千葉県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 千葉県の県名の由来 ・ 千葉県の難読地名・珍地名

★ 千葉県の名字の特徴

# 千葉県の由来となった千葉氏下総国千葉郷「千葉市」)由来の名字が代表的。

# 東京都同じで移住者が多く名字の構成に特徴は無い。

【千葉県らしい名字】

# 千葉県と言えば「千葉」姓だが、これは桓武平氏の子孫がこの地に住んで地名を名字にした。鎌倉時代以降各地に拡がっていったが、戦国時代に本拠地の千葉氏が没落し、県内に多い姓とは言えなくなっている。

# 「南総里見八犬伝」に登場する「里見」も有名で、また戦国時代には安房里見氏も有名だが、里見という名字は上野国碓井郡里見(群馬県榛名町)が発祥の地である。

# 内房の「鶴岡」、館山付近の「川名」、外房の「椎名」、銚子付近の「石毛」「宮内」、茨城県境に多い「染谷」、「加瀬」なども千葉県らしい。

・ 千葉県特有の名字集

■ 千葉県の特徴的名字: 石井、椎名、植草、木内、市毛、臼井、染谷、国吉、安蒜(あびる)、忽滑谷(ぬかりや)。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 鈴木(すずき)(2.5%): 千葉県の鈴木家

■ 2位: 高橋(たかはし): 千葉県の高橋家

■ 3位: 佐藤

■ 4位: 渡辺

■ 5位: 伊藤

■ 6位: 斎藤

■ 7位: 田中

■ 8位: 石井

■ 9位: 中村

■ 10位: 小林(こばやし、おばやし): 千葉県の小林家

■ 11位: 加藤

■ 12位: 吉田

■ 13位: 林(はやし): 千葉県の林家

■ 14位: 山本

■ 15位: 小川

■ 16位: 山口

■ 17位: 山田

■ 18位: 山崎

■ 19位: 松本

■ 20位: 木村


■ 粟飯原(あいはら)
# 千葉県の粟飯原家: 下総国をルーツとし、桓武平氏の千葉氏の支流。粟飯原氏光を祖とし、代々小県城(千葉県香取市)を本拠とした。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 阿比留(あびる)
# 千葉県の阿比留家: 上総国畔蒜荘(千葉県袖ケ浦市)をルーツとする。813年の刀伊の入冠で活躍、対馬の在庁官人を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 阿部(あべ): 千葉県の阿部家

■ 天羽(あまは)
# 全国の約1/3は徳島県にみられる。
# 千葉県の天羽家: 上総国天羽郡天羽荘(千葉県富津市)をルーツとし、桓武平氏の出。千葉県内では「あまは」読みだが、天羽姓の一番多い徳島県では「おもう」読み。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 安西(あんざい)
# 千葉県の安西家: 鎌倉時代から安房国で地頭を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 井田(いだ)
# 全国に分布する。
# 千葉県の井田家: 上総国井田城主。千葉氏に従っていたが、後に小田原の北条氏に従い、北条氏が滅亡後には常陸国に転じたという。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 稲葉(いなば)
# 千葉県の稲葉家: 安房国館山藩主。山城国淀藩主の稲葉家の分家。伊予の河野氏の出という。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 印東(いんどう)
# 千葉県の印東家: 下総国印旛郡印東荘(千葉県佐倉市)をルーツとし、桓武平氏の千葉氏の一族。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 臼井(うすい)
# 千葉県の臼井家: 下総国印旛郡臼井(千葉県佐倉市臼井)をルーツとし、桓武平氏の千葉氏の支流。鎌倉時代には御家人。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 内田(うちだ): 千葉県の内田家

■ 円城寺(えんじょうじ)
# 千葉県の円城寺家: 下総国印旛郡円城寺(千葉県佐倉市)をルーツとし、桓武平氏の千葉氏の一族。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大沢(おおさわ)
# 千葉県の大沢家: 上総国長柄郡宮成村(千葉県長生郡長生村)で名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大須賀(おおすが)
# 千葉県の大須賀家: 下総国香取郡大須賀郷(千葉県香取市)をルーツとし、桓武平氏の千葉六党の一つ。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 千葉県の大竹家

■ 大坪(おおつぼ)
# 千葉県の大坪家: 上総国市原郡大坪村(千葉県市原市)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小倉(おぐら、こくら)
# 千葉県の小倉家: 安房国平郡上滝田村(千葉県南房総市)の旧家。

