埼玉県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 吾野村(あがのむら): 埼玉県飯能市吾野
・ 古くは我野、我那と書いた。鎌倉時代には吾那保だった。「あかな」は「あがの」の古語で「あがな」とは、「上り野」の意味。アイヌ語で「あがの」とは清流に沿う野原を意味し、阿賀野川も同じ。

■ 上尾(あげお): 埼玉県上尾市

■ 明戸(あけと): 埼玉県深谷市明戸
・ 明戸はアクト(悪戸)に由来する。アクトは、川沿いの平地を意味する。

■ 朝霞(あさか): 埼玉県朝霞市。古くは「膝折(ひざおり)」と呼んだ。当地の東京ゴルフ倶楽部名誉総裁の朝香宮鳩彦王にちなみ、「朝霞」と称した。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 安行(あんぎょう): 埼玉県川口市安行。安行(あんぎょう)=昔、中田安斉入道安行の領地だった。川口市安行は植木の里。

■ 安行出羽(あんぎょうでわ): 埼玉県川口市安行出羽

■ 伊奈(いな): 埼玉県北足立郡伊奈町

■ 入間(いるま): 埼玉県入間市
・ 入間の由来はアイヌ語説など色々。

■ 江面(えずら): 埼玉県久喜市江面
・ 伝説では「え〜ずら」で、良い土地を意味する。

■ 大井(おおい): 埼玉県ふじみ野市大井
・ 大井は大きな堰をあらわす。
・ 大井戸の意味で、古くに井戸があったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 大河原(おおかわら): 埼玉県飯能市大河原

■ 大串(おおくし): 埼玉県吉見町大串
・ 「くし」とは、浜辺の堤防を意味する。

■ 大指(おおさす): 埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬字大指。焼き畑由来の地名。

■ 太田部(おおたべ): 埼玉県秩父市吉田太田部
・ 田部=御田部のことで、屯倉に属して、官田を作った部民をあらわす。ちなみに、園部は園を作った部民。

■ 大間(おおま): 埼玉県鴻巣市大間
・ 大間は低湿地を意味する。「ま」はアイヌ語で僅かな水の意味。

■ 小鹿野町(おがのまち): 埼玉県秩父郡小鹿野町
・ 和名抄では巨香郷(おおかごう)、後に小鹿と書いた。

■ 小川(おがわ): 埼玉県比企郡小川町
・ 町内を「槻川(つきかわ)」と「兜川」が流れ、大きな「槻川」に対して、「兜川」を古くから「おがわ」と呼んでいた。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 沖の上(おきのうえ): 埼玉県上尾市沖ノ上
・ 「沖」とは「和田」と同様に、「谷間の入野に比してやや広い平野」を意味する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 沖村(田園簿)・上村(元禄郷帳)ともいった。【角川日本地名大辞典】

■ 桶川(おけがわ):  埼玉県桶川市
・ 古くは桶皮郷。江戸時代には桶川となった。

■ 越生(おごせ): 埼玉県入間郡越生町
・ 鎌倉時代の越生郷に由来し、峰の腰の意味。
・ 「驕る瀬」。「水流が翻弄し、溢れる地」。【地名でわかる水害大国日本 楠原佑介 祥伝社新書】

■ (おし): 埼玉県行田市忍

■ 尾田蒔(おだまき): 埼玉県秩父市尾田蒔(旧尾田蒔村)
・ 明治22年に、寺村、田の三か村が合併して成立。

■ 男衾村(おぶすまむら): 埼玉県寄居町東部
埼玉県大里郡寄居町富田に男衾駅の名が残る。村名は式内社と伝える小被(おぶすま)神社が、かつては郡内の惣社であったところからその社号にちなむ。【角川日本地名大辞典】

■ 小見(おみ): 埼玉県行田市小見
・ 小見(おみ)は使主(おみ)の遺名。【使主】(おみ)は古代の姓(かばね)の一つを表す。

■ 折原村(おりはらむら): 埼玉県大里郡寄居町折原
・ 古くは織原と書き、武蔵七党の丹党の織原氏の本拠地。

★ 

■ 垳川(がけがわ): 埼玉県八潮市垳。
・ 利根川水系中川の支流。八潮(やしお)市浮塚地先で、綾瀬(あやせ)川から分かれ、都県境を東流し、大きく曲流しながら、垳地区を経て、東京都足立(あだち)区六木(むつぎ)町地先で中川へ合流する。名称は貫流地域の集落名による。付近は標高2m前後の低湿地で、しばしば湛水の害を受けたので、綾瀬川からの分流地点と中川への合流地点に、水門とポンプを設置し、排水機能の強化がはかられた。【角川日本地名大辞典】
・ 垳(がけ): 埼玉県八潮市垳。旧武蔵国。県南東部、中川右岸の沖積地に位置し、自然堤防上に集落がある。地名は「みずかけ」「はけ」の転訛という。【角川日本地名大辞典】

