庄内藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 庄内藩(鶴岡藩)

・ 山形県鶴岡市
・ 酒井家
・ 左衛門尉酒井家の家紋「丸に片喰」。
・ 酒井左衛門尉

# 16万7千石 藩主酒井家は徳川四天王の一人酒井忠次の嫡流。戊辰戦争では奥羽越列藩同盟。維新後は減知され「大泉藩」と変えた。出羽松山藩主の酒井家は分家。
※ ちなみに、大泉藩の大泉だが、このあたりが昔は大泉荘という荘園だったことに由来する。

# 庄内藩は1622年に酒井家が鶴岡に転じた後、石高に見合った兵力を揃えるために、改易となった最上家(山形市)の家臣を多く召し抱えた。

# 1707年におきた「富士山の大噴火」で被害を受けた、東海道の藤枝付近の復旧工事を幕府から命じられた。
水野重治、上田頼母、松平武右衛門の家老は、藩主の贅沢を禁じ、用度の節約を要請した。なんでもこの時代の四代藩主の酒井忠真は遊び人で相当のお金を使ったそうだ。東海道の復旧工事の総額は2万2千両で、その多くは藩内の豪商が負担したそうだ。

# 戊辰戦争後、会津への転封が決定したが、磐城国平に変更させた。そして、豪商の本間家を中心とした働きにより、領内から30万両の献金を集め、結果として70万両の献金で庄内への残留に持ち込んだ。【江戸300藩の意外な「その後」 日本博学倶楽部 PHP研究所】

# 本間さまの経済再生の法則


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示