福島県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 福島県の県名の由来 ・ 福島県の難読地名・珍地名

★ 福島県の名字の特徴

# 福島県には、佐藤、鈴木、渡辺、斎藤がダントツに多い。

# という名字が会津一帯で多く見られるのが特徴。

# 菅野: 福島県内では「かんの」と一般的に読むが、安達郡では「すがの」と読む。
※ 地元の人曰く、「すげの」という読み方もあるらしい(二本松市)。

# 浜通り: 小野草野が多い。
※ 山形にいる私の知人の草野さん曰く、親戚はみな福島県の浜通りとか。

# 中通り: 円谷(つぶらや・つむらや)が特異的で、「円谷プロ」が有名で須賀川に集中してある。郡山に見られる「熊耳」は「くまがみ」と読むことが多い。その他「紺野」「熊田」「国分」が特徴的。

【福島県らしい名字】

・ 安斎、柳沼、猪狩三瓶二瓶、阿武隈川、飯盛(いいもり)、信夫(しのぶ)、伊達(だて)、相馬(そうま)、猪苗代(いなわしろ)、熱海(あたみ)、星、国分(こくぶん)、猪狩、緑川、大和田、宗像、新妻、八巻、蛭田。

・ 福島県特有の名字集

■ 福島県の特徴的名字: 丹野、丹治、矢吹、目黒、紺野、新妻、安斎、小針、国分、小檜山(こびやま)。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 佐藤(4.61%)

■ 2位: 鈴木(4.19%)

■ 3位: 渡辺(3%弱)

■ 4位: 斎藤

■ 5位: 遠藤

■ 6位: 高橋

■ 7位: 吉田

■ 8位: 菅野

■ 9位: 渡部

■ 10位: 橋本

■ 11位: 阿部
# 福島県の阿部家: 棚倉藩主。寛永12年に下野国壬生2万5千石。文政6年に陸奥国白河10万石。慶応2年に陸奥国棚倉(福島県東白川郡棚倉町)10万石。三河国の出で、徳川家の譜代の家臣。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 12位: 伊藤

■ 13位: 小林

■ 14位: 

■ 15位: 加藤

■ 16位: 五十嵐

■ 17位: 根本

■ 18位: 松本

■ 19位: 佐久間

■ 20位: 佐々木


■ 青山(あおやま)
# 福島県の青山家: 陸奥国田村郡関本村(福島県田村市)の庄屋。

■ 秋田(あきた)
# 福島県の秋田家: 三春藩主出羽国秋田郡をルーツとする。前九年の役で敗れた安倍貞任の子の高星の末裔と言われる。戦国大名の安東家が慶長3年(1598年)に秋田氏と改姓した。江戸時代には常陸国宍戸(茨城県笠間市)5万石を経て、陸奥国三春(福島県田村郡三春町)に転封。

■ 浅尾(あさお)
# 福島県の浅尾家: 二本松藩の家老。常陸国をルーツとし、桓武平氏の出で元は高根氏を称した。 【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 桓武平氏の出で、常陸国をルーツとする。もとは高根氏を称し、江戸時代には二本松藩の丹羽家の家老。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 浅見(あさみ)
# 福島県の浅見家: 二本松藩の家老。加賀国(石川県)の出。藤原氏の出といわれ、当初は朝倉氏に仕えていたが後に丹羽氏に仕えた。浅見で有名なのは武蔵七党の浅見氏だが、それとは別流のようだ。

■ 芦名(あしな)
# 福島県の芦名家: 会津の戦国大名。相模国三浦郡芦名(神奈川県横須賀市芦名)をルーツとし、桓武平氏の三浦氏の一族。鎌倉時代に会津に転じた。豊臣秀吉の時代には常陸国江戸崎(茨城県稲敷市)4万5千石を領したが関ヶ原の合戦に参戦せず、領地を没収された。

■ 安藤(あんどう)
# 福島県の安藤家: 磐城平藩主。安藤家重が三河国で松平広忠に仕えたのを祖とする。元和5年に上野国高崎5万6千石。宝暦6年には磐城平(福島県いわき市平)5万石。紀州藩の付家老で田辺城主の安藤家は磐城平藩の安藤家の本家筋。

■ 飯島(いいじま)
# 福島県の飯島家: 会津藩士で、源氏の出で甲斐国から転じたという。

■ 飯野(いいの)
# 福島県の飯野家: 福島県いわき市平の飯野八幡宮の神職をつとめた。藤原北家秀郷流で、鎌倉幕府の御家人の伊賀氏の支流。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 石川(いしかわ)
# 福島県の石川家: 耶麻郡野沢本町(福島県西会津郡野沢)の旧家。酒造業を営み肝煎を努めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 板倉(いたくら)
# 福島県の板倉家: 福島藩主(3万石)。清和源氏の足利氏流。下野国足利郡板倉(栃木県足利市)をルーツとする。足利泰氏の二男の義顕が渋川氏を称し、その前に板倉に住んでいたので板倉氏を称したとも言われる。戦国時代には三河国額田郡小美村(愛知県岡崎市)に転じ松平氏に仕えた。嫡流は備中国松山(岡山県高梁市)藩主。

