歴史的人物
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史的な名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

■ 石和氏・井沢氏: 中世、山梨県笛吹市石和町に武田一族と思われる井沢氏や甲斐国守護として石和五郎信光の名が見える。

■ 小佐手氏(おさで-し): 武田信重の子の永信が山梨県甲州市勝沼町小佐手に住み、小佐手を称した。

■ 織田信孝: 織田信長の三男の信孝は、尾張国知多半島内海の大御堂寺で切腹させられたが、ここは源義朝が暗殺された場所。

■ 御宿氏: 天正年間に山梨県甲州市勝沼町休息の地に御宿氏がおり、駿河国の出。

■ 伊治公呰麿(これはりのきみあざまろ)は蝦夷の出身で奈良時代の末に宮城県栗原地方にあった上治郡の大領に任ぜられた。【本州における蝦夷の末路 喜田貞吉 青空文庫】

■ 柴田勝家: 織田家の重臣で有名な柴田勝家。織田信長の妹のお市の方を娶る前の半生には謎も多いという。少なくとも実子の跡継ぎはおらず、跡継ぎは二人とも養子で姉の子。
・ 柴田勝政: 佐久間勝政。佐久間盛政の弟。佐久間盛政は尾張国御器所の出身で、母が柴田勝家の実の姉。
・ 柴田勝豊: 吉田勝豊。母親は柴田勝家の姉。

■ 高玉氏: 戦国時代に陸奥国安達郡高玉(福島県郡山市磐梯熱海高玉)に高玉氏がいた。

■ 長束(なつか): 長束氏の出自は愛知県か滋賀県か?それが問題だ。どっちが本当なんだろう?
・ 長束(なつか): 愛知県稲沢市長束町。豊臣秀吉の五奉行の1人長束正家は当地の出身といわれ、長束正家邸址の碑が残る。地名については、「長束大蔵大輔の卜居せしより呼とぞ、されば村名は姓氏に出たり」という。【角川日本地名大辞典】
・ 長束(なつか): 滋賀県草津市長束町。当地は豊臣秀吉の五奉行の1人長束正家の出身地である。【角川日本地名大辞典】

■ 日暮: 水戸街道の小金宿(松戸市)には水戸家専用の本陣(水戸御殿)があり、日暮玄蕃(げんば)が世襲で管理。

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細

統計表示