神奈川県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 愛甲(あいこう): 神奈川県厚木市愛甲(愛甲郡)
・ 相模川の別名の「鮎河」に由来する。この地は昔は「阿由加波(あゆかは)」郡だった。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】

■ 青砥(あおと): 神奈川県横浜市緑区青砥
・ 刃物を研ぐ青灰色の砥石が出る所。
・ 青戸も同じ。

■ 明津(あくつ): 神奈川県川崎市高津区明津。
・ 明津(あくつ): 地名は、悪田の意で低地・湿地を指すが、「川崎地名考」では「大水のため土陵が流されてできた土地で耕作や居住には不適当なところ」としている。【角川日本地名大辞典】

■ 足柄(あしがら): 神奈川県南足柄市
・ 足柄とは、足のスネからコウまでのなだらかな傾斜を言う。
・ 山頂から麓までの傾斜がなだらかな様を表す。

■ 葦名郷: 神奈川県。室町時代から戦国時代にかけて相模国三浦郡にみられた郷名。三浦氏一族の芦名盛政は陸奥国会津(現福島県)に入部の後も、なお本貫地たる当地を含む数か所の不知行所領を、後日の訴訟に備えるため手継証文を添えて息子盛久に譲っている。【角川日本地名大辞典】

■ 油壺(あぶらつぼ): 神奈川県三浦市

■ 安斎小路(あんざいこうじ): 神奈川県。相模国小田原にあった江戸時代の地名。北条氏の医師、田村安斎の屋敷にちなむ。

■ 砂子(いさご): 神奈川県川崎市川崎区砂子
・ 砂子(いさご): 多摩川低地南部に位置する。宗三寺縁起によれば、延暦年間本尊薬師像が海浜に打ちあげられた時、ふさわしい家がないため砂子をかき寄せて安置、以降繁栄したことから地名にしたと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 伊勢佐木町(いせざきちょう): 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町

■ 板橋(いたばし):  神奈川県小田原市板橋

■ 稲村ケ崎(いなむらがさき): 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎
・ 岬の形が稲わらを積んだように見えることに由来する。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】

■ 入生田(いりうだ): 神奈川県小田原市入生田
・ 地名は、谷間に入り会う形で水田が展開していることにちなむと言われる。箱根登山鉄道の車両基地がある。

■ 姥子温泉(うばこ温泉): 神奈川県足柄下郡箱根町

■ 浦賀(うらが): 神奈川県横須賀市浦賀

■ 海老名(えびな): 神奈川県海老名市。もとは有鹿神社の神領であったが康平年間頃に村上源氏を出自とする海老名氏によって押領されて海老名郷と称したという。地名は、大きな海老が生息していた土地の意ともいい、「有鹿神社縁起」には「殊に海老の大なる有るを以てこの海より美名得るなり」とある。【角川日本地名大辞典】

■ 大船(おおふな): 神奈川県鎌倉市大船
・ 古くは「粟船」「青船」とも書いた。

■ 小田原(おだわら): 神奈川県小田原市

■ 伯母様(おばさま): 神奈川県伊勢原市三ノ宮

★ 

■ 神奈川(かながわ): 古くは、「神名川」「金河」「狩野河」「カメ河」などとも書かれた。鎌倉時代に初めて「神奈河郷」という表記で登場する。

■ 鎌倉(かまくら): 神奈川県鎌倉市

■ 鴨志田(かもしだ): 神奈川県横浜市青葉区鴨志田町。
・ 鴨志田郷: 鎌倉時代から戦国期にかけて武蔵国都筑郡にみられた郷名。

■ 栢山(かやま): 神奈川県小田原市栢山
・ 戦国時代にみられた栢山郷に由来し、香山、加山、賀山とも書いた。

■ 関内(かんない): 神奈川県横浜市中区

■ 久里浜(くりはま): 神奈川県横須賀市久里浜
・ この地はもともと沼地で水はけが悪かった。古くは「栗浜」ともかかれ、「くり」は小さな岩礁を意味した。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】 

■ 化粧坂(けわいざか): 神奈川県鎌倉市

■ 強羅(ごうら): 神奈川県足柄下郡箱根町強羅
・ 石がゴロゴロしている様子を表す。

■ 腰越(こしごえ): 神奈川県鎌倉市腰越
・ @「子死越」「子死恋」に由来する。A このあたりは遠浅で、干潮の時に荷物を背負って海を渡ることができたので「背負腰場」と呼ばれ、それが転じた。などの諸説有る。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】

