福岡県内の諸藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 秋月藩(福岡県朝倉市)

・ 黒田家5万石・外様
・ 秋月家が日向国の高鍋に移った後、1623年に福岡藩の黒田長政の子の長興が藩主となった。

■ 久留米藩

■ 小倉藩(福岡県北九州市)

・ 小笠原家15万石・譜代
・ 小笠原右近将監
・ 細川家の後、1632年に小笠原家が入封。元々、小笠原家は信濃国の出だが、武田信玄に圧迫され、その後、上杉家、蘆名家、織田家、徳川家、豊臣家と頼り、秀政が徳川信康の娘と結婚し譜代扱いとなった。

■ 小倉新田藩(福岡県北九州市)

・ 小笠原家1万石・譜代・陣屋
・ 小倉藩の分家。

■ 福岡藩

■ 三池藩(福岡県大牟田市)

・ 立花家1万石・外様・陣屋
・ 六代藩主の種周(たねちか)は若年寄に抜擢されたが、松平定信と対立して罷免された。
・ 1806年に陸奥国下手渡に移されたが、戊辰戦争中に仙台藩に攻められ三池に戻った。

■ 柳河藩(福岡県柳川市)

・ 立花家11万9千石・外様
・ 立花左近将監
・ 豊後大友氏の家臣、立花宗茂が藩祖。関ヶ原の戦いで西軍に加担し改易となるが秀忠により再度大名へ。筑後国山門郡(柳川市)10万9000石。立花家四代藩主の別邸は現在「御花」として料亭となっている。
・ ジョン・レノンの妻のオノ・ヨーコは立花家家老小野家の末裔
・ 松田聖子の実家の蒲池家は、以前は柳川を拠点とした戦国大名で、後に柳川藩の家老格となった。


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示