武蔵七党
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 関東地方の名字の特徴
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 名字の多くは武士の領地となった地名からおきていることを考えると、「武蔵七党」はおさえておかなければならないでしょうね。【「党」とは何か?

■ 武蔵七党は武蔵野の開墾者で、鎌倉幕府の重要な構成員の中級武士。平安時代後期に京から下向した中流貴族の子孫で小領主の集団で連合体。彼らは11世紀半ばに小地名を名字としたとされています。。

■ 小野氏: 横山党猪俣党
・ 横山、猪俣党は、小野のたかむらの子孫。小野孝泰の時に武蔵守となり、その子の義孝が武蔵権介となり、横山大夫と言って横山(東京都八王子市)を本拠地としたのに始まる。
猪俣党は、義孝の弟で武蔵介の時資を祖とし、その子の時範が猪俣(児玉郡美里町)を本拠地とし、猪俣野兵を称した。【武蔵武士 そのロマンと栄光 福島正義 さきたま出版会】

■ 平氏: 野与党村山党
・ 野与党と村山党も同祖で、平良文の子孫の千葉胤宗の孫の基永が野与の庄司となって野与六郎を称し、その弟の頼任が村山(東京都東村山市)を本拠地とし、村山貫主を称したのを祖とする。 【武蔵武士 そのロマンと栄光 福島正義 さきたま出版会】
・ 村山党は入間郡を勢力下においた。村山党は高望王の五男の平良文の子孫で、村山貫主頼任を祖とする。高望王は初めて平氏を称し、上総介として坂東に下った。嫡子の国香は常陸大掾、良兼は下総介、良将は鎮守府将軍、良孫は上総介、良持は下総介、良文は武蔵守、良茂は常陸少掾。【武蔵武士 そのロマンと栄光 福島正義 さきたま出版会】

■ 日奉氏: 西党

■ 有道氏: 児玉党
・ 児玉党は、武蔵守だった有道惟行が児玉を本拠地とし、児玉氏を称した。【武蔵武士 そのロマンと栄光 福島正義 さきたま出版会】

■ 丹比(田治比)氏: 丹党
・ 丹党は宣化天皇の後胤で、彦武王の時に、丹治比古の姓を賜り、武信の時に武蔵国に流されて、秩父郡や賀美郡の開発領主となり、後に許されて京に戻った。その孫の峯時の時から武蔵国に土着した。【武蔵武士 そのロマンと栄光 福島正義 さきたま出版会】
・ 丹党は、鉱山技術者を抱える武士団。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 私市党
・ 私市党 は、騎西(北埼玉郡騎西町)の皇后の御料地である私市部の管理をした。牟自の子孫の黒長から私市氏を称した。【武蔵武士 そのロマンと栄光 福島正義 さきたま出版会】

# 丹荘村(たんしょうむら): 埼玉県、現在の神川町北部。丹庄村とも書く。村名の由来は古くから当地域を丹荘と称していたことに由来する。八高線の丹荘駅にその名を残す。

# 秩父の一つの阿久原(あぐはら)(児玉郡)では有道(ありみち)氏が別当(責任者)になり、勢力を拡大して児玉党を名乗った。阿久原群馬県との境。

# 丹治(たじひ)氏が秩父の一つの石田(いわた)別当となり、勢力を拡大して丹党を名乗った。

# 小野(八王子市)を中心に勢力を拡大した小野氏は横山党を名乗った。

# 日奉(ひまつり)氏は由比・小川(多摩)を中心に勢力を拡大して西党を名乗った。

■ 横山党は57家、猪俣党は32家、野与党は23家、児玉党や丹党は70〜80家、村山党、西党は20家くらい。
・ 平安時代後期から室町時代にかけて、現在の関東地方西部で勢力を持った同族的武士集団で、七党は諸説あるが、以下が有名。
・ 「横山党」「児玉党」「猪俣党」「村山党」「野与党」「丹党」「西党」
・ ほとんどは、「武蔵守」「武蔵介」の子孫。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【横山党】

■ 横山党: 小野篁(たかむら)の子孫武蔵守孝泰
・ 武蔵国多摩郡横山庄(東京都八王子市付近)を中心に、埼玉県熊谷市、深谷市、神奈川県川崎市付近に勢力をもった。
・ 「海老名氏」「愛甲氏」「大串氏」「小俣氏」「成田氏」「本間氏」などで「海老名氏」が一番栄えた。
・ 猪俣党も一族。

