東北地方の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 都道府県毎の名字の特徴
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 東北地方の名字の特徴

# 東北地方には現在約21000種の名字があるといわれる。
# 東北地方を代表とする名字に「佐藤」があり、青森県を除いた五県で首位を占めており、東北地方の約5%弱は「佐藤」である。
# 陸奥国の石巻、牡鹿、桃生、本吉の沿岸部に鈴木姓が多い。
# 「きくち」: 青森、岩手は「菊池」が多く、秋田、山形、宮城、福島は「菊地」が多い。
# 奥州藤原氏の滅亡後、鎌倉幕府の武士達が東北地方にやってきて土着し名字を広げた。その代表が陸奥国葛西千葉、蘆名、出羽国小野寺
# 鎌倉時代に東北地方北部を領していたのは安東家の一族で、安東安藤とも書かれた。しかし、室町時代には陸奥国南部氏が北に勢力を伸ばし、1442年に安東盛季が本拠地の十三湊(とさみなと・青森県)を追われ、蝦夷(えぞ)の松前に逃れた。この時期に、函館市から西にかけて「道南十二館」という小領主たちが生まれ、安東氏の影響下にあったそうだ。

北海道の名字の特徴 東北地方の名字の特徴 関東地方の名字の特徴 北陸地方の名字の特徴
甲信地方の名字の特徴 東海地方の名字の特徴 近畿地方の名字の特徴 中国地方の名字の特徴
四国地方の名字の特徴 九州地方の名字の特徴 沖縄県の名字の特徴  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 東北地方のアイヌ語由来の名字

# 現在、アイヌ人は北海道にしか住んでいないが、江戸時代初期までは津軽半島の北部や下北半島の北部にはアイヌ人と和人が混在していた。
# 相内(あいない): 「アイナイ」を語源とし、「支流の沢」を意味する。
# 江刺(えさし): 「エサウシ」を語源とし、「前の地」を意味する。
# 小友(おとも): 「オタモイ」を語源とし、「砂湾」を意味する。
# 釜石(かまいし): 「カモイウシュ」を語源とし、「上の湾」を意味する。
# 毛馬内(けまない): 「ケマナイ」を語源とし、「脚?の沢」を意味する。
# 雫石(しずくいし): 「シツクイシ」を語源とし、「麓の陰の集落」を意味する。
# 白鳥(しらとり): 「シララトイル」を語源とし、「岩の道」を意味する。
# 紫波(しわ): 「シワカウシュ」を語源とし、「赤石」を意味する。
# 津軽(つがる): 「ツカリ」を語源とし、「舟の出る所」を意味する。
# 斗米(とまい): 「トウマイ」を語源とし、「沼地」を意味する。
# 苫米地(とまべち): 「トウマベッチ」を語源とし、「泥の多い沼地」を意味する。
# 平泉(ひらいずみ): 「ピラチミ、ピラエチミプ」を語源とし、「崖から清水の湧き出る所」を意味する。
# 階上(はしかみ): 「バッチエカマイ」を語源とし、「波浪の飛び越える所」を意味する。
# 閉伊(へい): 「ビイエウシュ」を語源とし、「稗(ヒエ)の肥沃な地」を意味する。
# 米内(よない): 「ヨプナイ」を語源とし、「首長集落の沢」を意味する。

■ 「コン」姓

# 東北地方の名字として特徴的なのに「コン」のつく名字がある。
# 今野: 青森県を除く各県に多くみられる。
# 金野: 岩手県の気仙地方に多い。
# 昆野: 岩手県全域に多い。
# : 青森県秋田県山形県に多い。
# 近野: 山形県福島県に多い。
# 紺野: 福島県岩手県に多い。

【青森県】 → 青森県の名字の特徴

# 最多姓が「工藤」というのは青森県の特徴。
・ 弘前市のベスト5: 工藤佐藤斎藤成田三上
・ 八戸市のベスト5: 佐々木中村木村高橋佐藤

# 青森県らしい名字
・ 「三上」「対馬」「(こん)」「(じん)」「一戸」「長内」「鳴海」などは青森県らしい名字。

【岩手県】 → 岩手県の名字の特徴

# 「佐藤」は県南に多く、「佐々木」は沿岸部、「高橋」は西部の山沿いに多くみられる。
・ 「及川」「小原」「千田」「岩渕」「八重樫」「小田島」「戸来(へらい)」「角掛(つのかけ)」などは岩手県らしい名字。
・ 小原: 岩手県では「おばら(おはら)」読みが多く、「こばら(こはら)」読みは少ない。
・ 千田: 岩手県では「ちだ」読みが普通で、「せんだ」読みは少ない。

