新潟県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 新潟県の県名の由来 ・ 新潟県の難読地名・珍地名

★ 新潟県の名字の特徴

# 地域的には北陸?だが、名字の傾向は東北地方に似ている。
※ 新潟の知人曰く、「新潟は北陸じゃないぞ、、、。」。ちなみに、電気は東北電力管内だね。【カメレオン新潟

# 新潟の特徴としては、「金子」や「本間」が多い。

# ベスト10に「長谷川」と「五十嵐」が入るのが特徴。長谷川のルーツは奈良県の「初瀬川」で、周辺の武士団が新潟に移住して「長谷川」を名乗った。「五十嵐」は三条市下田村ルーツで、第11代垂仁天皇の末裔と言われる。一般的には「いがらし」と読むが、本来は「いからし」と読む。

# 「渡部」は全国的には「わたなべ」と読むが新潟では「わたべ」と読むことが多い。

# 「上村」は新潟と熊本に多い名字。新潟では「かみむら」だが熊本では「うえむら」と読む。

# 「小柳」も全国的には「こやなぎ」だが、新潟県では「おやなぎ」と読むことも多い。
※ 新潟県の知り合いに聞いたら、やはり「渡部→わたべ」「上村→かみむら」「小柳→おやなぎ」と読むそうです。

# 「斉藤」は西日本の名字だが、新潟県では、斎藤よりも斉藤が多い。

# 諸橋は新潟県らしい名字。

# 関川は新潟県らしい名字。

【新潟県らしい名字】

# 新潟らしい名字には「風間」「熊倉」「庭野」「山際」「笹川」「新保」「霜鳥」。

■ 新潟県の特徴的名字: 関川、笹川、塚田、石黒、本間、小熊、丸田、田巻、風間、五十嵐。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 佐藤
# 新潟県の佐藤家: 小千谷で金沢屋を号し、縮商を営んだ佐藤家は、室町時代に石見国から佐渡に移り住み、佐藤に改姓したと言われる。
# 新潟県の佐藤家: 阿賀野市で和泉屋を号した豪商。
# 新潟県の佐藤家: 見附市の旧家。江戸時代には大庄屋を務めた。

■ 2位: 渡辺
# 新潟県の渡辺家: 関川村の旧家で、もとは村上藩士。江戸時代の初期に初代の儀右衛門が隠居して関川村に住んで大庄屋を務めた。

■ 3位: 小林
# 新潟県の小林家: 糸魚川市の蔵元。
# 新潟県の小林家: 三条市の大庄屋。もとは越前国大野郡小林郷をルーツとする武士で、江戸時代の初期に三条に移り住んだ。
# 新潟県の小林家: 旧下田村の旧家。会津の長沼家の一族。
# 新潟県の小林家: 新潟市今井の旧家。戦国時代には武田家の家臣でのちに越後国に移り住んで今井村を開いた。

■ 4位: 高橋(4%超)
# 新潟県の高橋家: 湯沢の高橋家は湯沢温泉を開発した。
# 新潟県の高橋家: 弥彦神社の社家。尾張連の末裔で、もとは長橋を称す。

■ 5位: 鈴木
# 新潟県の鈴木家: 南魚沼市の豪商で小千谷縮の仲買と質屋を営んだ。
# 新潟県の鈴木家: 新潟市の廻船問屋で小川屋を号した。
# 新潟県の鈴木家: 上越市の旧家。
# 新潟県の鈴木家: 関川村の旧家。 

■ 6位: 斉藤

■ 7位: 阿部
# 新潟県の阿部家: 長岡市(旧栃尾市)の旧家で「上の庄屋」と呼ばれた。
# 新潟県の阿部家: 燕市の庄屋。
# 新潟県の阿部家: 柏崎市の庄屋。

■ 8位: 長谷川
# 新潟県の長谷川家: 長岡市の豪農。出羽上山藩領だった塚山村の大庄屋で本陣と問屋を務めた。
# 新潟県の長谷川家: 三条市の豪商で会津屋を号した。

■ 9位: 山田
# 山田は庶民名字のナンバーワンといわれる。
# 新潟県内では魚沼地方に多く、川口町、津南町、出雲崎町などに多い。
# 新潟県の山田家: 村上藩内藤家の重臣。
# 新潟県の山田家: 新潟市の豪商で「刈羽屋」を号した。
# 新潟県の山田家: 柏崎市の薬種商で「山甚」を号した。
# 新潟県の山田家: 上越市(旧頸城村)の大地主。
# 新潟県の山田家: 長岡市(旧三島町)の大庄屋。 

■ 10位: 五十嵐
# 新潟県の五十嵐家: 新潟市の五十嵐を本拠とし、古代豪族。垂仁天皇の子孫を称し、古代には蒲原郡の郡司をつとめた。

■ 11位: 田中
# 西日本特有の名字の一つ。
# 新潟県内では全域にみられ、小千谷市、燕市、長岡市などに多い。
# 新潟県の田中家: 下野国足利郡田中村をルーツとし、清和源氏の新田氏の支流の田中姓は越後に広まった。【苗字の歴史 豊田武 吉川弘文館】

