神奈川県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 神奈川県の県名の由来 ・ 神奈川県の難読地名・珍地名

★ 神奈川県の名字の特徴

# 東京に似ていて特性は少ない。

# 石渡(いしわた)という名字の二割は三浦半島を中心に存在し、横須賀市ではベスト10に入る。

# 箱根町には「勝俣」という名字が多い。

【神奈川県らしい名字】

# 足柄地方の「露木」、湯河原の「二見」、横須賀の「新倉」、横浜市金沢区の「蒲谷」、藤野町の「諸角(もろずみ)」、城山町の「杢代(もくだい)」などは神奈川独自の名字。

・ 神奈川県特有の名字集

■ 神奈川県の特徴的名字: 石渡、三橋、二見新倉、石綿、露木、甘粕、奥津、潮田、江原。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 鈴木

■ 2位: 佐藤(さとう): 神奈川県の佐藤家

■ 3位: 高橋

■ 4位: 渡辺

■ 5位: 小林

■ 6位: 田中

■ 7位: 加藤

■ 8位: 斎藤

■ 9位: 中村

■ 10位: 伊藤

■ 11位: 山田

■ 12位: 山本

■ 13位: 山口

■ 14位: 石井
# 神奈川県の石井家: 東海道の神奈川宿の本陣で戦国時代には北条氏の家臣。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 15位: 吉田

■ 16位: 井上

■ 17位: 佐々木

■ 18位: 金子

■ 19位: 木村

■ 20位: 清水
# 山梨県、長野県、群馬県を中心に全国に広がる。
# 神奈川県の清水家: 東海道の小田原宿の本陣。


■ 愛甲(あいこう)
# 神奈川県の愛甲家: 相模国愛甲郡愛甲荘(神奈川県厚木市愛甲)をルーツとし、武蔵七党の横山党。代々愛甲荘の代官を務め、鎌倉時代には御家人。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 相原(あいはら)
# 神奈川県の相原家: 神奈川県海老名市には旧家の相原家があり、武蔵国多摩郡相原(東京都町田市相原町)をルーツとするとも言われる。 

■ 朝比奈(あさひな)
# 神奈川県の朝比奈家: 相模国鎌倉郡朝夷名(神奈川県横浜市金沢区朝比奈)をルーツとし、桓武平氏三浦氏の一族。和田義盛の子の義秀が朝比奈氏を称した。子孫は今川家に仕え、江戸時代には旗本。

■ 甘利(あまり)
# 神奈川県の甘利家: 甲斐国巨摩郡甘利荘(山梨県韮崎市)をルーツとし、清和源氏武田氏の一族。一条忠頼の二男の行忠が甘利荘を領して甘利氏を称した。忠頼が源頼朝に罰せられたのに連座して没落した。武田氏に仕えていたが、武田氏が滅亡後一族は相模国半原に逃れて土着し、津久井郡から厚木市にかけて広がった。

■ 新井(あらい)
# 神奈川県の新井家: 武蔵国久良岐郡根岸村(神奈川県横浜市中区根岸町)の旧家で相模国の出と言われる。

■ 飯田(いいだ)
# 神奈川県の飯田家: 相模国鎌倉郡飯田郷(神奈川県横浜市戸塚区)の地頭を努めた。この一族は鎌倉時代に長門国豊浦郡大野荘(山口県下関市)の地頭となり、長州藩士にこの家系がみられる。

■ 石田(いしだ)
# 神奈川県の石田家: 相模の石田氏は桓武平氏の三浦氏の支流で相模国大住郡石田郷(神奈川県伊勢原市石田)をルーツとする。

■ 井田(いだ)
# 神奈川県の井田家: 武蔵国橘樹郡長尾(神奈川県川崎市)の旧家。もとは、北条氏の家臣で高橋氏を称していたが、北条氏が滅亡した後に井田氏に改めた。江戸時代には名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 稲垣(いながき)
# 神奈川県の稲垣家: 相模国高座郡座間村(神奈川県座間市)の旧家。