■ 小机(こづくえ): 神奈川県横浜市港北区小机町
・ 机の格好をした、小さい平たい台地をしめす形状に由来するが不詳。小机昌安の小机城に由来するともいう。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 権太坂(ごんたざか): 神奈川県横浜市保土ヶ谷区

★ 

■ 猿島(さるしま): 神奈川県横須賀市猿島
・ もとは豊島と呼ばれたが、日蓮の故事により猿島と呼ばれるようになった。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】

■ 七里ケ浜(しちりがはま): 神奈川県鎌倉市七里ガ浜
・ 二十余町の浜を歩くのは、平地を七里歩くのと同じような苦労があったことに由来する。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】

■ 湘南(しょうなん): 神奈川県

■ 逗子(ずし): 神奈川県逗子市
・ 空海が作ったと言われる延命寺の地蔵尊を安置する厨子に由来する。逗子とは仏像や位牌を安置する仏壇のこと。また、昔の地図を作製した図師に由来するともいわれる。また、小さい道路に囲まれた場所を意味する「辻子」に由来するともいわれる。

■ 鈴木(すずき):  神奈川県川崎市川崎区鈴木町?

★ 

■ 大鋸(だいぎり): 神奈川県藤沢市大鋸
・ 大鋸(だいぎり): 大鋸は大形のこぎりのことで、地名は大鋸引の職人集団が当地に居住したことにちなむ。【角川日本地名大辞典】

■ 武山(たけやま): 神奈川県横須賀市武付近にみられる山。三浦半島を西北西から東南東に走る3列の山脈の最南列にあり、三浦富士・砲台山などと峰を連ねる。山名は、地区名である武郷から名づけられたという。武郷は鎌倉期、三浦氏の血筋をひく武の次郎の居住の地であったという。伝承には、日本武尊が東征の折、三浦から房総へ渡る前に当山に登ったことから武山と名づけられたという。【角川日本地名大辞典】
・ 武山村(たけやまむら): 明治から昭和の初めに掛けて神奈川県三浦郡にみられた村名。村名は武山の所在による。
※ 現在、茨城県東海村にある原子力研究所の候補地の一つだったが、近くに米軍基地があることから候補から除外されたともいう。

■ 土屋(つちや): 神奈川県平塚市土屋
・ 治承4年源頼朝の挙兵以来、頼朝に仕えてきた土屋宗遠の屋敷があったと伝える。【角川日本地名大辞典】
・ 土屋: 鎌倉時代から相模国大住郡にみられた地名。当地は平安末期以降、相模国の有力武士であった中村宗平の子息土屋宗遠およびその一族後裔の所領であった。宗遠は石橋山合戦で源頼朝に参陣、以後も鎌倉御家人として活躍し、宗遠やその後裔の名は「吾妻鏡」に散見される。鎌倉幕府滅亡後、土屋氏は足利尊氏に従ったが、応永23年の上杉禅秀の乱に禅秀方に加わり、そのため土屋氏の所領は大森氏に与えられた。【角川日本地名大辞典】

■ 常盤(ときわ):  神奈川県鎌倉市常盤
・ 北条政村が地内に別業を設け常盤殿と号したことに由来する。

■ 豊島(としま): 相模国(神奈川県)。三浦半島の東部に位置する。地名の由来は、かつてこの地に猿島をはじめとして10島あり、これに豊島の字をあてたものという。【角川日本地名大辞典】

■ 戸塚(とつか): 神奈川県横浜市戸塚区

■ 富岡(とみおか):  神奈川県横浜市金沢区富岡
・ 地名は、古く鳥見塚がたてられ当地を鳥見ケ丘と称し、それが転訛したともいい、「トミ」を古代地名の「崩れ地」「崖」とし、海岸破損に由来するとする説もある。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 長井(ながい): 神奈川県横須賀市長井
・ 永井とも書いた。地名は名井があることに由来するという。【角川日本地名大辞典】

■ 名古木(ながぬき): 神奈川県秦野市名古木
・ 名古木(ながぬき): 古くは奈古木・并椚とも書き、「なこのき」「なごのき」とも称した。地名は、なごやかな安住の地を意味する和城(なごき)が転訛したものとも、なだらかな傾斜の小平地をさすものともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 名越(なごえ): 神奈川県
・ 相模国鎌倉郡のうち。古東海道の一部にあたる地で、地名に関しては、難越(こえがたし=なごし)ということにちなむとする伝承がある。【角川日本地名大辞典】

