茨城県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 茨城県の県名の由来 ・ 茨城県の難読地名・珍地名

★ 茨木県の名字の特徴

# 「小松崎」「倉持」「飛田」「寺門(てらかど)」などの名字が多い。寺門は沖縄の名字かと思ったら茨城にもあったのか。

# 「小島」: 全国的には「こじま」と読むことが多いが、茨城県では「おじま」と読むことも多い。

# 「白田」は山形県と茨城県に多い名字だが、山形県では「しらた」と読むが、茨城県では「はくた」と読む。

【茨城県らしい名字】

# 茨城県を支配した「大掾(だいじょう)氏」と「佐竹氏」の一族が県内に拡がり地名を名字にした例が多いのが特徴。

・ 大掾氏: 「鹿島」「島崎」「芹沢」「玉造」「手賀」「徳宿(とくしゅく)」「中居」「行方(なめかた)」「真壁」

・ 佐竹氏: 「稲木」「額田」「長倉」「小瀬」「小場」「石塚」

・ 「あまがい」読みの名字: 「雨谷」「天海」「天貝」「雨海」「天賀谷」。語源は「雨谷=雨が降りやすい谷」

・ 「はりかえ」読みの名字: 「張替」「針ケ谷」「針谷」「針貝」「針替」。

・ 倉持、小松崎、寺門、飛田(とびた)、海老原、海老沢、助川、軍司などは茨城県らしい名字。

■ 茨城県の特徴的名字: 根本、砂押、江幡、綿引、谷田部、宍戸、助川、飛田(とびた)、塙(はなわ)、加倉井。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 鈴木

■ 2位: 佐藤

■ 3位: 小林

■ 4位: 渡辺

■ 5位: 高橋

■ 6位: 木村(0.8%)
# 茨城県の木村家: 「あんパン」の考案者の木村安兵衛。木村屋の創業者。茨城県牛久市の出身。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 7位: 斎藤

■ 8位: 根本
# 茨城県の根本家: 常陸国久慈郡根本(茨城県常陸太田市)をルーツとし、藤原北家秀郷流。小野崎通成の二男の盛通が根本氏を称した。代々佐竹氏に仕え、江戸時代には秋田藩士。

■ 9位: 中村
# 茨城県の中村家: 常陸国鹿島郡中村(茨城県鹿嶋市)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏流。林頼幹の二男の重頼が中村に住んで中村氏を称した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 茨城県の中村家: 下館城下の豪商。町年寄や本陣を努めた。

■ 10位: 吉田

■ 11位: 石川
# 茨城県の石川家: 常陸国吉田郡石川(茨城県水戸市石川町)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏の一族。鎌倉時代は幕府の御家人で、その後は江戸氏に従う。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 茨城県の石川家: 下館藩主の石川家は、河内国石川郡石川荘(大阪府羽曳野市)をルーツとし、清和源氏の出。

■ 12位: 伊藤

■ 13位: 菊池

■ 14位: 田中

■ 15位: 山口
# 茨城県の山口家: 牛久藩主。周防国吉敷郡山口(山口県山口市)をルーツとし、大内氏の支流。後に尾張国に転じ織田信長の家臣の佐久間家に仕えた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 16位: 加藤

■ 17位: 
# 茨城県の関家: 常陸国真壁郡関(茨城県筑西市)をルーツとし、藤原北家秀郷流結城朝広の四男の朝泰が関氏を称した。

■ 18位: 宮本

■ 19位: 石井

■ 20位: 野口


■ 相賀(あいが)
# 茨城県の相賀家: 常陸国久慈郡(佐都東郡・佐都西郡)相賀村(茨城県日立市)をルーツとし、小野崎氏の支流。後に、佐竹氏に従って出羽国に転じた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 赤須(あかす)
# 茨城県の赤須家: 常陸国久慈郡(佐都東郡・佐都西郡)赤須(茨城県常陸太田市)をルーツとし、藤原北家秀郷流の太田氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 麻生(あそう)
# 茨城県の麻生家: 常陸国の麻生家は桓武平氏大掾氏の一族で、常陸国行方郡麻生(茨城県行方市麻生)をルーツとする。行方景幹の三男の家幹が麻生の地に住んで麻生氏を称した。