■ 春日部(かすかべ): 埼玉県春日部市

■ 加須(かぞ): 埼玉県加須市
・ 「利根川の河の洲」や「加増」に由来するなど。

■ 加田屋新田(かたやしんでん): 埼玉県さいたま市見沼区加田屋新田(かたやしんでん)
延宝3年に江戸の町人の加田屋坂東助右衛門尚重が、見沼の一部を干拓し田畑52町6反歩を得、入江新田として村立てしたが、この干拓は沼の東を締め切って、上流から流入していた水を流路変更により綾瀬(あやせ)川に落としたものであったため、沼を用水源としていた下流村々と訴訟となり、享保3年沼に復元された。同13年3代目助右衛門尚常は幕府の公許を得て再び入江新田を開発、田畑65町を開き、同家の屋号を冠して加田屋新田とした。【角川日本地名大辞典】
・ 加田屋の名字は坂東で、坂東家は江戸に来る前は和歌山県に住み、その郷里の名前が加田村で、屋号はそこからとった。

■ 片柳村(かたやなぎむら): 埼玉県坂戸市片柳
・ 片葉の柳が生息していた。武蔵国の開発当初、稲田姫命は素戔嗚尊や大国主命と一緒にこの地に来てたが、二人の神去り、いつまでも迎えにこないので、稲田姫命は悲しんで一本の柳を植えた。この柳に姫の心が通ってか、片方しか葉が生えなかった。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 加藤(かとう): 埼玉県吉川市加藤
・ 県南東部、江戸川右岸の沖積地に位置する。地名は、開発者の氏名に由来するという。【角川日本地名大辞典】

■ 上平(かみひら): 埼玉県
・ 明治22年に上、西門前、南、久保、平塚、菅谷、須ヶ谷が合併して上平村となった。上平は中心集落の「上(かみ)」と「平塚」をとった。久保、菅谷、須ヶ谷は低湿地に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 亀井村(かめいむら): 埼玉県。鎌倉時代の亀井荘。

■ 神米金(かめがね): 埼玉県所沢市神米金(かめがね)。明治7年に神谷新田、久米新田、堀金新田が合併。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 栢間(かやま): 埼玉県久喜市。古くは、萱間と書いた。例によって、「間」のつくのはアイヌ語由来?「ま」は、わずかな水面、湖沼、半島、小島。「かや」はアイヌ語では帆の意味がある。

■ 川越(かわごえ): 埼玉県川越市
・ 川越は古くは河肥と書いた。鎌倉時代末期には河越、江戸時代には川越となった。入間川を越えるの意味。また、川に望んだ肥沃な土地か?

■ 木売(きうり):  埼玉県吉川市木売
・ 「新編武蔵」には「昔は河岸場にして村をも木売河戸と号せしか」とあり、地名は古利根(ふるとね)川・元荒川などの上流の木材の集荷地を意味し、中世から近世初頭には河岸業の盛んな所であったという。【角川日本地名大辞典】

■ 騎西町(きさい): 埼玉県加須市騎西
・ 騎西は私市とも書き、武蔵七党の私市党の本拠地。私市部(きさいちべ)は皇后の領地。

■ 北本(きたもと): 埼玉県北本市。北本宿は昔は本宿と言った。

■ 行田(ぎょうだ): 埼玉県行田市
・ かつての城下町の忍町(おしまち)だが、行田足袋生産で名を知られ、町内の地区名「行田」を市名とした。行田は忍の城下町の商工業の中心。忍は屋敷町。佐間は農業地帯。行田の意味は成田と同じで、「なりた」とも書いた。
・ 行田市(ぎょうだし): 埼玉県行田市。城下町「忍町(おしまち)」が行田足袋生産で名を知られ、町内の地区名「行田」を市名とした。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

