北海道の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 北海道の道名の由来 ・ 北海道の難読地名・珍地名

★ 北海道の名字の特徴

# 明治維新後に内地から多くの人たちが北海道に来たわけだが、その多くは東北と北陸出身の人たちと言われている。そして、北海道内に住み着いた土地は出身の旧藩の支配地を中心としていた。例えば加賀藩(石川県)から来た人たちの多くは、加賀藩の支配地であった、宗谷岬からオホーツク沿岸に住み着いて、その地方に加賀地方の名字を持ち込んだと推定される。

# 北海道の紋別郡の遠軽町に「東海林」という名字がまとまって見られますが、この人たちの先祖は明治維新後山形県の内陸地方からやって来た可能性が強いと思われます。
 なぜなら、この地の「東海林」さんは「とうかいりん」と読む人が多く、「とうかいりん」読みをするのは「山形県の内陸地方」特有の読み方だからです。詳細はこちらをどうぞ。

# 北海道南部(渡島)には中世から倭人の居住が認められた。また、日本書紀の斉明天皇の項にすでに「渡島」という地名が出てくる。

# 明治以降の入植者由来の名字が多く、北海道独自の名字は少ない。特に戊辰戦争の敗者であった旧幕府軍関係の諸藩からの移民が目立ち、それらの地域由来の名字が増えた。明治維新後の移住者のうち70%は東北地方北陸地方出身者で占めた。

# 名字の上位は東北地方と類似している他、順位が下がると、長谷川本間山本中川など北陸地方の名字も目立つ。

# 函館には秋田と同様に、「〜谷」のように「谷」がつく屋号由来の名字が目立つ。

# 道南には中世以来の名字も多く、「道南十二館(15世紀にできた小領主の館)」の一つである花沢館(上ノ国町)の蠣崎家(後に松前家)などが有名。コシャマインの乱の後、花沢館主の蠣崎氏の元にいた武田信広が蠣崎氏を継いで渡島半島を領して、戦国大名となった。

# アイヌ語由来の地名は多く存在するが、アイヌ民族は名字自体がなかったのでアイヌ民族由来の名字は見られない。 

【北海道らしい名字】

・ 鉢呂(はちろ): 富山をルーツとする名字だが今や富山県よりも北海道に多い。元経済産業大臣の鉢呂吉雄(民主党)の出身地は北海道樺戸郡新十津川町。

■ 主な移住地

# 武蔵国の八王子千人同心の次男や三男: 1800年に白糠や勇払へ100人が派遣されたが寒さによる死者の続出で成功せず。
# 出羽国庄内藩: 幕末に留萌や天塩に入植した。その後、明治維新で朝敵となり、みな引き上げた。
# 陸奥国仙台藩: 明治維新で62万石から28万石に減らされたので、室蘭付近に移住した。伊達市はその名残。
# 陸奥国会津藩: 余市市に移住した。
# 徳島藩家老で淡路国洲本城代の稲田家: 藩主と対立して静内に移住。
# 屯田兵制度: 1874年に明治政府は屯田兵の制度をつくり、宮城県青森県山形県で募集した約200戸の士族を琴似(今の札幌市)に入植させた。
# 移住者の出身地: 青森県新潟県が約5万戸。以下、秋田県石川県富山県宮城県などで、東北と北陸で全体の約7割を占める。また、徳島県香川県からも1万戸以上が移住するなど、四国の出身者も多い。
# 主な移住地
・ 宗谷岬からオホーツク海沿岸の地域: 金沢藩
・ オホーツク海沿岸の紋別市付近: 和歌山藩
・ 網走市付近: 広島藩
・ 網走市から知床半島西部付近: 名古屋藩
・ 知床半島東部付近: 熊本藩
・ 釧路から厚岸付近: 佐賀藩
・ 帯広付近: 静岡藩
・ 広尾町付近: 鹿児島藩
・ 襟裳岬から日高町付近: 徳島藩、彦根藩、仙台藩
・ 苫小牧から夕張付近: 高知藩
・ 苫小牧から室蘭付近: 一関藩など。
・ 長万部付近: 庄内藩
・ 留寿都町付近: 鳥取藩、弘前藩、米沢藩。
・ 奥尻島: 福岡藩
・ 留萌付近: 山口藩
・ 天塩からサロベツ原野付近: 水戸藩  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 佐藤
# 北海道約12万人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】
# 北海道の佐藤家: 寿都の旧家。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 2位: 高橋
# 北海道約7万人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

