山形県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 山形の地名集

★ 

■ 相生町(あいおいちょう)

■ 赤崩(あかくずれ)

■ 赤倉温泉(あかくらおんせん)

■ 赤芝峡(あかしばきょう)

■ 赤湯(あかゆ)

■ 飽海(あくみ): 出羽国飽海郡飽海郷(山形県飽海郡)
・ 「アク+ミ」で「アク」は「圷(あくつ)」や「芥(あくた)」と同じで湿地のこと。「ミ」は「水」。

■ 浅立(あさだち): 山形県西置賜郡白鷹町浅立
・ 朝立とも書いた。置賜(おきたま)地方、最上川右岸、長井盆地のほぼ中央部に位置し、最上川沿いに集落が立地。【角川日本地名大辞典】

■ 朝日(あさひ)

■ 朝丸(あさまる): 江戸時代から明治の初頭にかけて、山形県の庄内地方にみられた村名。南北朝期には「阿佐丸」の地名がみえる。朝丸新田とも称した。庄内地方、庄内平野のほぼ中央部、最上川と京田川にはさまれた平坦地に位置する。地名の由来については、開発の中心であった斎藤治郎作の祖先が朝日斎藤新九郎俊氏であったところから、朝九が朝丸になったという説と、やはり開発の中心であった芳賀善兵衛が毎朝馬場の松の木のまわりを丸く何度もまわったところから朝丸となったという言い伝えがある。【角川日本地名大辞典】

■ 芦沢(あしざわ)

■ 温海(あつみ): 山形県鶴岡市(旧温海町)
・ 熱海と同じ意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 左沢(あてらざわ): 山形県西村山郡大江町左沢

■ 油戸(あぶらと)

■ 余目(あまるめ)

■ 荒砥(あらと)

■ 飯田(いいだ)

■ 飯豊(いいで)

■ 伊佐(いさ)

■ 板谷(いたや)

■ 犬川(いぬかわ)

■ 猪子(いのこ): 山形県東田川郡三川町猪子
・ 空海が湯殿山から見て、亥子の方角にあたることから。
・ 地名は、空海によって湯殿山からみて亥子の方角に当たることから名づけられたという。空海が湯殿山に向かう途中、この地の小沼で輝く観音像を発見し、老婆に与え信心すれば福ありとして置いていったという伝承があり、この観音像と称されるものが洞泉寺に伝えられるという。【角川日本地名大辞典】

■ 今泉(いまいずみ)

■ 五十川(いらかわ)

■ 岩波(いわなみ): 山形市岩波。
・ 岩波村(いわなみむら): 山形県山形市岩波。江戸時代から明治時代中頃にかけて出羽国(羽前国)村山郡にみられた村名。当初は最上氏領、元和8年山形藩領、延享3年下総佐倉藩領、翌4年陸奥棚倉藩領、宝暦13年からは再び佐倉藩領。

■ 印役町(いんやくまち)

■ 歌丸(うたまる): 山形県長井市歌丸。
・ 歌丸郷: 戦国時代に出羽国置賜郡下長井にみられる郷名。当地の領主の名前に、湯村氏、歌丸氏、大立目氏の名が見える。

■ 宇津峠(うつとうげ)

■ 漆山(うるしやま)

■ 営団大通り(えいだんおおどおり)

■ 江俣(えまた)

■ 追散(おいちらし): 山形県山形市追散(おいちらし)
・ 山形中央IC付近。昭和46年に土地改良事業により成立。下条町・肴(さかな)町・小橋町・皆川町・材木町の各一部で地名はこの辺を表した小字名による。

■ 大石田(おおいしだ)

■ 大江町(おおえまち)

■ 大蔵(おおくら)

■ 大網(おおあみ)

■ 大井沢(おおいさわ)

■ 大久保(おおくぼ)

■ 大机(おおづくえ): 山形県鶴岡市大机
・ 地名は、鷹羽のおづくに由来し、中世の楯主五十嵐小文治が大机に改めたと伝えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 大蕨(おおわらび)