■ 久喜(くき): 埼玉県久喜市鷲宮
・ 久喜は茎と書いた。柳田邦夫の地名の研究によると、薪などの燃料採取に由来する。

■ 久下(くげ): 埼玉県熊谷市久下

■ 久下(くげ): 埼玉県加須市久下

■ 久下(くげ): 埼玉県飯能市久下

■ 鯨井(くじらい): 埼玉県川越市鯨井
・ 古くは久志羅井とも書く。久次郎という者が開発して居住したことから、久次郎居(くじらい)村と称し、いつの頃か鯨井と書くようになったと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 久那(くな): 埼玉県秩父市久那(旧久那村)
・ 村内に九の小地名があったことに由来し、後に久那をあてた。

■ 倉田(くらた): 埼玉県桶川市倉田

■ 黒岩(くろいわ): 埼玉県入間郡越生町黒岩
・ 付近の越辺川の中に、黒い岩が沢山あった事に由来する。

■ 鴻巣(こうのす)
・ 埼玉県鴻巣市。地名は台地や高地を意味するタカスの語が転じて生じたという。【角川日本地名大辞典】
・ 埼玉県鴻巣市。国府所在地から「国府の洲(こくふのす)」が「こうのす」となり、地元の伝承「こうのとり伝説」から「鴻巣」の字をあてたといわれる。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】
・ 河川の「州」に由来し、「高洲」に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 市内にある氷川神社を、一名、鴻の宮という。むかし、その地に神木が有り、その木に鴻が来て巣を作ったが、蛇が卵を取りに来たので鴻が蛇を殺してしまったという。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 「たか(高)」+「の」+「す(場所)」で、「高くなった所」の意味。
※ 一応「国府」由来に1票。で、どこの国府があったわけ?

■ 越谷(こしがや): 埼玉県越谷市

■ 児玉(こだま): 埼玉県本庄市児玉町
・ 金銀財宝の産出説、やまびこのこだま説、養蚕業説など。

■ 小針(こばり): 埼玉県行田市小針
・ 埼玉県北足立郡伊奈町の小針?小針は小はり田(開墾地)の意味。

■ 高麗(こま): 埼玉県高麗川
・ 武蔵国高麗郡高麗郷、山梨県高麗郡など。
・ 高句麗からの渡来人の居住地。
・ 「続日本記」に、霊亀2年5月条に、東国の高麗人1799人を移して、高麗郡を置く」の記述がある。
・ 高麗の若光王は、関東に分散していた高麗人1800人を集めて、武蔵国に高麗郡を開いた。日高町の高麗神社の神職は今も高麗氏が務める。王族以外の高麗人は狛(こま)を名乗ることが多かった。
・ 続日本紀によると、霊亀二年に駿河、甲斐、相模、上総、下総、下野の高麗人179999人を移住させて高麗郡をおいた。

■ 五明(ごみょう): 埼玉県比企郡ときがわ町五明(旧比企郡玉川村五明)。仏教の五明に由来する。

■ 今羽(こんば): 埼玉県さいたま市北区今羽町。

★ 

■ 道祖土(さいど): 埼玉県さいたま市緑区道祖土

 酒巻(さかまき): 埼玉県行田市酒巻
・ 酒巻とは水が逆巻くこと。

■ 鷺宮(さぎのみや): 埼玉県久喜市の鷲宮(旧鷲宮町)
・ 土師部がこの地に住んで土師宮(はじのみや)を祀った。土師宮(土師神社)が鷲宮神社。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 笹井(ささい): 埼玉県狭山市笹井。武蔵国にみられた地名。篠井・佐々井・佐西とも書き、古くは「しのい」といったという。鎌倉期からすでに本山派修験の道場観音堂が開け、地名になったとも考えられる。【角川日本地名大辞典】
・ 佐西郷: 室町時代から武蔵国高麗郡にみられた郷名。
・ 篠井村: 江戸時代から明治時代中頃にかけて武蔵国高麗郡にみられた村名。当初は幕府領、慶長年間から一部が旗本土屋2氏・有賀・横地の4氏の相給。享保年間頃幕府領の一部と横地氏知行分は川越(かわごえ)藩領と旗本酒井・山木氏の相給となる。川越藩領は幕末には上野前橋藩領となる。【角川日本地名大辞典】

■ 笹丸(ささまる):  埼玉県さいたま市見沼区笹丸
・ 県東部、大部分が芝川左岸の大宮台地上に位置し、北東部の一部は低地。「マル」は朝鮮上古の山を意味する語だが、山岳の意だけではなく、台地・丘陵・林などをさしていう場合も多いという。【角川日本地名大辞典】