■ 飯島(いいじま)
# 茨城県の飯島家: 常陸国新治郡浦須村(茨城県石岡市)で名主を務めた。
# 茨城県の飯島家: 常陸国鹿島郡札村(茨城県鉾田市)の旧家。名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 茨城県の飯島家: 常陸国東茨城郡飯島村(茨城県水戸市)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 伊佐(いさ)
# 茨城県の伊佐家: 常陸国新治郡伊佐荘(茨城県筑西市)をルーツとし、藤原北家山蔭流。藤原実宗が常陸介となって下向し、伊佐氏を称した。

■ 石毛(いしげ)
# 茨城県の石毛家: 桓武平氏の出で、常陸国豊田郡石毛(茨城県常総市)をルーツとする。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 石塚(いしづか)
# 茨城県の石塚家: 常陸国茨城郡石塚(茨城県東茨城郡城里町石塚)をルーツとし、清和源氏の佐竹氏の支流。関ヶ原の合戦の後には、佐竹家に従って出羽国久保田(秋田県秋田市)に転じた。 【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 井関(いせき)
# 茨城県の井関家: 常陸国行方郡井関(茨城県)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 稲葉(いなば)
# 茨城県の稲葉家: 下妻市の旧家で名主を務めた。

■ 今宮(いまみや)
# 茨城県の今宮家: 常陸国久慈郡今宮(茨城県常陸太田市)をルーツとし、清和源氏の佐竹氏の一族。後に、佐竹氏に従って出羽国に転じた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岩瀬(いわせ)
# 茨城県の岩瀬家: 常陸国茨城郡岩瀬(茨城県桜川市)をルーツとし、清和源氏の佐竹氏の一族。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 茨城県の岩瀬家: 常陸国久慈郡岩瀬(茨城県常陸大宮市)をルーツとし、藤原北家秀郷流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大高(おおたか)
# 茨城県の大高家: 常陸国那珂郡大高(茨城県)をルーツとし、藤原北家秀郷流の江戸氏の支流。佐竹氏に仕え江戸時代には秋田藩士。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
※ 四十七士で有名な大高源五(忠雄)が、この系統かと思ったら、奥州をルーツとし安倍氏の出のようですね。

■ 大塚(おおつか)
# 茨城県の大塚家: 常陸国多珂郡大塚(茨城県北茨城市磯原町大塚)をルーツとし、藤原氏の出。鎌倉時代に大塚郷の地頭となった。戦国時代には岩城家に従い、後に陸奥国に転じた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 茨城県の大塚家: つくば市栗原の大塚家は太田道灌の末裔と言われ、小田氏の家臣だったが、後に帰農した。鎌倉時代に大塚郷の地頭になり、戦国時代には陸奥国南部の戦国大名として岩城家に従い、慶長元年(1596年)に陸奥国折木城(福島県双葉郡広野町折木)に移った。

■ 大野(おおの)
# 茨城県の大野家: 常陸国茨城郡大野村(茨城県水戸市)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏の出。石川家幹の八男の光幹がこの地に住んで大野氏を称した。