■ 稲毛(いなげ)
# 神奈川県の稲毛家: 武蔵国橘樹郡稲毛荘(神奈川県川崎市川崎区)をルーツとし、桓武平氏の出。小山田有重の三男の重成が稲毛三郎を称した。宝治元年(1247年)の宝治の合戦で三浦氏に組し、没落した。

■ 海老名(えびな)
# 神奈川県の海老名家: 相模国高座郡海老名(神奈川県海老名市)をルーツとする。村上源氏の源有兼が横山党と姻戚を結び、横山党の季兼を養子とした。季兼は海老名に住んで海老名氏を称した。

■ 大磯(おおいそ)
# 神奈川県の大磯家: 相模国淘綾郡大磯(神奈川県大磯町)をルーツとし、桓武平氏の出。元暦年間に薩摩国に下り、島津氏に仕えた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大岡(おおおか)
# 神奈川県の大岡家: 鎌倉時代に公家の九条忠教が三河国大岡家紫(愛知県新城市)に住み大岡氏を称した。戦国時代に松平氏に仕え家康の関東入府にあわせて相模国高座郡堤村(神奈川県茅ヶ崎市)に領地を持った。三河国西大平藩主大岡家。【家紋:大岡七宝】明治維新後には子爵。

■ 大久保(おおくぼ)
# 神奈川県の大久保家: 小田原藩主下野国那須郡大久保(栃木県大田原市大久保)をルーツとし、宇都宮氏の一族。三河国に転じて松平氏に仕えた。相模国小田原藩の大久保家(11万3千石)は、天下の御意見番の大久保彦左衛門の一族。

■ 神奈川県の大竹家

■ 大伴(おおとも)
# 神奈川県の大伴家: 鎌倉の鶴岡八幡宮の神主。古代豪族の大伴氏の末裔。

■ 大友(おおとも)
# 神奈川県の大友家: 豊後の戦国大名の大友氏は、相模国足柄上郡大友郷(神奈川県小田原市)をルーツとする。文永年間に豊後国下向し、室町時代には豊後国守護を努めた。

■ 大庭(おおば)
# 神奈川県の大庭家: 相模国高座郡大庭郷(神奈川県藤沢市大庭)をルーツとし、桓武平氏の出で、鎌倉景経の子の景忠が大庭氏を称した。

■ 大森(おおもり)
# 神奈川県の大森家: 相模国の戦国大名。駿河国駿河郡大森(静岡県裾野市)をルーツとする。明応年間に北条早雲によって小田原城を追われた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岡崎(おかざき)
# 神奈川県の岡崎家: 相模国大住郡岡崎(神奈川県伊勢原市周辺)をルーツとし、桓武平氏の出。三浦義継の四男の義実が岡崎を領して岡崎氏を称した。

■ 荻野(おぎの)
# 相模国愛甲郡荻野(神奈川県厚木市)をルーツとする。武蔵七党の横山党の海老名氏の一族。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 尾崎(おざき)
# 神奈川県の尾崎家: 相模国津久井(神奈川県相模原市)の旧家。戦国時代には北条氏に仕え、北条氏が滅亡後には又野村に移り住み、江戸時代には名主を務めた。政治家の尾崎行雄はこの家系。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小沢(おざわ)
# 神奈川県の小沢家: 武蔵国橘樹郡小沢郷(神奈川県川崎市多摩区)をルーツとし、桓武平氏の出。稲毛重成の子の重政が小沢氏を称した。

