東京都の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 東京都の都名の由来 ・ 東京都の難読地名・珍地名

★ 東京都の名字の特徴

# 全国から流入したため特性は少ない。

【東京都らしい名字】

・ 相原 ・ 十六沢(いざさわ・板橋区) ・ 板橋 ・  九(いちじく) ・  大井 ・ 江戸 ・ 小山田 ・  葛西 ・ 喜多見 ・ 相模 ・ 品川 ・ 立川 ・ 天明 ・ 豊島 ・ 原島 ・ 土方(ひじかた) ・ 阿(ほとり・おか )・ 目黒 ・ 茨田(ばらた・大田区)

・ 東京都特有の名字集

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 鈴木

■ 2位: 佐藤(さとう): 東京都の佐藤家

■ 3位: 高橋

■ 4位: 田中

■ 5位: 小林

■ 6位: 渡辺

■ 7位: 伊藤(いとう): 東京都の伊藤家

■ 8位: 中村

■ 9位: 加藤

■ 10位: 斎藤

■ 11位: 吉田

■ 12位: 山本

■ 13位: 山田

■ 14位: 清水

■ 15位: 佐々木

■ 16位: 木村

■ 17位: 石井

■ 18位: 山口

■ 19位: 井上

■ 20位: 山崎


■ 相原(あいはら)
# 東京都の相原家: 武蔵国豊島郡上練馬村(東京都練馬区田柄)に豪農の相原家がある。

■ 安藤(あんどう): 東京都の安藤家

■ 井口(いぐち)
# 東京都の井口家: 桓武平氏の三浦氏流。三浦義国が北条早雲に敗れて、その子の義清が逃れて井口氏を称した。武蔵国新座郡井頭(東京都練馬区)に転じ、名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 池上(いけがみ)
# 東京都の池上家: 大田区池上を本拠とし、藤原氏の出。屋敷の裏山に建立したのが池上本門寺。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 稲葉(いなば)
# 東京都の稲葉家: 武蔵国多摩郡青梅(東京都青梅市)の豪商。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 江戸(えど)
# 東京都の江戸家: 桓武平氏の出で、隅田川の河口の江戸の地を本拠とした。江戸重長は、源頼朝に仕え御家人になった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 榎戸(えのきど)
# 東京都の榎戸家: 武蔵国多摩郡大丹波(東京都奥多摩町大丹波)の名主。国分寺には榎戸家が開発した榎戸新田があり、国分寺市にも榎戸の名字が多い。

■ 大坪(おおつぼ)
# 東京都の大坪家: 江戸日本橋の旧家。徳川家康の関東入国以前からこの地に住んで名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大平(おおひら)
# 東京都の大平家: 武蔵国江原郡奥沢城(東京都世田谷区)を本拠とした。高師直の末裔という。戦国時代末期に帰農し、江戸時代には奥沢村の名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岡部(おかべ)
# 東京都の岡部家: 東京都奥多摩郡桧原村の旧家で藤原南家の出。戦国時代には武田家に仕えていたが、武田家が滅亡後、当地で帰農した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岡村(おかむら)
# 東京都の岡村家: 本所林町(東京都墨田区立川)の旧家で名主を務めた。

■ (かつ)
# 東京都の勝家: 幕末の英雄のひとりの勝海舟の家で、徳川家の三河以来の家臣。勝海舟の嫡子の精は徳川慶喜の十男からの養子?【家紋: 「丸に剣花菱」】

■ 加納(かのう)
# 東京都の加納家: 江戸時代に将軍家の葛西にあった鷹場の綱差役を務めた加納家があった。伊勢国飯野郡西野々村(三重県松坂市)の出で、徳川吉宗によって西小松川(江戸川区)に呼ばれ、加納の姓を賜った。西野々村は当時は紀州藩領だったのでその縁でしょうね。

■ 鏑木(かぶらぎ)
# 東京都の鏑木家: 武蔵国荏原郡中目黒村(東京都目黒区)の名主。

■ 喜多見(きたみ)
# 東京都の喜多見家: 当初は小田原の北条氏に仕えていたが、北条氏が滅亡後には徳川家に仕え、五代将軍の綱吉の時代には側用人として武蔵国喜多見(東京都世田谷区)で2万石。「生類憐れみの令」の推進者と言われる。後に、分家の不祥事に連座して改易。

■ 喜多村(きたむら)
# 東京都の喜多村家: 江戸時代の江戸町年寄三家の一つ。遠江国の出で、喜多村弥兵衛が徳川家康の関東入国の際に江戸に従った。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 熊谷(くまがい)
# 東京都の熊谷家: 鳩居堂の創業家で熊谷直実の末裔と言われる。1663年に熊谷直心が京で薬種商を始めた。

■ 黒川(くろかわ)
# 東京都の黒川家: 羊羹で有名な虎屋の創業家で江戸時代以前は京都にあった。明治時代に東京に転じた。

■ 甲良(こうら)
# 東京都の甲良家: 江戸時代の幕府の作事方大棟梁。近江国の出。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 後藤(ごとう): 東京都の後藤家

■ 小宮(こみや)
# 東京都の小宮家: 武蔵国多摩郡小宮(東京都八王子市)をルーツとする。承久の乱後に小宮久行が伊予国越智郡弓削島荘(愛媛県越智郡上島町)の地頭となった。

