岩手県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 岩手県の県名の由来 ・ 岩手県の難読地名・珍地名

★ 岩手県の名字の特徴

# 「佐藤」「佐々木」「高橋」が目立って多い。「佐藤」は県の南部に多く、「佐々木」は東部、「高橋」は西部に多い。

# 東北地方には「コン」で始まる名字が拡がっている。これは、古代の東北に「コン一族」がいた名残とか。後に、この「コン」に様々な漢字をあてた。「」「今野」「近野」「金野」など。

# 「」のつく名字が多いのも岩手県の特徴。「下館」「外館」「古館」。これは、半島状の丘の上に建てた砦を表す。

# 千葉という名字は岩手県内に多いが、もともとこの名字の由来は千葉県。奥州藤原氏征伐の後に千葉県から岩手県南部に移住してきて増えたとか。

# 山梨県南部町由来の「南部」、東京都江戸川区葛西由来の「葛西」も同様に移住してきて広まった。

# 及川: 岩手県南部から宮城県北部に集中し、全国の約半数が見られる。

【岩手県らしい名字・珍名】

・ 金田一(きんだいち): テレビや小説でも有名な「金田一」姓は二戸市の金田一の地名に由来する。

・ 三陸地方には「ら行」で始まる名字が多い。蘭賀(らんが)、両川(りょうかわ)、類瀬(るいせ)、礼堂(れいどう)など。

・ 米内(よない): 盛岡市郊外に米内という地名があるが、そこ由来かな?米内と言えば、海軍大将で後に総理を務めた米内光政が有名か。

・ 岩手県特有の名字集

■ 岩手県の特徴的名字: 千葉、熊谷、葛西、久慈、及川、金、似鳥、米内、八重樫。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 佐藤(さとう): 岩手県の佐藤家

■ 2位: 佐々木(約5%)

■ 3位: 高橋(たかはし)(約4.6%): 岩手県の高橋家

■ 4位: 千葉

■ 5位: 菊池
# 岩手県の菊地家: 陸奥国胆沢郡佐倉河(岩手県奥州市)の旧家。もとはこの地の土豪。

■ 6位: 伊藤

■ 7位: 阿部

■ 8位: 菅原

■ 9位: 及川

■ 10位: 鈴木(すずき): 岩手県の鈴木家

■ 11位: 吉田(よしだ): 岩手県の吉田家

■ 12位: 小野寺

■ 13位: 熊谷

■ 14位: 中村(なかむら): 岩手県の中村家

■ 15位: 藤原

■ 16位: 菊地

■ 17位: 三浦

■ 18位: 斎藤・斉藤(さいとう): 岩手県の斎藤家

■ 19位: 小原

■ 20位: 工藤(くどう): 岩手県の工藤家


■ 浅利(あさり)
# 岩手県の浅利家: 陸奥国東磐井郡東岳(岩手県平泉町)の旧家で、江戸時代には肝煎を務めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 余目(あまるめ)
# 岩手県の余目家: 留守氏の一族で、陸奥国宮城郡余目(宮城県多賀城市余目)をルーツとする。代々、留守氏に従ったが、戦国時代に留守氏に反し、後に許されて江戸時代には留守氏(水沢伊達家)の家老を務めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 飯富(いいとみ)
# 岩手県の飯富家: 南部藩医。駿河国の出。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 池野(いけの)
# 岩手県の池野家: 盛岡城下の豪商。祖の波之助は織田信長の家臣だったという。山城国木津(京都府木津川市)の出で、木津屋を号した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 猪去(いさり)
# 岩手県の猪去家: 盛岡藩士。陸奥国岩手郡猪去(岩手県盛岡市)をルーツとする。清和源氏の足利氏の斯波氏の一族で、天文年間に高水寺城主の斯波詮義が猪去氏を称した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

・ 南部家に従い、後には盛岡藩士。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 石川(いしかわ): 岩手県の石川家

■ 泉田(いずみた)
# 岩手県の泉田家: 仙台藩の重臣。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 一方井(いっかたい)
# 岩手県の一方井家: 南部藩士。陸奥国岩手郡の国人の末裔で安東氏の一族。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 戦国時代に陸奥国岩手郡猪去(岩手県盛岡市)に拠り、南部家に従い、後には盛岡藩士。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 江柄(えがら)
# 岩手県の江柄家: 南部藩士。陸奥国紫波郡江柄(岩手県紫波郡紫波町)をルーツとし、陸奥の河村氏の一族。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 江刺(えさし)
# 岩手県の江刺家: 南部藩士。一時は江刺郡を領したが、豊臣秀吉に所領を召し上げられ、江戸時代には南部藩士。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 桓武平氏の葛西家の分家。岩谷堂城(岩手県奥州市)に拠り、江刺郡を支配した。後に豊臣秀吉に所領を召し上げられたが、江戸時代には盛岡藩士。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 大萱生(おおがゆう)
# 岩手県の大萱生家: 南部藩の重臣。陸奥国紫波郡大萱生(岩手県盛岡市大ケ生・おおがゆう)をルーツとし、陸奥の河村氏の支流。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 太田(おおた): 岩手県の太田家

