栃木県
参考資料・文献 利用上の注意
都道府県名の由来Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 栃木県の名字の特徴 ・ 栃木県の代表家紋 ・ 栃木県の難読地名・珍地名 ・ 栃木県の地名集

# 旧下野国

# 県庁所在地: 宇都宮市

# 栃木県: 栃木県の栃木は「トチの木」を指すのだが、昔の栃の実は貴重な食料とされそれが多くとれたことから名付けられたようだ。ちなみに栃木の栃は国字
 ちなみに日光は二荒が語源で、二荒=ふたら ふたら=仏教用語で補陀落・普陀落(ふだらく)からきているようだ。
※ かつて、県庁があった栃木市に由来する。
※ 佐野: 狭まった野原
・ 栃木市内を流れる巴波(うずま)川の岸には栃の木が沢山あって、それが地名の由来となった。
・ 栃木: 遠つ木が訛ったもの。

# 栃木(とちぎ): 栃木県栃木市。小倉川・永野川などの形成する扇状地の南東、巴波(うずま)川が南流する平坦な沖積地に位置する。地名の由来については諸説があるがいずれも口碑である。その1つは「古事記」の中の豊城入彦命の東国来往の話で、木(毛)の国を木(紀)の国と区別するため、「遠津木(とほつき)」と命名したことにより、「とつ木」「とち木」と転訛したものという。また、神明宮の社殿に10個の千木がついていたので、「十千木(とちぎ)」となり、千木が10あつまれば万となるので、木へんに万と書いて、「杤木」となったという。また江戸期にはトチを?(中国の木名)と書いたといい、この萬を略して万とし、杤の字が生まれたともいう。現在の市の徽章はこれに由来する。明治5年に県名の文字が栃の字に改められるまでは、正式には橡木を用い、通常は杤木を使用した。【角川日本地名大辞典】

# 栃木という表記が確立したのは明治になってから。

# 勤勉で誠実だが、堅物すぎることもある。むらなく安定した仕事ができるが、独創性に欠ける。【知っておきたい日本の県民性 武光誠著より】

# 「出身県でわかる人の性格」によると: 「本心を見せず淡々とクール 『おとなしく目立たず』が信条」。「最大の特徴が『栃木弁』ちう存在感の薄さ」「『人は人、自分は自分』の無関心主義」

# PRESIDENTの「県民性の法則」で、人付き合いの達人になる、によると:
男性: 部下は真面目で素直。上司はとっつきにくそうに見えても、人はいいし面倒見もいい。
女性: 部下は控えめに見えても芯は強く、外見も女性らしいというより男っぽく見える。上司は、バイタリティがあり、リーダーシップを上手に発揮する逞しい姉御肌タイプが多い。

# 出世・結婚・お金は「県民性」で9割決まる(PRESIDENT+PLUS 2009年12月28日)によると、栃木県人は「個性がないのが逆に特徴!噛むほどに味が出る『スルメ』人間」だそうで、金持ち度は★★★★★。
※ 消極的で変化を好まないから新しいビジネスへの決断には時間がかかる。
※ 男性は地味で照れ屋。第一印象は良くなく、最初はおもしろみに欠けても時間が経つと誠実さがわかる。結婚するとよき夫になる。女性は控えめな性格で恋愛に至るまで時間がかかる。一度恋人関係になると滅多なことでは裏切らない。
・ 男: リーダーシップ度★★、真面目度★★★★、創造性度★★、恋愛上手度★★★。
・ 女: リーダーシップ度★★★★、真面目度★★★、創造性度★★★★、恋愛上手度★★★★★。

# ベストカー:2010/09/10より
・ 栃木県における乗用車の保有台数(2009年1月現在): 122万9463台(全国17位)、1世帯当たりの普及台数1.636台(全国6位)
・ メーカー別のシェア(普通+小型): トヨタ:43%、日産:21%、ホンダ:14%、マツダ:5%、三菱:4%。
・ メーカー別のシェア(軽): ダイハツ:33%、スズキ:31%、ホンダ:14%、日産:9%、三菱:6%。
・ 高速道路の延長距離: 133.7Km
・ 一般国道実延長距離: 907.4Km
・ オービスの数: 11箇所
・ 交通違反の取締件数: 13万5248件(全国15位)
・ 1Kmあたりの渋滞損失額: 4800万円(全国20位)
・ 2007年の交通事故発生件数: 1万3693件(全国16位)
・ 2007年の死亡事故件数: 148件(全国14位)

# そういえば、ある調査で「都道府県の場所の認知」で、一番認知されていないのがたしか栃木県。

# 地方交付税(総務省「平成14年度」データ: 1853億円(依存度45.5%・全国35位)

# 読売テレビ: ケンミンSHOWより
・ 100422: 佐野市に住む栃木県民は、大根の千切りをのせた“大根そば”が大好き!?
・ 100506: 鹿沼市に住む栃木ケンミンは、おそばの上にニラをのせた“ニラそば”が大好物!?
・ 100610: 県南部に住む栃木県民は、ラーメン屋さんでラーメンと一緒にもつ煮を食べるのが定番!?

■ 栃木県の歴史:

(1) 宇都宮藩(戸田家): 宇都宮は奥平、本多阿部家と交替し後に戸田家が移ってきた。下総国河内郡(宇都宮市)7万7000石。
(2) 高徳藩(戸田家): 宇都宮藩の分家。下野国塩谷郡(日光市高徳)1万石。
(3) 足利藩(戸田家): 宇都宮藩の分家筋。下野国足利郡(足利市)1万1000石。
(4) 烏山藩(大久保家): 下野国那須郡(那須烏山市)3万石。
(5) 黒羽藩(大関家): 下野国那須郡(大田原市黒羽町)1万8000石。童話「ムーミン」の翻訳をした人はこの家系のようです。
(6) 大田原藩(大田原家): 下野国那須郡(大田原市)1万1000石。
(7) 喜連川藩(喜連川家): 喜連川家はもともと足利家で明治以降は足利家を名乗っているそうだ。下野国塩谷郡(さくら市喜連川)5000石(通常大名家は1万石以上だが、ここは10万石格として国主格なのだそうで、。いろいろわけありのようだ。
(8) 壬生藩(鳥居家): 下野国都賀郡(壬生町)3万石。
(9) 佐野藩(堀田家): 下野国安蘇郡(佐野市)1万6000石。
(10) 吹上藩(有馬家): 元吉宗の家臣の有馬家が大名となった。下野国都賀郡(栃木市吹上町)1万石。

# 下野国: 上野国の通称が上州なので、下野国は下州かと思ったら「野州(やしゅう)」

■ その他

# 世界遺産: 日光の社寺は8世紀末に開山以来1200年の歴史を持つ。
# 故郷の味: 宇都宮餃子(宇都宮)・佐野ラーメン(佐野)

■ Topics

# 081116: 栃木県知事選挙で、現職の福田富一氏が再選。
# 081031: 栃木県内の9月の有効求人倍率は1.01倍。
 
最終更新日 2017/03/20
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示