■ 大森(おおもり)
# 茨城県の大森家: 常陸国久慈郡徳田村(茨城県常陸太田市)の郷士。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 茨城県の大森家: 常陸国茨城郡上圷村(茨城県東茨城郡城里村)で庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大山(おおやま)
# 茨城県の大山家: 常陸国茨城郡大山(茨城県東茨城郡城里村)をルーツとし、清和源氏の佐竹氏の支流。後に、佐竹氏に従って出羽国角館に転じた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岡田(おかだ)
# 茨城県の岡田家: 常陸の岡田氏は常陸国久慈郡佐都荘岡田郷(茨城県常陸太田市岡田町)をルーツとし、佐竹氏の支流。佐竹義重の子の義高が岡田氏を称した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岡見(おかみ)
# 茨城県の岡見家: 常陸国河内郡岡見(茨城県牛久市岡見)をルーツとし、藤原北家の出という。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小栗(おぐり)
# 茨城県の小栗家: 常陸国新治郡小栗御厨茨城県筑西市)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏の出。小栗重成が源頼朝に仕え、鎌倉幕府の御家人になった。幕末の勘定奉行?の小栗上野介は子孫。小栗忠順の家紋。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 小田(おだ)
# 茨城県の小田家: 常陸国小田(茨城県つくば市)をルーツとし、藤原北家。鎌倉時代に常陸国の守護となったが、南北朝時代には南朝に属し衰退した。戦国時代には小田原の北条氏に属し、豊臣秀吉の小田原攻めで滅んだ。【日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 小田野(おだの)
# 茨城県の小田野家: 常陸国那珂郡小田野(茨城県常陸大宮市)をルーツとする。佐竹氏に仕え、後に、佐竹氏に従って出羽国に転じ、秋田藩の家老を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小場(おば)
# 茨城県の小場家: 常陸国那珂郡小場(茨城県常陸大宮市小場)をルーツとし、清和源氏の佐竹氏の支流。佐竹氏に仕え、後に、佐竹氏に従って出羽国に転じ、秋田藩の大館城代を努めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小幡(おばた)
# 茨城県の小幡家: 常陸国茨城郡小幡(茨城県東茨城郡茨城町)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏の出。 

■ 加倉井(かくらい)
# 茨城県の加倉井家: 常陸国茨城郡加倉井(茨城県水戸市)をルーツとする。茨木井実氏が加倉井の地頭となり、孫の通久の時に江戸氏に従って加倉井氏を称した。江戸氏が滅んだ後は帰農した。

■ 笠間(かさま)
# 茨城県の笠間家: 常陸国笠間(茨城県笠間市)をルーツとし、藤原北家の宇都宮氏の支流。後に、後北条氏に従い、後北条氏とともに滅んだ。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 鹿島(かしま)
# 茨城県の鹿島家: 常陸国鹿島郡鹿島郷(茨城県鹿嶋市)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 梶山(かじやま)
# 茨城県の梶山家: 常陸国鹿島郡梶山(茨城県鉾田市梶山)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 税所(さいしょ)
# 茨城県の税所家: 常陸国の税所家は百済系の渡来人の子孫。平安時代末期に常陸国の在庁官人となった百済貞成を祖とする。後に、桓武平氏の大掾氏の支流の山本望幹の三男の忠成が継いだ。

■ 逆井(さかさい)
# 茨城県の逆井家: 下総国猿島郡逆井郷(茨城県板東市逆井)をルーツとし、藤原北家秀郷流の小山氏の出という。江戸時代には関宿藩士。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 佐竹(さたけ)
# 茨城県の佐竹家: 清和源氏の源義光の子孫。義光の子の義業が常陸国佐竹(茨城県常陸太田市)を本拠とし、佐竹氏を称した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 宍戸(ししど)
# 茨城県の宍戸家: 常陸国茨城郡宍戸(茨城県笠間市宍戸)をルーツとし、藤原北家宇都宮氏の支流。八田知家の四男の家政が宍戸氏を称した。戦国時代に佐竹氏に敗れ、佐竹氏に属した。安芸国の宍戸家は一族。

■ 篠原(しのはら)
# 茨城県の篠原家: 戦国時代の常陸国江戸家の重臣。

■ 島崎(しまざき)
# 茨城県の島崎家: 常陸国行方郡島崎郷(茨城県潮来市)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 下間(しもつま)
# 茨城県の下間家: 本願寺の坊官。清和源氏の頼光流。長芸の時に、出身地の常陸国真壁郡下妻(茨城県下妻市)にちなんで下間氏を称した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 下妻(しもつま)
# 茨城県の下妻家: 常陸国真壁郡下妻(茨城県下妻市)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 新庄(しんじょう)
# 茨城県の新庄家: 常陸国麻生藩主藤原北家秀郷流。近江国坂田郡新庄(滋賀県米原市新庄)の出。当初は今井氏を称していたが、俊名の時に新庄に移り住んで新庄氏を称した。新庄直頼の時に豊臣秀吉に従って1万3千石の大名となる。江戸時代には常陸国麻生藩主3万石。

