宮城県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 青葉山(あおばやま): 宮城県仙台市
・ 青葉城の由来は、福島市の信夫山にあった、青葉山羽黒権現。

■ 秋保(あきう): 宮城県仙台市太白区秋保町
・ 素直に読めば「あきほ」。実際山形県鶴岡市あたりの「秋保」さんは「あきほ」読み。しかし、本家の宮城県の「秋保」は名字も地名も「あきう」読み。
・ 平安時代にこの地を領していた「藤原秋保」に由来するという説の他、「秋生」で秋の景色が良いことの由来するとも言われる。

■ 網地島(あじしま): 宮城県石巻市

■ 足立(あしたて): 宮城県柴田郡村田町足立
・ 地名の由来は、足立氏が古くからいたためというが、明らかでない。【角川日本地名大辞典】

■ 姉歯(あねわ): 宮城県栗原市金成町

■ 愛子(あやし): 宮城県仙台市青葉区愛子

■ 有壁(ありかべ): 宮城県栗原市金成有壁
・ 地名の由来は、岩穂山の白岩が壁のように見えることによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 池袋(いけぶくろ):宮城県登米市池袋
・ 北上川の氾濫原に浮かぶ「小島」と呼ばれる微高地の西端に位置し、「池袋」は現在の田んぼ、つまり昔の浅い池が小島の西端に袋状に切れ込んだ部分の地名。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 石巻(いしのまき): 宮城県石巻市

■ 覆盆子原(いちごはら): 宮城県伊具郡丸森町覆盆子原(いちごはら)。

■ 犬飼(いぬかい): 宮城県丸森町犬飼

■ 入間田(いりまだ): 宮城県柴田郡柴田町入間田。
・ 埼玉県の入間と同様に、朝鮮東海のうるま(島)が転化したものともいう。【日本の中の朝鮮文化(12)陸奥・出羽ほか 金達寿 講談社】

■ 祝田(いわいだ): 宮城県石巻市渡波祝田(わたのは−いわいだ)
・ 古くは岩井田と書いた。万石浦の入口の南岸に位置する。天文年間に肥後の佐々木肥後なる者がこの地に居住し開墾に着手、のち渡波(わたのは)町の基礎を作ったとされている。地名の由来については、祝は岩井の文字を一字に書き替えたもので、岩間から湧き出る水を指し、この地は地形上灌漑の便がないので、岩間の水を引いて水田を開いたのでこの地名がつけられたという。【角川日本地名大辞典】

■ 岩出山(いわでやま): 宮城県大崎市岩出山
・ 仙台に転じる前の伊達家の城下町。
・ 伊達政宗が岩手沢城を岩出山城にかえた。この山自体が巨大な岩でできており、町からみると、まさに大きな岩が出ていることに由来する。

■ 岩沼(いわぬま): 宮城県岩沼市
・ 阿武隈(あぶくま)川下流の北部に位置する。往古は武隈(たけくま)と称していたといい、地名の由来は、後三年の役の頃、岩沼八郎という武士がこの地に勢力を有したからとも、天正の頃、伊達氏の家臣泉田重光がこの地に築城して鵜崎(うがさき)城と称したとき、その付近に岩が多く、かつ沼に臨んでいたので、その名称がついたとも伝える。「和名抄」陸奥名取郡玉前(たまさき)郷の郷域であったと推定される。【角川日本地名大辞典】
※ 岩沼市に竹駒神社があるが、この「竹駒」は「武隈(たけくま)」からきているのか?