■ 3位: 佐々木
# 北海道約6万人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

■ 4位: 鈴木
# 北海道約5万人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

■ 5位: 伊藤
# 北海道約4万5千人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

■ 6位: 田中
# 北海道約3万6400人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

■ 7位: 渡辺
# 北海道約3万6500人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

■ 8位: 吉田
# 北海道8位約3万6200人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

■ 9位: 小林
# 北海道9位約3万4500人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】
# 北海道の小林家: 渡島の志苔館(北海道函館市志海苔町)館主。後には蠣崎氏の家臣。

■ 10位: 中村
・ 北海道11位約3万3000人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

■ 11位: 斎藤
・ 北海道10位約3万4000人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

■ 12位: 加藤
・ 北海道13位約3万人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

■ 13位: 山本
・ 北海道12位約3万2000人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

■ 14位: 山田

■ 15位: 阿部

■ 16位: 木村

■ 17位: 工藤

■ 18位: 三浦

■ 19位: 斉藤

■ 20位: 菅原


■ 厚谷(あつや)
# 北海道の厚谷家: 渡島の比石館(北海道檜山郡上ノ国町)の館主で、嘉吉元年(1441年)に陸奥国田名部(青森県むつ市)から転じたとも、松前氏の祖の若狭の武田氏の重臣ともいう。江戸時代には松前藩士。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 室町時代に比石館(ひいしだて)という城を設け、陸奥国田名部(青森県むつ市)から渡島半島西部に転じた。後に松前家に従い、江戸時代には松前藩士。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 稲田(いなだ)
# 北海道の稲田家: 旧徳島藩の家老で、静内に入植した。尾張国愛知県)の出で、稲田稙元が蜂須賀家に仕え、蜂須賀家阿波国への転封にしたがった。幕末に稲田邦稙が倒幕派で徳島藩と対立。

■ 猪股(いのまた)
# 北海道の猪股家: 熊石(北海道二海郡八雲町)のニシン漁業家。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 岩田(いわた)
# 北海道の岩田家: 松前の豪商で岩田屋を号し、青森から転じたという。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 蠣崎(かきざき)
# 北海道の蠣崎家: 松前の戦国大名。陸奥国田名部蠣崎(青森県むつ市)をルーツとし、清和源氏の若狭武田氏の支流と言われるが不詳。江戸時代には松前藩主となり、松前氏を称した。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 陸奥国蠣崎(青森県むつ市)から渡島半島に転じた。主流は後に松前氏を称し、分家の多くは蠣崎氏を称した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 岸田(きしだ)
# 北海道の岸田家: 江刺九艘川町の廻船商。能登国珠洲郡正院村(石川県珠洲市)の出。江戸時代中期に岸田三右衛門が江差に渡った。

■ 国領(こくりょう)
# 北海道の国領家: 箱館の豪商で米屋を号した。近江国の出身。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 笹浪(ささなみ)
# 北海道の笹浪家: 上ノ国の漁業家で能登屋を号した。能登国笹波村(石川県珠洲市)をルーツとし、蝦夷地の上ノ国に移住したという。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 渋田(しぶた)
# 北海道の渋田家: 箱館の豪商で、陸奥国田名部(青森県むつ市)の郷士の出。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 下国(しもくに)
# 北海道の下国家: 松前藩の家老。室町時代に渡島に渡った安東政季の弟の家政が茂別館(北海道北杜市)を本拠とし、下之国守護となり、下国氏を称した。後に蠣崎(松前)家に従い、江戸時代には松前藩の家老。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 白鳥(しらとり、しろとり)
# 北海道の白鳥家: 小樽祝津(北海道小樽市)の網元。