■ 相馬(そうま)
# 茨城県の相馬家: 戦国大名の相馬氏。下野国相馬郡をルーツとし、桓武平氏千葉氏流。

■ 大掾(だいじょう)
# 茨城県の大掾家: 桓武平氏の平良望が常陸国の大掾(中級の国司)となって常陸国に下向し、筑波郡に本拠をおいた。本家は鎌倉時代に滅亡したが、本家の跡を嗣いだ、馬場資基の子孫も豊臣秀吉の小田原攻めの際に佐竹家から滅ぼされた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 高野(たかの)
# 茨城県の高野家: 常陸国筑波郡高野(茨城県つくば市高野)をルーツとし、藤原北家の出。八田知家の八男の時家が高野氏を称した。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 立原(たちはら)
# 茨城県の立原家: 常陸国鹿島郡立原(茨城県鹿嶋市)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 田伏(たぶせ)
# 茨城県の田伏家: 常陸国新治郡南野荘田伏(茨城県かすみがうら市田伏)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 塚原(つかはら)
# 茨城県の塚原家: 常陸国鹿島郡塚原(茨城県鹿嶋市)をルーツとする。室町時代に、鹿島神宮の神官から塚原家を嗣いだ塚原卜伝の家系。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 土屋(つちや)
# 茨城県の土屋家: 土浦藩主桓武平氏の出で、相模国の土屋氏が甲斐国に移り住んだ。しかし、後に断絶し、金丸氏の一族がその名を継いだ。

■ 鶴田(つるた)
# 茨城県の鶴田家: 茨城県水戸市の旧家。江戸時代には庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 手賀(てが)
# 茨城県の手賀家: 常陸国行方郡手賀(茨城県行方市手賀)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏流の玉造氏の支流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 土井(どい)
# 茨城県の土井家: 下総国の古河藩主。三河国碧海郡土居村(愛知県岡崎市)をルーツとする。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 徳川(とくがわ)
# 茨城県の徳川家: 水戸黄門(中納言)でお馴染みの水戸家。尾張藩主と紀伊藩主は大納言だったが水戸藩主は中納言で定府大名。勤王精神が受け継がれていた。【家紋:水戸六つ葵】明治維新後には公爵。

■ 戸村(とむら)
# 茨城県の戸村家: 常陸国那珂郡戸村(茨城県那珂市)をルーツとし、藤原北家那珂氏の出と、清和源氏の佐竹氏の一族の二流ある。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 豊田(とよた、とよだ)
# 茨城県の豊田家: 下総国豊田郡豊田荘(茨城県常総市)をルーツとし、桓武平氏大掾氏流。石毛政幹の子の幹重が豊田氏を称した。

■ 中居(なかい)
# 茨城県の中居家: 常陸国鹿島郡中居(茨城県鹿嶋市)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏流。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 長倉(ながくら)
# 茨城県の長倉家: 常陸国那珂郡長倉(茨城県常陸太田市)をルーツとする。清和源氏で、佐竹行義の二男の義綱が長倉氏を称した。

■ 中山(なかやま)
# 茨城県の中山家: 水戸藩の付家老(松岡藩主)。武蔵国入間郡中山(埼玉県飯能市中山)をルーツとし、武蔵七党の丹党の一族で、元は加治氏を称していた。
・ 武蔵七党の丹党の出。武蔵国高麗郡中山(埼玉県飯能市)にあったが、江戸時代には水戸徳川家に家老として仕えた。

■ 長山(ながやま)
# 茨城県の長山家: 常陸国行方郡長山村(茨城県潮来市)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏流の行方氏の一族。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 茨城県の長山家: 清和源氏の佐竹氏の一族。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 行方(なめかた)
# 茨城県の行方家: 常陸国行方郡行方郷(茨城県行方市)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏流の吉田氏の一族。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 額田(ぬかだ)
# 茨城県の額田(ぬかた)家: 常陸国那珂郡額田(茨城県那珂市額田)をルーツとする。清和源氏の佐竹氏流。佐竹義重の二男の義直が額田氏を称した。

