宮城県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 宮城県の県名の由来 ・ 宮城県の難読地名・珍地名

★ 宮城県の名字の特徴

# 東北地方の名字分布を凝縮したパターン。

# 宮城ならではの名字: 「菅原」「遠藤」「小野寺」「今野」「早坂」「大友」など。

# 宮城の菅原氏菅原道真の末裔を称す。

# 阿部の名字は、実数でも人口比でも宮城県が全国一位。

# 「小山」は全国的には「こやま」と読むが、宮城県内では「おやま」と読む。

# しょうじ: 庄司という名字、宮城県内では庄子が多く、特に仙台市内に八割集中していると言われる。たしか、山形市内にも庄子電気って昔あったが、たしか宮城の会社だったかな?

【宮城県らしい名字】

・ 大槻(おおつき): 地名にもあるが、仙台藩士を祖とする。

・ 志賀(しが): 仙台藩の藩医。

・ 丹野、赤間、若生中鉢、三塚、留守秋保(宮城県では「あきう」だが、山形県内では「あきほ」)、なども宮城県らしい名字。

・ 宮城県特有の名字集

■ 宮城県の特徴的名字: 庄司、菅原、今野、星、菊地、菊田、菅野、大槻、針生、小野寺。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】
* 「星」は福島県の特徴的な名字と思ったが、違ったかな? 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 佐藤(さとう)(約7%): 宮城県の佐藤家

■ 2位: 高橋(約4%)

■ 3位: 鈴木(すずき): 宮城県の鈴木家

■ 4位: 佐々木

■ 5位: 阿部

■ 6位: 千葉

■ 7位: 伊藤

■ 8位: 菅原

■ 9位: 渡辺(わたなべ): 宮城県の渡辺家

■ 10位: 斎藤
# 宮城県の斎藤家: 桃生郡黒沢(宮城県石巻市黒沢)の大地主。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 宮城県の斎藤家: 伊具郡丸森(宮城県丸森町)の豪商で養蚕で財をなした。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 11位: 遠藤
# 宮城県の遠藤家: 仙台藩の重臣。松山遠藤家。摂津国の渡辺党の遠藤氏の一族。応永8年(1401年)に遠藤出羽守盛継が大崎氏に仕え、志田郡松山(宮城県大崎市松山)に住んだのを祖とする。その後伊達氏に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 宮城県の遠藤家: 仙台藩の宿老。一迫川口領主。戦国時代に伊達家に仕えたのを祖とする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 12位: 三浦

■ 13位: 小野寺

■ 14位: 加藤

■ 15位: 菊池

■ 16位: 木村(0.8%)

■ 17位: 今野

■ 18位: 及川
# 宮城県の及川家: 但馬国をルーツとし、藤原北家を称す。結城家に従って陸奥国に転じた。江戸時代には伊達家の家臣。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 19位: 熊谷

■ 20位: 吉田


■ 青山(あおやま)
# 宮城県の青山家: 江戸時代に仙台城下で検断を務めた。

■ 秋保(あきう)
# 宮城県の秋保(あきう)家: 仙台藩の重臣で陸奥国名取郡秋保郷(宮城県仙台市太白区)の出。平重盛の二男の資盛の子孫と称す。1294年に平基盛が名取郡を与えられ、重盛が秋保氏を称した。

