茨城県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 阿川(あがわ): 茨城県水戸市阿川
・ 「泡川(あわかわ)」であぶくの吹き上がる湿地帯を流れる川。
・ 上流で粟のとれる場所があるので「粟谷川」。
・ 淡々として流れる風景。
・ 安川、吾川も同じ。

■ 圷(あくつ): 茨城県水戸市圷大野。茨城県東茨城郡城里町(上・下)圷。
・ 「圷」は国字。川沿いの低湿地。

■ 木葉下(あぼっけ): 茨城県水戸市木葉下町(あぼっけちょう)

■ 阿見(あみ): 茨城県稲敷郡阿見町
・ 地名は阿弥経津神がこの地方を統治したことに由来するとも伝え、漁業の網に由来するともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 石下(いしげ): 旧茨城県結城郡石下町(現常総市)
・ 「石の多い所」のこと。「げ」は接尾語。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 中世には「石毛」と書いた。【角川日本地名大辞典】

■ 井関(いせき): 茨城県石岡市井関
・ 井石とも書く。地名は、霞ケ浦の狭い入江に面した関所の意の江関が井関に転じたという。【角川日本地名大辞典】

■ 潮来(いたこ): 茨城県

■ 瓜連(うりづら): 茨城県那珂市瓜連
・ 「うり」は「うるい(潤)」から転訛したもので、湿地帯が連なっていることに由来する。
・ 小さい谷や川の曲がったところにつけられるのが「うり」。それが連続的に繰り返されている地形か。あるいは、「づら」が「づれ」の転とすると「崩れやすい土地」ということ。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 女方(おざかた): 茨城県筑西市女方

■ 女化(おなばけ): 茨城県牛久市女化町(おなばけちょう)

★ 

■ 加倉井(かくらい): 茨城県水戸市加倉井町。室町時代から常陸国那珂西郡にみられた地名。天文年間に賀倉井氏がいた。当地の妙徳寺境内にある加倉井館は、正安年間に江戸氏の家臣波木井実長により築城されたという。波木井氏はのち通久の代に姓を加倉井に改めたといわれ、天正18年滅亡するまで居城した。【角川日本地名大辞典】
・ 加倉井村: 江戸時代から明治時代中頃にかけて常陸国茨城郡にみられた村名。当初は幕府領、慶長7年宍戸藩領、元禄年間は旗本天野氏・水上氏ほか同3氏の相給、幕末期は幕府と旗本久保氏ほか2氏の相給。【角川日本地名大辞典】

■ 笠間(かさま): 茨城県笠間市

■ 神田山(かどやま): 茨城県坂東市神田山
・ 「かでやま」ともいう。菅生沼東岸に位置する。菅生沼に並行して注ぐ入江には谷津田が開ける。鎌倉幕府滅亡に際し、北条氏一族名越右馬允が富田村堀之内飯田氏のもとに亡命し子孫は神田山宝珠山に拠り、相馬氏に属して下妻勢と戦ったという。【角川日本地名大辞典】

■ 嘉良寿理(からすり): 茨城県石岡市嘉良寿理 (旧茨城県八郷町)
・ 旧常陸国新治郡。恋瀬川上流域に位置する。
・ 嘉良寿理村: 江戸時代から明治22年までの村名。
・ かつては、烏瓜(からすうり)ともいった。元禄年間・幕末期はともに旗本長谷川氏の知行地。村高は、「元禄郷帳」では烏爪村と見え196石余、「天保郷帳」でも烏爪村と見え208石余、「旧高簿」208石余。天保14年の家数16。寺院は真言宗泉蔵院。明治8年茨城県、同11年新治郡に所属。明治22年林村の大字となる。
・ 明治24年の戸数17、人口142、厩15。【角川日本地名大辞典】