■ 柿沢・柿澤(かきざわ)
# 神奈川県の柿沢家: 相模国高座郡甘沼村(神奈川県茅ヶ崎市)の名主。

■ 梶原(かじわら)
# 神奈川県の梶原家: 相模国鎌倉郡梶原郷神奈川県県鎌倉市)をルーツとし、桓武平氏の出。源頼朝に仕えたが、頼朝の死後に没落し、一族は四国に逃れた。
・ 大庭家の一族で、相模国梶原郷(神奈川県鎌倉市)をルーツとする。源頼朝に仕えたが、頼朝の死後北条氏に滅ぼされた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 糟屋(かすや)
# 相模国大住郡糟屋荘(神奈川県伊勢原市)をルーツとする。鎌倉時代には御家人、承久の乱後に没落、その後は北条氏に仕え、摂津国や丹波国の守護代を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 金沢(かねざわ)
# 武蔵国久良岐郡六浦荘金沢郷(神奈川県横浜市金沢区)をルーツとし、桓武平氏の北条氏の一族。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 鎌倉(かまくら)
# 神奈川県の鎌倉家: 相模国鎌倉郡鎌倉(神奈川県鎌倉市)をルーツとし、桓武平氏の出。一族からは大庭氏長尾氏梶原氏などが出た。

■ 軽部(かるべ)
# 神奈川県の軽部家: 武蔵国橘樹郡平間(神奈川県川崎市幸区)の旧家で赤穂藩主の浅野家に出入りし、討ち入り前に大石内蔵助も当家に滞在していた。

■ 小泉(こいずみ)
# 神奈川県の小泉家: 武蔵国久良岐郡(横浜市)のとび職人の小泉又次郎が初代。小泉純也は娘婿で、小泉純一郎は孫。【家紋:丸に違い鷹の羽

■ 小島・小嶋(こじま、おじま)
# 神奈川県の小島家: 神奈川県の東海道の大磯宿の本陣。

■ 小早川(こばやかわ)
# 神奈川県の小早川家: 安芸国の戦国大名の小早川氏は相模国足柄下郡早川(神奈川県小田原市)をルーツとし、桓武平氏の出。土肥実平が安芸国豊田郡沼田荘(広島県三原市本郷町)の地頭を努め、実平の子の遠平が小早川氏を称した。

■ 酒匂(さかわ)
# 神奈川県の酒匂家: 相模国足柄下郡酒匂村(神奈川県小田原市酒匂)をルーツとし、桓武平氏の出。薩摩の酒匂氏はこの一族。酒匂朝景とその子の景貞が島津忠久に従って薩摩国に下向した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 佐原(さわら)
# 神奈川県の佐原(さわら)家: 相模国三浦郡佐原(神奈川県横須賀市)をルーツとする。桓武平氏の三浦氏の一族で三浦義明の子の義連を祖とする。義連は源頼朝の挙兵に参じて紀伊国と和泉国の守護となった。

■ 篠窪(しのくぼ)
# 神奈川県の篠窪家: 相模国足柄上郡篠窪(神奈川県足柄上郡大井町)をルーツとし、藤原南家の二階堂氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 渋谷(しぶや)
# 神奈川県の渋谷家: 相模国高座郡渋谷荘(神奈川県大和市)をルーツとし桓武平氏の出。河崎重家の子の重国が渋谷氏を称した。一族の多くは後に薩摩国下向した。

■ 末永(すえなが)
# 神奈川県の末永家: 武蔵国橘樹郡末永(神奈川県川崎市高津区)をルーツとし、葛西氏の一族。葛西氏が陸奥国に下向したのに従って陸奥国登米郡に転じた。葛西氏の滅亡後、陸奥国本吉郡津谷村(宮城県気仙沼市本吉町)で帰農した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 芹沢(せりざわ)
# 神奈川県の芹沢家: 相模国高座郡芹沢(神奈川県茅ヶ崎市)をルーツとする。桓武平氏の大掾氏流。多気種幹の子の幹文が芹沢に住んで芹沢氏を称した。