# 敏達天皇の子の春日皇子の子の小野妹子の五代子孫の小野篁の七代子孫の孝泰の長男の義孝が武蔵国横山(東京都八王子市横山町)を領して横山氏を称した。
義孝の弟の時資の子の時範が武蔵国猪俣郷(埼玉県児玉郡美里町猪俣)を領して猪俣を称した。

■ 横山党から出た名字

# 山口(埼玉県所沢市山口)
・ 山口(やまぐち):  埼玉県所沢市山口。当地は武蔵七党の1つ村山党の一族がこの地に住し、山口氏を称し山口城・竜谷城(根古屋城)を築いたと伝える。また中世の在地領主山口氏の鎌倉期の居城跡山口城跡が残る。【角川日本地名大辞典】

# 小野(神奈川県厚木市小野)
・ 小野村: 江戸時代から明治時代中頃にかけて相模国愛甲郡にみられた村名。

# 糟屋(東京都世田谷区粕谷)
・ 糟屋荘(かすやのしょう): 神奈川県伊勢原市上粕屋・ 神奈川県伊勢原市下糟屋。平安時代末期から室町時代にかけて相模国大住(おおすみ)郡にみられた荘園名。粕屋・粕谷とも書く。左大臣藤原冬嗣の孫にあたる元方が当荘の開発領主で、荘名をもって糟屋氏を名のり、以来その子孫が在地領主になった。【角川日本地名大辞典】

# 由木(東京都多摩郡船木田荘由木郷・東京都八王子市) → 「由木」の地名の詳細

# 室伏(山梨県東山梨郡牧丘町室伏)
・ 室伏(むろぶし): 山梨県山梨市牧丘町室伏。地名の由来は、里に降りて定着した山伏を村伏と呼んだことによるとか、あるいは開墾した土地を領主に隠して隠田とすることを室に臥すといったことによるなどと考えられている。【角川日本地名大辞典】
・ 室伏: 平安時代末期から戦国時代にかけて甲斐国山梨郡にみられた地名。「夫木抄」巻20に後白河法皇編「梁塵秘抄」の拾遺として「甲斐にをかしき山の名は、白根波埼塩の山、室伏柏尾山、篠の茂れるねはま山」の今様を載せる。南北朝時代には、この地に室臥氏なる名が見える。【角川日本地名大辞典】

# 大串(埼玉県比企郡吉見町大串)
・ 大串(おおくし): 埼玉県比企郡吉見町大串。鎌倉期武蔵七党の1つ横山党の保経の子孝保が大串の地に来て開発し、大串氏と称したという。地内には中世の大串次郎館跡がある。【角川日本地名大辞典】
・ 大串郷: 戦国時代に武蔵国吉見郡にみられた郷名。

# 千与野(埼玉県大里郡江南町千代)

# 伊平(静岡県引佐郡引佐町伊平)
・ 伊平(いだいら): 静岡県浜松市北区引佐町伊平。都田川の支流井伊谷川上流沿岸に位置する。

# 藍原(東京都町田市相原町・神奈川県相模原市相原)
・ 相原(あいはら): 東京都町田市相原町。古くは武蔵・相模両国の国境、現在は東京都神奈川県の境をなす境川の上流北岸に位置する。北方に丘陵を背負い南端を境川が南東流する地で、対岸の神奈川県相模原市域にも同地名がある。
 平安末期、武蔵七党の1つ横山党は横山荘を中心に勢力を持ち、源為義に仕えたという横山孝兼の嫡男時重は粟飯原氏を名乗り、次男孝遠は藍原二郎大夫と称したという。【角川日本地名大辞典】

# 古郡(埼玉県児玉郡美里町古郡)
・ 古郡(ふるこおり):  埼玉県児玉郡美里町古郡。地名の由来は那賀(なか)郡郡家であるという。当地に館を構えたという古郡氏は武蔵七党猪俣党の一族で、忠兼の孫忠時が古郡八郎と称したとも、丹党中村時経の子時員が古郡左近入道と称したともいわれる。【角川日本地名大辞典】