■ 12位: 伊藤
# 新潟県の伊藤家: 新潟市沢海の豪農。
# 新潟県の伊藤家: 関川村下関の庄屋。
# 新潟県の伊藤家: 胎内市黒川の豪農。
# 新潟県の伊藤家: 糸魚川市の廻船問屋。

■ 13位: 本間
# 新潟県の本間家: 佐渡の本間家は鎌倉時代末期に佐渡の守護代を務め、室町時代に分家を拡げたが天正17年(1589年)に上杉景勝に滅ぼされた。
・ 相模国の出で、本間頼綱が佐渡に移り住んで佐渡本間家となった。本間家は四家に分かれ佐渡一国を支配した。後に上杉景勝に滅ぼされた。
# 新潟県の本間家: 西蒲原郡弥彦村の旧家で庄屋を務めた。

■ 14位: 丸山

■ 15位: 中村
# 西日本特有の名字の一つ。
# 新潟県: 新潟県内にも広く見られるが、柏崎市(旧高柳町)、糸魚川市(旧能生町)、粟島浦村に多く見られる。
# 新潟県の中村家: 三条市の豪商で「京屋」を号した。
# 新潟県の中村家: 糸魚川市の旧家。
# 新潟県の中村家: 柏崎市の旧家で町年寄を務めた。信濃国高梨(長野県)から移り住んだと言われる。

■ 16位: 加藤
# 新潟県の加藤家: 新発田藩の家老を務めた。初代は織田信長に仕えていたが信長の死後、溝口家に仕えた。
# 新潟県の加藤家: 三条の豪商で船問屋。

■ 17位: 吉田
# 近畿地方と東北地方を中心に、全国にみられる。
# 新潟県内にも広く分布し、新潟市(旧小須戸町)に多くみられる他、田上町、三条市、柏崎市などに多くみられる。
# 新潟県の吉田家: 磐船郡下関村(関川村下関)の大蔵神社の神官。
# 新潟県の吉田家: 新潟市新通の旧家。城氏の末裔と言われ、近江国から移り住み庄屋を務めた。
# 新潟県の吉田家: 柏崎市の和菓子の老舗の最上屋。お菓子のブルボンの創業家。

■ 18位: 金子
# 新潟県の金子家: 上越市の豪農。祖の内蔵助は毛利氏の家臣で、戦国時代に当地に移り住んで帰農した。

■ 19位: 山崎
# 新潟県の山崎家: 加茂市の旧家。大庄屋や本陣を務めた。
# 新潟県の山崎家: 新発田藩士。

■ 20位: 池田
# 新潟県の池田家: 長岡藩の重臣。岡山藩主の池田恒興の弟の末裔といわれる。
# 新潟県の池田家: 長岡市の旧家で近江国蒲生郡池田(滋賀県近江八幡市)をルーツとする。戦国時代に越後国に移り住んだ。

■ 23位: 山本
# 新潟県の山本家: 長岡藩の重臣。連合艦隊司令長官の山本五十六は長岡藩士の高野家の出で山本家を継いだ家系。武田家の山本勘助も同族。
# 新潟県の山本家: 佐渡市の旧家で本陣を務めた。

■ 25位: 清水
# 山梨県、長野県、群馬県を中心に全国に広がる。
# 新潟県内では上越地方に多くみられる。
# 新潟県の清水家: 関川村の旧家。
# 新潟県の清水家: 長岡市(旧栃尾町)の豪商。

■ 26位: 今井(いまい)
# 県内では全域に見られ、比較的中越地方に多く見られる。
# 新潟県の今井家: 燕市(旧吉田町)の旧家で近江屋を号した。
# 新潟県の今井家: 長岡市の旧越路町朝日の剣神社の神官で、木曽義仲の四天王の一人の今井四郎兼平の末裔と伝えられる。

■ 27位: 高野(たかの)
# 地形姓で、関東地方から北陸地方にかけて多く見られ、特に茨城県や新潟県に多い。
# 県内では、佐渡市と長岡市から南魚沼市にかけてに多く見られる。
# 新潟県の高野家: 長岡藩士。もとは信濃の真田家の家臣で宇津氏を称していたが、江戸時代の初めに長岡に転じ、高野氏を称した。


■ 青山(あおやま)
# 新潟県の青山家: 越後国十日町の問屋で越後屋を号した。

■ 板垣(いたがき)
# 新潟県の板垣家: 村上市(旧山北町)の旧家で庄屋をつとめた。

■ 稲垣(いながき)
# 新潟県の稲垣家: 長岡藩の家老。三河時代から牧野家に仕えた。

■ 大関(おおぜき)
# 新潟県の大関家: 新潟県新潟市南区の名家で名主を務めた。

■ 柿崎(かきざき)
# 新潟県の柿崎家: 越後国柿崎(新潟県上越市)発祥。清和源氏新田氏の一族。室町時代には長尾家に従い、上杉謙信のもとで重臣となった。江戸時代には米沢藩士。

