物部氏
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 古代豪族の目次
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 物部氏(もののべのうじ) → 「物部」の名字の由来

日本神話に登場する神の邇藝速日命(ニギハヤヒノミコト)を祖とする。

■ 物部氏(もののべ の うじ)

# ルーツ: ニギハヤヒ

# 拠点: 大和国山辺郡ほか

# 特徴: 磐井の乱を鎮圧

# 役職: 大連・首

# 関連地: 石上神宮(奈良県天理市)、磐船神社(大阪府交通野市)ニギハヤヒが乗って地上に降り立った天磐船と伝える巨石を祀る。現在ばかりスサノウを祀る。
・ 物部大連は、河内を本拠地とし、後に大和に戻った。
・ 物部首は、春日臣・和邇(わに)臣の同族で、タガネツキノオオオミの子の市川臣を祖とする石上に土着の氏であったが、五世紀に侵出した渡来系の物部大連の配下に組み入れられ、物部首を称するようになった。
・ 大連系は主に軍事面、首系はおもに祭祀関係。
・ 物部氏は石上氏へ改姓した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示