■ 幸手(さって): 埼玉県幸手市
・ 幸手(さって)は古くは、田宮と呼ばれた。薩手とも書いた。アイヌ語由来?札幌の「さつ」?「さつ」は乾燥した原野。

■ 志木(しぎ): 埼玉県志木市。志木は志楽木の略で、新羅にちなむ。 → 詳細

■ 四軒在家(しけんざいけ): 埼玉県児玉郡神川町四軒在家(しけんざいけ)

■ 鹿手袋(しってぶくろ): 埼玉県さいたま市南区鹿手袋(しかてぶくろ)

■ 常光(じょうこう): 埼玉県鴻巣市常光
・ 常光は常荒で、荒野を開発するときに、常荒といって、ある年限を定めて税を免除した土地をいう。常光は嘉名(佳字)。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 正直(しょうじき): 埼玉県比企郡川島町正直

■ 庄和(しょうわ): 埼玉県春日部市
・ 埼玉県春日部市の旧庄和町。この地はかつては庄内領と呼ばれた。昭和29年に、川辺村、南桜井村、富多村、宝珠花村が合併したときに、庄和村となった。庄内領の村々が和合して将来の発展を願うという意味のようだ。その後、庄和から庄和町になり春日部市に合併されたが、古来よりの地名ではないので、この地名は消えたのかな?不詳。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 十二月田(しわすだ): 埼玉県川口市朝日周辺
・ 十二月田(しわすだ): 埼玉県県南東部、芝川左岸の沖積地に位置する。地名は、昔12月晦日にキツネが来て、杉葉を以って田植えをしたという奇譚に由来するという。中世には前田阿弥陀堂(鳩ケ谷(はとがや)市南町)旧蔵の応仁3年の鰐口銘にある「十二月郷」であったと思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 神田(じんで): 埼玉県さいたま市桜区神田。伊勢神宮の所領だったことに由来する。

■ 須江(すえ): 埼玉県比企郡鳩山町須江。須江は須恵で須恵器に由来する。

■ 須加(すか): 埼玉県行田市須加。古くは須賀とも書いた。須は州や自然堤防。

■ 杉戸(すぎと): 埼玉県北葛飾郡杉戸町
・ 杉戸は古くは杉門と書いた。杉門は杉津で、杉の群生する港。例によって、日本武尊の地名伝説もある。

■ 勝呂(すぐろ):  埼玉県比企郡小川町勝呂。【「勝呂」の名字の由来
・ 古くは長谷部勝呂が当地を領したことによるといい、小名下勝呂にその屋敷跡があったといわれる。
・ 勝呂郷(すぐろごう): 現在の坂戸市、川越市、毛呂山町、鶴ケ島市周辺。
# 武蔵国の勝呂荘勝呂郷に由来し、古くは「勝」または「須黒」とも書いた。「すぐろ」は、朝鮮語の「村長」の意味で、「すぐり」の転訛という。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 鎌倉時代の勝呂荘勝呂郷。古くは勝または須黒とも書いた。「すぐろ」は朝鮮語で村長(むらおさ)て、村主(すぐり)の転訛

■ 薄(すすき): 埼玉県秩父郡小鹿野町両神
・ 地名はススキが多く茂り、草深い地であったことに由来すると言われる。

■ (すな): 埼玉県さいたま市見沼区砂

■ 脚折(すねおり):  埼玉県鶴ヶ島市脚折
・ 脚折(すねおり): 臑折とも書いた。

■ 関口(せきぐち): 埼玉県児玉郡神川町関口。県北西部、神流(かんな)川下流右岸に位置する。地名は安保(あぼ)領用水の堰口のために、関口となったという。【角川日本地名大辞典】

■ 関根(せきね): 埼玉県行田市関根
・ 地名は用水の堰に由来するというが未詳。【角川日本地名大辞典】

■ 仙波(せんば): 埼玉県川越市小仙波

■ 草加(そうか): 埼玉県草加市
・ 昔この地は人馬も通行困難なほど草の生い茂った所で、二代将軍徳川秀忠が鷹狩りに来たとき、草木を束ねて道に敷いて通路を開いたことからという説もあるが、詳細は不明。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】
・ 千住宿と越谷宿の間は4里と長かったので、途中に草加宿を追加した。
・ 湿田を意味する「そう・た」が転訛した。

