山形県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 山形県の県名の由来 ・ 山形県の難読地名・珍地名

★ 山形県の名字の特徴

# なんといっても、山形と言えば「東海林」。「しょうじ」じゃないですよ、山形では「とうかいりん」読み。

# 真室川町では、一位の「佐藤」と二位の「高橋」で3割を占める。

# 「本間様には及びもないがせめてなりたや殿様に」で有名な本間家は戦前は日本一の地主といわれが、この本間家は佐渡の本間家の流れ。

【山形県らしい名字】

秋葉(あきば)」「悪七(あくしち)」「揚妻(あげつま)」「衣袋(いぶくろ)」「安孫子(あびこ)」「我孫子(あびこ)」「生亀(いきがめ)」「歌丸(うたまる)」「梅津(うめつ)」「楳津(うめつ)」「大場(おおば)」「大沼(おおぬま)」「海和(かいわ)」「貝和(かいわ)」「丸藤(がんどう)」「西塔(さいとう)」「笹原(ささはら)」「色摩(しかま)」「地主(じぬし)」「志布(しふ)」「情野(せいの)」「忠鉢(ちゅうばち)」「中鉢(ちゅうばち)」「富樫(とがし)」「土門(どもん)」「長岡(ながおか)」「日塔(にっとう)」「二藤部(にとべ)」「星川(ほしかわ)」「無着(むちゃく)」「森谷(もりや)」「鑓水(やりみず)」「高世(たかせ)

・ 山形県特有の名字集

# 山形県の地名ゆかりの名字
安久津、飽海、(おぼろ)、刈安白鷹新庄手向(とうげ)、最上山辺

■ 山形県の特徴的名字: 奥山、土門大場、国井、安孫子、最上、富樫、清野(せいの)、我妻、東海林。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】
* 「姓氏苗字事典 丸山浩一著 金園社刊」では、「東海林」の読みには「しょうじ」とあるが、山形では一般に「とうかいりん」読みですねぇ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 佐藤(約7%)【山形県内の分布
# 山形県の佐藤家: 東村山郡山野辺村(山形県東村山郡山辺町)で米沢屋を号した豪商。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 2位: 高橋(約3.6%)

■ 3位: 鈴木(3%超)【山形県内の分布
# 山形県の鈴木家: 幕府領の北村山郡尾花沢村(山形県尾花沢市)で「紅花大尽」と言われた豪商。松尾芭蕉が滞在したので有名。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 4位: 斎藤(3%超)
# 山形県の斎藤家: 幕府領だった東田川郡東渡前村(山形県鶴岡市渡前)の豪農。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 5位: 伊藤

■ 6位: 阿部

■ 7位: 渡辺

■ 8位: 加藤

■ 9位: 後藤

■ 10位: 五十嵐

■ 11位: 遠藤

■ 12位: 渡部

■ 13位: 武田山形県内の分布

■ 14位: 菅原

■ 15位: 奥山山形県内の分布

■ 16位: 小林

■ 17位: 本間
# 山形県の本間家: 山形県酒田市の豪商の本間家は、南北朝時代に本間季綱が出羽国庄内に移り住み下川村(山形県鶴岡市下川)に住んだのに始まる。後に酒田に移り住んだ。
・ 本間家: 鎌倉時代に相模国から佐渡の地頭となって勢力を有し、南北朝時代に一族が山形県の庄内地方に移り住み、江戸時代中期に分家したのが豪商の本間家。

■ 18位: 井上

■ 19位: 松田

■ 20位: 山口

■ 21位: 工藤
# 山形県の工藤家: 出羽国西村山郡米沢村(山形県寒河江市米沢)の大地主。もとは大坂浪人といわれる。

■ 22位: 木村山形県内の分布

■ 23位: 今野

■ 24位: 吉田

■ 25位: 池田

■ 26位: 庄司

■ 27位: 三浦

■ 28位: 佐々木

■ 29位: 田中
# 山形県の田中家: 西田川郡大山村(山形県鶴岡市)で大屋を号した豪商。清和源氏の新田氏の末裔と言われる。戦国時代に上杉氏に仕えて庄内に移り住んだ。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 30位: 小野

