群馬県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 群馬県の県名の由来 ・ 群馬県の難読地名・珍地名

★ 群馬県の名字の特徴

# 群馬県の名字ナンバーワンの「高橋」は全国でも三番目に多い名字だが、県別で一位になっているのは群馬県と愛媛県だけ。

# 4位の「新井」も群馬県(埼玉県北部から)特有。

# 群馬県を代表とする名字に「茂木」があり、読み方は「もてぎ」「もぎ」が半々らしい。県の東部や南部では「もてぎ」読みが多く、県の北部では「もぎ」読みが多い。

【群馬県らしい名字】

# 清和源氏の流れをくむ「新田」姓は群馬県を代表する名字。一族には「里見」「山名」「大館」「鳥山」「堀口」といった名字もある。

# 妻恋村には「黒岩」という姓が非常に多い。

# 木暮、塚越、田部井、都丸、生方、真下羽鳥などは群馬県らしい名字。

・ 群馬県特有の名字集

■ 群馬県の特徴的名字: 今井萩原、飯塚、木暮、千木良(ちぎら)、反町、赤堀、都丸(とまる)、星野、田部井。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 高橋(約2%)

■ 2位: 小林
# 群馬県の小林家: 上野国緑野郡小林(群馬県藤岡市小林)をルーツとする小林氏は、桓武平氏の秩父氏の一族。当地に土着した一族の他、丹波国に移り住んだ一族もある。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 群馬県の小林家: 吾妻郡長野原町の旧家に小林家がある。宇多源氏の出といわれ、足利尊氏や武田信玄に仕えた。その後、当地に住んで酒造業を営んだ。

■ 3位: 佐藤

■ 4位: 新井

■ 5位: 斎藤

■ 6位: 鈴木
# 群馬県の鈴木家: 戦国時代の上野国吾妻郡の国人。鈴木重則は真田氏の重臣。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 7位: 清水

■ 8位: 吉田

■ 9位: 星野
# 群馬県の星野家: 上野国利根郡下川田(群馬県沼田市)の土豪で藤原氏の出とも言われるが不詳。戦国時代には真田氏に仕えたが、天和元年(1681年)の真田家の改易で帰農した。

■ 10位: 中島

■ 11位: 田村

■ 12位: 田中
# 群馬県の田中家: 上野国新田郡田中(群馬県太田市)をルーツとし、清和源氏の里見氏の一族。戦国時代には横瀬氏に仕え、江戸時代は高崎藩士。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 群馬県の田中家: 甘楽町の旧家の田中家は清和源氏の新田氏の一族で上野国新田郡田中(群馬県太田市)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 群馬県の田中家: 上野国吾妻郡の中山道脇往還大戸宿(群馬県吾妻郡吾妻町大戸)の田中家は問屋と宿屋と名主を兼ねた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 群馬県の田中家: 群馬県渋川市南牧の旧家。三国街道杢ケ橋関所の番人を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 13位: 木村

■ 14位: 山田

■ 15位: 金子

■ 16位: 関口

■ 17位: 渡辺

■ 18位: 中村

■ 19位: 松本

■ 20位: 青木


■ 相川(あいかわ)
# 群馬県の相川家: 伊勢崎市の旧家で脇本陣や町年寄を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 赤井(あかい)
# 群馬県の赤井家: 上野国の赤井氏は藤原北家の出。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 赤岩(あかいわ)
# 群馬県の赤岩家: 上野国邑楽郡赤岩(群馬県邑楽郡千代田町赤岩)をルーツとし、藤原北家の出。藤原小黒麿の子の資綱が佐貫氏を称し、その子の嗣綱が赤岩氏を称した。

■ 赤堀(あかぼり)
# 群馬県の赤堀家: 上野国佐位郡赤堀(群馬県伊勢崎市)をルーツとし、藤原北家秀郷流の足利氏の支流。清和源氏の足利氏とは別流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 秋間(あきま)
# 群馬県の秋間家: 戦国時代の岩櫃(群馬県吾妻郡東吾妻町)城主の斎藤氏の重臣。上野国碓井郡秋間郷(群馬県安中市)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 秋元(あきもと)
# 群馬県の秋元家: 宇都宮家の分家。宇都宮業綱が上総国周准郡秋元郷(千葉県君津市)に移って秋元氏を称した。戦国時代には里見家に仕え、後に徳川家に転じ、出羽国山形を経て館林藩主。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 群馬県の秋元家: 館林藩主。上総国周准郡秋元郷(千葉県君津市)をルーツとし、宇都宮氏の支流。戦国時代には里見家に仕え、江戸時代には大名。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 阿久沢(あくさわ)
# 群馬県の阿久沢家: 戦国時代に上野国勢多郡に阿久沢氏がいた。もとは六本木姓という。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 浅香(あさか)
# 群馬県の浅香家: 上野国新羽(群馬県多野郡上野村)の旧家。木曽義仲の末裔で、河内国浅香郷(大阪府)をルーツとする。戦国時代には武田家に従い、武田家が滅亡後には帰農した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 阿部(あべ)
# 群馬県の阿部家: 群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽の旧家で、陸奥国の安倍氏の末裔と言われる。江戸時代は名主や村役人を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 安中(あんなか)
# 群馬県の安中家: 上野国碓井郡安中(群馬県安中市)をルーツとし、桓武平氏の越後国の城氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 飯塚(いいづか)
# 群馬県の飯塚家: 戦国時代に上野国緑野郡北谷郷(群馬県藤岡市)に飯塚氏がいた。江戸時代には三波川村の名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 石倉(いしくら)
# 群馬県の石倉家: 上野国利根郡石倉(群馬県前橋市石倉町)をルーツとし、沼田氏の一族。江戸時代には松代藩士。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 板垣(いたがき)
# 群馬県の板垣家: 伊勢崎市の旧家で甲斐の板垣氏の一族。