# 岩手県独特の名字
・ 「館」や「舘」がつく名字。久慈市(旧山形村)の下館、久慈市の外館、宮古市の古館。半島状の丘の上に建てられた砦を意味する。

# 岩手県らしい読み
・ 一戸町周辺の米田(まいた)、久慈市の小田(こだ)。
・ 宮古市や久慈市の城内(じょうない)。静岡県では「きうち」、兵庫県では「しろうち」と読む。
・ 三陸沿岸北部では「ら行」で始まる名字が特徴的。乱場(らんば)、類家(るいけ)、林郷(りんごう)など。

【秋田県】 → 秋田県の名字の特徴

# 上位12の名字で県人口の約3割を占める寡占状態。

# 秋田県独特の名字
・ 進藤、加賀谷、小玉、船木、嵯峨、金、東海林(しょうじ)、安保(あんぽ)、草g、虻川、真坂、戸嶋、日景(ひかげ)、館岡、信太(しのだ)、長岐(ながき)、津谷、小松田、加賀屋、小助川、簾内(すのうち)、沢田石。

【宮城県】 → 宮城県の名字の特徴

# 佐藤姓が約7%弱を占める。特に、南三陸町の旧志津川町では約2割をしめる。

# 阿部姓が多いのも宮城県の特徴で特に女川町や石巻市の旧牡鹿町に多くみられる。

# 宮城県らしい名字
・ 庄子(しょうじ)、赤間、武山、遊佐、我妻(あがつま)、若生(わこう)、鹿野(かの)、門間(もんま)、狩野(かりの)、三塚(みつづか)。
・ 引地(ひきち)、山家(やんべ)、堀籠(ほりごめ)、沼倉(ぬまくら)、西城(さいじょう)、斎(さい)、熱海(あつみ)、安住(あずみ)、嶺岸(みねぎし)、橋浦(はしうら)、玉手(たまて)、砂金(いさご)。

# 宮城県独特の名字
・ 「しょうじ」: 東北地方に多い「しょうじ」だが、宮城県には「庄子」や「庄司」が多く、特に仙台市にかたまってみられる。
・ 「小山」: 全国的には「こやま」読みが多いが、宮城県青森県・福岡県・熊本県では「おやま」読みが多い。
・ 「我妻」: 全国的には「わがつま」読みが多いが、宮城県では大半が「あがつま」読みで特に県の南部で顕著。ちなみに、山形県ではほとんどが「わがつま」読みで、東京都は半々らしい。
・ 「狩野」: 全国的には半数以上が「かのう」、ついで「かりの」、「かの」の順。宮城県では半数以上が「かりの」で、4割弱が「かの」読みで、「かのう」読みは少数派。ちなみに、タレントの「狩野英孝」は「かのう」読みだと思っていたら、「かの」読みでした。
・ 「鹿野」: 宮城県で8割が「かの」読みで、残りが「しかの」読み。山形県では半々。


【山形県】 → 山形県の名字の特徴

# 秋田県同様「佐藤」姓が多く、真室川町では二割を占めると言われる。

# 1位の佐藤から6位の阿部までを合わせると人口の二割を占める寡占状態。

# 五十嵐武田奥山本間などが多いのは山形県らしい。

# 山形県らしい名字
・ 東海林(とうかいりん)、土田(つちだ)、安孫子(あびこ)、沼沢(ぬまざわ)、柏倉(かしわぐら)、寒河江(さがえ)、今田(こんた)。
・ 富樫大場小関森谷板垣笹原星川が多いのは山形県らしい。
・ 小関: 山形県ではほとんどが「こせき」読み。関東地方では約二割が「おぜぎ」、西日本では半々くらいの割合。
・ 白田舟山矢萩八鍬近野(こんの)、土門、新野(にいの)、長南(ちょうなん)、遠田(えんだ)、海藤(かいどう)、大類(おおるい)、押野、安食(あじき)、押切情野(せいの)、海谷(かいや)、有路(ありじ)、日塔(にっとう)、志藤(しどう)、草刈