■ 31位: 菊地

■ 32位: 太田

■ 33位: 富樫

■ 34位: 石川

■ 35位: 大場

■ 36位: 小松

■ 37位: 梅津

■ 38位: 早坂

■ 39位: 渋谷

■ 40位: 横山

■ 41位: 原田

■ 42位: 大沼

■ 43位: 安部

■ 44位: 長岡

■ 45位: 長谷川

■ 46位: 須藤

■ 47位: 小関

■ 48位: 柴田

■ 49位: 東海林

■ 50位: 安達


■ 青山(あおやま)
# 山形県の青山家: 出羽国飽海郡青塚村(山形県飽海郡遊佐町比子青塚)の網元。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
※ ここの青山家住宅は公開されているので以前に見にいったことがあります。

■ 秋野(あきの)
# 山形県の秋野家: 出羽国田川郡(山形県鶴岡市)の豪商で、安芸国(広島県)の厳島神社の神官。秋野光忠が福島正則に仕え、福島家が断絶後出羽国庄内に移り住んだ。

■ 秋保(あきほ)
# 山形県の秋保家: 元々は最上家の家臣だったが、最上家の改易後は庄内藩に使えた。「秋保」はもともと「あきう」読みだが、山形県では「あきう」と読めず、主に「あきほ」読みという説もある。

■ 鐙谷(あぶみや)
# 山形県の鐙谷家: 酒田の豪商で、廻船問屋を営み鐙屋を号した。元は池田姓で米問屋を営んだ。鐙屋の屋号は最上義光に賜ったという。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 荒木(あらき)
# 山形県の荒木家: 出羽国最上郡中渡村(山形県最上郡鮭川村中渡)の旧家。中渡村は江戸時代の初期に荒木伊左衛門が下総国千葉県)から百姓28人を連れて下向して開墾したと言われ、荒木家が庄屋を務めた。

■ 有路(ありじ)
# 山形県の有路家: 出羽国最上郡堺田村(山形県最上郡最上町堺田)の旧家。代々庄屋をつとめ、「封人の家」としても有名で、松尾芭蕉が「のみしらみ 馬の尿する 枕元」の句を残す。

■ 石原(いしはら)
# 山形県の石原家: 庄内藩の家老。藩主である酒井氏の三河時代からの譜代の家臣。

■ 井関(いせき)
# 山形県の井関家: 新庄藩の家老。常陸の井関氏の一族。新庄藩の戸沢家が常陸国松岡にいたときに仕えた。【出典:あなたの知らない関東地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 今井(いまい)
# 山形県の今井家: 西村山郡新宿村(山形県西村山郡朝日町新宿)の旧家で代々名主を務めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 色部(いろべ)
# 山形県の色部家: 米沢藩の家老に色部家があった。越後国岩船郡色部(新潟県村上市)をルーツとし、桓武平氏の秩父氏の支流。古くからの長尾家の家臣。1763年、江戸家老の色部修理は、藩主の上杉治憲(鷹山)の藩政改革に反対して閉門となった。

■ 上杉(うえすぎ)
# 山形県の上杉家: 米沢藩主。桓武平氏の出で、もとは長尾氏を称し、越後国に勢力を持ち、関東管領の上杉氏に従ったが、上杉家の家督を嗣いだ。越後国春日山から陸奥国会津若松を経て、江戸時代には米沢藩主。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 宇治(うじ)
# 山形県の宇治家: 鶴岡城下の旧家。山城国宇治(京都府宇治市)から転じたという。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 牛谷(うしや)
# 山形県の牛谷家: 東置賜郡大塚村(山形県東置賜郡川西町大塚)の旧家。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大石(おおいし)
# 山形県の大石家: 米沢藩の重臣。江戸時代の後期に上杉鷹山によって大石綱豊が抜擢され藩政改革に活躍した。