■ 円田(えんだ): 宮城県刈田郡蔵王町円田
地名の由来について、四方が丘陵に囲まれ中央部が円形の水田地帯になっているので、円田と呼ぶようになったといわれている。。藪(やぶ)川の東方、東根に都(みやこ)という地名があり、後冷泉天皇の第2皇子が幽閉された地と伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 大亀(おおがめ): 宮城県黒川郡富谷町大亀
・ 地名の起こりは「安永風土記」に「往古より亀石と申し亀の形の石、大亀明神地にこれあり候を以て村名申し伝え候」とある。また一説に、この地に霊験あらたかな古社があり大神(おおがみ)と称したが、亀石と関連して大亀と呼ぶようになったともいう。【角川日本地名大辞典】
・ 大神村: 南北朝時代に陸奥国黒川郡にみられた村名。

■ 大河原(おおかわら): 宮城県柴田郡大河原町

■ 大崎(おおさき): 宮城県大崎市
・ 戦国時代からみられる地名。奥州探題の斯波氏は下総国大崎荘をも領していたので大崎氏を称し、代々玉造郡名生(みよう)・伏見、加美郡中新田(なかにいた)などを根拠地にして戦国大名に成長、その支配下にある地域が大崎と呼ばれた。【角川日本地名大辞典】
・ 「おほ(接頭語)」+「さき(崎)」で突き出た台地。

■ 雄勝(おがつ): 宮城県石巻市雄勝町雄勝(おがつ)
・ 「おがち」ともいう。古くは「おかち」。公式には「おがつ」。【角川日本地名大辞典】
※ 硯の三大産地: 宮城県の雄勝硯、山梨県の雨畑硯、山口県の赤間硯。

■ 鬼首(おにこうべ): 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首

■ 折立村(おりたてむら): 宮城県本吉郡南三陸町戸倉折立
・ 江戸時代から明治の初頭にかけて陸奥国本吉郡にみられた村名。戦国期、葛西氏の末期天正年間には菊地善九郎・千葉彦右衛門が当地に居住したと伝える。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 角田(かくだ): 宮城県角田市
・ 「か=川」+「くだ=くた(低湿地)」で、川縁の低湿地に由来する。

■ 上名生(かみのみょう):  宮城県柴田郡柴田町上名生
・ 白石川が阿武隈川に合流する付近に位置する。両川にはさまれた低地で洪水の際はその都度水害に悩まされた。地名の由来は、上・中・下を冠する名生(みよう)のうち、白石川の合流地点より最も上流に位置することから上名生となった。名生は古代・中世に開拓の1区画を何々の名(みよう)と称したことより起こり、地名となる際名生の2文字となったという。【角川日本地名大辞典】

■ 掃部丁(かもんちょう): 宮城県仙台市。これは読めた。井伊掃部頭(かもんのかみ)で有名。
・ 掃部町(かもんちょう): 町名は家格準一家の岩城旧臣であった上遠野掃部の屋敷があったことによる。花京院1丁目周辺。【角川日本地名大辞典】

■ 唐桑(からくわ): 宮城県気仙沼市(旧唐桑町)

■ 川崎(かわさき):  宮城県柴田郡川崎町

■ 金成(かんなり): 宮城県栗原市金成
・ 往古は金生とも神成とも書いたという。夏川上流に位置し、三迫(さんのはさま)川の北方丘陵を占める。当地はもと、吾勝郡三迫金田郷といい、金田荘の本郷であったが、久安年間に炭焼藤太が黄金を採掘して京に献上したことから村名を賜り、以後金成村と称したと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 鬼手(きしゅ): 宮城県栗原市(手柄地区)
・ 退治された鬼の手が飛んできたことに由来する。

■ 十八鳴浜(くぐなりはま): 宮城県気仙沼市大島
 宮城県気仙沼湾に浮かぶ大島に「十八鳴浜」という浜辺がある。ここは、気仙沼市街地と反対側の太平洋に面した海岸であるが、「鳴き砂」の浜辺としても有名である。本題は、これをなんと読むかであるが、「くぐなりはま」と読む。語源はというと「九九」つまり「九+九=十八」ということで九九(くぐ)から十八を「くぐ」と読ませ、「十八鳴浜」が「くぐなりはま」と読むようになったらしい。

