青森県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 青森県の県名の由来 ・ 青森県の難読地名・珍地名

★ 青森県の名字の特徴

# 一位が工藤というのは全国的にも珍しい。工藤家は藤原系の武士。後に伊豆に下り「伊東」を名乗った。

# 工藤木村成田三上葛西小笠原、福士、(じん)などの名字が上位に位置し、東北地方の他県とは傾向が異なる。福士の名字の4割は青森県にみられる。

# 青森市における名字の構成は平均的だが、弘前市(津軽地方)と八戸市(南部地方)では、名字の構成が全く異なる。
・ 弘前市のTop5: 工藤佐藤斎藤成田三上
・ 八戸市のTop5: 佐々木中村木村高橋佐藤

# 古川は全国的には「ふるかわ」読みだが、青森県では「こがわ」と読む。米田も青森県では「よねだ」ではなく「まいた」と読む。

# 「」の名字は、全国の半分以上が青森県にみられる。

# 「おさない」はアイヌ語で「川尻の乾いた沢」という意味で、「季節によって渇水する川」をあらわし、それから派生した名字には「長内」「小山内」があり、この両者とも青森県内には多くみられる。

# 「渋谷」は全国的には「しぶや」読みだが、青森県では「しぶたに」読みの方が多い。

# 「相内」も県の東部では「あいない」、県の西部では「あいうち」読みと異なる。

# 「津島」と「対馬」も青森県特有の名字で、ルーツは愛知県津島市だが、津島一族が青森に移住し対馬と改姓して県下に拡がった。

【青森県らしい名字】

・ 夏堀

・ 小比類巻(こひるいまき): 三沢市周辺に多くアイヌ語が語源と言われている。

・ 青森県特有の名字集

■ 青森県の特徴的名字: 桜庭、三上、花田、福士、鳴海、津島、唐牛(かろうじ)、白土、長内、苫米地。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 工藤

■ 2位: 佐藤

■ 3位: 佐々木

■ 4位: 木村(1.8%)

■ 5位: 成田

■ 6位: 斎藤(さいとう): 青森県の斎藤家

■ 7位: 中村

■ 8位: 田中

■ 9位: 高橋(たかはし): 青森県の高橋家

■ 10位: 三上

■ 11位: 三浦

■ 12位: 葛西

■ 13位: 鈴木

■ 14位: 小笠原

■ 15位: 山田

■ 16位: 吉田

■ 17位: 坂本

■ 18位: 山本(やまもと): 青森県の山本家

■ 19位: 藤田

■ 20位: 伊藤


■ 阿部(あべ): 青森県の阿部家

■ 江渡(えと)
# 青森県の江渡家: 五戸の豪商で南部藩の所給人(郷士)で、五戸代官所の役人も務めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 小野(おの): 青森県の小野家

■ 笠原(かさはら)
# 青森県の笠原家: 津軽藩の家老。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 兼平(かねひら)
# 青森県の兼平家: 津軽藩の家老。津軽氏の祖の大浦氏の一族。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 唐牛(かろうじ)
# 青森県の唐牛(かろうじ)家: 津軽藩士(藩医)。平賀郡唐牛(青森県南津軽郡大鰐町唐牛)をルーツとする。江戸時代は津軽藩士で、分家は藩医。
# 青森県の唐牛(かろうじ)家: 黒石藩の重臣。

■ 貴田(きだ)
# 青森県の貴田家: 津軽藩の兵法家。もとは加藤清正に仕え、加藤清正の庶子が名跡を継いだという。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 北沢(きたざわ)
# 青森県の北沢家: 西津軽郡車力村(青森県つがる市)の旧家。元禄年間に初代の吉兵衛が車力村を開発した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 木立(きだち)
# 青森県の木立家: 津軽藩士で津軽藩の馬術師範を務めた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 喜多村(きたむら)
# 青森県の喜多村家: 津軽藩の家老。藤原北家秀郷流の河村氏の出。もとは北村姓。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 楠美(くすみ)
# 青森県の楠美家: 五所川原の豪農。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 黒石(くろいし)
# 青森県の黒石家: 津軽藩の支藩の黒石藩の家老で津軽氏の一門。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ (こん)
# 青森県の今家: 古代豪族の金(こん)氏の流れを引く家が名乗った。津軽平野や青森市周辺に特に多い。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 進藤(しんどう)
# 青森県の進藤家: 津軽藩の重臣。戦国時代には最上氏の家臣で丹氏を称した。江戸時代初期に最上家が改易になると、津軽に移り住んで津軽家に仕えた。その際に母方の進藤を称した。