■ 蘆名・芦名(あしな)
# 関東地方より北に分布する。
# 宮城県の芦名家: 仙台藩の重臣。相模国三浦郡蘆名(神奈川県横須賀市芦名)をルーツとし、桓武平氏の三浦氏の一族。会津の芦名氏の一族。一時は、陸奥国耶麻郡針生(福島県喜多方市熱塩加納)に住んで針生氏を称したが、江戸時代に芦名氏に戻した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 姉歯(あねは)
# 全国の約半数は宮城県にみられ、仙台市周辺に多い他、栗原市にもみられる。
# 宮城県の姉歯家: 仙台藩士。陸奥国栗原郡二迫姉歯(宮城県栗原市金成姉歯)をルーツとし、平氏の出という。藤原泰衡の家臣から、戦国時代には大崎氏に従い、後に伊達家に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 砂金(いさご)
# 全国の約4割は宮城県にみられる。
# 宮城県の砂金家: 仙台藩士。陸奥国柴田郡砂金本郷(宮城県柴田郡川崎町砂金)をルーツとする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 石垣(いしがき) 
# 宮城県の石垣家: 陸奥国宮城郡上愛子村赤生木(宮城県仙台市青葉区上愛子)の豪農。かつては武士で国分氏に仕えていたが、江戸時代に帰農した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 石川(いしかわ)
# 宮城県の石川家: 仙台藩の家老。陸奥国石川郡(福島県石川郡石川町)をルーツとし、清和源氏の満快流で源有光が源義家に従って石川荘に移り住み、石川氏を称した。後に伊達家に仕え、伊具郡角田(宮城県角田市)で2万1千石を領した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 石田(いしだ)
# 宮城県の石田家: 仙台藩の重臣。陸奥国伊達郡石田郷(福島県伊達市霊山町)をルーツとする。もとはこの地の土豪で、後に伊達氏に仕えた。

■ 石母田(いしもだ)
# 宮城県や岩手県にみられる。
# 宮城県の石母田家: 仙台藩の重臣。陸奥国伊達郡石母田(福島県伊達郡国見町)をルーツとする。甲斐源氏の出という。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 市場(いちば)
# 宮城県の市場家: 宮城県柴田郡大河原町の晒よし飴本舗の市場家。

■ 一力(いちりき)
# 全国に点在する。
# 宮城県の一力家: 仙台の地方財閥?【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 伊東(いとう)
# 宮城県の伊東家: 仙台藩士。藤原南家工藤氏の一族で、陸奥国安積郡(福島県)に住んで、安積氏を称していたが、戦国時代に伊達氏に従って伊東氏に復した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 猪飼(いのかい)
# 宮城県の猪飼(いのかい)家: 仙台藩士で平氏の出。伊賀国猪飼野(三重県)をルーツとする。

■ 上野(うえの)
# 宮城県の上野家: 仙台藩士。

■ 氏家(うじいえ)
# 宮城県の氏家家: 仙台藩士。藤原北家の出。関東地方から転じ、戦国時代には大崎氏に従って岩出山城を本拠地とし、大崎氏が滅亡後には伊達氏に従った。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 宮城県の氏家家: 仙台の地方財閥。角田の氏家氏に仕え、同家から氏家の名字を賜った。

■ 内海(うつみ、うちみ、うちうみ)
# 宮城県の内海家: 仙台藩士。尾張国知多郡内海荘(愛知県知多郡南知多町)をルーツとする。

■ 大崎(おおさき)
# 宮城県の大崎家: 清和源氏足利氏の一族。文和3年(1354年)に斯波家兼が奥州探題として陸奥国下向し、その子孫は大崎氏を称した。戦国時代には伊達家に従った。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 大立目(おおだつめ)
# 全国の約半数は宮城県にみられ、登米市にまとまってみられる。
# 宮城県の大立目家: 仙台藩の重臣。陸奥国伊達郡大立目村(福島県伊達市保原町)をルーツとする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大町(おおまち)
# 宮城県の大町家: 仙台藩の重臣。筑後国三池郡大町(福岡県大牟田市)をルーツとする。戦国時代に陸奥国刈田郡に転じた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大松沢(おおまつざわ)
# 宮城県の大松沢家: 仙台藩の重臣。陸奥国黒川郡大松沢(宮城県黒川郡大郷町大松沢)をルーツとする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岡村(おかむら)
# 宮城県の岡村家: 仙台藩士。伊達家の一族。

■ 葛西(かさい)
# 宮城県の葛西家: 下総国葛西をルーツとする。桓武平氏の出で、源頼朝の奥州遠征に従って手柄をたて、伊沢留守)家とともに奥州惣奉行を務めた。葛西家の本家は、豊臣秀吉の奥州遠征に抵抗し滅亡した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 笠原(かさはら)
# 宮城県の笠原家: 仙台藩の重臣。信濃国伊那郡笠原(長野県伊那市)をルーツとする。木曽氏の子孫といい、のちに陸奥国に転じ大崎氏に従ったが、後に伊達家に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 片倉(かたくら)
# 宮城県の片倉家: 仙台藩の家老。信濃国佐久郡片倉(長野県佐久市片倉)をルーツとする。後に奥州に転じ大崎氏に仕えたがその後伊達氏に仕えた。江戸時代には白石城主で1万3千石。