■ 海保(かいほ)
# 千葉県の海保家: 清和源氏の里見氏の支流で、豊臣秀吉の小田原征伐の後に帰農した。
# 千葉県の海保家: 上総国市原郡海保(千葉県市原市)をルーツとする。桓武平氏の千葉氏の支流。清和源氏の里見氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 風早(かざはや)
# 千葉県の風早家: 下総国葛飾郡風早荘(千葉県松戸市)をルーツとし、桓武平氏の千葉氏の東氏の出。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 上総(かずさ)
# 千葉県の上総家: 桓武平氏の出。上総広常は源平の戦いで源氏につき活躍したが、源頼朝に疎まれて殺された。一族は鎌倉時代末期まで上総で勢力を維持した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 加納(かのう)
# 千葉県の加納家: 上総国一宮藩主三河国加茂郡加納村(愛知県豊田市加納町)をルーツとし、松平氏の一族。上総国一宮藩(1万3千石)の加納家。八代将軍吉宗のおもり役の加納久通の家系。

■ 鏑木(かぶらぎ)
# 千葉県の鏑木家: 下総国匝瑳郡北条荘鏑木(千葉県旭市鏑木)をルーツとし、桓武平氏の千葉氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 木内(きうち)
# 千葉県の木内家: 下総国香取郡木内荘(千葉県香取市)をルーツとし、桓武平氏の東氏の出。千葉氏に従い、後に承久の乱の功績で但馬国磯部荘(兵庫県朝来市)、淡路国由良荘を賜る。

■ 喜多村(きたむら)
# 千葉県の喜多村家: 下総国関宿(千葉県野田市)の豪商で、喜多屋を号した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 久世(くぜ)
# 千葉県の久世家: 下総国関宿藩主で村上源氏の出という。もとは、三河国の中流武士で松平家に仕えた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 黒田(くろだ)
# 千葉県の黒田家: 上総国久留里藩主武蔵七党の丹党の中山氏の一族。中山直張の三男の直邦が外祖父の黒田用綱に養われて黒田氏を称した。元禄16年(1703年)に常陸の下館1万5千石で藩主となった。その後、上野国の沼田を経て寛保2年(1742年)に上総の久留里に移った。
・ 上総国久留里藩(3万石)の黒田家は福岡の黒田家とは異なり、北条氏の家臣の出。
# 千葉県の黒田家: 久留里藩主。武蔵七党の丹党の中山氏の一族。中山直張の三男の直邦が外祖父の黒田用綱に養われて黒田氏を称した。

■ 国分(こくぶ)
# 千葉県の国分(こくぶ)家: 下総国葛飾郡国分郷(千葉県市川市国分)をルーツとし、桓武平氏で千葉六党の一つ。千葉常胤の五男の胤通が国分郷を与えられ国分氏を称した。戦国時代には北条氏に仕えたが、天正18年(1590年)に北条氏とともに滅亡した。
※ 小山氏の一流長沼氏の分かれとするもある。

■ 西郷(さいごう)
# 千葉県の西郷家: 安房東条1万石。徳川家康の側室で秀忠の母の西郷局の甥である西郷正員。後に旗本になった。

■ 酒井(さかい): 千葉県の酒井家

■ 佐久間(さくま)
# 千葉県の佐久間家: 安房国平群郡佐久間郷(千葉県安房郡鋸南町佐久間)をルーツとし桓武平氏の出。和田義盛の子の朝盛が、建保元年(1213年)の和田義盛に乱に組して敗れ、安房国平群郡佐久間郷に逃れて佐久間氏を称した。後に、承久の乱でも敗れ、尾張国愛智郡御器所愛知県名古屋市)に逃れた。子孫には織田信長の重臣の佐久間信盛がいる。江戸時代の信濃国飯山藩主や川中島藩主の佐久間家も同族。

■ 里見(さとみ)
# 千葉県の里見家: 上野国碓井郡里見郷(群馬県高崎市)をルーツとし、清和源氏の新田氏の一族。嘉吉元年(1441年)、里見家基が結城合戦で上杉氏に敗れ、子の義実が相模国(安房国?)に逃れて安房の里見氏になった。
・ 千葉県の里見家: 清和源氏の出で新田氏の一族。上野国里見郷(群馬県高崎市)をルーツとし、室町時代に上杉憲実に本拠地を奪われ、相模国を経て安房国に移り住んだ。室町時代後半から江戸時代初期まで安房一国を領したが、17世紀はじめに跡継ぎがおらず、断絶した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 進藤(しんどう)
# 千葉県の進藤家: 千葉県袖ヶ浦市蔵波の旧家で豪農。

