上杉鷹山
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史的人物のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 上杉鷹山(号)

・ 「上杉」の名字の由来

・ 上杉家

・ 1751年〜1822年
・ 諱: 勝興(かつはる)・治憲(はるのり)
・ 幼名: 松三郎・直松
・ 階位: 越前守

・ 天明の大飢饉を乗り越えて、財政破綻した米沢藩の財政再建を行った。当時の米沢藩は15万石。それに対して会津120万石時代の藩士を丸抱えして、その数五千家。人件費率は90%という。

# 江戸の藩主の年間費用1500両を廃し、世子のときの209両のままとした。日常の食事は一汁一菜、衣服は木綿、50人いた奥女中を9人に減らした。桑・楮(こうぞ)・漆をそれぞれ100万本植えさせた。

# 「小説 上杉鷹山 童門冬二 集英社文庫」より
・ 池で寝ている金魚を起こしに米沢へ。いいな、いいな、この言葉。読み出したら止められなくなったよ。
・ 鷹山の側室のお豊って、10歳も年上なんだねぇ。鷹山も、他家から養子というが、一応上杉家の血を引いているんだねぇ。まぁ、小説だから史実と違うところもあるんでしょうが。
・ 米沢藩の500石船、新潟から材木をつんで出港。暴風雨で宗谷までながされた。米沢藩って海の無い藩だが、藩船をもっていたんだねぇ。
・ いやあ、面白い、というより感動する。この、鷹山の精神は現代でも通用する。今、鷹山公のお許しを得て、残り火を分けていただいて、我が心に灯す。さて、どこを開墾して、何を植えるかな。藩籍を棄てず農民と化する。


Help】 「苗字」「階位」「幼名」「通称」「諱」「尊称」「号」「氏」「姓」などはこちらをご覧ください。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示