■ 片平(かたひら)
# 宮城県の片平家: 仙台藩士。陸奥国安積郡片平(福島県郡山市片平)をルーツとする。戦国時代には蘆名氏に仕え、江戸時代には仙台藩士。

■ 勝田(かつた)
# 宮城県の勝田家: 仙台藩医。

■ 上遠野(かどおの)
# 宮城県の上遠野(かどおの)家: 仙台藩士。陸奥国菊田郡菊田荘上遠野荘(福島県いわき市遠野町上遠野)をルーツとし、藤原北家秀郷流で小山時秀の子の政朝が上遠野氏を称した。当初は岩城氏に仕え、岩城氏が滅亡後には伊達氏に仕えた。

■ 金成(かんなり)
# 宮城県の金成家: 陸奥国の古代豪族で、陸奥国栗原郡金成(宮城県栗原市金成)をルーツとし、陸奥国の金氏の子孫。当初は葛西氏に仕えたが、葛西氏が滅んだ後には最上家に仕え、最上家が改易後には仙台藩士。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 木戸(きど)
# 宮城県の木戸家: 仙台藩士で近江国志賀郡木戸(滋賀県大津市)をルーツとする。

■ 久我(くが)
# 宮城県の久我家: 陸奥国栗原郡一迫(宮城県栗原市一迫)の旧家。武烈天皇が奥州に下向した際に供をした久我大臣の末裔という。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 黒木(くろき、くろぎ)
# 宮城県の黒木家: 仙台藩の重臣。藤原北家利仁流と称しているが大江氏の出ともいわれる。陸奥国伊達郡掛田村(福島県伊達市霊山町)に住んで懸田氏を称した。伊達氏に従い、晴親の時に陸奥国宇多郡黒木(福島県相馬市)に住んで黒木氏を称した。

■ 高屋(こうや)
# 宮城県の高屋家: 仙台藩の重臣。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 国分(こくぶん)
# 宮城県の国分(こくぶん)家: 仙台藩士で信濃国国分荘(長野県)の出。国分氏の祖の政信は1336年に小笠原氏に敗れ、奥州に移り住んで伊達家に仕え、出羽国置賜郡長井荘(山形県長井市)に領地を賜った。陸奥国宮城郡の国分(こくぶ)氏とは別系統。

■ 小西(こにし)
# 宮城県の小西家: 仙台城下の豪商。

■ 小梁川(こやながわ)
# 宮城県の小梁川家: 仙台藩の重臣。陸奥国伊達郡小梁川(福島県伊達市梁川町)をルーツとし、伊達氏の一族。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 斎藤(さいとう)
# 宮城県の斎藤家: 陸奥国伊具郡丸森(宮城県伊具郡丸森町)の豪商。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 佐々(さっさ、ささ)
# 宮城県の佐々(さっさ)家: 仙台藩の重臣。宇多源氏の出で、足利義満の命で黒田氏から佐々氏に改称した。畠山氏を経て伊達氏に仕えた。

■ 真田(さなだ)
# 宮城県の真田家: 仙台藩士。真田信繁(幸村)の末裔。

■ 三宮(さんのみや、さんみや、さんぐう)
# 宮城県の三宮家: 陸奥国梨崎城(宮城県栗原市金成)の城主で葛西氏の支流という。大崎氏の家臣の佐々木重康が二階堂氏に仕え、母方の名字をとって三宮氏を称したという。

■ 三分一所(さんぶいっしょ)
# 宮城県の三分一所(さんぶいっしょ)家: 仙台藩士で、桓武平氏の長江氏の支流。長江盛景の子の家景が三分一所氏を称した。仙台藩では陸奥国桃生郡深谷荘浅井(宮城県東松島市)100石。