# 山形県独特の名字
・ 「東海林」: なんといっても、山形県独特と言えば「東海林」で読みはズバリ「とうかいりん」。
・ 「今田」: 山形県では「こんた」読みが普通だが、関西では「いまだ」読みが普通。
・ 「白田」: 白田山形県と茨城県に多いが、山形では「しらた」、茨城では「はくた」読みがほとんど。
・ 「成沢」: 山形県と長野県を中心に東北地方南部から東海地方にかけてかたまってみられる。長野県では「なるさわ」読みが主流だが、山形県ではほとんどが「なりさわ」読み。

【福島県】 → 福島県の名字の特徴

# 佐藤鈴木渡辺の割合が高い。相馬地方の相馬藩の武士のうち約20%が佐藤氏の流れをくむといわれ、佐藤姓が多い。

# 「渡部」: 福島県内ではほとんどが「わたなべ」読み、全国的には「わたべ」読みもある。

# 福島県らしい名字
・ 安斎、柳沼、国分猪狩三瓶二瓶、緑川、新妻、蛭田、丹治、八巻、増子(ましこ)、菅野(かんの、すげの)、門馬、佐久間芳賀、矢吹、熊田、宗像。
・ 添田、矢内(やない)、小針、折笠、円谷(つぶらや)、鴫原(しぎはら)、荒、栗城(くりき)、国井、野地、坂内(ばんない)、箭内(やない)、上遠野(かどおの)、白岩、宗形、金成、穴沢、先崎、相良、菅家(かんけ)、七海(ななうみ)。
・ 「矢内」: 矢内は福島県では「やない」読みだが、他県では「やうち」読みも多い。
・ 「菅野」: 全国では大半が「かんの」読みで残りは「すがの」読みが多い。福島県内では大半が「かんの」読みだが、残りは「すげの」読みが主流。

【東北地方の多姓】 (東北地方の苗字おもしろこぼれ話 鈴木常夫 本の森 より ・ 世帯数による順位のようです)

■ 1〜20位
# 東北全体: 全国の上位にはみられない「菅原」や「菅野」が見られる他、「渡辺」に加えて「渡部」もランクインしている。
# 青森県: なんといっても「工藤」が1位となっているのが特異的。その他には、他県では上位に見られない「成田」「三上」「葛西」「小笠原」などが目立つ。
# 岩手県: 西日本に多い「菊池」が上位にランクインしている他、東日本の「菊地」も見られる。他に「及川」「熊谷」「小野寺」などのランクインが目立つ。
# 秋田県: 秋田県には「渡辺」と「渡部」の同時トップテンが特徴。他には「畠山」「小松」「柴田」「鎌田」「成田」のランクインが目立つ。
# 宮城県: 「きくち」は東日本系の「菊地」だけがランクイン。他には「小野寺」「相沢」「今野」「及川」「熊谷」のランクインが目立つ。
# 山形県: 山形県でも「渡辺」と「渡部」がランクイン。それから新潟県から伝わってきた、「奥山」「五十嵐」「本間」がランクインしているのも特徴。
# 福島県: 福島県の名字である「」のランクインを特徴とし、他に「菅野」「小林」「五十嵐」「根本」「小野」「佐久間」のランクインが特徴的。

全 国 東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
東北地方 青森県の由来 岩手県の由来 秋田県の由来 宮城県の由来 山形県の由来 福島県の由来

1位

佐藤 佐藤 工藤 佐藤 佐藤 佐藤 佐藤 佐藤
2位 鈴木 高橋 佐藤 高橋 高橋 高橋 鈴木 鈴木
3位 高橋 鈴木 佐々木 佐々木 佐々木 鈴木 高橋 渡辺
4位 田中 佐々木 木村 千葉 加藤 阿部 斎藤 斎藤
5位 伊藤 斎藤 斎藤 菊池 伊藤 佐々木 伊藤 遠藤
6位 渡辺 阿部 成田 阿部 鈴木 千葉 阿部 高橋
7位 山本 伊藤 中村 菅原 斎藤 伊藤 渡辺 吉田
8位 中村 渡辺 田中 及川 三浦 斎藤 遠藤 渡部
9位 小林 千葉 三浦 伊藤 工藤 菅原 後藤 菅野
10位 加藤 遠藤 三上 鈴木 阿部 渡辺 武田 橋本
11位 吉田 吉田 葛西 吉田 畠山 遠藤 渡部 阿部
12位 山田 工藤 高橋 熊谷 渡辺 三浦 五十嵐 伊藤
13位 佐々木 加藤 小笠原 小野寺 藤原 加藤 菅原
14位 山口 三浦 鈴木 斎藤 菅原 小野寺 奥山 小林
15位 松本 菅原 山田 藤原 小林 菊地 井上 五十嵐
16位 井上 木村 吉田 中村 小松 相沢 山口 根本
17位 木村 渡部 川村 三浦 柴田 木村 松田 佐々木
18位 菊地 山本 小原 鎌田 今野 工藤 小野
19位 斎藤 小林 坂本 工藤 成田 及川 本間 松本
20位 清水 菅野 藤田 菊地 渡部 熊谷 木村 佐久間