■ 大滝(おおたき)
# 山形県の大滝家: 西田川郡大山(山形県鶴岡市大山)の旧家。名主で酒造業を営んだ。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岡崎(おかざき)
# 山形県の岡崎家: 山形市の蔵王温泉の旧家で老舗旅館の高見屋を経営する。享保元年(1716年)創業。

■ 尾形(おがた)
# 山形県の尾形家: 南村山郡下生居村(山形県上山市下生居)の豪農。もとは武家で、江戸時代には庄屋を務めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 奥野(おくの)
# 山形県の奥野家: 鶴岡藩の支藩の松山藩の家老。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 織田(おだ)
# 山形県の織田家: 天童藩主。織田信長の次男の信雄(のぶかつ)の子孫。江戸時代に上野国小幡藩主(群馬県甘楽町)、出羽国高畠藩主(山形県高畠町)を経て天童藩主となった。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 小野田(おのだ)
# 山形県の小野田家: 鶴岡城下の豪商で、元々は最上家の家臣。

■ 風間(かざま)
# 山形県の風間家: 鶴岡の豪商。江戸時代の半ばに越後国から転じた。明治時代には本間家に次ぐ大地主たっだという。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 片岡(かたおか)
# 山形県の片岡家: 新庄藩の家老。陸奥国の南部家に従っていたが、戦国時代に戸沢家に仕え、戸沢家が新庄藩主になった後は新庄藩の家老を務めた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 叶野(かの)
# 山形県の叶野(かの)家: 東田川郡東堀越村(山形県鶴岡市東堀越)の豪農で信濃国の出と言われる。

■ 河上(かわかみ)
# 山形県の河上家: 鶴岡城下の旧家で「川上」とも書いた。最上家の時代から肝煎を務め、酒井家の時代には宇治家とともに町人町を治めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小山(こやま)
# 山形県の小山(こやま)家: 新庄藩の家老。もとは出羽国角館(秋田県仙北市角館町)の土豪。

■ 酒井(さかい)
# 山形県の酒井家: 鶴岡藩主。酒井氏の左衛門尉家の一族。関ヶ原の戦いの後、上野国高崎(群馬県高崎市)5万石を領し、子の忠勝の時に出羽国鶴岡13万8千石で転封し、後に17万石。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 【家紋:剣片喰】明治維新には伯爵。
・ 譜代大名で庄内藩主。清和源氏の出を称した。酒井家は、もとは徳川家の同族で、三河の武士。酒井忠次が徳川家康に仕え、徳川四天王の一人と言われた。酒井忠勝が上野国高崎から鶴岡に転じた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 寒河江(さがえ) 
# 山形県の寒河江家: 出羽国の戦国大名で大江姓。大江広元が鎌倉幕府から出羽国最上郡寒河江荘(山形県寒河江市周辺)を賜り、舅の多田仁綱を目代として派遣し、地頭を嫡子の大江親広に譲った。五代の元顕が寒河江に移り住み、八代の時氏が寒河江氏を称した。南北朝時代には南朝に属し斯波氏と戦ったが大敗。室町時代には左沢氏や高屋氏などの分家を出した。戦国時代初期には伊達氏に属していたが離反して最上氏に従った。後に最上義光に討たれて滅亡した。一族は最上家に仕えたほか、仙台藩士もある。【戦国大名家辞典 森岡浩 東京堂出版】

■ 鮭延(さけのべ)
# 山形県の鮭延家: 出羽国最上郡の国人。宇多源氏の佐々木氏の出。室町時代に出羽国に下向し、小野寺氏に従った。戦国時代末期に最上義光に敗れ、以後最上氏に仕えた。最上家が滅んだのちには、老中の土井家に預けられ、そのまま古河藩士として土井家に仕えた。【戦国大名家辞典 森岡浩 東京堂出版】