■ 志賀(しが)
# 宮城県の志賀家: 仙台藩医。元々は胆沢郡金ヶ崎の大町氏の家臣。

■ 柴田(しばた)
# 宮城県の柴田家: 仙台藩の重臣。結城氏の一族と言われる。陸奥国柴田郡柴田(宮城県柴田郡柴田町)をルーツとするともいわれる。

■ 白石(しらいし、しろいし)
# 宮城県の白石家: 仙台藩の重臣。藤原氏の出。後三年の役の際に、刈田経元が源義家に従って、その功により刈田郡を領し白石城を本拠に刈田氏を称した。秀長の時に源頼朝に従って奥州合戦に功をなし白石氏を称した。以後は伊達氏に仕えた。

■ 白河(しらかわ)
# 宮城県の白河家: 仙台藩士。陸奥国白河郡(福島県白河市)をルーツとし、結城氏の支流。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 関口(せきぐち)
# 宮城県の関口家: 仙台城下の旧家。

■ 瀬上(せのうえ)
# 宮城県の瀬上家: 仙台藩の重臣。陸奥国信夫郡瀬上村(福島県福島市瀬上町)をルーツとする。伊達宗綱の子の行綱が瀬上氏を称し、鎌倉幕府の御家人となった。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 蘇武(そぶ)
# 宮城県の蘇武家: 陸奥国栗原郡の旧家。渡来人で、小田原の北条氏に仕えていたが、陸奥国に転じた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 高泉(たかいずみ)
# 宮城県の高泉家: 仙台藩士。陸奥国栗原郡高泉(宮城県栗原市高清水町)をルーツとし、清和源氏の出。当初は、大崎氏に従い、後に伊達氏に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 高玉(たかだま)
# 宮城県の高玉家: 仙台藩士。陸奥国安達郡高玉(福島県郡山市熱海町)をルーツとし、清和源氏の出。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 高野(たかの)
# 宮城県の高野家: 仙台藩士。常陸国の高野氏の一族。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 但木(ただき)
# 宮城県の但木家: 仙台藩の重臣。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 只野(ただの)
# 宮城県の只野家: 仙台藩の重臣。もとは毒沢氏を称して和賀氏に従っていたが、江戸時代の初めに伊達氏に仕え、仙台藩士となる。

■ 伊達(だて)
# 宮城県の伊達家: 仙台藩主藤原北家の山蔭流。【家紋:】明治維新には伯爵。

■ 玉手(たまて)
# 宮城県の玉手家: 仙台藩士。飛騨国益田郡玉手郷(岐阜県)をルーツとし、藤原氏の出。1362年に上杉氏に仕えて玉手氏を称し、後に伊達氏に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 田母神(たもがみ)
# 宮城県の田母神家: 仙台藩士で陸奥国田村郡田村荘田母神(福島県郡山市田村町田母神)の出で、田村氏の支流。当初は田村氏に従っていたが、江戸時代には伊達家に仕え、陸奥国宮城郡蒲生(宮城県仙台市宮城野区)300石。

■ 天童(てんどう)
# 宮城県の天童家: 当初は戦国大名で、江戸時代には仙台藩士。清和源氏の斯波氏の一族で、最上直家の二男の頼家が出羽国天童(山形県天童市)を領して天童氏を称した。しかし最上義光に滅ぼされ、江戸時代は仙台藩士で陸奥国宮城郡八幡村(宮城県多賀城市)1347石。

■ 富田(とみた)
# 宮城県の富田家: 仙台藩士で源氏の出。

■ 中井(なかい)
# 宮城県の中井家: 気仙沼の廻船問屋。陸奥国本吉郡月館村中井(宮城県気仙沼市唐桑町中井)をルーツとする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 中島(なかじま)
# 宮城県の中島家: 仙台藩士。藤原氏の出といわれる。当初は懸田氏に従っていたが後に伊達氏に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 中目(なかのめ)
# 宮城県の中目家: 仙台藩士。陸奥国刈田郡中目(宮城県白石市大平中目)をルーツとする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 中村(なかむら): 宮城県の中村家