■ 生麦(なまむぎ): 神奈川県横浜市鶴見区生麦

■ 成田(なるだ): 神奈川県小田原市成田(なるだ)
・ この地域が古くから水田地帯であることに由来する。

■ 新羽(にっぱ): 神奈川県横浜市港北区新羽町

■ 野毛(のげ): 神奈川県横浜市中区野毛町
・ 能化とも書いた。「ノゲ」とは「ノギ」と同じく崖のことで、能毛・芒・野木・乃木などと書かれ、「ヌケ」「ナゲ」「ニゲ」などの崖地名とも通じるという。【角川日本地名大辞典】
※ 東京都世田谷区野毛

■ 登戸(のぼりと): 神奈川県川崎市多摩区登戸
・ 地名の由来について、多摩川低地から多摩丘陵への登り口に位置することによるという説もあるが未詳。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 箱根(はこね): 神奈川県足柄下郡箱根町箱根
・ 平安時代から相模国足下郡にみられる地名で筥根・筥荷とも書かれた。延暦21年、富士山の大噴火によって官道の足柄路がふさがれ、箱根路が開かれた。しかし1年後に足柄路が復旧され、箱根路は廃止されている。
・ 箱根の地名は崖根(はこね)の転訛。
・ 根は「嶺」。「はこ」は古代朝鮮語で「神」を意味した。また「はこ」は崩れやすいという意味。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】
・ 芦ノ湖: 芦が生えた湿地説。「あし」は「あず」が転じた物で崩壊地形。また「悪し」が転じたとの説も。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】
・ 箱根の宿は箱根越えを踏まえて1618年に小田原と三島から50戸ずつを移住させ開かれた。江戸時代後期には本陣6、脇本陣1、旅籠36の規模だった。

■ 秦野(はたの): 神奈川県秦野市
・ 畑の意味。丹沢の山並みが旗のはためく姿に似ていた。という説もあるが、秦氏説が定説。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】

■ 葉山(はやま): 神奈川県三浦郡葉山町
・ @端山(山の端)に由来する。Aこの地の長者が、木の実を撒き、苗を育てて植えたところ、それが茂って「葉」のある「山」となった。などの諸説有る。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】

■ 日吉(ひよし): 神奈川県横浜市港北区日吉
・ 地名は日吉丸の古跡があることからとも、金蔵寺で日吉社を祀っていることからともいう。地内に日吉台遺跡があり慶応義塾大学敷地東部の宮ノ台には、小田原北条氏小机衆の中田加賀守の館があったと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 平沢村: 神奈川県秦野市平沢。江戸時代から明治時代中頃にかけて相模国大住郡にみられた村名。

■ 平塚(ひらつか): 神奈川県平塚市
・ 当地に高見王の子政子の柩を埋め、塚を築いたと伝え、その塚の上面が平坦であったところから地名になったという。【角川日本地名大辞典】
・ 平塚の地名のおこりとなったのは、桓武天皇の第三代孫の娘の平真砂子の墓。【歩いて旅する東海道】

■ 藤沢(ふじさわ): 神奈川県藤沢市
・ 地形由来の地名で、以前は淵沢(ふちさわ)と言われていた。

■ 逸見(へみ): 神奈川県横須賀市東逸見
・ 「へみ」とは「へみ(逸水)」で、雨が降ると水が上がりやすい状態を意味する。
・ 逸見(へみ): 地名は、海辺の地形から起こったとする説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 星が丘: 神奈川県相模原市中央区星が丘
この地には陸軍造兵廠の県営住宅があった。正式には相模原集団住宅と言ったが、通称「星が丘住宅」といった。この星は「階級章」の星を意味する。【なるほど日本 地名の由来 雑学大辞典 ISM Publishing Lab./ゴマブックス】

■ 保土ヶ谷(ほどがや)

★ 

■ 松田庶子(まつだそし): 神奈川県足柄上郡松田町松田庶子

■ 纏(まとい): 神奈川県平塚市
・ まとわりつく地形?

■ 三浦(みうら): 神奈川県三浦
・ 神奈川県三浦は元々は「御浦」といった。
・ 三浦郡も、相模国御浦郡と言った。三浦郷も御浦郷。
・ 「み」は「御」で重要なこととも言うが、単なる接頭語か。「うら」は「海岸」のこと。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 三方を海に囲まれていることに由来する。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】

★ 

■ 寄(やどりき): 神奈川県足柄上郡松田町寄
・ 地名は、東山家入七か村が寄り合って成立した経緯にちなむという。【角川日本地名大辞典】

■ 由比(ゆい): 神奈川県鎌倉市長谷周辺。

■ 横須賀(よこすか): 神奈川県横須賀市

■ 横浜(よこはま): 神奈川県横浜市

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示