■ 佐竹(さたけ)
# 山形県の佐竹家: 西村山郡常盤村(山形県西村山郡朝日町)の旧家。

■ 宍戸(ししど)
# 山形県の宍戸家: 米沢市の白布温泉の湯守。

■ 地主(じぬし)
# 山形県の地主家: 鶴岡城下の五日町の豪商。先祖は三河国の出で、下総国碓井(千葉県佐倉市臼井)で酒井氏に仕え、酒井氏に伴って庄内に来た。

■ 柴田(しばた)
# 山形県の柴田家: 西村山郡末吉良村(山形県西村山郡朝日町宮宿)の旧家。

■ 白井(しらい)
# 山形県の白井家: 庄内藩の重臣。三河国白井村(愛知県)をルーツとする。白井忠実が徳川家康に仕え、酒井家の家臣となった。酒井家の庄内転封に従い、庄内藩の重臣をつとめた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 白崎(しらさき)
# 山形県の白崎家: 酒田の豪商。越前国南条郡白崎村(福井県越前市)をルーツとする。

■ 須田(すだ)
# 山形県の須田家: 米沢藩の重臣。信濃国高井郡須田(長野県須坂市)をルーツとし、清和源氏井上氏の支流。戦国時代には村上氏に属し、後に上杉氏に仕えた。
# 山形県の須田家: 信濃国高井郡須田(長野県須坂市)をルーツとし、清和源氏の井上氏の支流。武田氏に続き上杉氏に仕え、上杉氏が会津に転じたのに従って、江戸時代には米沢藩の重臣。【出典:よくわかる長野県の名字 森岡浩 しなのき書房】

■ 竹内(たけうち)
# 山形県の竹内家: 鶴岡市の庄内藩の家老の竹内(たけのうち)家があった。

■ 楯岡(たておか)
# 山形県の楯岡家: 庄内藩士。出羽国村山郡楯岡(山形県村山市楯岡)をルーツとし、清和源氏の最上氏の一族。最上家が改易になった後に庄内藩に仕えた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 丹野(たんの)
# 山形県の丹野家: 羽州街道の楢下宿(山形県上山市楢下)の豪農で、「滝沢屋(脇本陣)」を号して名主を務めた。
・ 楢下宿の脇本陣滝沢屋(旧丹野家住宅)は、元の場所より移築復元し、平成7年に県の有形文化財に指定されて、資料館として公開されている。

■ 千坂(ちさか)
# 山形県の千坂家: 米沢藩の家老。室町時代から上杉家に仕え、江戸時代には米沢藩の江戸家老。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 戸沢(とざわ)
# 山形県の戸沢家: 新庄藩主。陸奥国岩手郡戸沢(岩手県岩手郡雫石町戸沢)をルーツとする。後に出羽国角館(秋田県仙北市角館町)に転じ、関ヶ原の戦いでは東軍に属し、常陸国松岡藩(4万石・茨城県高萩市)を立藩。後に出羽国新庄へ転じた。明治維新後は子爵。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■  成沢(なりさわ、なるさわ)
# 山形県の成沢家: 山形県東田川郡大川渡村(鶴岡市大川渡)の豪農。

■ 二階堂(にかいどう)
# 山形県の二階堂家: 成生荘(天童市)の地頭を務めた。【参考

■ 西海(にしがい)
# 山形県の西海家: 鶴岡城下の豪商。伊勢国の出で、江戸時代の初期に鶴岡に転じた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 西田(にしだ)
# 山形県の西田家: 最上郡金山(山形県最上郡金山町)の豪商。出羽国最上郡金山(山形県最上郡金山町)に小間物や海産物を取り扱った豪商の西田家があり、周辺の新田開発を行った。地名としても「最上郡金山町大字金山字西田表」が残っている。【西田家の蔵の公開・金山町

■ 野坂(のさか)
# 山形県の野坂家: 鶴岡城下の旧家。越前国から転じ、越前屋を号し、町年寄を務めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 莅戸(のぞき)
# 山形県の莅戸家: 米沢藩の重臣。越後国頸城郡莅戸(新潟県妙高市)をルーツとする。上杉家に仕え、上杉家に従って、江戸時代には米沢藩士。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 芳賀(はが)
# 山形県の芳賀家: 鶴岡城下の旧家。下野国栃木県)の出で、後に三河国に転じて酒井氏に仕え、出羽国鶴岡に移り住んだ。