■ 天下野(けがの): 茨城県常陸太田市
・ 天下野(けがの): 当地の獅子舞は徳川光圀に「天下一」と賞されたことから、江戸で「天下一」の標旗を掲げていたが、将軍に天下一の呼称は身分を超えたものとされ、光圀が「天下野村で一番の意である」と弁明したことにより、天下野と称するようになったと伝える。また当地名は大坂の天下茶屋、美濃の天下原とともに日本の三地名の1つという。【角川日本地名大辞典】

■ 古河(こが): 茨城県古河市

■ 国生(こつしょう): 茨城県常総市国生。
・ 古くから「将門記」の記述内容と式内社である桑原神社の存在から下総国府の所在地であったという伝承が根強く、地名の由来も国庁の転訛したものとする説がある。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 大角豆(ささぎ): 茨城県つくば市

■ 三才(さんざい): 常陸国。茨城県常陸太田市三才町(さんざいちょう)
・ 源頼義の子の加茂義綱が下向の途中、年が悪いとしてこの地に3年留まったのに由来する。

■ 宍戸(ししど): 茨城県笠岡市

■ 志筑(しづく): 茨城県かすみがうら市志筑
・ 師付: 奈良時代から常陸国茨城郡にみられた地名。
・ 志筑郷: 鎌倉時代から南北朝時代に常陸国南郡にみられた郷名。

■ 七五三場(しめば): 茨城県結城市
・ 志目波郷: 結城市。

■ 下館(しもだて): 茨城県筑西市(旧下館市)
・ 地名は、承平6年頃に藤原秀郷が平貞盛とともに平将門を征討するため設けた3つの館(上館・中館・下館)の下館に由来するという。一説には藤原魚名が東国平定のため設けた3つの館(本館・中館・下館)の下館に由来するともいう。【角川日本地名大辞典】
・ 下館: 南北朝時代から常陸国伊佐郡にみられる地名。

■ 下妻(しもつま): 茨城県下妻市
・ 「しもづま」ともよむ。鬼怒(きぬ)川と小貝川に挾まれた台地南端に位置し、東部は古代の騰波江(鳥羽の淡海、現在水田)に面する。この地からは、平安期に桓武平氏大掾氏流の下妻氏、鎌倉初期には藤原秀郷系小山氏流の下妻氏と清和源氏頼政流の下間氏とが発祥している。地名の語源について、従来は郡の下方にて詰まりの地、ツマは端にて、郡の下方の端の意とする。「常総誌略」は、「下ノ津」という魚場の北にある瀬上ケ原に応徳3年常陸大掾平清幹が城を築き、下ノ津に近いため下津間城と名付け、息男盛幹の居城としたとするが、「下妻市史」によれば、騰波江(湖)沿岸のシモ(南部)・ツ(の=助詞)・マ(港の古語)の意である。下妻城(多賀谷城)は、戦国期の多賀谷氏7代にわたる居城。【角川日本地名大辞典】

■ 正直(しょうじき): 茨城県牛久市正直町(しょうじきちょう)

■ 直鮒(すうぶな): 茨城県竜ヶ崎市

■ 月出里(すだち): 茨城県稲敷市月出里
・ 「すだち」は「巣立ち」のことで、「月が空に昇る様」を意味すると言われる。月が綺麗に昇ったのを見てつけたんでしょうかね?
・ もとは月出と書いて「すたち」と読んだがのち月出里に改めたという。地名は,地内に大清水という字があり、清水の湧き出る地に由来するという説、地内に上谷原という字があり州がたっている地に由来するという説などがある。「すたち」の読みについては「新編常陸」に「出ヲタチトヨメルハ、メデタシ、月出ヲツイタチトヨメルタチト、ヒトツナリ、又按ズルニ、ツキノ反音チナリ」としてチタチの音がスタチに転化したとある。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 筑波(ちくば、つくば): 茨城県