■ 井深(いぶか)
# 福島県の井深家: 会津藩の家老。信濃国筑摩郡井深(長野県松本市)をルーツとする。清和源氏の佐竹氏の一族の岡田氏の子孫。戦国時代には小笠原氏に仕え家老を務めた。後に保科家に仕え、保科家の会津転封に従った。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 内池(うちいけ)
# 福島県の内池家: 陸奥国信夫郡瀬上村(福島県福島市)の豪商で、近江屋を号した。江戸時代前期に、滋賀県の近江八幡から転じた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 内山(うちやま)
# 福島県の内山家: 西白河郡大村(福島県白河市)の大庄屋。

■ 大内(おおうち)
# 福島県の大内家: 二本松城下の豪商。御用菓子商で茶商。

■ 大谷(おおたに)
# 福島県の(おおたに)家: 二本松藩の家老。尾張国丹羽郡大谷(愛知県)をルーツとし、藤原南家二階堂氏の出。当初は斯波氏に仕えていたが、後に丹羽長秀に仕えた。

■ 岡崎(おかざき)
# 福島県の岡崎家: 水戸街道中畑宿(西白河郡矢吹町中畑)の旧家で庄屋を務めた。

■ 加賀山(かがやま)
# 福島県の加賀山家: 会津藩医で清和源氏の出。加賀山清康が保元の乱の功績で、能登国鳳至郡加賀山(石川県)の領地を賜り、加賀山氏を称した。戦国時代は摂津国の荒木氏に仕え、荒木氏が滅亡した後、江戸時代には会津藩医となった。

■ 萱野(かやの)
# 福島県の萱野家: 会津藩の家老。加藤家に仕えていたが、加藤家がお取りつぶしになった後、保科正之に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 北原(きたはら)
# 福島県の北原家: 会津藩の家老。信濃国伊那郡高遠(長野県伊那市高遠町)の出で、信濃国の北原氏の一族と言われる。

■ 熊坂(くまさか)
# 福島県の熊坂家: 陸奥国伊達郡高子村(福島県伊達市保原町)の旧家で名主を務めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 倉田(くらた)
# 福島県の倉田家: 会津若松の豪商。近江国甲賀郡(滋賀県)の出で、宇多源氏佐々木氏の一族。蒲生家の会津入りに従って近江から会津に移り住んだともいわれる。

■ 栗村(くりむら)
# 福島県の栗村家: 陸奥国耶麻郡塩川村(福島県喜多方市塩川町)の旧家。阿沼郡栗村をルーツとし、芦名氏の一族。芦名氏が滅亡後には仙台藩士。また一族は帰農して塩川宿の検断を務めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 黒沢(くろさわ)
# 福島県の黒沢家: 福島城下の旧家で、奥州街道の福島宿の本陣を努めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 西郷(さいごう)
# 福島県の西郷家: 会津藩の家老。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 三枝(さえぐさ、さいぐさ、みえだ)
# 福島県の三枝(さいぐさ)家: 旗本。甲斐国の古代豪族の三枝氏の末裔。三枝守国が甲斐国山梨郡東能呂(山梨県笛吹市一宮町周辺)に流され、その子孫が在庁官人となった。

■ 佐川(さがわ)
# 福島県の佐川家: 会津藩の重臣。

■ 塩田(しおだ)
# 福島県の塩田家: 会津藩士。戦国大名の蘆名氏の家臣の西海枝盛輔の末裔。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 柴(しば)
# 福島県の柴家: 信濃国伊那郡羽場(長野県辰野町)の土豪。保科氏に仕え、保科家が会津に転じたのに従って、江戸時代には会津藩士。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 神保(じんぼ)
# 福島県の神保家: 会津藩の重臣。越中国の神保氏の一族。

■ 諏訪(すわ)
# 福島県の諏訪家: 会津藩の家老。

■ 相馬(そうま)
# 福島県の相馬家: 相馬中村藩主下総国相馬郡(茨城県)をルーツとし、桓武平氏千葉氏の出。平将門の子の将国が常陸国信田郡(茨城県)に落ち延び、後に胤国の時に相馬郡に移り住んで相馬氏を称した。
・ 相馬師常が、源頼朝の東北遠征で手柄をたて、行方郡(福島県南相馬市と飯館村)を与えられた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 高梨(たかなし)
# 福島県の高梨家: 信濃国高井郡高梨(長野県須坂市)をルーツとし、清和源氏頼季流の井上氏の支流。戦国時代末期に上杉家に従って会津に転じた。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 田中(たなか)
# 福島県の田中家: 会津藩の家老。元々は武田氏の家臣で、後に保科家に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 種橋(たねはし)
# 福島県の種橋家: 二本松藩の重臣。尾張国の出。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 太郎丸(たろうまる)
# 福島県の太郎丸家: 陸奥国耶麻郡の国人で芦名氏の一族。太郎丸館(福島県喜多方市)に拠り、芦名氏に従った。戦国時代末期に伊達政宗に下る。【戦国大名家辞典 森岡浩 東京堂出版】