■ 羽柴(はしば)
# 山形県の羽柴家: 出羽国寒河江荘(山形県寒河江市)の土豪。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ (はやし)
# 山形県の林家: 鶴岡城下の豪商。寛文年間に鶴岡藩の家老を出した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 疋田(ひきだ)
# 山形県の疋田家: 鶴岡城下の豪商。

■ 土方(ひじかた)
# 山形県の土方家: (庄内)松山藩の家老。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 平林(ひらばやし)
# 山形県の平林家: 米沢藩士。信濃国更級郡上尾城主(長野市)だったが、武田家が滅亡後には上杉家に仕えた。

■ 堀内(ほりうち)
# 山形県の堀内家: 米沢藩の藩医。戦国時代には武田氏に仕えていたが後に上杉景勝の家臣となった。

■ (ほり)
# 山形県の堀家: 出羽国飽海郡手蔵田町興屋村(山形県酒田市)の旧家で阿蘇弥八郎が手蔵田町興屋村を開墾して、藩主から堀姓を賜った。

■ 堀米(ほりごめ)
# 山形県の堀米家: 山形県西村山郡松橋村(河北町谷地)の豪商。江戸時代中期に紅花商として繁栄した。

■ 真島(ましま)
# 山形県の真島家: 鶴岡城下の豪商。元は三河国の地侍。

■ 松浦(まつうら)
# 山形県の松浦家: 西田川郡小淀川(山形県鶴岡市小淀川)の旧家。戦国時代には最上家の家臣で江戸時代に帰農した。

■ 松平(まつだいら)
# 山形県の松平家: 上山藩主。藤井松平家の末裔。関ヶ原の戦いで、信一が功をあげ、常陸国土浦3万5千石で立藩。後に上山に転封。
# 山形県の松平家: 庄内藩の家老。酒井忠次の四男の久恒が塩竃松平家の養子となった後に独立し、酒井忠勝が庄内藩主になった際に仕えた。

■ 水野(みずの)
# 山形県の水野家: 山形藩主。水野信元の弟の忠守が元和2年(1616年)に下総国山川藩(茨城県結城市)を立藩した。後裔に天保の改革の水野忠邦がおり、忠邦が失脚後に嫡子の忠精が出羽国山形5万石に転じた。明治維新後には近江国朝日山(滋賀県長浜市湖北町)に転じた。

■ 宮内(みやうち)
# 山形県の宮内家: 最上家の重臣。山形県南陽市宮内をルーツとするのか?

■ 最上(もがみ)
# 山形県の最上家:  旧山形藩主。清和源氏の斯波氏の出で、延文元年(1356年)に斯波家兼の二男の兼頼が出羽国最上郡(現在の村山郡)に転じたのを祖とする。関ヶ原の戦い後江戸時代には出羽国山形57万石。後に改易となった。取りつぶし後、近江国大森(滋賀県東近江市)1万石、後に高家5000石。

■ 矢口(やぐち)
# 山形県の矢口家: 出羽国最上郡川口村(山形県最上郡鮭川村)の旧家で、最上家の一族の清水家の家臣。最上家が改易になった後には帰農して、川口村の庄屋をつとめた。

■ 湯村(ゆむら)
# 山形県の湯村家: 越後街道の手ノ子宿(山形県飯豊町)の旧家。問屋や肝煎を務めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 吉高(よしたか)
# 山形県の吉高家: 新庄藩の家老。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 藁科(わらしな) → 藁科松柏
# 山形県の藁科家: 米沢藩の医師で大江姓という。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】


■ 山形県の地名をルーツとする名字

■ 山形県らしい名字

■ 山形県の名字の読みの特徴

■ 東北地方の名字の特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示