■ 小国(おぐに)

■ 若木山(おさなぎやま): 山形県東根市
・ 東根市の若木山は、東根市神町の県道296号線(フルーツライン)南にある小さな山。東根市神町に「若木」という地名があるが、これも「おさなぎ」読みだが、周辺の人の名字は「わかき」読みだそうだ。

■ 小田島(おだしま): 山形県新庄市小田島町。鳥越城主小田島氏に由来するといわれ、小田島氏は小田島荘からこの地に移り住んだ。
# 小田島荘(おだしまのしょう): 平安時代後期から戦国時代にかけて、山形市の内陸中部(東根市から村山市)にあった荘園。小但嶋荘とも書き,「こたしま」とも呼んだ。南の接して成生荘があった。東根城は以前は小田島城と言った。東根市に小田島小学校があるからそのあたり?

■ 落合(おちあい): 山形市落合
・ 「落合」という地名は「川や道が落ち合う」ことに由来するが、昭和38年の山形市の地図をみると、落合の集落の付近は特に川の合流や街道の落合はないようだ。

■ 御手作(おてさく): 山形市御手作(本沢小学校付近)
・ 「御手作」とは、官による援助や保護のもとに農民を入植させた農場を指すそうです。

■ 落衣(おとも):  山形県寒河江市柴橋落衣

■ 鬼越(おにごえ): 山形県寒河江市慈恩寺鬼越

■ 尾花沢(おばなざわ)

■ 面白山(おもしろやま)

■ 鬼面川(おものがわ)

★ 

■ 海味(かいしゅう)

■ 貝生(かいしょう): 山形県西置賜郡白鷹町荒砥乙上・下貝生(かいしょう)

■ 顔好(かおよし)

■ 香澄町(かすみちょう)

 月山(がっさん)

■ 加藤(かとう): 山形県東田川郡三川町加藤。地名の由来は開発者加藤与右衛門の姓による。加藤与右衛門は肥後国熊本城主加藤清正の家臣であったが、故あって諸国を流浪して庄内に入り、この地で新田を開発したという。【角川日本地名大辞典】

■ 金山(かねやま)

■ 上山(かみのやま)

■ ※畑(からむしばたけ): 山形県鶴岡市小名部からむし畑
・ これは読めないし知らなかったです。「※」は上に「台」、下に「木」を書いた漢字。
※ ちなみに奈良時代に越中国砺波郡に辛虫村(からむしむら)があった。

■ 川西(かわにし)

■ 神尾(かんのう)

■ 草津(くさつ)

■ 「こあら」: 山形県酒田市こあら
・ ひらがな地名でなんだと思って調べてみたら。もともとは「古荒」と書くようですね。
・ 「古荒新田」の地名を平成13年(2001年)に、ひらがな化した。
・ 古荒新田(こあらしんでん): 地名は廃田の意味である古荒を復旧したことに由来する。【角川日本地名大辞典】

■ 小荷駄町(こにだまち)

★ 

■ 蔵王山(ざおうさん)

■ 寒河江(さがえ)

■ 酒田(さかた)

■ 鷺ノ森(さぎのもり): 山形県東根市鷺ノ森

 桜田(さくらだ)

■ 去手呂(さってろ): 山形市志戸田去手呂

■ 幸生(さちゅう)

■ 三瀬(さんぜ)

■ 塩井(しおい): 山形県米沢市塩井町
・ 明治22年に宮井村と塩野村が合併して成立した合成地名。【角川日本地名大辞典】

■ 塩野(しおの): 山形県米沢市塩井町塩野
・ しほの郷: 戦国時代からみられる郷名。

■ 渋江(しぶえ): 山形県山形市渋江
・ 江戸時代には渋江村で、当所は最上氏領だったが、元和8年山形藩領、寛文8年幕府領、寛政2年からは常陸土浦藩領。明治22年に明治村の大字。【角川日本地名大辞典】

■ 庄内(しょうない)

■ 白鷹(しらたか)

■ 新庄(しんじょう)

 神町(じんまち)