■ 板倉(いたくら)
# 群馬県の板倉家: 上野国安中藩主。清和源氏足利氏流で下野国足利郡板倉(栃木県足利市)をルーツとする。戦国時代には三河国額田郡小美村に転じて松平氏に仕えた。

■ 伊能(いよく)
# 群馬県の伊能(いよく)家: 上野国佐位郡伊与久(群馬県伊勢崎市境)の出。後に岩井村(吾妻町)に移り住み、江戸時代には沼田藩士。

■ 岩松(いわまつ)
# 群馬県の岩松家: 上野国新田郡新田荘岩松郷(群馬県太田市)をルーツとする。清和源氏の畠山義純が新田義兼の娘婿となり、その子の時兼が岩松郷の地頭となって岩松氏を称した。新田氏に従い、南北朝時代には足利氏に属し、飛騨国の守護を務めた。後に、徳川家に仕え、江戸時代には交代寄合。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大胡(おおご)
# 群馬県の大胡家: 上野国勢多郡大胡(群馬県前橋市)をルーツとし、藤原北家秀郷流の足利氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大島(おおしま)
# 群馬県の大島家: 旗本。上野国新田郡大島(群馬県太田市大島)をルーツとし、清和源氏里見氏の一族。

■ 群馬県の大竹家

■ 大館(おおだて)
# 群馬県の大館家: 清和源氏の新田氏の一族。上野国大館(群馬県太田市)をルーツとする。室町時代に幕府に仕え、代々奉公衆となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 群馬県の大館家: 上野国新田郡大館(群馬県太田市大館)をルーツとし、清和源氏の新田氏の一族。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大朏(おおつき)
# 群馬県の大朏家: 群馬県館林市の旧家。大月家から分家した時に、「大月から出る」という意味で「大朏」を称したと言われる。

■ 岡本(おかもと)
# 群馬県の岡本家: 上野国甘楽郡岡本郷(群馬県富岡市)をルーツとする。平安時代には在庁官人

■ 小野里(おのざと)
# 群馬県の小野里家: 群馬県勢多郡新里村(群馬県桐生市)の旧家。藤原北家秀郷流で、江戸時代には名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小幡(おばた)
# 群馬県の小幡家: 上野国甘楽郡小幡(群馬県甘楽郡甘楽町小幡)をルーツとし、武蔵七党の児玉党の出。江戸時代には旗本。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 折田(おりた)
# 群馬県の折田家: 江戸時代には名主を務めた。

■ 梶山(かじやま)
# 群馬県の梶山家: 高崎市の旧家で和田宿の問屋をつとめた。

■ 片山(かたやま)
# 群馬県の片山家: 上野国多胡郡片山(群馬県高崎市吉井町片山)をルーツとする片山氏は武蔵七党の児玉党の出。承久の乱後、片山広忠が丹波国船井郡和知荘(京都府京丹波町)に下向して土着した。

■ 金井(かない)
# 群馬県の金井家: 清和源氏の新田氏の支流。上野国新田郡金井(群馬県新田町)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 金谷(かなや)
# 群馬県の金谷家: 上野国新田荘金谷(群馬県太田市)をルーツとし、清和源氏の大館氏の出。江戸時代には今泉村(群馬県桐生市)で帰農した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 加部(かべ)
# 群馬県の加部家: 上野国吾妻郡大戸(群馬県吾妻郡東吾妻町)の豪農。平氏の出という。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 鎌原(かんばら)
# 群馬県の鎌原家: 上野国吾妻郡鎌原(群馬県吾妻郡妻恋村鎌原)をルーツとし、海野氏の支流。江戸時代には信濃国の松代藩の家老。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 桐生(きりゅう)
# 群馬県の桐生家: 上野国山田郡桐生(群馬県桐生市)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 倉賀野(くらかの)
# 群馬県の倉賀野家: 上野国群馬郡倉賀野(群馬県高崎市倉賀野)をルーツとし、武蔵七党の児玉党で、秩父氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 黒岩(くろいわ)
# 群馬県の黒岩家: 群馬県吾妻郡妻恋村には黒岩姓が多く、この黒岩氏は南朝に属した藤原北家の吉田大納言経長の子孫という。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 上泉(こういずみ)
# 群馬県の上泉家: 上野国勢多郡上泉(群馬県前橋市上泉)をルーツとし、藤原北家秀郷流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 後閑(ごかん)
# 群馬県の後閑家: 上野国碓井郡後閑(群馬県安中市)をルーツとし、清和源氏の岩松氏の出。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 後閑の地名