■ 河井(かわい)
# 新潟県の河井家: 越後長岡藩家老の河井継之助。河井継之助の家紋
・ 河井継之助の河井家。戦国時代には三河国に住んでいたが、江戸時代の初期に近江国膳所の本多家に使えていたが、本多家の姫が牧野家に輿入れしたとき従ってきた。

■ 川合(かわい)
# 新潟県の川合家: 新潟市の大地主。元は加賀国の武士。

■ 近藤(こんどう)
# 新潟県の近藤家: 長岡市の旧家で大庄屋で大地主。
# 新潟県の近藤家: 柏崎市の旧家で庄屋を務めた。

■ 榊原(さかきばら)
# 新潟県の榊原家: 越後高田(15万石)主。伊勢国をルーツとし、清和源氏足利氏流。三河国に移り住んで松平家に仕えた。家康の四天王の榊原康政の家系。

■ (じょう、しろ)
# 新潟県の城家: 桓武平氏の出。平安時代末期に越後で勢力を持ったが、源平の戦いで木曽義仲に敗れ、勢力は衰えた。

■ 須貝(すがい)
# 新潟県の須貝家: 岩船郡関川村の旧家の須貝家は、鎌倉時代に河村氏が相模国から地頭となって来たときに付いてきた。

■ 田村(たむら)
# 新潟県の田村家: 柏崎市の旧家。
# 新潟県の田村家: 長岡市(旧栃尾町)の豪商で伊勢屋を号した。

■ 塚田(つかだ)
# 新潟県の塚田氏: 上越地区の塚田氏は宇多源氏の佐々木氏の末裔

■ 直江(なおえ)
# 新潟県の直江家: 越後国頸城郡直江津(新潟県上越市)の出で、藤原氏の出を称す。上杉家の家臣で上杉景勝の家老。

■ 長尾(ながお)
# 新潟県の長尾家: 室町時代に守護代として越後国に移り住んだ。後に上杉謙信が出た。

■ 新野(にいの)
# 新潟県の新野家: 新潟県岩船郡関川村の旧家で遠江の出と言われる。江戸時代には庄屋を務めた。鎌倉時代には芦名氏に従って後にこの地で帰農した。

■ 莅戸(のぞきど)
# 新潟県の莅戸家: 越後国莅戸(新潟県妙高市)をルーツとする。長尾家に従い、江戸時代には米沢藩士。

■ 速水(はやみ)
# 新潟県の速水家: 新発田藩の重臣。橘姓で、近江国浅井郡速水(滋賀県)をルーツとする。

■ 古田(ふるた)
# 新潟県の古田家: 越後国新津組の大庄屋。宇多源氏佐々木氏末裔。戦国時代には上杉家に仕え、嫡流は後に米沢藩士。

■ 星野(ほしの)
# 新潟県の星野家: 柏崎市の桑名藩の柏崎陣屋御用達の豪商に星野屋があった。
# 新潟県の星野家: 阿賀野市の豪農。
# 新潟県の星野家: 長岡市の旧家。

■ (ほり)
# 新潟県の堀家: 村上藩主で清和源氏斯波氏流。戦国時代には尾張国中島郡奥田(愛知県稲沢市)を本拠に奥田氏を称した。後に、織田信政に仕えて堀秀政に属し堀氏に改姓した。江戸時代には信濃国飯山藩4万石、越後国蔵王8万石を経て1618年に越後村上10万石。

■ 前島(まえじま)
# 新潟県の前島家: 郵便制度を創設した前島密の家。【家紋:九曜

■ 牧野(まきの)
# 新潟県の牧野家: 長岡藩主。【家紋:丸に三つ柏】明治維新には子爵。
・ 越後長岡藩主。もとは阿波の武士で、古代豪族蘇我氏田口氏の子孫を称す。牧野成嗣が三河国牧野(愛知県豊川市)の地頭となり牧野氏を称した。

■ 松平(まつだいら)
# 新潟県の松平家: 越後国糸魚川藩主。

■ 真野(まの、まや)
# 新潟県の真野家: 越後国沼垂町(新潟県新潟市)の町役人。もとは堀家の家臣。

■ 溝口(みぞぐち)
# 新潟県の溝口家: 新発田藩主。美濃国の地頭の逸見義重の子孫を称す。逸見家は清和源氏の武田家の支流で、逸見義重の子孫が尾張国溝口(愛知県稲沢市)に転じて溝口氏を称した。

■ 山岸(やまぎし)
# 新潟県の山岸家: 越後国中魚沼郡の山岸氏は藤原氏の出。戦国時代には上杉家に従い、江戸時代には米沢藩士。また、一族は弥彦で帰農した。

■ 吉沢(よしざわ)
# 新潟県の吉沢家: 長岡市の旧家で大地主。

■ 若林(わかばやし)
# 新潟県の若林家: 越後の村上藩の重臣。


■ 新潟県の地名をルーツとする名字

■ 北陸地方の名字の特徴

■ 新潟県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示