■ 21〜40位
# 東北全体: 20位台ともなると、地域特有な名字として「及川」「小野寺」「熊谷」「畠山」「成田」「星」「小松」などがみられる。
# 青森県: 青森県独特の「」「」「蝦名」「福士」に加えて、「おさない」読みが「小山内」と「長内」の二つランクインしている。
# 岩手県: 「千田」「八重樫」「岩渕」「鎌田」「小田島」などの特徴ある名字がランクイン。
# 秋田県: 「田口」「加賀谷」「小玉」などは他県にあまり見られない名字だ。
# 宮城県: 「早坂」「大友」「浅野」などに加え、「しょうじ」読みは「庄司」と「庄子」の二つがランクイン。「庄子」は宮城県独特。それと、福島県の名字の「」もランクイン。
# 山形県: 「今野」「富樫」「梅津」「大沼」などは山形県らしい名字。【山形県らしい名字
# 福島県: 新潟県に多い「長谷川」や関東地方に多い「関根」がランクインしている他、「安齋」「志賀」「国分」「草野」「柳沼」なども他県には見られない名字だ。

全 国 東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
21位 山崎 及川 太田 千田 木村 吉田 今野 長谷川
22位 阿部 田中 村上 田中 後藤 加藤 石井
23位 菊池 神(じん) 畠山 石川 小野 庄司 加藤
24位 池田 小野 阿部 菅野 菊地 早坂 小林 大竹
25位 橋本 中村 蝦名(えびな) 遠藤 小野 村上 三浦 菊地
26位 山下 後藤 須藤 川村 田口 菅野 吉田 山田
27位 石川 小野寺 対馬 小笠原 吉田 山田 菊池 三浦
28位 中島 熊谷 古川 石川 藤田 大友 田中 安齋
29位 前田 村上 福士 八重樫 熊谷 石川 富樫 田中
30位 藤田 山田 小山内 井上 加賀谷 庄子 阿部 本田
31位 後藤 今野 相馬 岩渕 武田 桜井 梅津 木村
32位 小川 武田 伊藤 田村 田村 小林 石川 関根
33位 岡田 五十嵐 小野 渡辺 石井 小山 太田 安藤
34位 長谷川 畠山 山口 山崎 小玉 小野 後藤
35位 村上 橋本 加藤 加藤 近藤 太田 大沼 志賀
36位 近藤 成田 千葉 田中 進藤 池田 国分
37位 石井 藤原 前田 小林 村上 浅野 横山 村上
38位 遠藤 石川 長内 多田 池田 庄司 菅野 坂本
39位 斉藤 小林 鎌田 千葉 武田 須藤 草野
40位 坂本 小松 石岡 小田島 山田 鎌田 長岡 柳沼(やぎぬま)
全 国 東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
41位 青木 相沢 渡辺 山本 後藤 中村 佐々木 大内
42位 藤井 鎌田 村上 小野 遠藤 畠山 渋谷 古川
43位 西村 山口 田村 金野 児玉 田中 長谷川 三瓶
44位 福田 川村 一戸 細川 中村 丹野 東海林 猪狩
45位 太田 小笠原 沢田 後藤 保坂 尾形 柴田 二瓶
46位 三浦 太田 長谷川 坂本 今野 横山 安達 武田
47位 藤原 長谷川 鳴海 藤沢 照井 小松 金子 藤田
48位 松田 柴田 山内 小山 石田 大場 小関 酒井
49位 岡本 山本 秋元 新沼 小笠原 工藤 板垣 芳賀
50位 中川 石井 菊池 浅沼 奈良 渋谷 早坂 宍戸
51位 中野 藤田 小田桐 武田 原田 大沼 村山 熊田
52位 原田 早坂 和田 松田 山本 菊池 小松 緑川
53位 小野 千田 渋谷 木村 船木 大槻 荒木 高木
54位 田村 松本 小泉 瀬川 桜庭 赤間 安孫子 馬場
55位 竹内 井上 野呂 山口 黒沢 宍戸 森谷 矢吹
56位 金子 坂本 阿保 柴田 信太 内海 石山 宗像
