群馬県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 赤城(あかぎ): 群馬県甘楽郡赤城
・ 元は赤木と書き、カツラなどの材質の赤い木が生えている場所をあらわした。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 阿左美(あざみ): 群馬県みどり市笠懸町阿左美
・ 古くは浅い沼(湿地)が広がり、「浅い海」→「浅海(あさみ)」と転訛したといわれる。

■ 伊香保(いかほ): 群馬県渋川市伊香保町伊香保

■ 伊勢崎(いせさき): 群馬県伊勢崎市
・ 戦国時代に、由良成繁が神の加護に謝し、伊勢神宮にこの地の一部を寄進、城内に伊勢宮を祀ったことに由来する。

■ 板鼻(いたはな): 群馬県安中市の旧中山道の板鼻宿
・ 九十九(つくも)川と柳瀬川を合流する碓氷(うすい)川の下流左岸に位置する。住宅団地造成に伴う最近の考古学調査により古城遺跡から先土器時代後期の遺物が出土している。古代の東山道は野後(のじり)駅から群馬(くるま)駅へ通じる途中、碓氷川左岸の段丘上を通過していたとみられる。この段丘上には隣接の高崎市八幡町にかけて多くの古墳が分布している。交通の要衝の地で、段丘上には板鼻城跡がある。【角川日本地名大辞典】

■ 井野(いの): 群馬県高崎市井野町
・ 猪野とも書いた。永禄年間にこの名称に改めたという。地内北部の矢ノ上には3つの池があり、古くはこれが1つの大池をなし、池の中からは湧水すこぶる多しと伝えられているので、このことが井野の地名の由来と思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 岩鼻(いわはな): 群馬県高崎市岩鼻町
・ 烏川下流左岸、南部は河岸段丘上の台地、東部は井野川の低地帯に接する高低差の著しい地形に位置する。室町期の天文〜永禄年間頃は、対岸にあたる緑野(みとの)郡平井城主上杉憲政の領地という。【角川日本地名大辞典】
※ 現在、茨城県東海村にある原子力研究所の候補地の一つだったが、水利と排水を利根川に流すことの問題で候補から除外されたともいう。

■ 老神(おいがみ): 群馬県沼田市利根町老神

■ 大胡(おおご): 群馬県前橋市大胡町

■ 岡崎(おかざき): 群馬県吾妻郡東吾妻町岡崎。地名は、元和元年当地に陣屋を設置した際、白井城主本多氏の出身地岡崎にちなんで名付けられた。【角川日本地名大辞典】

■ 乙父(おっち): 群馬県多野郡上野村乙父

■ 乙母(おとも): 群馬県多野郡上野村乙母

■ 鬼石(おにし): 群馬県藤岡市鬼石

■ 小保方(おぼかた): 群馬県伊勢崎市小保方町

★ 

■ 神農原(かのはら): 群馬県富岡市神農原
・ 江戸期は神原村と記したが、南甘楽郡の神ケ原と区別するため神農原と改称。

■ 上神梅(かみかんばい): 群馬県みどり市大間々町上神梅
・ 「かんば」とは、急な崖地をあらわす。

■ 神流(かんな): 群馬県多野郡神流町

■ 桐生(きりゅう): 群馬県桐生市

■ 草津(くさつ): 群馬県吾妻郡草津町

■ 六合村(くにむら): 群馬県吾妻郡 これは読めるぞ、合併地名だ。

■ 神戸(ごうど): 群馬県。「ごう(川)」+「と(処)」。
・ もとは神土駅と書いたが、平成元年(1989年)に神戸駅と改名。ともに「ごうど」と読む。かつてこのあたりにあった神社の神社領であったことに由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 後閑(ごかん): 群馬県前橋市後閑町
・ 地名の由来は不詳だが、律令制の土地用語で「空閑地(ごかんのち)」という所有者のない土地、未開墾の地があったのを意味するか。もしくは平安末期、所有者はいるが政府に登録されていなかった土地のことを「こかん」といい、それが固定化し、地名になったものか。【角川日本地名大辞典】
※ 「後閑」の地名は、前橋市の他、高崎市、安中市、みなかみ町、岡山県玉野市などにもみられる。