■ 坂田(さかた)
# 群馬県の坂田家: 上野国邑楽郡坂田郷(群馬県邑楽郡大泉町)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 桜井(さくらい)
# 群馬県の桜井家: 上野国の東毛地方に豪族の桜井氏がいた。桜井氏の初見は鎌倉時代末期で、戦国時代には武蔵国常陸国にも進出し、後に北条氏に属した。

■ 佐貫(さぬき)
# 群馬県の佐貫家: 上野国邑楽郡佐貫荘(群馬県明和町?)をルーツとし、藤原北家の小黒麻呂の子孫や秀郷流ともいわれる。

■ 渋川(しぶかわ)
# 群馬県の渋川家: 清和源氏の足利氏の一族。上野国渋川荘(群馬県渋川市)をルーツとする。足利尊氏に従い、南北朝の騒乱で活躍した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 群馬県の渋川家: 上野国群馬郡渋川荘(群馬県渋川市)をルーツとし、清和源氏の足利氏の支流。一族は後に肥前国の大村藩士。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 下田(しもだ)
# 群馬県の下田家: 上野国群馬郡西明屋村(群馬県高崎市箕郷町)の旧家。伊豆国下田(静岡県下田市)の出で、戦国時代には長野氏の重臣。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 白倉(しらくら)
# 群馬県の白倉家: 上野国甘楽郡白倉(群馬県甘楽郡甘楽町白倉)をルーツとし、武蔵七党の児玉党で秩父氏の出。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 須藤(すとう・すどう)
# 群馬県の須藤家: 群馬県安中市の旧家。戦国時代には武田氏上杉氏北条氏に仕え、北条氏が滅亡後に安中に転じて本陣と問屋を務めた。

■ 世良田(せらた)
# 群馬県の世良田(せらだ)家: 上野国新田郡新田荘世良田郷(群馬県太田市世良田)をルーツとする。清和源氏新田氏の支流、鎌倉時代には世良田郷の地頭を努めた。徳川家康はこの世良田氏の子孫を称す。

■ 多比良(たいら)
# 群馬県の多比良家: 上野国多胡郡多比良(群馬県高崎市吉井町)をルーツとし、桓武平氏の秩父氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 高草木(たかくさき)
# 群馬県の高草木家: 群馬県みどり市東町花輪の旧家で名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 高田(たかだ)
# 群馬県の高田家: 上野国甘楽郡菅野荘高田郷(群馬県富岡市)をルーツとする。清和源氏頼光流。源光国の子の盛員は美濃国に住んでいたが、後に上野国の高田に転じ高田氏を称した。

■ 高山(たかやま)
# 群馬県の高山家: 上野国緑野郡高山郷(群馬県藤岡市)をルーツとする。桓武平氏の秩父氏の出。戦国時代末期に帰農した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 田部井(たべい)
# 群馬県の田部井家: 上野国佐波郡田部井(群馬県伊勢崎市田部井)をルーツとし、清和源氏の新田氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 堤(つつみ)
# 群馬県の堤家: 藤原氏の出で、高崎藩の家老。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 寺尾(てらお)
# 群馬県の寺尾家: 上野国片岡郡寺尾郷(群馬県高崎市)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 土岐(とき)
# 群馬県の土岐家: 沼田藩主。戦国大名の土岐氏の一族。土岐郡明智に住んで明智氏を称していた。本能寺の変後、明智の名字をはばかって一時菅沼を名乗り、その後土岐に復し徳川家に仕えた。
・ 上野国沼田藩(3万5千石)の土岐家。沼田はもともとは真田家の領地。後に美濃の土岐氏の一族が来た。

■ 中曽根(なかそね)
# 群馬県の中曽根家: 群馬県群馬郡榛名町の旧家。甲斐国八代郡中曽根(山梨県)をルーツとし、藤原北家秀郷流。武田信玄の家臣の内藤修理に仕え、上野の長野氏が滅亡後に上野国に移り住んだ。江戸時代は名主、明治維新後には初代松五郎が材木商で財をなした。二代目松五郎が高崎に進出し、その二男が元首相の中曽根康弘。

