福島県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 会津田島(あいづたじま): 福島県南会津郡南会津町田島
・ 会津田島の田島はかつてあった、鴫山(しぎやま)城の鴫を分解した。

■ 会津若松(あいづわかまつ): 福島県会津若松市

■ 安積(あさか): 陸奥国安積郡安積郷(福島県郡山市安積)
・ 「アサ+カ」で、「アサ」は「浅い」という意味で浅瀬や砂地を意味する。「カ」は「賀」で処=土地を表す。
・ 奈良県の飛鳥と同じで、水辺の砂地を意味する。

■ 朝立(あさだち):  福島県河沼郡会津坂下町
・ 江戸時代から明治の初頭にかけて陸奥国にみられた村名で戦国時代には「あさたち」という地名が見える。会津地方中部、只見川東岸に位置する。【角川日本地名大辞典】
・ 磐越西線の「あいづさかもと駅」の南側。

■ 安達太良(あだたら): 福島県
・ 安達太郎に由来する。足立郡で一番高い山を「安達太郎」と読んだ。ちなみに利根川は坂東太郎。

■ 飯坂(いいざか): 福島県福島市飯坂町(いいざかまち)
・ 中世には「いゝさか」とも言い、陸奥国伊達郡東根郷にみられた。

 猪苗代(いなわしろ): 福島県耶麻郡猪苗代町

■ 蝦貫(えぞぬき):  福島県福島市蝦貫

■ 江井(えねい): 福島県南相馬市原町区江井

■ 大熊町(おおくままち): 福島県双葉郡大熊町。熊町・大野の2か村が合併して成立。
※ 地名学的に言えば、「大熊」→「大隈」で、大きく曲がりくねった川でもあったのか?と思いがちだが、このように合成地名もあるから侮れない。

■ 思川(おもいかわ): 福島県田村市船引町今泉思川【思川の名字の由来

★ 

■ 片平(かたひら): 福島県郡山市片平町
・ 地名は、伊東大和守の一族片平氏が当地に住したことによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 上遠野(かとおの): 福島県いわき市遠野町上遠野(かとおの)。福島県田村市常葉町早稲川上遠野(かとおの)。
・ 宮城県仙台市青葉区上愛子上遠野原(かみとおのはら)。徳島県名東郡佐那河内村上遠野(かみとおの)。

■ 鎌田(かまた): 福島県福島市鎌田

■ 鎌田(かまだ): 福島県いわき市平鎌田

■ 喜多方(きたかた): 福島県喜多方市

■ 熊耳(くまがみ): 福島県田村郡三春町熊耳

■ 久留米(くるめ): 福島県郡山市久留米

■ 合戦坂(こうせんざか): 福島県白河市合戦坂

■ 桑折(こおり):  福島県伊達郡桑折町

■ 郡山(こおりやま): 福島県郡山市

■ 五香(ごか): 福島県河沼郡会津坂下町五香

■ 五百川(ごひゃくがわ): 福島県
・ 福島県郡山市や本宮市を流れる川で阿武隈川の支流。名前の由来は、京から数えて五百番目の川だからだそうで、「萩姫伝説」に記されている。

★ 

■ 菜根(さいこん): 福島県郡山市菜根、福島県郡山市菜根屋敷
・ 昭和39年〜現在の郡山市の町名。もとは郡山市(大字なしの地域)の一部。1〜5丁目があり,昭和39年1〜2、4〜5丁目、同40年3丁目が成立。【角川日本地名大辞典】

■ 鷺ノ森(さぎのもり): 福島県伊達郡川俣町羽田鷺ノ森

■ 三本松(さんぼんまつ): 福島県喜多方市山都町木幡三本松

■ 正直(しょうじき): 福島県郡山市田村町正直

■ 須賀川(すかがわ): 福島県須賀川市
・ 市内を流れる「下の川」(須賀川)に由来する。また、市の中心が阿武隈・釈迦堂両川合流地の「洲処(すか)」に位置することに由来するという説もある。

■ 背炙山(せあぶりやま): 福島県会津若松市

★ 

■ 高越(たかこし): 福島県二本松市高越
・ 地名は二本松城下から小高き丘陵を越えたところに位置することによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 月舘(つきだて): 福島県伊達市月舘町
・ 古跡の「月見館」に由来し、明治9年の命名。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 百目木(どうめき): 福島県二本松市百目木