■ 須川(すかわ)

■ 鮨洗(すしあらい)

■ 鈴川(すずかわ)

■ 瀬見温泉(せみおんせん)

■ 双月(そうづき)

★ 

■ 田井(たい)

■ 高擶(たかだま)

■ 高畠(たかはた)

■ 玉庭(たまにわ)

■ 田麦俣(たむぎまた)

 太郎(たろう)

■ (つぼね)

■ 津山村(つやまむら): 山形県天童市。明治の中頃から昭和の半ばにかけて、山形県村山地方にあった村名。山形盆地の東部山麓、倉津川左岸に位置する。貫津・山元の2か村が合併して成立。大字は旧村名を継承。役場は大字貫津に設置。村名は両村の一字を組み合わせて命名。【角川日本地名大辞典】

■ 鶴岡(つるおか)

■ 鶴脛(つるはぎ)

■ 鉄砲町(てっぽうまち)

■ 手ノ子(てのこ)

■ 寺津(てらづ)

■ 天童(てんどう)

■ 銅町(どうまち)

■ 時田(ときだ):  山形県東置賜郡川西町時田

■ 飛島(とびしま)

■ 留場(とめば): 山形県寒河江市留場

■ 富の中(とみのじゅう)

■ 樋越(とよごし): 山形県山形市樋越
# 昭和44年から現在の山形市の町名。もとは小橋町・肴(さかな)町・銅町・旅籠(はたご)町・皆川町・三日町・宮町の各一部と大字今塚・上宝沢(かみほうざわ)の各一部。土地改良事業により成立した。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 長井(ながい)

■ 中山(なかやま)

■ 楢下(ならげ)

■ 成沢(なりさわ)

■ 南陽(なんよう)

■ 西川(にしかわ)

■ 日本国(にっぽんこく)

■ 糠野目(ぬかのめ)

■ 根際(ねぎわ)

■ 鼠ケ関(ねずがせき)

■ 及位(のぞき)

★ 

■ 萩生(はぎゅう)

■ 白山島(はくさんじま)

■ 末吉良村(ばっきらむら): 山形県西村山郡朝日町
・ 江戸時代から明治時代にかけて出羽国村山郡にみられた村名で最上川上流域に位置する。当村は、中郷本田堰を開削した柴田七郎兵衛によって開発され、柴田家は代々名主を勤めた。【角川日本地名大辞典】
※ 山形県の方言なのかなぁ。兄弟の末っ子を「ばっち」という読む言い方がありますから、「末=ばつ」とわかれば「末吉良=ばっきら」は読めるのかなぁ。

■ 万世(ばんせい)

■ 東根(ひがしね)

■ 肘折(ひじおり)

■ 備前(びぜん): 山形県鶴岡市丸岡備前。
・ 備前村: 江戸時代から明治の半ばまで山形県鶴岡市(旧櫛引町)にみられた村名。
江戸初期に当村の農民数名が、備前荒屋敷村を開いたと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 吹浦(ふくら)

■ 舟形(ふながた)

■ 古志田(ふるしだ): 山形県米沢市古志田町(ふるしだまち)。古くは、古志駄とも書いた。

 宝沢(ほうざわ)

■ 文下(ほおだし): 山形県鶴岡市文下(ほおだし)
・ これも知ってるよ。たしか鶴岡駅の東側。でも「ほうだし」だと思っていました。ありゃ、角川日本地名大辞典では「ほうだし」読みだ。

★ 

■ 馬見ヶ崎川(まみがさきがわ)

■ 真室川(まむろがわ)

■ 南館(みなみだて)

■ 村山(むらやま)

■ 女鹿(めが)

★ 

■ 山形(やまがた)

■ 山辺(やまのべ)

■ 遊佐(ゆざ)

■ 遊摺部(ゆするべ): 山形県酒田市遊摺部
・ これは「ゆすりべ」だと思っていた。

■ 由良(ゆら)

■ 米沢(よねざわ)

■ 無音(よばらず): 山形県鶴岡市無音

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示