■ 楚里(そり): 埼玉県秩父郡小鹿野町楚里
・ 柳田邦男の「地名の研究」によると、「そり」「そうり」は焼き畑を林に戻した所の意味。

★ 

■ 大門(だいもん): 埼玉県さいたま市緑区大門
・ 日光御成街道の宿駅のひとつで、地名は寺の惣門(だいもん)に由来するという。地名伝説によると、昔、太田道灌が岩槻に築城したときに、この地の貝殻坂に城の大門を築き、それに由来すると言う。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 高階(たかしな): 埼玉県川越市。高階は、起伏のある地形を意味する。
・ 明治22年に村制をしいたときに、砂、砂新田、扇河岸、上新河岸、下新河岸、寺尾、藤間の七カ村が合併して高階村とした。倭名抄の「高階郷」に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 高階村(たかしなむら): 埼玉県川越市。明治時代から昭和にかけて埼玉県入間郡にみられた村名。砂新田・砂村・扇河岸・上新河岸・下新河岸・寺尾村・藤間(ふじま)村の7か村が合併して成立。村名は「和名抄」の入間郡高階郷による。【角川日本地名大辞典】
・ 高階郷(たかしなのごう): 平安時代に武蔵国入間郡にみられた郷名。「和名抄」入間郡8郷の1つ。「太加之奈」と訓みが示されている。起伏に富む地形が郷名の由来。川越(かわごえ)市高階の地に比定する説と中世の越生(おごせ)郷・毛呂(もろ)郷に比定する説とがあるが、後者が妥当と考えられ、現在の越生町・毛呂山町付近一帯に比定される。【角川日本地名大辞典】

■ 玉作(たまつくり): 埼玉県熊谷市玉作。古墳時代に、玉作部が住んでいた。

■ 秩父(ちちぶ): 埼玉県秩父市

■ 塚越(つかごし): 埼玉県坂戸市
・ 武蔵国入西(にっさい)郡勝呂郷。古くは塚腰と書いた。塚越、八幡太郎義家が奥州征伐のときにこの地を訪れたときの逸話による。

■ 土合村(つちあいむら): 埼玉県北足立郡土合村(埼玉県旧浦和市)
・ 明治22年に周辺十一ヵ村が合併して生まれた。「十一=土+合」による。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 手子(てこ): 埼玉県羽生市
・ 手子、田子は昔開墾された地名に用いられた。【参考: 手ノ子(てのこ)

■ 勅使河原(てしがわら): 埼玉県児玉郡上里町勅使河原
・ 川が荒れてできた新地を意味する。武蔵野七党の勅使河原氏の本拠。

■ 手計村(てばかむら): 埼玉県深谷市(旧八基村)
・ 手計は古くは手墓と書いた。土地の郷士が、八幡太郎義家の切り落とされた片腕を葬ったことに由来するという。

■ 出丸(でまる): 埼玉県比企郡川島町
・ 伊豆丸から転訛したものといわれる。寛永年間、このあたりが松平伊豆守の領地になり、領主にはばかって「伊豆」から「出」にした。

■ 所沢(ところざわ): 埼玉県所沢市
・ 所沢は古くは野老沢(ところざわ)と書いた。山芋が生えていたことに由来する。
・ 「ところ」は「高くなったところ」のこと。「高くなったところを流れる細流」のこと。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 戸田(とだ): 埼玉県戸田市
・ 戸田=富田(富んだ田)。稲を富草と言う。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

★ 

■ 名細(なぐわし): 埼玉県川越市
・ 明治22年に村制をしいたときに、鯨井、上戸、平塚、平塚新田、下小阪、小堤、下広谷、吉田、天沼新田の九カ村が合併して名細村とした。伊勢物語」などにより名高い三芳野の里に由来し、三芳野の枕詞の「名細」を用いた。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 名細村(なぐわしむら): 埼玉県川越市。明治時代から昭和にかけて埼玉県高麗郡(後に入間郡)にみられた村名。鯨井(くじらい)村・上戸(うわど)村・小堤(こづつみ)村・下小坂村・平塚村・平塚新田・吉田村・天沼(あまぬま)新田・下広谷(しもひろや)村9か村を合併して成立。大字は旧村名を継承。【角川日本地名大辞典】
・ 名細し・名美し(な-ぐは・し): ((「くはし」はこまやかで美しい意)で、名が美しい。名高い。【全訳古語辞典・東京書籍】