■ 小金(こきん): 群馬県太田市新田小金町(こきんちょう)
・ 地名の由来については、江戸期当地は小金井(こがない)村の持添で、小金井村は水系や湧水が豊富なのに反し、当地は地層が砂礫層のため水利が悪いことから小金井の「井」を取って小金としたとの伝承がある。【角川日本地名大辞典】

■ 子持村(こもちむら): かつて群馬県にみられた村名。長尾・白郷井の2か村が合併して成立。村名は合併2か村の後背地に立地する子持山にちなむ。【角川日本地名大辞典】
・ 子持山(こもちやま): 山名の由来は、中央の峰を周囲の尾根が子を抱いているような山姿によるとされるが、「万葉集」に「児毛知山若鶏冠木(わかかへるで)のもみづまでねもと吾は思ふ汝は何どか思ふ」(第14巻東歌未勘国の歌)と歌われている。この地は古くは笄(たけべら)山と称し、皇妃吾妻媛が竹のヘラでへその緒を切ったのに由来するといい、のち子持山と称したと伝える。

★ 

■ 塩原(しおばら): 群馬県みどり市大間々町塩原
・ 渡良瀬川中流左岸、同川支流塩沢川流域に位置する。地名の由来は明らかでないが、かつて字高松に塩田社があり、塩沢川(下田川)付近に鹹水が湧出したことに起因するものと思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 尻高(しったか): 群馬県吾妻郡高山村尻高
・ 尻高(しったか): 地名は、アイヌ語のシリ(山の意)とタクッパ(丸い山の意)が複合してできたとも、高麗の渡来人後部高千金の子孫が居住したために生まれた地名ともいわれている。また、口碑では、日本武尊が「山の形が馬に似て、しかも尻の部分が高くなっている」といって命名したともいわれている。【角川日本地名大辞典】

■ 下仁田(しもにた): 群馬県甘楽郡下仁田町
・ 地名は、南・西(さいもく)から見て下にあることにより、仁田はアイヌ語のニタ(沼地で木の生じた部分・森林地帯の意)による説と、新田(新しく開発された土地)による説の2説がある。【角川日本地名大辞典】
・ 下仁田ネギは別名殿様ネギともいう。その昔、江戸の大名に「送料はいくらかかっても構わないから大至急200本送れ!」と言わせたくらい人気があったことに由来するという。

■ 世良田(せらた): 群馬県太田市世良田町

■ 沢入(そうり): わたらせ渓谷鉄道沢入駅。群馬県みどり市東町沢入(そうり)
・ 国鉄時代は「そおり」駅といった。「そり」とは焼き畑を意味する。また「沢の入り口」という説もある。
・ 押手川の沢に入る入り口に開けた集落。または、「そおり」「それ」は、本来、焼畑のこと。以前は「そおり」読みだったが、平成元年(1989年)に「そうり」読みに変わった。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 多(た): 群馬県
・ 明治時代から昭和の半ばまで群馬県生品村にみられた大字名。田とも書いた。

■ 高崎(たかさき): 群馬県高崎市

■ 館林(たてばやし): 群馬県館林市
・ 昔は、「立野ケ原」と呼ばれ、「立野」「立林」とも呼ばれていたことから「館林」となった。

■ 月夜野町(つきよのまち): 群馬県利根郡みなかみ町月夜野

■ 栃窪(とちくぼ):  群馬県吾妻郡中之条町栃窪
・ 土地窪に由来すると言われるが、他に食糧の栃の実が多く採れる窪地に由来するとも言われる。

■ 富岡(とみおか): 群馬県富岡市。古くは留岡とも書いた。

■ 巴町(ともえちょう): 群馬県桐生市巴町
・ もとは桐生市安楽土(あらと)の一部で西安楽土の南端。町名の由来は西安楽土字仁田所から桐生新町6丁目へ至る道路開削の功労者小林東吾・茂田井七郎次・大沢栄八の各一字東茂栄をとって巴町と名づけたという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 名胡桃(なぐるみ): 群馬県利根郡みなかみ町下津にあった村名
・ 名胡桃城があり「名胡桃城址」として残る。北条家と真田家がこの地を巡って争ったのが、秀吉の小田原征伐のきっかけになったと言われる。

