伊達政宗
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史的人物のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 伊達政宗(諱)

# 「伊達」の名字の由来

・ 1567年〜1636年
・ 神号: 武振彦命(たけふるひこのみこと)
・ 幼名: 梵天丸
・ 通称: 藤次郎
・ 渾名(あだな): 貞山公、独眼竜。
・ 階位: 従三位・権中納言
・ 政宗は農業改革に際して、「御買米仕法(おかわせまいしほう)」という金融制度を用いた。
・ 1600年代半ばには、仙台藩からの江戸廻米(本石米)は年間15万石にも達し、江戸の消費量の20%以上にも達した。

# 仙台藩の初代藩主。1567年に出羽国米沢城主の伊達輝宗の嫡男として生まれた。母は出羽国山形城主の最上義光の妹。

# 貞山堀: 宮城県の仙台空港付近に「貞山堀」という運河がありますが、貞山は伊達政宗のおくり名。


Help】 「苗字」「階位」「幼名」「通称」「諱」「尊称」「号」「氏」「姓」などはこちらをご覧ください。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示