■ 東海村(とうかいむら): 茨城県那珂郡
東海村のホームページに「東が洋々たる太平洋に面し〜」と記載があるのでそれが由来かと。

■ 取手(とりで): 茨城県取手市
・ 取出とも書き、大鹿取出・大鹿取手ともいう。利根川中流と小貝川に挾まれた北相馬台地および両川流域低地に位置する。地名は、かつて大鹿氏の砦(出城)があった麓の地にあたるためと伝える。寛文年間に水戸街道の宿場として整備されてからは、取出(砦)をきらって取手に改めたともいう。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 隋分附(なむさんづけ): 茨城県笠間市

★ 

■ 茨城(ばらき): 茨城県石岡市茨城(ばらき)
・ 茨城県石岡市に奈良時代のお寺の跡があります。それを茨城廃寺跡(ばらきはいじあと)というそうです。たぶん「ばらき」というのは古い読みではなかろうか?茨城はの語源は、「茨」は昔は「茨棘(うばら)」と書き、いわゆる「いばらの道」の「いばら」ですね。ちなみに「いばら」=「ばら(薔薇)」で「い」は接頭語ではないかと思います。従って、本来は「いばら+き」なんですが、接頭語の「い」だけ抜けて「ばらき」と読んだのでないでしょうか。

■ 日立(ひたち): 茨城県日立市

★ 

■ 先後(まつのち): 茨城県小美玉市
・ 先後(まずのち): 地名については、伏見(京都府)・松崎(千葉県)と当村の3稲荷が京にのぼり位階を受ける時、伏見が最初に受け、そのあと当村の稲荷に勧めたところ、松崎を推し、私は「まずあとにしよう」といったので先後としたとか、松崎稲荷の分霊を祀ったので「マツザキ」に対して「マツノチ」としたなどの伝承がある。【角川日本地名大辞典】

■ 生板(まないた): 茨城県稲敷郡河内町
・ どう読んでも「なまいた」じゃないのかなぁ。読み間違いや聞き間違いだったりして。

■ 真鍋(まなべ): 茨城県土浦市真鍋

■ 水海道(みつかいどう): 茨城県常総市水海道(みつかいどう)
・ 戦国時代には水皆道とも書いた。鬼怒川の河港として発達し、「水の街道(海道)」に由来する。
・ 地名は古くは「水飼戸」、「御津海道」とも呼称され、水とのかかわりに由来するとみられる。【角川日本地名大辞典】
・ 「み(水)」+「つ(のと同じ)」+「かいと」の転か。「かいと」は集落のことか。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 水海道: 水に囲まれた新開地。【地名でわかる水害大国日本 楠原佑介 祥伝社新書】
# 水海道河岸(みつかいどうがし): 鬼怒(きぬ)川と小貝川のかつての合流点にあった河岸。久保田・宗道河岸とともに鬼怒川三大河岸の1つ。鬼怒・小貝の両川は当地で合流して大河川となっていたため、氾濫時の被害はきわめて大きかった。この解決策として寛永年間、鬼怒川開削が行われ、両河川は完全に切り離され、鬼怒川水運は飛躍的に発展した。地の利に加え、古来からの豪商や有力問屋が付近に多かったため、鬼怒川第一の要港とされた。

■ 水海道新田(みつかいどうしんでん): 茨城県結城市水海道
・ 旧山川沼跡の水田地帯に位置する。享保年間の山川沼干拓以後形成された新田。幕府領。開村以来水害に悩まされた。【角川日本地名大辞典】

■ 三次(みつぎ): 茨城県稲敷市三次(みつぎ)
・ 地名は昔の小野川の下流の野田奈川および霞ケ浦の荒波が合流して打ち寄せたことによるといわれる。

■ 水戸(みと): 茨城県水戸市

■ 男女の川(みなのがわ): 茨城県の男女川
・ 利根川水系の支流。水無川ともいう。川名は筑波山の男体・女体に祀られている男神・女神の社地から流れ出ることにちなむという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 

★ 

■ 龍ケ崎(りゅうがさき): 茨城県龍ケ崎市

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示