■ 奈良(なら): 群馬県沼田市奈良町
・ 地名は、地内の地形が大和の奈良に似ているからとも、あるいは「ナラ」または「ナラス」で、平にする、開発する意味からともいわれるが不詳。【角川日本地名大辞典】

■ 南蛇井(なんじゃい): 群馬県富岡市
・ アイヌ語の「ナサイ」が転訛したもの。「ナサ」は「川幅が拡がった所」を意味する。「イ」は接尾語。
・ 南蛇井(なんじゃい): 群馬県富岡市南蛇井。地名の由来は、「和名抄」甘楽(かんら)郡十三郷の1つ那射郷の転訛と考えられ、「大日本史」に「那射、今ノ南蛇井村」と記されている。【角川日本地名大辞典】

■ 沼田(ぬまた): 群馬県沼田市。
・ 地名の由来については諸説がある。「沼田根元記」には往古沼田近辺は河水を湛えた大沼であったが、白鳳期の大地震によって綾戸の岩壁が決壊し、沼の水が流出した跡が田のごとくになったことにより沼田というようになったとある。また「沼田古語録」には沼田台地下の沼の水が退いて湖底が現れた時、そこを「ぬまゝ」といったのが、次第に「ぬまた」に転化したとある。したがって最初「ぬまた」と称したのは台地周辺の低地一帯で、台地上は滝棚の原と称し、荒蕪地であったが、沼田氏が台地上に城を移築して以後、滝の語義は「落ちる」に通じて縁起が悪いところから田北名原と改称したという。しかし沼田氏の居城のある所からいつしか台地一帯も沼田と称するようになった。【角川日本地名大辞典】

■ 猫(ねこ): 群馬県勢多郡赤城村大字敷島(渋川市)
由来は根古、根小屋。山城の麓に建てた小屋。
・ 地名は字黒沢・諏訪沢間の山麓崖上に古城跡(猫城)があり、中世山城脚下の武士居住地根小屋に由来する。敷島駅前の民家敷地から縄文時代の住居跡が、字久々土からは鉄道敷設工事の際に須恵器が発見されている。字城山には利根川対岸の白井城の支城猫城があった。また東廻十騎と称される白井長尾氏家臣団の豪族が居住したことが「加沢記」などに記されている。【角川日本地名大辞典】

■ 野良犬(のらいぬ): 群馬県前橋市清野町

★ 

■ 鼻高(はなだか): 群馬県高崎市鼻高町
・ 由来は不明。

■ 藤原(ふじわら): 群馬県利根郡みなかみ町藤原
・ 地名は、「郡村誌」によれば、往古葉留日野と称していたが、文治建久年間頃に住みついた奥州平泉の落人藤原東学坊の姓にちなむという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 前橋(まえばし): 群馬県前橋市

■ 真庭(まにわ): 群馬県利根郡みなかみ町真庭
・ 地名由来について「郡村誌」は、往古当地での馬を調べたことから馬場の名が起こり、のち転訛して真庭になったと記す。【角川日本地名大辞典】

■ 溝呂木(みぞろぎ): 群馬県渋川市赤城町溝呂木
・ 地名は往古みぞろが池があって、蛇抜けといわれる崩壊によって消滅したと伝える池にちなむという。「みぞろ」は真泥の訛という。【角川日本地名大辞典】

■ 本動堂(もとゆるぎどう): 群馬県藤岡市本動堂

★ 

■ 湯桧曽(ゆびそ): 群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽。鉄チャンなら読めるはず。
・ 三文字をバラバラにし、湯の湧くところ、檜の森林のあるところ、曽根(やせ地)であることを示す。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 連雀町: 群馬県高崎市連雀町(れんじゃくちょう)

★ 

■ 綿貫(わたぬき): 群馬県高崎市綿貫町

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示