秋田県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 商人留(あきひとどめ): 秋田県大館市。
・ 商人留(あきひとどめ): 大館盆地の北部、米代(よねしろ)川支流下内(しもない)川に注ぐ乱(みだれ)川の水源部に位置する。村内を通る旧道は天下道と称し、北は白沢、南は大館に通ずる。古く商人の往還する地として、地名の由来をなすという。【角川日本地名大辞典】

■ 海士剥(あまはぎ): 秋田県由利本荘市

■ 五十土(いかずち): 秋田県由利本荘市

■ 内小友(うちおとも): 秋田県大仙市内小友。地名は中世の小友郷中心地の意。【角川日本地名大辞典】
※ 内田康夫の浅見光彦シリーズの「鄙の記憶」に出てきた地名。見慣れぬ地名なのでチェック。

■ 笑内(おかしない): 秋田県北秋田市阿仁笑内
・ 「お(川尻)」+「かし(仮小屋)」+「ない(川)」という意味のアイヌ語。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 鬼頭(おにがしら): 秋田県大仙市土川鬼頭
・ 鬼頭の地名は坂上田村麻呂の伝説に基づくと言われる。
・ 他に、秋田県秋田市広面鬼頭の地名もある。

★ 

■ 勝手(かって): 秋田県由利本荘市岩城勝手
※ 岩手県奥州市や島根県大田市にも勝手の地名がある。

■ 鹿角(かづの): 秋田県鹿角はかつては、上津野(かづの)と言った。

■ 鹿渡(かど): 秋田県山本郡三種町鹿渡
・ 凍結した八郎潟の上を男鹿半島から渡ってきたという伝説がある。「かど」は「角」で、広大な八郎潟の角に位置することに由来するといわれる。
・ 鹿渡(かど):  秋田県山本郡三種町鹿渡。地名の由来については、男鹿(おが)半島から潟越えに鹿の渡来する地であったからとする説や、「吾妻鏡」文治6年条の大河兼任遭難地として名高い志賀渡(しがのわたり)の地とする説などがある。【角川日本地名大辞典】
・ 鹿渡(しかわたし): 千葉県四街道市鹿渡。古くは「ししわたし」と称した。地名は急な谷津を横切るけもの道の意。【角川日本地名大辞典】

■ 蟹場(がにば): 秋田県
・ 秋田県乳頭温泉郷の蟹場(がにば)温泉
・ 周辺の川に沢蟹がいたのが由来。

■ 心像(こころやり): 秋田県大仙市土川心像
・ 心像は以前は心遣と書き、心遣いのことか?

★ 

■ 槐(さいかち): 秋田県能代市

■ 砂糖畑(さとうばたけ): 秋田県由利本荘市砂糖畑
・ 由利本荘市の市立本荘南中学校の東側に位置する。
・ この地域だとサトウキビは無理だろうから砂糖大根の畑でもあったのかな?

■ 雪車(そり): 秋田県由利本荘市雪車(そり)町
・ 馬そりが行き来して、このあたりで一服していたことに由来する。この場合の町は区画を意味する。「そり」も焼き畑を意味する。反町などは典型的な表現なのか?

★ 

■ 高市(たかいち):  秋田県鹿角市花輪高市

■ 高塙(たかはな): 秋田県能代市

■ 二十六木(とどろき): 秋田県由利本荘市二十六木

★ 

■ 

★ 

■ 婦気大堤(ふけおおづつみ) : 秋田県横手市。
・ 婦気大堤(ふけおおつつみ): 地名は婦気と大堤の2か村を合したことにより、田窪(たくぼ)沼の低湿地帯があるので婦気(フケは湿地の意)、大堤は大沼があることにより村名としたという。【角川日本地名大辞典】

■ 古雪(ふるゆき): 秋田県由利本荘市古雪(ふるゆき)町
・ 坂上田村麻呂の時代に蝦夷からの防衛のために作った、古い由理柵(ゆりのき)がなまったものと言われる。由理柵は由利郡の古柵(ふるき)のこと。

■ 朴瀬(ほのきせ): 秋田県能代市

★ 

■ 

★ 

■ 鑓見内(やりみない): 秋田県大仙市鑓見内

★ 

■ 六郷(ろくごう):  秋田県大仙市六郷。 秋田県仙北郡美郷町六郷。出羽国にみられた地名。奥羽山脈真昼(まひる)岳・黒森山から西流する丸子川(善知鳥(うとう)川・荒川)の形成する六郷扇状地に位置する。地名は、アイヌ語の清水湧出地を意味する「ルコクコツ」からの転化とする説、郷の集合説、武蔵国六郷からの地名移転説などがある。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 和合(わごう): 秋田県大仙市和合。はじめ「にぎあい」と称する。雄物(おもの)川の東部約2.5Km、六郷扇状地との境界に位置する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示