■ 曽我(そが)
# 神奈川県の曽我家: 相模国足柄上郡曽我荘(神奈川県小田原市)をルーツとし、桓武平氏の河津氏の出。

■ 平子(たいらご)
# 神奈川県の平子家: 武蔵国平子郷(神奈川県横浜市)をルーツとし、武蔵七党の横山党の出。南北朝以後、関東管領の上杉家に仕え、上杉家が没落した後は、越後の上杉家に仕えた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 津田(つだ)
# 神奈川県の津田家: 小田原城下で「京紺屋藤兵衛」を号した。信濃国の出で、もとは中島を称していたという。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 土屋(つちや)
# 神奈川県の土屋家: 相模国淘綾郡中村荘土屋(神奈川県平塚市)をルーツとし、桓武平氏の出。中村荘の開発領主の中村宗平の三男の宗遠が土屋氏を称した。

■ 都筑(つづき)
# 神奈川県の都築家: 武蔵国都筑郡(神奈川県横浜市)をルーツとし、藤原北家利仁流の斎藤氏の出。

■ 綱島(つなしま)
# 神奈川県の綱島家: 武蔵国橘樹郡綱島(神奈川県横浜市)をルーツとする。

■ 土肥(どい)
# 神奈川県の土肥(どい)家: 相模国足柄下郡土肥郷(神奈川県足柄下郡湯河原町)をルーツとし、桓武平氏の良文流。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 長江(ながえ)
# 神奈川県の長江家: 相模国三浦郡長江(神奈川県三浦郡葉山町)をルーツとし、桓武平氏の三浦氏流。義景の時に陸奥国桃生郡深谷(宮城県石巻市周辺)に転じ伊達氏に従った。

■ 長尾(ながお)
# 神奈川県の長尾家: 相模国長尾郷(神奈川県横浜市)をルーツとし、桓武平氏の出。鎌倉幕府の御家人となったが、嫡流は三浦家の反乱の時に北条家に討たれた。後に、上杉家に仕えた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
・ 相模国鎌倉郡長尾郷(神奈川県横浜市栄区?)をルーツとし、桓武平氏の鎌倉氏の出。嫡流は宝治の合戦で三浦氏に属して断絶した。傍流は、後に上杉氏の被官となって、上野国越後国守護代を務め、子孫は鎌倉・白井・総社・越後の四家に分かれた。

■ 名越(なごし)
# 神奈川県の名越家: 相模国鎌倉郡名越(神奈川県鎌倉市)をルーツとし、桓武平氏の北条氏の一族。

■ 奈良(なら)
# 神奈川県の奈良家: 武蔵国都筑郡奈良(神奈川県横浜市)をルーツとする。

■ 二階堂(にかいどう)
# 神奈川県の二階堂家: 相模国鎌倉郡二階堂(神奈川県鎌倉市二階堂)をルーツとし、藤原南家の出。二階堂行政は源頼朝に仕え、鎌倉時代には代々執事を務めた。室町幕府でも執事を務めたが、伊勢氏に圧されて没落した。鎌倉時代には全国各地に所領があったので一族は各地に広がり、特に薩摩国の二階堂家と須賀川の二階堂家が有名。

■ 二宮(にのみや)
# 神奈川県の二宮家: 相模国餘綾郡二宮をルーツとし、桓武平氏の出。中村宗平の四男の友平が二宮氏を称した。

■ 沼田(ぬまた)
# 神奈川県の沼田家: 相模国足柄上郡沼田村(神奈川県南足柄市)をルーツとし、藤原北家秀郷流波多野氏の支流。

■ (はら)
# 神奈川県の原家: 横浜市中区の「三渓園」を造成したのが実業家の原富太郎。「三渓」は原富太郎の雅号。富太郎は生糸商人の原善三郎の孫と結婚して事業を拡大し財を成した。

■ 平子(ひらこ、たいらこ)
# 神奈川県の平子(たいらこ)家: 武蔵国久良岐郡平子郷(神奈川県横浜市)をルーツとし、武蔵七党の横山氏の出。鎌倉時代の初頭には越後国に所領を持っていた。南北朝以降は上杉氏に仕え、後に北魚沼に移り住んだ。