■ 木賊(とくさ): 福島県南会津郡下郷町南倉沢木賊
・ 木賊村(とくさむら): 江戸時代から明治時代初頭にかけて福島県会津地方南部にあった村名。村名は、木賊がはえていることによる。【角川日本地名大辞典】
・ 木賊(とくさ): 山梨県東八代郡(旧)木賊村。

★ 

■ 長瀞(ながとろ):  福島県南相馬市原町区金沢長瀞。長戸呂とも書いた。

■ 勿来の関(なこそ): 福島県いわき市
・ 「なこそ」は、「な来(こ)そ」=「来てはいけない」。
・ 蝦夷に対して、この関を越えてきてはいけない。という意味。
・ 古くは「菊多の関」と言われた奥州三古関の一つ。東北地方の蝦夷の南下を防ぐために設置された。「蝦夷(えみし)よ来る勿(なか)れ」に由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 奈古曽とも書く。地名の由来は、5世紀頃奥州三関の1つとして「夷よ、来る勿(なか)れ」という意味で設けられた勿来関に由来すると伝える。勿来の語感と風雅さは平安期以来数多くの歌枕として用いられ、紀貫之・小野小町・源義家らの歌に詠みこまれ、九面(ここづら)の丘陵地に比定される関跡には歌碑・石碑が林立している。また、勿来海岸は鮫川河口に至る菊多浦の南端にあり、遠浅の砂浜が続く美しい海岸である。【角川日本地名大辞典】

■ 日下石(にっけし): 福島県相馬市日下石

■ 庭坂(にわさか): 福島県福島市
・ 笹木野と同様に神事に関する地名。「場」とか「庭」は神社に貢ぎ物を集積するところにもつけられる地名。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 猫啼(ねこなき): 福島県石川郡石川町猫啼
・ 猫啼温泉(ねこなきおんせん): 和泉式部が飼っていた猫が怪我をして泣きながら行方をくらました。和泉式部が猫を探しにいくと温泉につかっていて傷口をなめており、傷口はみるみる治った。

★ 

■ 箱崎(はこざき): 福島県伊達市箱崎
・ 地名は阿武隈川の渡し場近くに箱石という石があり、それが川に突出ていたことに由来するという。【角川日本地名大辞典】

■ 坂下(ばんげ): 福島県河沼郡会津坂下町
・ 番下とも書く。会津地方中部、旧宮川西岸に位置する。地名は、アイヌ語で崖の上の意の「バッケ」から生じたとも、高寺の坂の下にあたる所から坂下に転じたともいう。近世以降は地内を東西に通る越後街道を主幹として、下野(しもつけ)街道・沼田街道の分岐点ともなり、交易の要衝となった。【角川日本地名大辞典】

■ 双葉郡(ふたばぐん): 福島県
・ 明治29年に「楢葉郡(ならはぐん)」と「標葉郡(しるはぐん)」が合併したのに由来する。「二つの葉」郡。

■ 母畑(ぼばた): 福島県石川郡石川町母畑
・ 穂畑とも書いた。地名は前九年の役のとき源頼義・義家が当地で戦い、義家が苦戦の末母衣(ほろ)と旗をすてたため「母衣旗」といったが、のち転訛して母畑となった。また義家の馬の骨折が泥土から湧出した鉱泉で治癒したのが母畑温泉の起源だという。【角川日本地名大辞典】
・ 母畑は、当初は「母衣旗(ほろはた)」といった。昔源義家が奥州征伐に行く途中、戦勝祈願のために、山の神に「母衣」と「旗」を奉納したのに由来する。 

★ 

■ 本宮(もとみや): 福島県本宮市
・ 地名はかつて本目村であったのを久安年間安達太良山から安達太良明神を当地に移し安達郡の総鎮守社とし、一郡の本宮であることによるとされる。【角川日本地名大辞典】

■ 門田(もんでん): 福島県会津若松市門田

★ 

■ 谷地(やじ): 福島県石川郡石川町谷地。湿地を意味するアイヌ語由来とも言われる。

■ 過足(よぎあし): 福島県田村市滝根町菅谷過足内。福島県田村郡三春町過足。

★ 

■ 霊山(りょうぜん): 福島県伊達市霊山町
・ 霊山の名称は、慈覚大師円仁が天竺の霊鷲山にちなんで霊山寺を開いた寺名によるといわれる。霊山寺は「北の叡山」といわれ、岩山の絶頂にある山上伽藍跡のほか、中腹の寺屋敷遺跡、山王院遺跡、東寺屋敷遺跡、二つ岩遺跡および古霊山遺跡から成り、山上、山麓にかけて大寺院跡がある。

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示