■ 武石(たけいし)
# 千葉県の武石家: 下総国千葉郡武石郷(千葉県千葉市)をルーツとし、桓武平氏の千葉氏の支流。後に、源頼朝から陸奥国宇田、伊具、亘理の三郡をたまわり、亘理氏を称した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 多田(ただ)
# 千葉県の多田家: 下総国香取郡多田(千葉県香取市)をルーツとし、桓武平氏千葉氏の出。

■ 千田(ちだ)
# 千葉県の千田家: 下総国匝瑳郡千田荘(千葉県香取郡多古町)をルーツとし、藤原姓と桓武平氏と二流ある。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 千葉(ちば): 千葉県の千葉家

■ 寺崎(てらさき)
# 千葉県の寺崎家: 下総国印旛郡葛西荘寺崎(千葉県佐倉市寺崎)をルーツとし、桓武平氏の出。のちに、葛西氏に従って陸奥国に下向し、陸奥国桃生郡寺崎(宮城県石巻市桃生町寺崎)に住んだ。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ (とう)
# 千葉県の東(とう)家: 下総国東荘(千葉県香取市東庄町)をルーツとし、桓武平氏千葉氏の出。千葉常胤の六男の胤頼が東荘を領して、東氏を称した。美濃国の東氏も同族。

■ 東条(とうじょう)
# 千葉県の東条家: 安房国長狭郡東条郷(千葉県鴨川市)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 土岐(とき)
# 千葉県の土岐家: 上総国夷隅郡万喜(千葉県鴨川市)の土岐氏は応永年間に土岐時政が摂津国冨山から移り住んだが天正18年(1590年)に里見氏に滅ぼされた。

■ 戸張(とばり)
# 千葉県の戸張家: 下総国葛飾郡戸張(千葉県柏市戸張)をルーツとし、桓武平氏の相馬氏の支流とも言われる。後に武蔵国(埼玉県)に転じ、江戸時代には名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 浜口(はまぐち)
# 千葉県の浜口家: 銚子の醤油の醸造家で元は紀伊国の出。ヤマサ醤油・ヒゲタ醤油。

■ 原(はら): 千葉県の原家

■ 久松(ひさまつ)
# 千葉県の久松家: 下総国多古藩主。菅原道真の末裔と言われる。

■ 土方(ひじかた)
# 千葉県の土方家: 多田源氏の出。大和国土方をルーツとする。慶長9年に下総国多古藩1万5千石。

■ 保科(ほしな)
# 千葉県の保科家: 上総国飯野藩(2万石)の保科家は信濃の保科家の一族だが、徳川秀忠の子の正之が保科家の養子となり跡を継いだので、別家をたてた。

■ 堀田(ほった)
# 千葉県の堀田家: 下総国佐倉藩主尾張国中島郡堀田(愛知県稲沢市)をルーツとし、紀氏の出。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 堀江(ほりえ)
# 千葉県の堀江家: 安房国の堀江氏は足利氏に仕えていたが、没落後には里見氏に仕え、重臣として里見氏を名乗った。

■ 枡田(ますだ)
# 千葉県の枡田家: 千葉県の野田市の旧家で醤油の船積み問屋を務めた。

■ 丸(まる)
# 千葉県の丸家: 安房国朝夷郡丸(千葉県南房総市)をルーツとし、桓武平氏の出を称す。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 皆吉(みなよし)
# 千葉県の皆吉家: 上総国馬野郡皆吉郷(千葉県市原市)をルーツとし、紀氏の出。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 宮島(みやじま)
# 千葉県の宮島家: 下総国印旛郡大森村(千葉県印西市大森)の旧家で、大庄屋を務めた。

■ 村田(むらた): 千葉県の村田家

■ 茂木(もぎ)
# 千葉県の茂木(もぎ)家: 千葉県銚子市の醤油醸造家に茂木家がある。野田醤油を経て、キッコーマンとなった。
・ 茂木(もぎ)家は、当初豊臣秀吉に仕えていたが初代が野田でしょう油造りを始めた。現在のキッコーマン。

■ 森川(もりかわ)
# 千葉県の森川家: 下総国生実藩主。宇多源氏の出で。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 矢木(やぎ)
# 千葉県の矢木家: 下総国相馬郡矢木(千葉県流山市)をルーツとし、桓武平氏の相馬氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】


■ 千葉県の地名をルーツとする名字

■ 関東地方の名字の特徴

■ 千葉県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示