■ 指田(さしだ)
# 東京都の指田家: 武蔵国多摩郡羽村(東京都羽村市)で「下陣屋」と呼ばれた旧家。

■ 猿渡(さわたり)
# 東京都の猿渡家: 武蔵総社大国魂神社(東京都府中市)の神職。武蔵国橘樹郡猿渡村(神奈川県)をルーツとし、藤原氏の出。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 塩瀬(しおせ)
# 東京都の塩瀬家: 饅頭屋の塩瀬総本家。京の塩瀬家はのちに三河国設楽郡塩瀬(愛知県新城市)に住んで塩瀬を称した。江戸時代初頭にのれん分けした塩瀬が現在の塩瀬本店という。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 品川(しながわ)
# 東京都の品川家: 武蔵国荏原郡品川(東京都品川区)をルーツとする。平安時代の公家で文人の紀長谷雄(きのはせお)の子孫で大井家の支流。品川清実は源頼朝に従って、和泉・伊勢・陸奥などの領地を賜った。応永31年(1424年)に足利持氏に所領を没収され滅亡した。

■ 渋谷(しぶや)
# 東京都の渋谷家: 桓武平氏の出。相模国渋谷荘(神奈川県大和市)をルーツとし、一族が武蔵国に移り住み、開発したのが渋谷(東京都渋谷区)。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
※ 渋谷区の渋谷の由来が「渋谷氏」というのは諸説の中の一つのようです。

■ 守随(しゅずい)
# 東京都の守随家:江戸の秤座の支配。甲斐国ので出で、今川家に従い後に武田家に仕えた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 白井(しらい)
# 東京都の白井家: 東京都台東区の今戸焼の陶芸家。本家は関東大震災で被災して兵庫県に転じた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大黒(だいこく)
# 東京都の大黒家: 江戸時代の銀座の銀改役。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 多賀(たが)
# 東京都の多賀家: 旗本で、崇峻天皇の末裔という近江の中原氏の一族が、近江国愛智郡(滋賀県)の多賀神社の神職となり多賀氏を称した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 田島(たじま)
# 東京都の田島家: 武蔵国南葛飾郡一之江(東京都江戸川区)で名主を務めた。当初は武士で、関ヶ原の合戦で西軍についたため、江戸時代に帰農した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ (たち)
# 東京都の館(たち)家: 江戸の町年寄の筆頭。大和国の奈良の出で、奈良屋を号した。三河時代の徳川家康に仕え、家康の関東入府の際に江戸に移り住んだ。

■ 樽(たる)
# 東京都の樽家: 江戸の町年寄。三河国刈谷城主の水野家の一族という。徳川家康の関東入国に従い、江戸の町支配を命じられた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 遠山(とおやま)
# 東京都の遠山家: 小田原の北条氏の重臣で、太田道灌の死亡後、代々江戸城代を務めた。藤原北家利仁流。その後徳川氏に仕え、江戸時代には旗本。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 徳川(とくがわ)
# 東京都・静岡県の徳川家: 徳川宗家(将軍家)。【家紋:三つ葉葵】明治維新後には公爵。

■ 舎人(とねり)
# 東京都の舎人家: 武蔵国足立郡舎人(東京都足立区舎人町)をルーツとする。戦国時代には北条氏に仕え、後に徳川氏に仕えた。

■ 中井(なかい)
# 東京都の中井家: 江戸時代の大工の棟梁。古代豪族の巨勢氏の子孫で、大和国の三輪明神の神職だった。後に豊臣秀吉から徳川家康に仕え、側近となった。慶長年間には大和国で1000石を領した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
※ 武士でなく大工の棟梁も領地をもっていたんだねぇ。

■ 夏目(なつめ)
# 東京都の夏目家: 文豪の夏目漱石は江戸の牛込馬場横町(東京都新宿区喜久井町)の名主の家の出。信濃国水内郡夏目(長野県長野市)をルーツとし、清和源氏満快流で旗本の夏目氏の同族と言われる。戦国時代には武田氏に仕え、その後は豊島郡に土着した。

■ 野田(のだ)
# 東京都の野田家: 池之端の老舗の「酒悦」の創業家。初代は伊勢国山田(三重県伊勢市)の出。

■ 平山(ひらやま)
# 東京都の平山家: 武蔵国平山郷(東京都日野市)をルーツとし、武蔵七党の西党の出。源平の争乱では源氏に従って鎌倉時代には御家人。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 馬込(まごめ)
# 東京都の馬込家: 江戸の伝馬役。遠江国馬込(静岡県浜松市)をルーツとし、徳川家康の関東入国に従い、江戸で伝馬役を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 三田(みた)
# 東京都の三田家: 平将門の子孫を称す。山内上杉家の重臣で多摩郡で勢力を張ったが、後北条氏に滅ぼされた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 宮城(みやぎ)
# 東京都の宮城家: 桓武平氏の豊島氏の支流。武蔵国足立郡宮城村(東京都足立区宮城)をルーツとする。江戸時代には旗本で常陸国鹿島郡400石。

■ 森村(もりむら)
# 東京都の森村家: ノリタケの創業家。遠江国小笠郡森村(静岡県菊川市)をルーツとする。明治37年に愛知県愛知郡鷹場村則武(愛知県名古屋市西区則武新町)に日本陶器製造合名会社を設立。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 矢部(やべ)
# 江戸の麹町平河町(東京都千代田区)の名主。麹町は江戸時代以前は武蔵国豊島郡矢部村だった。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 与謝野(よさの)
# 東京都の与謝野家: 与謝野馨は中曽根康弘の秘書から政治家になった。与謝野鉄幹・晶子の孫。【家紋:細山桜

■ 吉野(よしの)
# 東京都の吉野家: 武蔵国多摩郡檜原村(東京都西多摩郡檜原村)の旧家で名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】


■ 東京都の地名をルーツとする名字

■ 関東地方の名字の特徴

■ 東京都の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示