■ 栗原(くりはら): 宮城県

■ 車(くるま): 宮城県大崎市車(くるま)
・ 地元では、水車が二台あったことに由来すると言われているが、地名研究者の太宰幸子さんによると、この地域は昔は湿地帯で洪水の常襲地帯だったそうだ。
・ 仙台市青葉区の旧宮城町愛子の車地区は、荷馬車を利用して仙台や山形まで荷物を運搬していたことに由来する。

■ 気仙沼(けせんぬま): 宮城県気仙沼市

■ 碁石(ごいし): 宮城県柴田郡川崎町支倉碁石

■ 勾当台(こうとうだい): 宮城県仙台市勾当台
・ 勾当台公園で有名
・ 伊達政宗が仙台に城下を開いた頃、この地に「花村勾当」という目が不自由な人が住んでいた。そして、この地が台地状だったので勾当台の地名が生まれた。
・ 本名は花村政一といい、当時、目が不自由な人達の官名を勾当といったそうだ。

■ 控木(ごうらぎ): 宮城県仙台市若林区
・ 椌木通(ごうらぎどおり):  宮城県仙台市若林区椌木通。江戸時代から宮城県にみられた町名で空虚木とも書く。江戸期は仙台城下町の1つ。地名はこの地に中が空洞の木があり、空洞を「ごら」ということから椌木と称するようになった。【角川日本地名大辞典】

■ 郷六(ごうろく):  宮城県仙台市青葉区郷六
・ 地名の由来については、中世国分郷六氏が居城したので郷六の地名になったといわれているが、郷六氏は「郷六」なる地名から出たとすべきである。深い峡谷に阻まれて流れ下ってきた広瀬川が、狭小な郷六の盆地に流入して三角地帯を形成して幾筋かの江流が流れて6つの地域に分かれていたので、郷六と表現されたと考えられる。文治5年源頼朝の奥州合戦に際し、千葉常胤の五男五郎胤通も父に従って参加し、功により宮城郡国分荘を賜り、郷六に居城したとも、また建久7年国分盛政が霞目(かすみのめ)城から郷六城に移り国分郷六氏を名乗ったとも伝える。しかし千葉系の平姓国分氏は本来下総で国分氏を名乗っていること、「余目記録」によればこの国分氏は秀郷流藤原氏とされること、もと当地にあった宇那禰大明神社の棟札には国分郷六氏が藤原長沼氏を称していることなどから出自には問題があり、むしろ秀郷流長沼氏の分かれとすべきかとも思われる。ただし戦国期郷六に本拠を置き国分三十三郷を領したという伝えは信じてもよい。【角川日本地名大辞典】

■ 国分町(こくぶんちょう): 宮城県仙台市国分町
・ 伊達政宗が仙台に来る前のこの地の領主の名前。陸奥国宮城郡国分荘(宮城県仙台市)をルーツとする。

■ 小牛田(こごた): 宮城県大崎市田尻小牛田

■ 越河(こすごう): 宮城県白石市越河

■ 御免頭(ごめんがしら):  宮城県栗原市一迫真坂清水御免頭(ごめんがしら)
・ 御免の頭(上・かみ)という意味。年貢を免除された土地などを意味する。このあたりは水害が多いために年貢を免除されていたらしい。

★ 

■ 作並(さくなみ): 宮城県仙台市青葉区作並
・ 「狭い谷間(あい)の川」を意味する。「さく(狭)」+「なみ(みず)」。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 塩竈(しおがま): 宮城県塩釜市
・ 鹽土老翁神(しおつちのおじのかみ)という神が、この地に古代製塩技術を伝えた故事にちなみ、その際に海水を煮て塩をつくるかまど(竈)のことを「塩竈」といったことに由来する。