■ 大田代(おおたしろ)
# 岩手県の大田代家: 南部藩士。陸奥国江刺郡大田代村(岩手県奥州市江刺区)をルーツとし、菊池氏の支流。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 大槻(おおつき)
# 岩手県の大槻家: 西磐井郡山目村(岩手県一関市)の旧家で、桓武平氏葛西氏の一族の寺崎氏の末裔。戦国時代には葛西氏に仕えたが、江戸時代には山目村で帰農。

■ 大衡(おおひら)
# 岩手県の大衡家: 留守家(岩手県奥州市水沢区の水沢伊達氏)の重臣。陸奥国黒川郡大衡村(宮城県黒川郡大衡村)をルーツとし、黒川氏の支流。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 萩荘(おぎしょう)
# 岩手県の萩荘家: 陸奥国西磐井郡赤萩村(岩手県一関市赤萩)の旧家。佐藤氏の末裔で、江戸時代には阿部氏を称した。肝煎を務め、苗字帯刀を許された。明治維新に萩荘と改姓。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 奥山(おくやま)
# 岩手県の奥山家: 仙台藩の重臣。元は目々沢氏を称し、相馬氏に従っていたが、その後伊達家に仕え奉行となり奥山氏を称した。江戸時代には陸奥国磐井郡東山藤沢本郷(岩手県一関市藤沢)で1813石を領した。

■ 小田島(おだじま)
# 岩手県の小田島家: 陸奥国二戸郡浄法寺(岩手県二戸市浄法寺町)の豪商で伊勢屋を号した。初代は、元禄年間に出羽国花輪(秋田県鹿角市花輪)から転じたという。一族から南部藩士も出た。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小田代(おだしろ)
# 岩手県の小田代家: 小田代(こだしろ・岩手県奥州市)をルーツとし、清和源氏の源頼政の子孫を称す。江刺家に従っていたが、江刺家が南部家に降ったので南部家に仕えた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 乙部(おとべ)
# 岩手県の乙部家: 南部藩士。陸奥国紫波郡乙部(岩手県盛岡市乙部)をルーツとする。斯波氏に仕えた後、南部氏に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 鬼柳(おにやなぎ)
# 岩手県の鬼柳家: 南部藩士。清和源氏の和賀氏の末裔。陸奥国和賀郡鬼柳(岩手県北上市鬼柳町)をルーツとする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 欠端(かけはた)
# 岩手県の欠端家: 南部藩士。清和源氏の板垣氏の一族という。建久2年(1191年)に南部氏に従って甲斐国(山梨県)から陸奥国に下向した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 柏山(かしやま)
# 岩手県の柏山家: 南部藩士。陸奥国胆沢郡の国人の末裔ともいうが、桓武平氏の千葉氏の一族を称す 。南北朝時代には葛西氏に従ったが、葛西氏の没落とともに衰退した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 桓武平氏の千葉氏の一族を称す。大林城(岩手県金ケ崎町)に拠り、南北朝時代には葛西氏に従ったが、戦国動乱で没落し、後には盛岡藩士。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 梶山(かじやま): 岩手県の梶山家