# 小倉(神奈川県川崎市幸区小倉・神奈川県津久井郡城山町小倉)
・ 小倉(おぐら): 神奈川県川崎市幸区小倉・神奈川県津久井郡城山町小倉。地名の由来については、鎌倉期の武蔵国の武士団横山党の豪族の1人、小倉氏からきているとする説、また、当地に武蔵国府に運び出す米を貯蔵しておく倉が置かれていたことによるとする説もあるが、未詳。【角川日本地名大辞典】

# 海老名(神奈川県海老名市)
・ 海老名(えびな): 神奈川県海老名市。もとは有鹿神社の神領であったが康平年間頃に村上源氏出自とする海老名氏によって押領されて海老名郷と称したという。地名は、大きな海老が生息していた土地の意ともいい、「有鹿神社縁起」には「殊に海老の大なる有るを以てこの海より美名得るなり」とある。地内には一大縄から五大縄までの名が残るなど、条里制が施行されたことがうかがえる。また有鹿神社付近には海老名源八の居館があったという。【角川日本地名大辞典】
・ 海老名郷: 室町時代から戦国時代にかけて、相模国高座郡にみられた郡名。

# 野部(東京都あきる野市野辺)

# 菅生(東京都あきる野市菅生・すがお)
・ 菅生(すがお): 東京都あきる野市菅生(すがお)。須賀尾とも書く。地名の由来について、菅(すげ)のたくさん生えていたことにちなむとするが、平瀬川上流などの比較的小さい谷が続く土地の意からスゴーと呼ばれ、のち菅生の字が当てられたと思われる。【角川日本地名大辞典】

# 大貫(茨城県つくば市大貫)
・ 大貫(おおぬき):  茨城県つくば市大貫。応永5年千葉式部太夫中納言の次男が当地に一杯城を築城、大貫氏を名乗ったことから、のち当地を大貫と称したという。【角川日本地名大辞典】
・ 大貫郷: 平安時代に常陸国にみられる郷名。「和名抄常陸国筑波郡九郷の1つ。筑波山南麓に位置する。

# 平子(武蔵国)
・ 平子郷(たいらこのごう): 鎌倉時代から戦国時代にかけて武蔵国久良岐郡にみられた郷名。武蔵七党の横山党の平子氏がいた。

# 別府埼玉県熊谷市別府)
・ 別府(べっぷ): 埼玉県熊谷市別府。地名は荘園の追加開墾地である別符田の意ともいう。【角川日本地名大辞典】

# 田名(神奈川県相模原市田名)
・ 田名(たな): 神奈川県相模原市緑区田名。神奈川県相模原市中央区田名。神奈川県相模原市中央区田名塩田に先土器時代や縄文早期の遺物が出土。武蔵七党の1つ、横山党田名氏の居館があったと伝える。【角川日本地名大辞典】

# 山崎(東京都町田市山崎町)
・ 山崎郷: 東京都町田市山崎町。南北朝時代から武蔵国にみられた郷名。鎌倉期に武蔵七党横山党の藍原二郎大夫の源兼光は山崎野太郎と号したが、横山党の一族が本拠横山荘から次第に南下し、在郷名を名乗っているところからみて、兼光はこの山崎を居住地としたものと推定される。【角川日本地名大辞典】