57位 中山 須藤 畑中 中島 嵯峨 我妻 山川 紺野
58位 和田 田村 花田 小松 東海林(しょうじ) 氏家 結城 八巻
59位 石田 三上 竹内 今野 安田 山口 島貫 新妻
60位 上田 松田 鎌田 立花 川村 山内 荒井 景山
全 国 東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
61位 森田 山崎 山崎 三上 堀井 川村 秋葉 高野
62位 庄司 橋本 村田 須藤 芳賀 大場 小椋
63位 工藤 横山 赤坂 平野 藤井 橋本 原田 伊東
64位 酒井 根本 桜庭 昆野 五十嵐 千田 青木 蛭田
65位 横山 小山 石田 藤井 武藤 平塚 土屋 増子
66位 柴田 渋谷 大久保 柿崎 日下 中村 大和田
67位 宮崎 大友 松橋 藤村 日野 多田 岡部
68位 宮本 安藤 下山 小岩 桜田 須藤 丹野 佐川
69位 内田 葛西 奈良 沢田 清水 大内 笹原 小松
70位 高木 小原 横山 岩間 大塚 山本 清野 清野
71位 安藤 古川 西村 山田 金子 松本 今田 山口
72位 谷口 庄子 古館 石塚 狩野 星川 大平
73位 丸山 池田 安田 田口 浅利 安藤 大滝 尾形
74位 大野 佐久間 中野渡(なかのわたり) 中野 富樫 小川 山田 湯田
75位 今井 桜井 柿崎 岩崎 阿保(あんぽ) 渡部 今野
76位 高田 本田 福井 平賀 中川 五十嵐 我妻 今泉
77位 河野 芳賀 柴田 太田 小野寺 須貝 深瀬 金沢
78位 藤本 宍戸 熊谷 沢口 大山 山崎 滝口 菅野
79位 武田 浅野 田沢 藤田 門脇 門間 柿崎 横山
80位 杉山 大内 鹿内 小沢 安藤 清水 大塚 箱崎
全 国 東北地方 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
81位 上野 岩渕 木立(きだち) 大久保 相馬 青木 矢口 本多
82位 菅原 大沼 棟方 川崎 山内 柴田 舟山 門馬
83位 村田 丹野 石橋 久慈 目黒 遊佐 沼沢 永山
84位 小島 馬場 志田 伊東 松田 新関 松崎
85位 増田 伊東 種市 橋本 菊池 井上
86位 千葉 大場 鳥谷部 紺野 庄司 岩渕 岡崎 安田
87位 小山 大竹 相内 大和田 千田 板橋 石沢 滝田
88位 平野 熊田 清水 伊東 北島 藤田 江口 目黒
89位 大塚 清水 田名部 鷹嘴(たかのはし) 長谷川 相原 須貝 菊田
90位 久保 奥山 久保 谷藤 松橋 本田 寒河江 山崎
91位 松井 本間 外崎 松本 浅野 高野 藁谷(わらがい)
92位 渡部 相馬 奈良岡 大森 夏井 藤原 小笠原 半沢
93位 岩崎 我妻 奥崎 清水 松田 石井 三沢 野地
94位 木下 大槻 金沢 松本 山下 大泉 近藤
95位 佐野 尾形 大沢 長沢 小田島 沼田 酒井 金成(かなり)
96位 菊地 安齋 館山 赤坂 野呂 中川 峯田 馬目(まのめ)
97位 野口 武藤 八木橋 金沢 山崎 池田 竹田 山野辺
98位 松尾 原子 芳賀 渋谷 伊東 海藤 上遠野(かとおの)
99位 野村 後藤 長谷川 小川 長谷川 布施 大槻
100位 大西 高野 久保田 宮野 門間 松浦 志田 水野

【参考資料】 

・ 県別名字ランキング事典: 森田浩編 東京堂出版
・ 東北地方の苗字おもしろこぼれ話 鈴木常夫 本の森
・ 北海道・東北地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社

詳細資料

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示