岩手県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 相去(あいさり): 岩手県北上市相去町
・ 北上盆地の中央部、北上川とその支流和賀川との合流点の南方に位置する。
・ 相去: 南北朝から陸奥国江刺郡にみられた地名。会佐利とも記す。当地は和賀氏の本領にはあらず、江刺郡地頭葛西氏が本来の領主であったと推定される。【角川日本地名大辞典】
・ 相去: 二つの川の合流地点が崩れた崖地になっているところ。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 安家(あっか): 岩手県下閉伊郡岩泉町

■ 石鳥谷(いしどりや): 岩手県花巻市石鳥谷

■ 一関(いちのせき): 岩手県一関市

■ 一戸(いちのへ): 岩手県二戸郡一戸町

■ 上見(うわみ): 岩手県下閉伊郡岩泉町門(かど)字上見内川

■ 狼森(おいのもり): 岩手県岩手郡雫石町

■ 鶯宿温泉(おうしゅくおんせん): 岩手県岩手郡雫石町
・ 足を怪我した鶯が温泉で傷口を癒やした事に由来する。

■ 大更(おおぶけ): 岩手県八幡平市大更

■ 大船度(おおふなと): 岩手県大船渡市
・ 「大きな船着場」を意味する。【岩手県庁のサイトより】

■ 越喜来(おきらい): 岩手県大船度市

■ 小国(おぐに): 岩手県宮古市小国
・ 地名の由来は、「隠れ里」の称がある程、外部と隔絶された山谷にあるため国にたとえて小国と称されたものと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 愛宕(おたぎ): 岩手県奥州市
・ 旧山城国愛宕郡(おたぎぐん)があるからなぁ。
・ 愛宕(おだき): 地名の由来は、旧高寺村鎮守の愛宕神社の社名を採り、京都府下の旧愛宕郡の呼称に準じて「おたぎ」としたものが転訛したものと考えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 鬼死骸村(おにしがいむら): 岩手県一関市

★ 

■ 釜石市(かまいし): 岩手県釜石市
・ アイヌ語「クマ・ウシ(魚の集まる所、魚を干す所)」が転訛したものと言われる。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】
・ 「カマ」は「崩壊地形」で、「イシ」は「磯」のこと。「崖の発達した海岸」。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 今の釜石市甲子町あたりの甲子川に「釜淵」と呼ばれる淵があり、そこに大釜ににた大石があった。この「釜淵の釜石」に由来する。他にアイヌ語説もあり、不詳。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 以下のような様々な説があると言われる。【岩手県庁のサイトより】
(1) 釜をつくる石を多く産することから
(2) アイヌ語で「クマ・ウシ」(魚を干す場所があるところ)
(3) アイヌ語の「カマ・ウシ」(平岩のあるところ)
(4) 釜に似た石
(5) 鉱山から市内に流れる甲子川の釜状の石
(6) 釜渕の釜

■ 北上(きたかみ): 岩手県北上市。1954年に周辺町村の合併により設立。
「日高見(ヒタカミ)」から変わったもの。【岩手県庁のサイトより】
(1) ヒダ(山ひだ)カ(処)
(2) ヒダ(高)カ(地)
(3) ヒナ(夷)カ(処)
(4) ヒタカミ(辺境)

■ 吉里吉里(きりきり): 岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里
・ 古くは「吉利吉利」「吉里々々」とも書いた。吉里吉里海岸の鳴き砂の音に由来するとも言われ、また、海に突出した地形の「限々(ぎりぎり)、切々(きりきり)」に由来するとも言われる。

■ 久慈(くじ): 岩手県久慈市
・ 南北朝期からの郡名としてみられる。【岩手県庁のサイトより】
(1) くびれた地形から
(2) 海食で陸地がクジ(えぐられ)て、クズ(崩)れたところ
(3) 「口津(クツ)」の意味で河口につくられた船着場
(4) 「口州」の意味で河口に横たわる長い海砂州

■ 夏油(げとう): 岩手県北上市

★ 

■ 四十八坂(しじゅうはっさか): 岩手県。下閉伊郡山田町船越から上閉伊郡大槌町浪板に至る海岸線付近一帯の通称
・ 昔は山腹を横断し、四十八か所の険しい坂道を上下したことからその名がついた。昭和4年県道を通し、坂を削って海岸線に沿って平坦な曲り道にしたことから四十八曲りといわれるようにもなった。【角川日本地名大辞典】

■ 雫石(しずくいし): 岩手県岩手郡雫石町
・ 「しず(下)」+「く(接尾語)」+「いし(石)」で、「山麓の石の多いところ」という意味。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 摂待(せったい): 岩手県宮古市田老摂待
・ 江戸初期に摂待忠左衛門が当地を統治したことによると言われる。ということは、江戸以前はなんと呼ばれていたのかな?
・ アイヌ語で「果実をつける木」という意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 山形県東村山郡山辺町畑谷摂待がある。

■ 千厩(せんまや): 岩手県一関市千厩
・  一関市千厩の千厩は当て字で、狭い湿地の意味。
・ 「せま(狭)」+「や(湿地)」の転で、「山間の湿地」のことか。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

★ 

■ (だい): 岩手県花巻市台

■ 田老(たろう): 岩手県宮古市(旧下閉伊郡田老町)