■ 栖原(すはら)
# 北海道の栖原家: 松前城下の豪商で、紀伊国有田郡栖原村(和歌山県有田郡湯浅町栖原)をルーツとする。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 関川(せきかわ)
# 北海道の関川家: 江差の豪商で越後国(新潟県)の出。北前船三艘を有し、松前藩の御用達を務め、苗字帯刀を許された。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 相馬(そうま)
# 北海道の相馬家: 函館の地方財閥で越後国の出。初代の相馬哲平が江戸時代の末期に越後国蒲原郡荒井浜(新潟県胎内市)から箱館に渡り米穀商を開業した。宗家をはじめ12家あり。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】
・ 江戸時代末期に越後国荒井浜(新潟県胎内市)から函館に転じた相馬哲平が、米穀商を始めた。明治時代には金融業に転じ、相馬財閥に発展した。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 太刀川(たちかわ)
# 北海道の太刀川家: 箱館の豪商で、江戸時代末期に越後国(新潟県)から転じた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 伊達(だて)
# 北海道の伊達家: 紋別の亘理伊達家。宮城県亘理の、亘理伊達家の子孫で、伊達稙宗の三男の実元を祖とする。江戸時代には先代藩の重臣として2万4350石を有した。明治維新後に、家臣をつれて北海道有珠郡紋別村(北海道伊達市)に移住した。
・ 宮城県亘理の伊達家の子孫。明治維新後に家臣を率いて北海道の伊達紋別(伊達市)に移り住んだ。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
# 北海道の伊達家: 石狩当別の岩出山伊達家。伊達政宗の四男の宗泰を祖とする。明治維新後に北海道石狩郡当別(北海道当別町)に移住した。
# 北海道の伊達家: 松前のの豪商。陸奥国伊達郡貝田村(福島県伊達郡国見町)の出。

■ 西川(にしかわ、さいかわ)
# 北海道の西川家: 小樽の豪商。近江国八幡(滋賀県近江八幡市)の出身で、17世紀の半ばに松前に渡った。18世紀に三代目が小樽に転じて栄えた。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】

■ 福原(ふくはら)
# 北海道の福原家: 余市の網元。幕末に上之国から余市に出稼ぎに来た才七が、明治時代にニシン漁を営み財をなした。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】
・ 上ノ国(かみのくに): 北海道檜山郡上ノ国町上ノ国。古くは天河(てが)と称し、上之国・上国・神ノ国などとも書かれ、単に上とも表記された。地名は、松前を中心として以西を上(の国)、以東を下(の国)と称したことに由来する。鎌倉期津軽の安東氏は上ノ国と下ノ国の両氏に分かれていた。松前・上磯地方にはこの下ノ国氏が渡来していることから、上ノ国地方は上ノ国安東(藤)氏の北海道における拠点であったと推されている。

■ 松前(まつまえ)
# 北海道の松前家: 松前藩主。慶長4年(1599年)に蠣崎慶広が松前家と改称したのを祖とする。

■ 村山(むらやま)
# 北海道の村山家: 松前の豪商で阿部屋を号した。江戸時代の半ばに能登国羽咋郡安部屋村(石川県羽咋郡志賀町)から転じた。【出典:あなたの知らない北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 横山(よこやま)
# 北海道の横山家: 江差の豪商。能登国珠洲郡三崎(石川県)の出で、江差に転じ蝦夷地で手広く商いを行った。【出典:日本の名字 武光誠 角川新書】


■ 北海道の地名をルーツとする名字

■ 北海道の名字の特徴

■ 北海道の地名の特徴 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示