■ 金子(かねこ): 岩手県の金子家

■ 鴨沢(かもざわ)
# 岩手県の鴨沢家: 南部藩士。陸奥国江刺郡鴨沢(岩手県奥州市江刺区)をルーツとする。江刺氏に仕えていたが、戦国時代末期に江刺氏が没落して浪人。後に南部藩士となる。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 刈谷(かりや)
# 岩手県の刈谷家: 陸奥国気仙郡越喜来村(岩手県大船度市越喜来)の網元。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ (きた)
# 岩手県の北家: 南部藩の重臣で南部氏の一族。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 金田一(きんだいち)
# 岩手県の金田一家: 陸奥国糠部郡二戸金田一(岩手県二戸市金田一)の出で四戸氏の一族。室町時代に一戸氏に仕え、江戸時代には南部藩士。
・ 金田一城(岩手県二戸市金田一)に拠った。室町時代に一戸家の家臣となり、江戸時代には南部藩士。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 葛(くず)
# 岩手県の葛家: 南部藩士。陸奥国稗貫郡葛村(岩手県花巻市)をルーツとする。当初は稗貫氏に仕えたが、稗貫氏が没落して後、南部藩に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 葛巻(くずまき)
# 岩手県の葛巻家: 南部藩士。陸奥国糠部郡葛巻(岩手県岩手郡葛巻町)をルーツとする。藤原南家の工藤氏の一族。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 厨川(くりやがわ)
# 関東地方以北に点在する。
# 岩手県の厨川家: 南部藩士。陸奥国岩手郡厨川(岩手県盛岡市厨川)をルーツとする。藤原南家の工藤氏の支流。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 厨川: 古くは「栗屋川」とも書き、厨川柵があった。「くりや」は神社や寺院の台所があった場所。そのそばを流れる川の意味【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】。

■ 小岩(こいわ)
# 岩手県の小岩家: 江戸時代、奥州街道の水沢宿(岩手県奥州市水沢区)の問屋場を努めた。

■ 穀田(こくた)
# 岩手県の穀田家: 水沢(岩手県奥州市水沢区)の豪商で穀田屋を号した。明治維新後、穀田屋の屋をとって穀田を称した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小田代(こだしろ)
# 鹿児島県南九州市と岩手県宮古市にみられる。鹿児島県の小田代は鹿児島県南九州市知覧町郡小田代に由来するか?
# 岩手県の小田代家: 南部藩士。陸奥国江刺郡小田代(岩手県奥州市江刺区)をルーツとし、清和源氏の頼政流という。江刺家に従っていたが、戦国時代に江刺家が南部家に下ったので南部家の家臣となった。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 境沢(さかいざわ)
# 岩手県の境沢家: 一関藩の家老。芦名家の家臣だったが、後に伊達家に仕えた。江戸時代の初めに田村家の家臣に転じて一関藩士。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 桜庭(さくらば)
# 岩手県の桜庭(さくらば)家: 南部藩の重臣。宇多源氏の佐々木氏の出。祖の桜庭良綱は南部氏下向に従って陸奥国に移り住んだ。阿波国(徳島県)の桜庭良遠の末裔説や陸奥国桜庭村(青森県弘前市)ルーツ説などがあるが未詳。

■ 佐瀬(させ)
# 岩手県の佐瀬家: 一関藩の家老。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 三戸(さんのへ)
# 岩手県の三戸家: 南部藩の重臣で、南部家の分家。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 盛岡藩の八代藩主の南部利視の庶子達が分家して興した。盛岡藩の重臣を何人も出した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 下河原(しもがわら)
# 岩手県盛岡市や北海道にまとまって見られる。
# 岩手県の下河原家: 南部藩士。陸奥国胆沢郡下河原(岩手県奥州市水沢区)をルーツとし、高屋氏の出。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 下条(しもじょう)
# 岩手県の下条家: 信濃の下条氏の同族。

■ 下斗米(しもとまい)
# 岩手県、青森県、北海道にみられ、岩手県では二戸市や久慈市にまとまって見られる。
# 岩手県の下斗米家: 南部藩士。陸奥国糠部郡二戸下斗米(岩手県二戸市下斗米)をルーツとし、桓武平氏の相馬氏の出を称す。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 白石(しらいし、しろいし)
# 岩手県の白石家: 陸奥国磐井郡千厩(岩手県一関市千厩町)の旧家。元は葛西氏の家臣で後に伊達氏に仕え、千厩を領した。

■ (その)
# 岩手県の園家: 一関藩士。

■ 達谷窟(たがや)
# 岩手県の達谷窟家: 岩手県西磐井郡平泉町の西光寺の住職で、桓武平氏の千葉氏の出。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 伊達(だて)
# 岩手県の伊達家: 仙台藩主の伊達家一門の岩谷堂(岩手県奥州市江刺区)伊達家。陸奥国磐城(福島県いわき市)12万石の大名の磐城常隆の長男の政隆が岩城家から出され、伊達氏に仕えた。