■ 内藤(ないとう)
# 福島県の内藤家: 会津藩の重臣。信濃国高遠城主の保科正直の弟の昌月が武田氏の家臣で上野国箕輪城主の内藤信豊の養子となり内藤氏を称した。

■ 中村(なかむら)
# 福島県の中村家: 伊達郡梁川村(福島県伊達市梁川町)の旧家で、代々養蚕を営んだ。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 丹羽(にわ)
# 福島県の丹羽家: 二本松藩主。代々斯波氏に仕え、長政が尾張国丹羽郡児玉村(愛知県名古屋市)に住んで丹羽氏を称した。
・ 陸奥国二本松藩(10万石)の丹羽家は織田信長の重臣の丹羽長秀の子孫。古代豪族の良峯(よしみね)氏の出と言われるが不詳。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 沼沢(ぬまざわ)
# 福島県の沼沢家: 会津藩の重臣。会津の戦国大名の山内氏の末裔。陸奥国大沼郡沼沢村(福島県大沼郡金山町)の出で、蘆名氏にに仕えていたが、後に保科家(松平家)に仕えた。

■ 野田(のだ)
# 福島県の野田家: 安積郡野田新田村(福島県郡山市三穂田町)の旧家。

■ 野中(のなか)
# 福島県の野中家: 陸奥国白河郡寺山村(福島県東白川郡棚倉町寺山)の旧家。戦国時代は佐竹家に仕え、佐竹家が出羽に転じた際に帰農した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 芳賀(はが)
# 福島県の芳賀家: 白河城下の旧家。

■ (はた)
# 福島県の秦(はた)家: 東白川郡塙村(塙町)の旧家。

■ 一柳(ひとつやなぎ)
# 福島県の一柳(ひとつやなぎ)家: 会津藩の重臣。伊勢国神戸藩主の一柳直盛の縁戚の直好を祖とする。

■ (はら)
# 福島県の原家: 耶麻郡半在家村(福島県喜多方市熱塩加納町)の旧家。佐原義連の孫の北田次郎広盛の末裔と言われる。江戸時代には半在家村の肝煎を努めた。

■ 比佐(ひさ)
# 福島県の比佐家: 浜街道の湯本宿(福島県いわき市常磐湯本町)の旧家。問屋や本陣を努めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 堀切(ほりきり)
# 福島県の堀切家: 陸奥国信夫郡飯坂村(福島県福島市飯坂町)の豪農で豪商。大庄屋。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 本多(ほんだ)
# 福島県の本多家: 泉藩主。寛文2年(1662年)に忠義の三男の忠似が父の所領のうち陸奥国石川郡で1万石を分知され浅川に住んだのを祖とする。その後延享3年(1746年)に陸奥国泉(福島県いわき市泉町)に転封となった。

■ 松浦(まつうら)
# 福島県の松浦家: 石川郡山白石村(福島県石川郡浅川町)の旧家で代々庄屋を務めた。

■ 松平(まつだいら)
# 福島県の松平家: 会津藩主徳川秀忠の三男で家光の異母弟にあたる保科正之を祖とする。正之は寛永8年に信濃国高遠藩3万石の保科家を継ぎ、出羽国山形20万石を経て会津23万石を領した。【家紋:会津三つ葵】明治維新には子爵。松平容保の家紋
・ 三代目の保科正容の時に松平姓を与えられた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 水野(みずの)
# 福島県の水野家: 会津本郷焼の陶工で祖は瀬戸(愛知県)の出。

■ 物江(ものえ)
# 福島県の物江家: 米沢街道の熊倉宿(福島県喜多方市熊倉町)の旧家。

■ 柳沼(やぎぬま)
# 福島県の柳沼家: 須賀川の豪商。戦国時代には須賀川の二階堂家の家臣だった。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 八槻(やつき)
# 福島県の八槻家: 棚倉町の八槻都々古別神社の宮司。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 矢内(やない)
# 福島県の矢内家: 浜街道の木戸宿(福島県双葉郡楢葉町)の旧家。本陣を努めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 梁田(やなだ)
# 福島県の梁田家: 会津若松城下の豪商。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 山川(やまかわ)
# 福島県の山川家: 会津藩の家老。戦国時代から保科家に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 結城(ゆうき)
# 福島県の結城家: 藤原北家秀郷流下総国結城郡をルーツとする。結城祐広が鎌倉時代に陸奥国白河に領地を得て、勢力をはった。

■ 横山(よこやま)
# 福島県の横山家: 北会津郡一箕村(福島県会津若松市一箕町滝沢)の旧家。

■ 吉野(よしの)
# 福島県の吉野家: 陸奥国信夫郡八島田(福島県福島市)の豪農。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】


■ 福島県の地名をルーツとする名字

■ 東北地方の名字の特徴

■ 福島県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示