■ 深瀬(ふかせ)
# 神奈川県の深瀬家: 江戸時代の武蔵国橘樹郡南加瀬村(神奈川県川崎市)の名主。

■ 堀内(ほりうち)
# 神奈川県の堀内家: 相模国藤沢の旧家。遠江国城東郡掘ノ内(静岡県菊川市)をルーツとし、清和源氏小笠原氏流。代々、豊後国速見郡安岐郷(大分県)に住み、正行の時に遠江に転じて堀内氏と改姓した。後に北条氏に仕え、相模国に転じた。

■ 本間(ほんま)
# 神奈川県の本間家: 相模国愛甲郡本間(神奈川県厚木市)をルーツとし、武蔵七党のの横山党の出。海老名季兼の子の義忠が本間氏を称した。和田の乱で横山党が滅亡した後は北条氏に従ったと言われる。承久の乱の後に佐渡国地頭となり、一族が下向し佐渡本間氏となった。

■ 俣野(またの)
# 神奈川県の俣野家: 相模国高座郡大庭御厨俣野郷(神奈川県藤沢市)をルーツとし、桓武平氏の鎌倉氏の一族。

■ 松田(まつだ)
# 神奈川県の松田家: 相模国足柄上郡松田郷(神奈川県足柄上郡松田町)をルーツとし、藤原北家秀郷流波多野遠義の子の義通が松田氏を称した。源平の合戦時、平家に組したために一時没落したが、後に復活。

■ 三浦(みうら)
# 神奈川県の三浦家: 相模国三浦郡三浦をルーツとする。平安時代の末期に多くの分家をだし、鎌倉時代には有力な御家人となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 師岡(もろおか)
# 神奈川県の師岡家: 武蔵国久良木郡師岡(神奈川県横浜市港北区)をルーツとし、桓武平氏の千葉氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 八木下(やぎした)
# 神奈川県の八木下家: 相模国足柄下郡八木下(神奈川県小田原市)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 神奈川県の八木下家: 武蔵国橘樹郡小田村(神奈川県川崎市川崎区)の旧家で名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 矢部(やべ)
# 神奈川県の矢部家: 相模国の矢部氏は相模国鎌倉郡矢部郷(神奈川県横浜市戸塚区)または三浦郡矢部郷(神奈川県横須賀市)をルーツとし、桓武平氏の三浦氏流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 神奈川県の矢部家:  相模国の矢部氏は相模国高座郡矢部(神奈川県相模原市)をルーツとし、武蔵七党の横山党。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 山内(やまのうち)
# 神奈川県の山内(やまのうち)家: 藤原北家の須藤氏の末裔の俊通が相模国鎌倉郡山内荘(神奈川県鎌倉市山ノ内)に住んで山内氏を称した。一族は各地に拡がったが、備後国恵蘇郡(広島県庄原市)の地頭となり下向し、安芸山内氏となった。

■ 山口(やまぐち)
# 神奈川県の山口家: 相模国三浦郡山口郷(神奈川県三浦郡葉山町)をルーツとし、桓武平氏の三浦氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 米倉(よねくら)
# 神奈川県の米倉家: 武蔵国六浦藩主の米倉家は甲斐国八代郡米倉郷(山梨県笛吹市八代町米倉)をルーツとし、清和源氏の武田氏の一族。
・ 甲斐国米倉の出で、武田氏の一族。長篠の戦いで討ち死にした米倉重継の子の忠継が徳川家康に仕え、江戸時代には旗本。1696年に米倉昌尹が下野皆川藩を立藩。1722年に相模国金沢藩1万2千石。

■ 和田(わだ)
# 神奈川県の和田家: 相模国三浦郡和田(神奈川県三浦市初声町和田)をルーツとし、桓武平氏の出。三浦義宗の子の義盛・宗美・義茂が和田氏を称した。

■ 和智(わち)
# 神奈川県の和智家: 相模国津久井郡名倉村(神奈川県相模原市)の名主。


■ 神奈川県の地名をルーツとする名字

■ 関東地方の名字の特徴

■ 神奈川県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示