■ 田村(たむら): 岩手県の田村家

■ 楢山(ならやま)
# 北海道や青森県を中心として、北東北より北、そして福岡県にまとまってみられる。
# 岩手県の楢山家: 南部藩の家老。藩主の南部家の一族。陸奥国二戸郡楢山村(岩手県二戸郡一戸町楢山)に住んで、楢山氏を称した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 南部(なんぶ)
# 岩手県の南部家: 南部藩主甲斐国巨摩郡南部郷(山梨県南巨摩郡南部町南部)をルーツとし、清和源氏武田氏の一族の加賀美家の分家。源頼朝が奥州を平定したときに、陸奥国糠部郡の地頭となった。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 【家紋:南部鶴】明治維新後には伯爵。
・ 南部藩の最後の藩主の南部利恭は白石13万石に移されたが、70万両の償金の支払いと引き替えに盛岡に戻った。しかし移動による疲弊が大きく廃藩置県を待たずに廃藩となった。
# 岩手県の南部家: 南部藩の家老で遠野の南部家。南部家初代の光行の六男の実長の子孫。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 花淵(はなぶち)
# 関東地方より北にわずかに点在する。
# 岩手県の花淵家: 留守家(岩手県奥州市水沢区の水沢伊達氏)の重臣。陸奥国宮城郡花淵(宮城県宮城郡七ヶ浜町花渕浜)をルーツとする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 原(はら): 岩手県の原家

■ 原田(はらだ): 岩手県の原田家

■ 人首(ひとかべ)
# 岩手県の人首(ひとかべ)家: 一関藩士に人首家があった。陸奥国江刺郡人首(岩手県奥州市江刺区)をルーツとする。桓武平氏の千葉氏の出。

■ 日戸(ひのと)
# 岩手県と北海道にまとまって見られ、岩手県では八幡平市にまとまって見られる。
# 岩手県の日戸家: 南部藩士。藤原北家で陸奥の河村氏の末裔という。陸奥国岩手郡日戸村(岩手県盛岡市玉山区日戸)をルーツとする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 広田(ひろた)
# 岩手県の広田家: 陸奥国高田城主の浜田家の家老。岩手県陸前高田市広田町をルーツとするのか?【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 福士(ふくし) 
# 岩手県の福士家: 陸奥国岩手郡不来方郷(岩手県盛岡市)の土豪で、南部氏に従った。【出典:全国名字大辞典 森田浩編 東京堂出版】

■ 朴舘(ほおのだて)
# 岩手県の朴舘家: 陸奥国二戸郡小鳥谷村(岩手県二戸郡一戸町小鳥谷・こずや)の旧家で、館と号した大地主。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 前川(まえかわ)
# 岩手県の前川家: 陸奥国閉伊郡吉里吉里(岩手県上閉伊郡大槌町)の豪商。戦国時代は清水氏を称し、小田原の北条家の家臣。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 松岡(まつおか)
# 岩手県の松岡家: 南部藩士。

■ 三沢(みさわ)
# 岩手県の三沢家: 陸奥国胆沢郡前沢(岩手県奥州市前沢)の領主で、伊達家の一門。清和源氏の出雲の三沢氏の一族。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 村井(むらい)
# 岩手県の村井家: 盛岡城下の豪商。明治維新後、南部藩の70万両の借金を肩代わりし、尾去沢銅山も放出し没落した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 村上(むらかみ): 岩手県の村上家

■ 女鹿(めが)
# 全国の半数以上は岩手県にみられ、盛岡市周辺にまとまって見られる。
# 岩手県の女鹿家: 南部藩士。陸奥国糠部郡一戸女鹿(岩手県二戸郡一戸町女鹿)をルーツとし、清和源氏の小笠原氏の出。甲斐の武田家が滅亡後、陸奥に転じた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 舞草(もうくさ)
# 全国の大半は岩手県にみられ、一関市にまとまってみられる。
# 岩手県の舞草家: 陸奥国西磐井郡舞草村(岩手県一関市)の旧家。桓武平氏で、奥州の千葉氏の一族。葛西家の家臣だったが、葛西家が滅亡後帰農し肝煎を務め、苗字帯刀も許された。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 吉田(よしだ)
# 岩手県の吉田家: 気仙郡今泉(岩手県陸前高田市気仙町)の旧家。もとは宇部氏を称していたが、伊達政宗に馬を献上し吉田氏を称した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 留守(るす)
# 岩手県の留守家: 伊達家の一門で、藤原北家の出。文治6年(1190年)伊沢家景が源頼朝から陸奥国の留守職に任ぜられて留守氏を称した。代々、多賀城の国府に住み、中世には国分氏と共に宮城郡の領主であった。後に、伊達持宗の五男の邦宗が家督を継いだ。江戸時代には伊達晴宗の三男の政景が継ぎ、伊達氏を称した。水沢伊達家。


■ 岩手県の地名をルーツとする名字

■ 東北地方の名字の特徴

■ 岩手県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示