■ 八田(はった)
# 茨城県の八田家: 常陸国久慈郡八田(茨城県常陸太田市八田)をルーツとし、藤原北家の出。宇都宮宗綱の子の知家が八田氏を称し、頼朝に従って常陸国の守護になった。

■ 本堂(ほんどう)
# 茨城県の本堂家: 江戸時代には当初は旗本だが、幕末には常陸国志筑藩主。出羽国仙北郡本堂(秋田県仙北郡美郷町)をルーツとする。清和源氏とも和賀氏ともいわれる。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 真壁(まかべ)
# 茨城県の真壁家: 常陸国真壁郡真壁(茨城県桜川市真壁町)をルーツとし、桓武平氏の大掾氏流の多気氏の出。戦国時代には佐竹氏に仕え、江戸時代には秋田藩の重臣。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 牧野(まきの)
# 茨城県の牧野家: 常陸国笠間藩主古代豪族蘇我一族の田口氏の子孫の大和の武士だった。成嗣が三河に転じ牧野村(跡豊川市)を本拠とし、牧野氏を称した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 真崎(まさき)
# 茨城県の真崎家: 常陸国那珂郡真崎(茨城県那珂郡東海村)をルーツとし清和源氏の佐竹氏流の岡田氏の出。江戸時代には秋田藩の重臣。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 水谷(みずたに、みずのや)
# 茨城県の水谷家: 常陸国下館の豪族結城氏に属した。水谷勝俊は1639年に備中成羽5万石、後に備中松山に転じたが1693年に跡継ぎがおらずに断絶。

■ 水野(みずの)
# 茨城県の水野家: 結城藩主。尾張国春日井郡山田荘水野(愛知県瀬戸市)をルーツとする。清和源氏満政流。初代の重房は知多郡英比郷小河(愛知県知多郡東浦町)に住んで小河氏を称し、その子の重清が山田荘の地頭となり水野氏を称した。明治維新後には子爵。

■ 宮田(みやた)
# 茨城県の宮田家: 常陸国結城城下(茨城県結城市)の旧家。戦国時代には結城家に仕え、江戸時代には名主を務めた。

■ 矢口(やぐち)
# 茨城県の矢口家: 常陸国府中(茨城県石岡市)に旧家の矢口家がある。中世には大掾氏の家臣。

■ 谷田部(やたべ)
# 茨城県の谷田部家: 戦国時代の常陸国の水戸城主の江戸氏の重臣。桓武平氏の大掾氏流の石川氏の一族。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 茨城県の谷田部家: 茨城県桜川市真壁町古城で、江戸時代に名主を務めた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 山口(やまぐち)
# 茨城県の山口家: 牛久藩主。周防国吉敷郡山口(山口県山口市)をルーツとし、大内氏の支流。後に尾張国に転じ織田信長の家臣の佐久間家に仕えた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 山野辺(やまのべ)
# 茨城県の山野辺家: 水戸藩の家老。出羽国最上郡山辺(山形県東村山郡山辺町)の出で、清和源氏最上氏の一族で最上義光の子の義忠が山野辺氏を称した。最上家が改易後水戸藩の家老として1万石。

■ 結城(ゆうき)
# 茨城県の結城家: 下総国結城郡(茨城県結城市)をルーツとし、藤原北家秀郷流小山政光の三男の朝光が結城を領し結城氏を称した。 
・ 藤原北家秀郷流小山政光の子で頼朝の乳母を母とする朝光が、頼朝から下総国結城を与えられたのに始まる。後に家康の子の秀康が養子となり跡をつぐ。

■ 綿引(わたびき)
# 茨城県の綿引家: 水戸市の旧家で、代々庄屋をつとめた。


■ 茨城県の地名をルーツとする名字

■ 関東地方の名字の特徴

■ 茨城県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示