■ 西大篠(にしおおえだ)
# 宮城県の西大篠家: 仙台藩士。陸奥国伊達郡西大篠(福島県伊達郡国見町西大枝)をルーツとする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 支倉(はせくら)
# 宮城県の支倉家: 陸奥国支倉村(宮城県川崎町支倉)をルーツとする。桓武平氏の出で、鎌倉時代に伊達家に従い、江戸時代には仙台藩士。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 早川(はやかわ)
# 宮城県の早川家: 仙台藩の重臣。清和源氏畠山氏の出で伊達政宗から早川姓を賜った。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 古内(ふるうち)
# 宮城県の古内家: 仙台藩の重臣。佐竹氏の一族という。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 保土原(ほどはら)
# 宮城県の保土原家: 仙台藩士。陸奥国岩瀬郡保土原(福島県須賀川市保土原)をルーツとし、藤原南家の二階堂氏の支流。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 堀越(ほりこし)
# 宮城県の堀越家: 仙台藩士で、駿河国の出。

■ 本多(ほんだ)
# 宮城県の本多家: 仙台藩の重臣。当初は太田氏を称し、織田信長に仕えていた。承応年間に伊達氏に仕え、母親が本多氏の出であったことから藩主の命にて本多氏を称した。

■ 松坂(まつざか)
# 宮城県の松坂家: 仙台藩士。黒川郡の国人の末裔。伊勢国飯高郡松坂(三重県松阪市)をルーツとする。花園有仁の子の有実が松坂氏を称したのを祖とする。孫の定政が正応4年(1291年)に亀山天皇の皇子の継仁親王に従って陸奥国黒川郡に下向した。

■ 松根(まつね)
# 宮城県の松根家: 仙台藩士。出羽国の松根城主で清和源氏の出という。最上義守の三男の漆山義広の子の光広が出羽国櫛引郡松根(山形県鶴岡市松根)に住んで松根氏を称した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 三沢(みさわ)
# 宮城県の三沢家: 仙台藩の重臣。長府藩の三沢家の一族が、仙台藩主の伊達綱宗の側室となって綱村を産んだのきっかけとして仙台藩士となった。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 村田(むらた)
# 宮城県の村田家: 仙台藩士。陸奥国柴田郡村田(宮城県柴田郡村田町)をルーツとする。下野国小山氏の一族といわれる。

■ 本宮(もとみや)
# 宮城県の本宮家: 仙台藩士。清和源氏畠山氏流で畠山国詮の子の満国が本宮氏を称した。

■ 茂庭(もにわ)
# 宮城県の茂庭家: 仙台藩の重臣。陸奥国伊達郡茂庭(福島県福島市)をルーツとし、藤原氏の出で古くは斎藤氏を称す。山城国八瀬(京都府左京区)に住んで斎藤氏を称していたが、平安時代末期に関東地方に下向し、鎌倉時代の初めに茂庭に転じて茂庭氏を称した。以後は伊達氏に仕え、戦国時代の末期に出羽国置賜郡長井郷(山形県米沢市)に転じた。江戸時代には仙台藩士として、陸奥国志田郡松山(宮城県大崎市松山)で1万3千石。

■ 森田(もりた)
# 宮城県の森田家: 仙台藩士。桓武平氏千葉氏の一族で国分氏の庶流。陸奥国宮城郡郷六(宮城県仙台市)に住んで郷六氏を称していたが、伊達政宗の命にて森田氏に改姓した。

■ 守屋(もりや)
# 宮城県の守屋家: 仙台藩士。物部氏の子孫という。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 八島(やしま)
# 宮城県の八島家: 戦国時代の留守家の家臣。
# 宮城県の八島家: 伊達家の家臣で仙台藩士。

■ 梁川(やながわ)
# 宮城県の梁川家: 仙台藩士。陸奥国伊達郡梁川(福島県伊達市梁川町)をルーツとする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 山本(やまもと): 宮城県の山本家

■ 留守(るす)
# 宮城県の留守家: 藤原北家の出。もとは伊沢氏を称し、奥州惣奉行として陸奥国下向し留守氏を称した。後に伊達家に従った。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 脇坂(わきさか)
# 宮城県の脇坂家: 播磨の脇坂家の一族。

■ 若生(わこう)
# 宮城県の若生家: 留守氏の家臣で、江戸時代には仙台藩士。


■ 宮城県の地名をルーツとする名字

■ 東北地方の名字の特徴

■ 宮城県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示