■ 杉山(すぎやま): 青森県の杉山家

■ 清藤(せいとう)
# 青森県の清藤家: 南津軽郡猿賀石村(青森県平川市)の旧家で、北条時頼の家臣の末裔という。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 添田(そえだ)
# 青森県の添田家: 津軽藩の重臣で源満仲の子の頼信の末裔という。戦国時代には越前国に住み、蒲生氏に仕えて会津に転じた。蒲生氏が断絶した後には津軽氏に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 曽我(そが)
# 青森県の曾我家: 曾我時広が陸奥国岩館(青森県平川市)の地頭代になり勢力はった。曾我兄弟と同じく、藤原南家の出。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 大道寺(だいどうじ)
# 青森県の大道寺家: 津軽藩の家老。山城国綴喜郡大道寺(京都府綴喜郡宇治田原町)をルーツとする。北条早雲に従って駿河国に下った。小田原城が開城後、尾張家に仕えた後、津軽家に仕えた。

■ 高倉(たかくら)
# 青森県の高倉家: 津軽藩の家老。当初は出羽国の最上家に仕えていたが、最上家が断絶した後に津軽家に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 武田(たけだ): 青森県の武田家

■ 津軽(つがる)
# 青森県の津軽家: 津軽藩主。室町時代に陸奥国種里(青森県鰺ヶ沢町)を本拠とし、大浦氏の出。津軽家は南部家から独立して津軽を統一して津軽氏を称した。【家紋:津軽牡丹】明治維新には伯爵。
・ 室町時代に陸奥国種里(青森県鰺ヶ沢町)に築城した大浦光信を祖とし、藤原氏を称す。1571年に、それまで従っていた南部家から独立し、津軽を統一し津軽氏を称した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 津島(つしま)
# 青森県の津島家: 金木(青森県五所川原市)の大地主。文豪の太宰治の実家。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 坪田(つぼた)
# 青森県の坪田家: 浪岡(青森県青森市)の豪農で、近江国の出。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 剣地(つるぎじ)
# 青森県の剣地家: 脇野沢(青森県むつ市)の豪商。能登国鳳至郡剣地村(石川県輪島市門前町剣地)の出。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 戸沼(とぬま)
# 青森県の戸沼家: 鰺ヶ沢の豪商で、塩屋を号した。越中国の出で、もとは高沼を称していたが、後に七戸家に婿に入り、両家の一字をとって戸沼とした。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 飛島(とびしま)
# 青森県の飛島家: 五所川原の豪商。出羽国飛島(山形県酒田市飛島)の出。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 浪岡(なみおか)
# 青森県の浪岡家: 村上源氏の北畠顕家の子孫。南北朝時代に陸奥国の浪岡(青森市)を本拠としたが、後に大浦家に滅ぼされた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 鳴海(なるみ)
# 青森県の鳴海家: 南津軽郡浅瀬石(青森県黒石市)の豪農。戦国時代には、千徳氏の家臣で、千徳氏が滅んだ後に帰農した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 青森県の鳴海家: 黒石城下の豪商。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 南部(なんぶ)
# 青森県の南部家: 七戸八戸藩主。盛岡の南部家の一族で江戸時代に分知した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 新岡(にいおか)
# 青森県の新岡家: 黒石藩の重臣。清和源氏頼光流の池田氏の子孫という。戦国時代には三戸の南部家に従い、後に津軽家に仕えた。後に、津軽藩の分家の黒石藩に仕えた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 西館(にしだて)
# 青森県の西館家: 津軽藩の家老。清和源氏の南部氏の一族。もとは一町田氏を称した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 乳井(にゅうい)
# 青森県の乳井家: 津軽藩の重臣。陸奥国平賀郡乳井郷(青森県弘前市)をルーツとする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 野村(のむら)
# 青森県の野村家: 野辺地の豪商。

■ 平山(ひらやま)
# 青森県の平山家: 湊村(青森県五所川原市)の豪農で豪商。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
# 青森県の平山家: 五所川原の豪農で湊村の平山家の分家という。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 牧野(まきの)
# 青森県の牧野家: 津軽藩の家老。もとは加賀の大聖寺藩の藩士だったが、一度浪人し、後に兵学者として津軽藩に仕えた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 村井(むらい)
# 青森県の村井家: 八戸の豪商。近江国滋賀県)の出。

■ 毛内(もうない)
# 青森県の毛内家: 津軽藩の重臣。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 森岡(もりおか)
# 青森県の森岡家: 津軽藩の家老。森岡家は大浦家の支流の津軽家の同族。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 盛田(もりた)
# 青森県の盛田家: 七戸の豪商で大塚屋を号した。石田三成の末裔という。石田の田と、盛岡藩の盛をとって盛田と称した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 安田(やすだ)
# 青森県の安田家: 板柳の旧家。

■ 山中(やまなか)
# 青森県の山中家: 津軽藩の重臣。山中鹿之助の子の内膳の末裔と言われるが不詳。


■ 青森県の地名をルーツとする名字

■ 東北地方の名字の特徴

■ 青森県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示