■ 色麻(しかま): 宮城県色麻町

■ 七ヶ宿(しちかしゅく):  宮城県刈田郡七ヶ宿町。
・ 七ヶ宿街道(しちかしゅくかいどう): 羽州13藩の参勤交代に使われた羽州街道の一部で、7つの宿場があったことに由来する。
・ 七ヶ宿街道に由来し、「七つの宿場」があったことに由来する。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 尿前(しとまえ): 宮城県大崎市鳴子温泉尿前
・ 松尾芭蕉の奥の細道でも有名。「しとまえ」の「しと」は湿地を意味するらしい。また、アイヌ語で「山の上に湖のある所」を意味する「シリ・トマイ」に由来するとも言われる。岩手県奥州市胆沢区若柳尿前の地名もある。

■ 上品(じょうぼん): 宮城県石巻市高木上品
 宮城県石巻市、三陸道の河北IC近くに「道の駅上品の郷」というのがあります。初めて見たとき何と読むのかわかりませんでした。語源は周辺にある山の名前だそうで、「上品=じょうぼん」と読むのだそうです。
・ 上品山: 延暦年間に坂上田村麻呂が蝦夷経営の際に頂上近くに熊野神社を建立し、上品阿弥陀如来を本尊としてまつったことによるといわれる。

■ 白石(しろいし): 宮城県白石市
・ アイヌ語で「石の多いところ」を意味する「シュラウシ」に由来する。
・ 白石は、中世、白石氏の拠ったところからつけられた地名。「しろ」は「白い」のではなく、「四郎」、「城」、「代」の転。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 「神石」といわれる白い石に因む名称か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 菅生(すごう): 宮城県柴田郡村田町菅生
・ 「菅(すげ)」の生えている場所を意味し、多くは湿地帯。

■ 仙台(せんだい): 宮城県仙台市

★ 

■ 槻木(つきのき): 宮城県柴田郡柴田町槻木町

■ 遠刈田温泉(とおがったおんせん): 陸奥国刈田郡。宮城県刈田郡蔵王町
・ 地名の由来について「奥羽観蹟聞老志」に「よく瘡毒・癩病などを治す、よって湯刈田という」とある。【角川日本地名大辞典】

■ 留場(とめば): 宮城県栗原市築館留場雇田

★ 

■ 名取(なとり): 宮城県名取市
・ アイヌ語で「湿地」を意味する「ニタトル」が「ニトリ」→「ナトリ」と変化した。

■ 七北田(ななきた):  宮城県仙台市泉区七北田
・ 地名の由来は「安永風土記」に、南北朝初期大崎家兼が奥州に下向した時、上谷刈(かみやがり)・野・古内(ふるうち)・小角(おがく)・根白石(ねのしろいし)・朴沢(ほおざわ)・福岡の計7か村の東南の隅に町があり、当地は7か村を北に見るということから七北田村と称したと伝えている。【角川日本地名大辞典】

■ 鳴子(なるこ):  宮城県大崎市鳴子温泉
江合(えあい)川上流に位置し、那須火山帯栗駒火山群鳴子火山の地。鳴子温泉郷の名のあるとおり、温泉の町。式内社にも温泉神社・温泉石神社の温泉にちなむ神社が玉造(たまつくり)郡には2社あり、ともに鳴子温泉の発祥にかかわるもの。「続日本後紀」承和4年4月16日条には、玉造塞(柵)配下の温泉石神が雷のごとく鳴り震動して、昼夜やむことなく、温泉が川に流れ、藍のようになり、山は焼け谷は埋まり、その地鳴りは雷のごとくで、奇怪はたとえようもないので、これをあつくいわいしずめる記事がある。このことから、鳴子の由来として、火山の震動する音に基づいて「鳴声(なるこえ)」と呼んだのが鳴子となったとするのは、あるいは正しいかもしれない。なお「義経記」には、山形県の亀割山で源義経の北の方が出産、弁慶がこれを笈(おい)に入れて東に向かったが赤児は泣かなかったとあり、伝説はその赤児がこの地で初めて泣いたので「啼児(なきご)」といい、それが鳴子となったとも伝えている。【角川日本地名大辞典】
・ 「川音の鳴る所」の意味。あるいは、「なる(緩傾斜地)」+「こ(接尾語)」という地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 火山の震動する音に基づいて「鳴声(なるこえ)」と呼んだのが鳴子となったといわれる。