■ 長野(ながの、ちょうの)
# 群馬県の長野家: 上野国群馬郡長野郷(群馬県高崎市)をルーツとする長野氏は在原氏を称する。上野業政は上野国の西部を制した。業政の死後、武田信玄に攻められて滅亡した。江戸時代の彦根藩の家老の長野家は同族。

■ 沼田(ぬまた)
# 群馬県の沼田家: 桓武平氏の三浦氏の支流で上野国沼田(群馬県沼田市)を本拠とし沼田氏を称した。

■ 彦部(ひこべ)
# 群馬県の彦部家: 群馬県桐生市の旧家。陸奥国紫波郡彦部(岩手県紫波郡紫波町彦部)をルーツとする。のちに、関東地方に下向し、上野国に住んだ。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 広沢(ひろさわ)
# 群馬県の広沢家: 備後国の国人。上野国山田郡広沢(群馬県桐生市広沢)をルーツとし、藤原北家秀郷流の波多野氏の一族。源平合戦で功を成し、備後国三谷郡を領して下向した。鎌倉時代には地頭。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 笛木(ふえき)
# 群馬県の笛木家: 上野国緑野郡笛木(群馬県太田市)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 群馬県の笛木家: 三国街道の永井宿(群馬県利根郡みなかみ町)で庄屋と本陣を努めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 藤生(ふじう)
# 群馬県の藤生家: 桐生市の旧家。戦国時代には桐生城の家老を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 藤田(ふじた)
# 群馬県の藤田家: 甲斐の武田家のもとで上野国沼田城代を努めたが後に上杉景勝に仕えた。江戸時代には下野国西方1万5千石だったが、大阪の陣の失態で改易。

■ 堀口(ほりぐち)
# 群馬県の堀口家: 上野国新田郡堀口村(群馬県太田市堀口)をルーツとし、清和源氏の新田氏の一族。末裔の多くは帰農した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 前田(まえだ)
# 群馬県の前田家: 上野国七日市藩主の前田家は加賀藩主の前田家の分家。前田利家の五男の利孝が元和二年(1616年)に上野国甘楽郡で1万石を分知された。加賀藩の参勤交代の中継地としての役割を果たした。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 町田(まちだ)
# 群馬県の町田家: 群馬県吾妻郡中之条町の旧家で、江戸時代には大庄屋を務めた。

■ 松平(まつだいら)
# 群馬県の松平家: 上野国小幡藩(2万石)の松平家。群馬県甘楽郡甘楽町。小幡藩はもともと織田家が藩主だが、出羽国天童に移り、松平家が入った。

■ 茂木(もてぎ)
# 群馬県の茂木家: 茂木家の本家は佐竹家に仕えて常陸から秋田に移った。群馬県の茂木家は分家が多い。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 桃井(もものい)
# 群馬県の桃井家: 上野国群馬郡桃井郷(群馬県北群馬郡榛東村)をルーツとし、清和源氏の足利氏流。江戸時代には紀州藩士。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 矢場(やば)
# 群馬県の矢場家: 上野国山田郡矢場をルーツとし、由良氏の出。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 湯本(ゆもと)
# 群馬県の湯本家: 上野国の草津温泉に湯本氏がいた。信濃の海野氏の一族。源頼朝が草津温泉に入ったときに、案内役を務めた人が湯本姓を賜った。江戸時代には名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 由良(ゆら)
# 群馬県の由良家: 清和源氏の新田氏の一族。江戸時代には高家。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 群馬県の由良家: 清和源氏の新田氏の出。戦国時代には足利氏に属し、後に北条氏に破れ、豊臣秀吉から常陸国牛久(茨城県牛久市)で4500石をたまわった。江戸時代には高家。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 吉井(よしい)
# 群馬県の吉井家: 上野国の吉井藩主。藤原北家の公家の鷹司家の出。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 脇屋(わきや)
# 群馬県の脇屋家: 上野国新田郡脇屋(群馬県太田市)をルーツとし、清和源氏の新田氏の出。後に足利尊氏に敗れ、出羽国に転じた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 和田(わだ)
# 群馬県の和田家: 上野国の和田氏は相模国の和田氏の一族で、和田義信末裔と言われるが未詳。上野国群馬郡白川郷和田山(群馬県高崎市箕郷町)の土豪。武田氏の後に北条氏に仕えたが、秀吉の小田原征伐で滅亡した。後に、一族は紀伊国に逃れたとの説もある。
※ 高崎市は元は和田(宿)という地名だったそうだから、そこからでた可能性はないのかなぁ?


■ 群馬県の地名をルーツとする名字

■ 関東地方の名字の特徴

■ 群馬県の名字の読みの特徴 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示