彦根藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 彦根藩(滋賀県彦根市)

# 井伊家35万石: ただ、5万石は幕府からの預かり地だったかな?それと、安政の大獄の処分をうけて石高を減らされたんだったかな。 それを根に持ってか、幕末には官軍側についたようだ。

# 井伊掃部頭

# 彦根藩の領地は、現在の滋賀県にあったわけだが、それ以外にも東京の世田谷区や栃木県の佐野周辺にもあった。世田谷の豪徳寺は井伊家の菩提寺?ゆるきゃらの「ひこにゃん」は、この豪徳寺の生まれと言われる。

# 徳川家が甲斐や信濃を勢力下においた後、井伊直政には武田の旧臣117人の与力を預けた。飯富(おぶ)兵部少輔虎昌、山県三郎兵衛尉昌景兄弟が率いた「赤備え」が有名。【徳川家臣団の謎  菊地浩之 角川選書】

# 彦根藩士の出身者
・ 陸軍大将の中村覚(男爵)
・ 海軍大将の三須宗太郎(男爵)
・ 大東義徹は第一次大隈内閣の司法大臣
・ 大海原尚義は富山県大参事
・ 書道家の日下部鳴鶴
・ 大正期の歌人の木俣修は筆頭家老の木俣家の末裔。
・ 日本生命の創業家の久世家は彦根藩の御用商人。
・ ジャーナリストの田原聡一朗は彦根藩の足軽の子孫。

# 「おんな城主 直虎」にみる名字と地名

# 井伊直弼 ・ 井伊直政


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示