: 
# 各地にみられるが、富山県と福岡県に多い。
# 「島」は富山県を代表とする名字で、富山県では沿岸部に多く、黒部市、砺波市、高岡市に多い。
# 富山県の島家: 中世、五箇山に島家があった。
# 富山県の島家: 越中国新川郡三日市村(富山県黒部市)の旧家で加賀藩の本陣を努めた。
# 富山県の島家: 越中国砺波郡権正寺村(富山県砺波市)の豪農。

■ 75位: 高野
# 地名姓。関東地方から北陸地方にかけて多く見られ、茨城県と新潟県に多い。
# 富山県では船橋村、黒部市、富山市に多い。
# 富山県の高野家: 冨山藩医。もとは飛騨高山の郷士。

■ 76位: 坂井
# 地名姓。
# 富山県では富山市に多く、立山町や射水市に多い。
# 富山県の坂井家: 越中国射水郡下村(富山県射水市)の旧家。加賀藩士の渋谷家の二男が移り住み、後に本陣を努めた。
# 富山県の坂井家: 越中国婦負郡八尾町(富山県富山市)の旧家。戦国時代には武士で帰農した。

■ 77位: 中野
# 沖縄県を除く全国にみられる。山口県、大阪府、福岡県、鹿児島県に多く、どちらかと言えば西日本に多い。
# 富山県では沿岸部に多く、特に黒部市、舟橋村、射水市に多い。

■ 78位: 松原
# 東北地方を除いて全国に見られる。
# 富山県では全域にみられるが比較的呉東に多く、入善町、朝日町、立山町に多い。
# 富山県の松原家: 越中国中新川郡大松新村(富山県上市町)を開墾した松原家。

■ 79位: 西野
# 北陸地方に多い他、大阪府や徳島県にも多い。
# 富山県では、小矢部市、富山市、射水市に多い。
# 富山県の西野家: 冨山藩医。

■ 80位: 若林
# 福島県から中部地方にかけて分布し、長野県、富山県、栃木県、滋賀県、山梨県などに多く見られる。
# 富山県では、富山市、黒部市、舟橋村に多い。
# 富山県の若林家: 越中国射水郡津幡江村(富山県射水市)の旧家。甲斐国武田氏の一族で越前国の若林城主の末裔と言われる。
# 富山県の若林家: 越中国新川郡荒俣村(富山県黒部市)の若林家は津幡江の若林家の分家。
# 富山県の若林家: 冨山藩士に若林家が7家ある。

■ 81位: 小川
# 比較的関東地方、東海地方、山陽地方に多い。
# 富山県では、朝日町、氷見市、小矢部市に多い。
# 富山県の小川家: 冨山藩士に小川家が三家あった。

■ 82位: 牧野
# 東海地方から北陸地方にかけて多く、特に愛知県の三河地方に多い。
# 富山県では、上市町、射水市、富山市に多い。
# 富山県の牧野家: 富山城下の呉服屋で豪商で町年寄を務めた。
# 富山県の牧野家: 冨山藩士。

■ 83位: 石川
# 県内では呉東に多く、特に滑川市や魚津市に多い。

■ 84位: 木下
# 沖縄県と東北地方の日本海側を除く全国に分布し、特に北陸から関西にかけてと、九州北部に多い。
# 県内では魚津市周辺にまとまってみられる。

■ 85位: 鈴木
# 

■ 86位: 竹田
# 石川県、山形県、愛媛県、富山県に多く見られる。
# 呉西に多く、高岡市と富山市に固まってみられる。

■ 87位: 荒井
# 県内では富山市から南砺市にかけて多く見られる。

■ 88位: 水上(みずかみ)
# 富山県を代表する名字の一つ。富山県、山梨県、福井県、石川県、熊本県に多く見られる。
# 県内では富山市から南砺市にかけて多く見られる。

■ 89位: 宮田
# 東北地方を除く全国にひろくみられ、比較的九州や北陸に多い。
# 呉西に多く、小矢部市や富山市(旧八尾町・旧婦中町)に多い。
# 富山県の宮田家: 富山市(黒瀬村)の豪農。

■ 90位: 井上
# 西日本に多くみられる。
# 県内では、富山市周辺に多く見られる。
# 富山県の井上家: 越中国婦負郡御門村(富山県富山市婦中町)の旧家。元は武士だが江戸時代には豪農で、富山藩の十村役を務めた。

■ 91位: 坂本
# 沖縄県を除く全国にみられ、比較的西日本に多く、熊本県、高知県、青森県、山梨県に多い。
# 県内では、呉西に多く見られる。

■ 92位: 広田(ひろた)
# 沖縄県と東北地方の日本海側を除く全国に分布し、富山県、滋賀県、三重県、福井県に多く見られる。
# 富山県: 呉東に多く見られる。


■ 青山(あおやま)
# 富山県の青山家: 越中国滑川(富山県滑川市)で蔵宿を務めた。

■ 市田(いちだ)
# 富山県の市田家: 越中国新川郡粟島村の旧家で近江国の出。富山藩の十村役を務めた。

■ 伊弥頭(いみず)
# 富山県の伊弥頭家: 伊弥頭国造をつとめた古代豪族の出。伊弥頭氏は孝霊天皇の子孫を称す。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 大沢(おおさわ)
# 富山県の大沢家: 越中国射水郡串田村(富山県射水市)の旧家で、江戸時代には肝煎を務めた。

■ 川合(かわい)
# 富山県の川合家: 高岡市の旧家で豪農。

■ 椎名(しいな)
# 富山県の椎名家: 桓武平氏の千葉氏の一族。下総国椎名内村(千葉県旭市)をルーツとする。下総の椎名家の一族が越中国に移り住んで松倉城(富山県魚津市)を本拠とした。戦国時代には越中国東部に勢力を広げたが上杉謙信に滅ぼされた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 島倉(しまくら)
# 富山県の島倉家: 越中国婦負郡中沖村(富山県富山市)の土豪で、江戸時代には十村役をつとめた。

■ 神保(じんぼ)
# 富山県の神保家: 中級公家の惟宗家の出ともいわれるが不詳。戦国時代のはじめに越中国の西部に勢力をはったが、後に衰退した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ (その)
# 富山県の薗家: 越中国の国人。

■ 利波(となみ)
# 富山県の利波家: 越中国礪波郡に勢力をはった古代豪族で孝霊天皇の王子の日子刺肩別の子孫を称す。平安時代まで、礪波郡の郡司を務めた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 蜷川(にながわ)
# 富山県の蜷川家: 越中国蜷川(富山県富山市)をルーツとし、古代豪族の物部氏の出。鎌倉時代には越中国で勢力をはったが、のちに足利家に仕えて室町時代に京に転じた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 野崎(のざき)
# 富山県の野崎家: 河内国の出で、源満仲の子孫。室町時代に神保家に仕えて越中国に移り住んだ。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 波多野(はたの)
# 富山県の波多野家: 鎌倉時代の越中国の在地領主。

■ 宮田(みやた)
# 呉西に多く、小矢部市や富山市(旧八尾町・旧婦中町)に多い。
# 富山県の宮田家: 富山市(黒瀬村)の豪農。

■ 桃井(もものい)
# 富山県の桃井家: 上野国桃井郷(群馬県榛東村)をルーツとする。清和源氏の足利家の分家。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】


■ 富山県の地名をルーツとする名字

■ 北陸地方の名字の特徴

■ 富山県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示