■ 西遊馬(にしあすま): 埼玉県さいたま市西区西遊馬(にしあすま)

■ 日進(にっしん): 埼玉県さいたま市北区日進町
・ この日進(旧自治体名)は学校名に由来する。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 仁手(にって): 埼玉県本庄市仁手(旧仁手村)。仁手(にって)村の語源は新田村。

■ 如意(ねおい):  埼玉県入間郡越生町如意。
・ 如意(ねおい): 地名は、行基作と伝える如意輪観音を安置する新義真言宗如意寺によると伝え、本来の読みは「にょい」という。【角川日本地名大辞典】

■ 野火止(のびとめ): 埼玉県新座市野火止

■ 登戸(のぼりと): 埼玉県鴻巣市登戸。登戸は登津に由来する。

★ 

■ 波久礼(はぐれ): 埼玉県大里郡寄居町末野に秩父鉄道の波久礼駅がある。波久礼は昔は「破崩」「端崩」と書いた災害地名。

■ 蓮田(はすだ): 埼玉県蓮田市。蓮の生息する田に由来する。

■ 鳩ヶ谷(はとがや): 埼玉県川口市鳩ヶ谷
・ 鳩井とも書き、「はとがい」とも呼んだ。この地が「谷地」であったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 羽生(はにゅう): 埼玉県羽生市。「埴輪(はにわ)」に由来すると言われる。

■ 番匠免(ばんしょうめん): 埼玉県三郷市番匠免
・ 番匠とは大工職人を指した用語。免は免田で免税の田のこと。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 飯能(はんのう): 埼玉県飯能市。古くは判乃と書いた。武蔵七党の丹党に判乃氏がいた。

■ 半割(はんわり):  埼玉県吉川市半割。地主と小作人が収穫量の半々を分け合うという意味に由来する地名と言われる。

■ 膝折(ひざおり): 埼玉県朝霞市膝折
・ 地名は小栗小次郎なる者が名馬鬼鹿毛で逃れてきたが、この地で膝を折って死んだことによると伝える。村の起こりについて高麗(こま)郡高麗郷からの落人5人が開拓したと伝えるが未詳で、朝鮮からの渡来人と開拓とのかかわりを暗示する。【角川日本地名大辞典】

■ 膝子(ひざこ): 埼玉県さいたま市見沼区膝子。地名の由来について「往昔農夫某が妻懐妊して異形のものを産めり、その体を見るに人の膝の如くなればとて、当所をさして膝子と異名に呼びしより、終に村名となれりと云」とある。【角川日本地名大辞典】

■ 美女木(びじょぎ): 埼玉県戸田市美女木

■ 肥土(ひど): 埼玉県児玉郡神川町肥土。地名の語源は肥土がアクトの意で、川沿いの低地をさすといわれる。

■ 笛吹峠(ふえふきとうげ): 埼玉県
・ 埼玉県嵐山町と鳩山町の間の笛吹峠は足利尊氏が新田義貞を破った合戦の地。この地には合戦にまつわる地名が沢山あるが、鳩山はかつては旗山と書き、旗指物に由来し陣地があったことをあらわす。

■ 吹上(ふきあげ): 埼玉県鴻巣市吹上
・ 砂を吹き上げる地。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 荒川の土砂が吹き上げられて土地ができたことに由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 「風が砂を吹き上げる所」という。または、「はき(崖・崩壊地)」+「あげ(上)」の転で、「崩れやすい自然堤防の上」という意味。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 吹塚(ふきづか): 埼玉県比企郡川島町吹塚。地名の「フキ」は「フケ」の転で、「フケ」とは深田・低湿地を意味し、吹塚とは深田ないし低湿地を目標としてある塚の意。【角川日本地名大辞典】

■ 仏子(ぶし): 埼玉県入間市仏子
・ 村人が落ち武者を「武四」と読み、「仏子」に転じた。
・ 「ぶっし」ともいう。地名の「ブシ」は多く小平地河岸段丘・谷頭・鈍頂の山にみられる地名であるともいわれ、また仏師あるいは武士がもとになったともいわれる。【角川日本地名大辞典】

■ 古郡(ふるこおり): 埼玉県児玉郡美里町古郡。武蔵国那珂郡の郡家(郡役所)があったことに由来する。

■ 別府(べっぷ)村: 埼玉県熊谷市別府
・ 武蔵七党横山党の別府氏の本拠地。別府は新開墾地。国府の他に、支庁たる別府を置いた。

■ 弁財(べんざい): 埼玉県上尾市弁財、埼玉県熊谷市弁財
・ 当地に弁財天があったことにちなむ。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 弁才とも書く。弁財天古社があったことが地名の由来という。【角川日本地名大辞典】

