栃木県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 足尾(あしお): 栃木県日光市足尾町。地名の由来については日光開山の祖勝道上人の説と、その衆徒・中禅寺上人となった城華坊の説があり、いずれも中禅寺権現に稲・粟を供えるネズミの足に細ひもを付け、行先をたどったところ、山すそに集落があったのでここを足尾と名付けて、寺領にしたという。また「足曳の尾」によるといい、古語で足は銅鉄、尾は尾根、山すその意からという説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 足利(あしかが): 栃木県足利市
・ 地名の由来には、葦芝草(あしかが)説、麻足(あそかが)説、足鏡別(あしかがみわけ)説などがある。

■ 伊賀町(いがちょう): 栃木県佐野市伊賀町(いがちょう)
・ 芳賀伊賀守が御成りの時に徒士侍を置いたので伊賀御徒士(いがおかち)町とも呼んだ。

■ 板荷(いたが): 栃木県鹿沼市板荷
・ 地名の由来には諸説あり、板のように切り立った崖、山から切り出した板(材木)の集散地に由来するとも言われる。

■ 犬伏(いぬぶし): 栃木県佐野市犬伏

■ 宇都宮(うつのみや): 栃木県宇都宮市

■ 祖母井(うばがい): 栃木県芳賀郡芳賀町祖母井
・ 地名の由来は、集落の東部、厳島神社境内に姥ケ井という湧泉があり、勝道上人誕生の産湯に使用されたと伝えられることによる。宝治合戦を機に宇都宮氏に臣従した大須賀氏の後裔とされている祖母井氏の本拠であった。【角川日本地名大辞典】

■ 押上(おしあげ): 栃木県さくら市押上
・ 地名の由来は、天文12年戦国浪人たちが各地から鬼怒川左岸「欠ノ上」に帰農したが、たびたび水害をうけたので当初は水押上村と称し、のちに押上村になったという。別説には永禄元年長嶋新右衛門が最初に住み、元亀年間には5人が移住したので、当時は六軒新田と呼んだという。【角川日本地名大辞典】

■ 伯母様(おばさま): 栃木県。下野国大住郡三之宮村?

★ 

■ 利保(かかぼ):  栃木県足利市利保町

■ 鹿沼(かぬま): 栃木県鹿沼市
・ 地名の由来は、当地方に萱草が生い茂り、萱野沼からという説、またアイヌ民族の住んでいた野(沼)から派生し、蝦夷野(かいぬ)(沼)によるなどの諸説がある。【角川日本地名大辞典】
・ 萱草沼(かやのぬま)→かぬま、蝦夷野(沼)(かいぬ)→蝦沼(かぬ)・毛野(けぬ)→鹿沼(かぬ)、神沼→鹿沼などの諸説がある。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】
・ 「カ」は接頭語か。または、「クハ」の転で「崩壊地形」のことか。「ヌマ」は「湿地」のこと。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 古くは「しか・ぬま」と読んだ。「しか」は「砂処(すか)」で、「ぬま」は「野間」で野と同じ。乾いた土地。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 喜連川(きつれがわ): 栃木県喜連川町

■ 興野(きょうの): 栃木県那須烏山市興野(きょうの)
・ 那珂川中流左岸の河岸段丘上に位置する。地名は興野は「こうや」とも読み荒野の意味であり、荒地を興して開かれた所であることにちなむという。【角川日本地名大辞典】

■ 久下田(くげた): 栃木県真岡市久下田
・ 天文14年常陸下館城主水谷正村によって築城された久下田城跡がある。築城後水谷氏は芳賀城と抗争を繰り返し、のち田野城を攻略した。【角川日本地名大辞典】
# 久下田(くげた):  地名については、昔久下某の拓いた田、公廨(くげ)(官庁)の田など諸説あるが、鵠(くぐい)(白鳥)の群生した田ともいう。
# 久下田城(くげたじょう): 河連城・生牛城ともいう。中世の平城。芳賀郡二宮町久下田・茨城県下館市樋口に所在。出丸の一部が久下田に存するが、大半は茨城県に属し、茨城県史跡。国鉄真岡線久下田駅の東方に位置し、五行川右岸の段丘上に築かれた。当城は天文14年〜永禄8年の間に、下館城主6代水谷正村が築いた。正村は天文12年入道して蟠竜斎と号し、久下田に築城後は芳賀氏と抗争を繰り返し、後には田野城(益子町)を攻略。当城は下館城の支城として機能した。正村の死後、この地は水谷氏が領有して勝俊に受け継がれたが、子の勝隆のとき、元和元年の一国一城令で廃城。寛永16年、水谷氏が備中松山に移封されるに及び、完全に廃城となる。【角川日本地名大辞典】