■ 苦竹(にがたけ): 宮城県仙台市宮城野区苦竹

■ 新田(にった): 宮城県東松島市新田
・ 新田は「ニタ」で料理の「ヌタ」と同じ意味で「じとじとしている湿地や沢」を指す。 アイヌ語の「ニタッ」も同じ。

■ 野蒜(のびる): 宮城県東松島市野蒜

★ 

■ 萩野(はぎの): 宮城県栗原市萩野
・ 萩野は好字地名(名字の佳字と同じ)で、秋の七草の一つの萩が沢山茂ることに由来すると言われているが、「はぎ」とは「野をハグルやハガレル」に通じ、地滑りの多い地に名付けられる事が多い。

■ 支倉(はせくら): 宮城県柴田郡川崎町支倉
・ 地名の由来は、支倉氏のいたことによるとする説、長谷倉といったのを走倉と書き誤り、走が支に転じたのではないかとする説がある。【角川日本地名大辞典】
・ 支倉は古くは長谷倉や馳倉と呼び、その前は新羅と呼んだ。新羅人が古代に集団移住した地という。【日本の中の朝鮮文化(12)陸奥・出羽ほか 金達寿 講談社】

■ 星(ほし): 宮城県亘理町星
・ 土地改良功労者の名字の「」に由来する。

★ 

■ 水押(みずおし): 宮城県石巻市水押。以前は蛇田村のうち字水押。

■ 名生(みょう): 宮城県大崎市古川大崎名生?
・ 地名の由来は、往昔、開墾などにより小地域が次第に区画され、その区画された小地域を「みょう」、あるいは「な」と称したことによると思われる。「名生」は地名2字の慣習により「名」に「生」を添えて名生と呼んだといわれる。大崎氏の居城である名生城が隣接の伏見村を含む地域にあり、現在でも付近には要害など城址に由来する地名が残る。【角川日本地名大辞典】

■ 名生定(みょうさだ): 宮城県大崎市。地名のうち名生は新墾の地の意味。定は狭田(さた)で狭長の耕地の意味。荒雄段丘上に細長く開けた墾田の意味から名づけられたものであろう。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 八木山(やぎやま): 宮城県仙台市太白区八木山
・ 仙台市西部にある丘陵地名。青葉城天守台の西南、竜の口峡谷に架かる八木山橋を渡った先の丘陵地一帯。付近に平坦面をかなり持つ台地。もとは越路(こえじ)山と称し、維新後仙台藩士の共有地、のち国有林となったが、大正期に豪商八木久兵衛の所有となる。八木がここに市民の健康増進とレクリエーションのための運動場と遊園地を建設しようとしていた遺志を継承、昭和3年天守台方面から八木山山頂に向かって新道を開削、竜ノ口峡谷に吊り橋を架け、市が維持に当たる条件で軍の承認を得て軍用道路として存置し、道路は昭和5年1月に、吊り橋は同6年9月に竣工。
※ 「八木」の名字が先?

■ 矢本(やもと): 宮城県東松島市(旧矢本町)
・ 谷本とも書く。「安永風土記」では寛永年間まで「谷本」、寛文検地後は「矢本」と書くとあるが、「矢本」の初見は戦国期にさかのぼる。地名の由来としては奥州藤原氏滅亡の節義経遺愛の鷹8居(もと)が、この地の大槻に飛来したことによるという伝えがある。安永の頃谷本館下に周囲3丈5尺のツキノキがあったが、延享年間に枯れ、昭和47年若木を植え代えた。【角川日本地名大辞典】

■ 閖上(ゆりあげ): 宮城県名取市閖上

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示