■ 机(つくえ): 岩手県下閉伊郡田野畑村机

■ 繋温泉(つなぎおんせん): 岩手県盛岡市
・ 源義家が発見し、乗っていた馬を、温泉の近くの木に繋いだことに由来する。

■ 唐丹(とうに): 岩手県釜石市唐丹町
・ 「たおね(峠根)」から転じたものといわれる。
・ 「とーに」はアイヌ語で「楢の木の生えるところ」のこと。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 遠野(とおの): 岩手県遠野市
・ 地名は「遠胆沢」と同様の用法と思われる「遠閉伊」の野、の意であろう。【角川日本地名大辞典】
・ はるか昔、遠野は湖底にあり、アイヌ語で「トオ・ヌップ(湖のある丘原)」と呼ばれていた。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】
・ 「トオ」は「峠」の詰まったもの。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ 「遠閉伊(とほのへい)」の下略。又は、「タヲ(撓んだ地形)」+「ノ(野)」の転か。アイヌ語説は附会。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 以下のような様々な説があると言われる。【岩手県庁のサイトより】
(1) 閉伊の先、閉伊の奥の意味で呼んだ汎称「遠閉伊」の野原という意味
(2) 山間の遠い野
(3) アイヌ語のト(沼)ヌプ(野)
(4) 「東野」の意味で東方の野
(5) 「撓野(タワノ)」の転訛で、たわんだ地形の盆地

★ 

■ 二戸(にのへ): 岩手県二戸市
平安時代、糠部郡を蝦夷から守るために四方に柵を設けて東西南北に門(もん・かど)を設けて番人を置いたが、のちにこの囲いの中で馬を育てるため、木戸(門)に一から九までの番号をふって一戸に一牧場を置く「九戸四門」制を採用したことに由来する。

★ 

■ 箱崎(はこざき): 岩手県釜石市箱崎町

■ 橋場(はしば): 岩手県岩手郡雫石町橋場。その他、岩手県内に橋場の地名が何カ所かみられる。

■ 花巻(はなまき): 岩手県花巻市

■ 膝立(ひざたて): 岩手県花巻市膝立
・ 地名の由来は、坂上田村麻呂が東征にあたり、馬頭観音を勧請して祈願をしたところ、乗馬していた弱った馬が元気を取りもどし、膝を立て起きあがり帰国の途につくことができたことからこの地を膝立と呼ぶようになったと伝承している。
・ 山梨県山梨市牧丘町牧平膝立の地名がある。

■ 日詰(ひづめ): 岩手県紫波郡紫波町日詰
・ 比爪・樋爪・肥爪・日爪とも書いた。北上川中流右岸、同川に注ぐ滝名川下流域に位置する。地名のヒツメは、アイヌ語の「ピッモイ」(小石原の平地)、あるいは「ペッモイ」(河辺の平地)に由来し、北上川の川原と深い関係にある地名という。戦国期には郡主斯波氏の家臣、日詰氏の本拠地となる。【角川日本地名大辞典】

■ 人首(ひとかべ): 岩手県奥州市江刺区米里人首町
・  「首」は昔は「かうべ」と読み、「う」が抜けて「かべ」となった。南北朝以来の国人領主である人首氏の本拠地。
・ 人首(ひとかべ): 岩手県奥州市江刺区米里人首町(ひとかべまち)。地名の由来は、坂上田村麻呂が大成山(大森山)で大岳丸(悪路王)の子にあたる人首丸を討ったことにちなみ、はじめ「人こうべ村」と称したと言われる。【角川日本地名大辞典】
 南北朝時代以降の国人領主の人首氏の本拠地で、人首氏は江刺氏の一族。葛西家に仕えたが葛西家が滅んだ後は南部氏に仕えた。
・ 人首村: 陸奥国江刺郡にあった村名で人首村宿ともいう。

■ 平田(へいた): 岩手県釜石市平田。
・ 「へいた」はアイヌ語で「約束した場所」をいう。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 沙沢郷(ますざわごう): 陸奥国磐井郡(岩手県)に平安時代にみられた郷名。「和名抄」では磐井郡七郷の1つ。岩手県一関市藤沢町増沢周辺と思われる。

■ 水押(みずおし): 岩手県北上市に戦国時代から明治時代の初頭にかけてみられた村名。北上盆地中央部寄りの北上山地西部に位置し、北上山地山間部の小盆地に集落が立地する。
# 水押: 宮城、秋田、山形、福島などにみられる。

■ 宮古(みやこ): 岩手県宮古市
・ 以下のような様々な説があると言われる。【岩手県庁のサイトより】
(1) 閉伊地方の経済・文化の中心地の意味で「都」から。
(2) ミヤコ(都)物の輸入港。
(3) ミヤ(宮)コ(処)で、神社があるところ。
(4) 「港」からの転化。
(5) ミヤ(野原)コ(土地)。
(6) 「宮木(ミヤコ)」の意味で、神社や仏堂をつくる材木。
(7) 「宮子」で神社の氏子。
(8) 「深山処(ミヤマコ)」の略で山中の在所のこと。

■ 盛岡(もりおか): 岩手県盛岡市

★ 

■ 米内(よない): 岩手県盛岡市

★ 

■ 陸前高田(りくぜんたかた): 岩手県陸前高田市

■ 轆轤石(ろくろいし): 岩手県大船渡市猪川町轆轤石

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示