■ 薬利(くずり): 栃木県那須郡那珂川町薬利。
・ 薬利(くずり): 地名は、和銅年間葛(かずら)の里と称し、葛里が音続されて「くずり」となり、薬里から薬利と書かれるようになったという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 寒井(さぶい): 栃木県大田原市寒井
・ 寒井(さぶい): 地名の由来について定説はないが、那須氏が川田に居館を構え、高館に砦を築くにあたって、白虎の地の当地に長道を開いて向宿を設け、侍を居らしめたとする説と、北風が吹く寒い土地であることにちなむという説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 塩原(しおばら): 栃木県那須塩原市
・ 箒川上流の塩原盆地と箒川が那須野ケ原台地に入る渓口部に位置する。地名の由来は、昔、当地に岩塩が産出されたので、塩にちなみ塩原と呼んだといわれている。また、武将塩原八郎の名からとったものともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 関根(せきね):  栃木県那須塩原市関根
・ 地名は地内にある出釜と称する湧水地の水の出口の意味から命名されたという。【角川日本地名大辞典】

■ 仙波(せんば): 栃木県佐野市仙波町

★ 

■ 帯刀(たてわき):  栃木県栃木市藤岡町帯刀。時代劇が好きな人は意外に読めると思う。
・ 帯刀(たてわき): 村名は開発者名にちなむと思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 百目鬼(どうめき): 栃木県真岡市百目鬼

★ 

■ 中三依(なかみより): 栃木県日光市中三依
・ 3筋の川が合流した流れに由来するといわれる。

■ 日光(にっこう): 栃木県日光市

■ 接骨木(にわとこ): 栃木県那須塩原市接骨木
・ 接骨木(にわとこ): 庭床とも書く。地名は、永長年間当地に上都賀郡日光鉢石宿の浪人大島監物が土着し、ニワトコを植えて肥料木としたことにちなむという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 羽生田(はにゅうだ): 栃木県下都賀郡壬生町羽生田
・ 地名は、埴輪や土器を製作した集団である土師部(はにしべ)が転訛したとされ、埴輪が多く出土したということから埴輪田とも呼んだという。前方後円墳の茶臼山(国史跡)・円墳の富士山(県史跡)・前方後円墳の長塚(県史跡)など多くの古墳がある。また、壬生綱重が壬生(みぶ)城の出城として文亀年間に築き、天正18年の壬生家滅亡とともに廃城となった羽生田城跡が残されている。【角川日本地名大辞典】
・ 羽生田: 戦国時代に下野国都賀郡にみられた地名で壬生氏領であった。戦国末期、壬生氏は小田原北条氏に属していたため、北条氏に対抗する佐竹宇都宮結城氏などは天正13年8月にも当地を攻撃している。【角川日本地名大辞典】

■ 針生(はりう):  栃木県矢板市針生
・ 「はり」は開墾を意味し、「治」などの字をあてた。また、杉山の木が針のように尖って見えることに由来するとも言われる。

■ 日向(ひなた): 栃木県日光市日向
・ 帝釈山地、鬼怒(きぬ)川上流域に立地し、野尻川・稲ケ沢川などの河川と鬼怒川の合流点付近に形成された複合段丘上に位置する。鬼怒川の両岸に8つの小集落が点在する。地名は、村の中心左岸部が、右岸部に立地する日蔭村に比べて日照に有利であるという地形にちなむと伝えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 汗(ふざかし): 栃木県
・ 近くを流れる鬼怒川を渡るには切符に代わる札が必要だった。船着き場のことを「札貸し」といったことに由来する。また、当地には薬師如来があり、みんながお祈りすると仏像から汗がふきだすので、「汗かき薬師」と読んだ。そこで「ふざかしの汗かき薬師」から「汗」を「ふざかし」と読むようになった。

 藤田(ふじた): 栃木県那須烏山市藤田
・ 地名の由来は、往昔、藤樹の繁茂している地を開拓したことによるという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 間藤(まとう): 栃木県日光市足尾町上(下)間藤。地名は山間の狭い所の意から起こったという。【角川日本地名大辞典】

■ 壬生(みぶ): 栃木県下都賀郡壬生町。
・ 壬生(みぶ): 地名の由来は、古墳時代の乳部(にゆうべ)が転訛したものとされる。また、もとは上の原と呼ばれていたが、寛正3年に壬生胤業が京都からこの地に移り、壬生城を創建したことから壬生と称するようになったとする説もある。【角川日本地名大辞典】

■ 真岡(もおか): 栃木県真岡市

★ 

■ 

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示