■ 宝珠(ほうじゅ): 埼玉県春日部市西宝珠花
・ 「宝珠」は榜示で、境界の意味。「花」は鼻で下総台地の西の端を意味するようだ。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 本庄(ほんじょう): 埼玉県本庄市
・ 古くはこの地が「若泉の荘」という荘園で、荘園の中心地であったことから「本荘」が「本庄」となる。

★ 

■ 美笹(みささ): 埼玉県
・ 昭和18年に、美谷本(みやもと)村と笹目(ささめ)村が合併してできた合成地名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 水判土(みずはた): 埼玉県さいたま市西区水判土
・ 旧入間川流域に面した水田地名で、「水波田」とも書いた。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 宗岡(むねおか): 埼玉県志木市宗岡
・ この地を領した領主(名主)の名に由来すると言われる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 元郷(もとごう): 埼玉県川口市元郷
・ 地名は平柳領15か村の本村であったことにちなむ。
・ 元郷村: 江戸時代から明治時代にかけて、武蔵国足立郡平柳領にみられた村名。
※ 元郷=本郷みたいなもんかな?

■ 毛呂(もろ): 埼玉県。県南部の秩父山地東麓、越辺(おつぺ)川右岸に位置する。地内の台地上には、縄文中期の集落跡の遺跡が点在し、毛呂郷を本貫地とした有力武士毛呂氏の鎌倉期の居館跡、戦国期の居城跡がある。【角川日本地名大辞典】 → 「もろ」の意味
・ 毛呂郷: 埼玉県入間郡毛呂山町。鎌倉時代から武蔵国入西(につさい)郡に見られた郷名。鎌倉幕府の有力郷家人藤原姓毛呂氏の本貫地。太宰権帥季仲の子季清が初めて毛呂郷に住し、毛呂氏を名のったとある。大谷木(おおやぎ)村の大谷木家は毛呂家の庶流。【角川日本地名大辞典】

■ 毛呂山(もろやま): 埼玉県入間郡毛呂山町 → 詳細

★ 

■ 矢島(やじま): 埼玉県深谷市矢島。鎌倉時代には菖蒲荘。矢島は野島の転訛

■ 八基村(やつもとむら): 埼玉県深谷市。明治22年に八カ村が合併して成立したのに由来する。

■ 矢納(やのう): 埼玉県児玉郡神川町矢納。以下の二説がある。「日本武尊が、東夷征伐の際に、矢を納めて社を建てた。」「平将門が矢を納めた。」

■ 大和町(やまとまち): 埼玉県和光市(旧大和町)
・ 大和町は白子村と新倉村が合併してできた。白子=新羅の仮字、新倉=新座で新羅のこと。和名抄では新羅郡。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 用土(ようど): 埼玉県大里郡寄居町用土
・ 地名の由来は2説あり、第1はあまり肥えていない田に植える「モチダ」(糯田)の転化という説。第2は古くは淀(よど)村と称し坂上田村麻呂の蝦夷征定の折、土質の適しているのを賞し、ここの土を用いて土偶を作らせたことにちなむという。【角川日本地名大辞典】

■ 与野(よの): 埼玉県さいたま市中央区(旧与野市)

★ 

■ 嵐山(らんざん): 埼玉県比企郡嵐山町
・ 日本の林学の草分けの本多静六博士が、菅谷村が京都の嵐山の景観に似ているとして嵐山(らんざん)町と名付けた。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 両神(りょうがみ): 埼玉県秩父郡小鹿野町両神(旧両神村)
・ 秩父三山の武甲山、三峰山、両神山に由来する。両神山は山頂にイザナギとイザナミが祀られていることに由来する。

■ 領家(りょうけ): 埼玉県川口市領家
・ 領家とは実質的な荘園領主を意味する。なお、名義上の荘園領主(寄進先)は本所・本家といった。

■ 連雀町: 埼玉県川越市連雀町(れんじゃくちょう)

★ 

■ 鷲宮(わしのみや): 埼玉県久喜市鷲宮。鷲宮神社の神領に由来する。

■ 蕨(わらび): 埼玉県蕨市。蕨(わらび)=藁火(わらび)と書いた。藁火をたく地。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示