# 石川(神奈川県藤沢市石川)
・ 石川(いしかわ): 神奈川県藤沢市石川。相模野台地の南東部、引地川中流域に位置する。

# 他: 野内椚田(くぬぎだ)、平山、野平、鳴瀬古市、田屋、八国府(やこう)、古庄、野巻など。
・ 椚田郷(くぬぎだごう): 東京都八王子市椚田町。戦国時代に武蔵国多摩郡横山荘にみられた郷名で、橦田とも書く。当郷の古刹曹洞宗高乗寺前方の山は椚田城址で、一説には当郷の開発領主横山党椚田氏の居館跡といわれるが、徴証はない。室町期以降、当郷は高乗寺開基の大江姓長井氏の領するところとなり、戦国期には小田原北条氏の治下に入る。【角川日本地名大辞典】
・ 成瀬郷: 東京都町田市成瀬。戦国時代に武蔵国にみられた郷名。横山党藍原二郎大夫孝遠の孫に鳴瀬四郎太郎某がいるが、この一族には藍原(相原)・小山・野部(矢部)・山崎など付辺一帯の地名を名字に冠する者が多く、横山党が本拠の横山荘(八王子)から南下した状況が察せられる。
その後、戦国期の小田原北条氏治下では、「役帳」に他国衆小山田弥三郎信有の領として小山田庄成瀬が見える。【角川日本地名大辞典】
・ 野内(のうち): 栃木県芳賀郡茂木町小井土。南北朝時代に下野国茂木(もてぎ)保小井土郷にみえる地名。茂木知貞は馬籠・野内を除く小井土郷を嫡子知世に、馬籠・野内を庶子知久に譲渡した。次いで、康安2年9月29日馬籠・野内は知久からその子朝音に譲渡された。その後、朝音は茂木氏嫡流を継いだので、馬籠・野内は小井土郷に一括され、馬籠・野内を含む小井土郷は以後茂木氏嫡流に伝領された。【角川日本地名大辞典】
・ 平山(ひらやま): 東京都日野市平山。武蔵七党の1つ西党から出た平山氏居住の地とされている。【角川日本地名大辞典】
・ 古市(ふるいち): 群馬県前橋市古市町。地名の由来は不詳だが、現元総社町あたりに上野(こうずけ)国府が置かれたと推定され、国府付近を通った東山道の群馬駅に付随して市が立ったことから古市の地名が起こったと考えられる。【角川日本地名大辞典】
・ 野巻(のまき): 埼玉県秩父郡皆野町野巻。地名の由来は、秩父十郎武綱がを開いた所で、野牧をのちに野巻に書き換えたという。【角川日本地名大辞典】

【児玉党】

■ 児玉党: 古代豪族の有道氏の出。
・ 武蔵国児玉郡児玉郷(埼玉県本庄市)から上野国南部までの勢力を誇り、本庄市を本拠地とした。
・ 「児玉氏」「庄氏」「本庄氏」「塩谷氏」「小代氏」「四方田氏」「浅羽氏」「「桜井氏」「若児玉氏」など。
・ 武蔵七党中の最大勢力を誇った。
・ 小代(しょうだい)氏は児玉党で、小代郷(埼玉県東松山市)が本貫。小代重俊は宝治年間に肥後国野原荘(熊本県荒尾市)の地頭に。

# 藤原遠峯を祖とする。藤原遠峯の次男が武蔵国児玉郡(埼玉県児玉郡)を領して児玉氏を称した。

■ 児玉党から出た名字

# 入西(埼玉県坂戸市)
・ 入西荘(にっさいのしょう): 武蔵国入間郡にみられた荘園名で埼玉県越生町周辺。

# 浅羽(埼玉県坂戸市浅羽)
・ 浅羽(あさば): 埼玉県坂戸市浅羽。

# 小代(栃木県今市市小代)
・ 小代(こしろ): 栃木県日光市小代。
・ 小代(こしろ): 埼玉県坂戸市周辺。鎌倉時代から武蔵国入西郡にみられる地名。承元年間、小代氏の名がみえる。

# 越生(埼玉県入間郡越生町)
・ 越生(おごせ): 埼玉県入間郡越生町。
・ 越生郷(おごせのごう): 鎌倉時代から戦国時代にかけて武蔵国入西(につさい)郡にみられた郷名。同郷は児玉党の一族越生氏の本貫地で、是永名は応永初年にはその一部が吾那氏の、応永年間には越生郷東南部の上野村の一部が毛呂氏の所領であった。【角川日本地名大辞典】

# 小見野(埼玉県比企郡川島町上小見野・下小見野)
・ 小見野(おみの): 埼玉県比企郡川島町小見野。小美野・小美濃とも書いた。地名の由来は美濃国に似ているからとも、「みの」には丘陵地の意があるため小さな丘陵地のことだともいわれる。武蔵七党系図の児玉党系図には、浅羽小太夫行業の次男盛行が小見野に在住し、小見野四郎と称し、小見野氏の祖となったとある。【角川日本地名大辞典】

# 粟生田(埼玉県坂戸市粟生田)
・ 粟生田(あおうだ): 埼玉県坂戸市粟生田。
・ 粟生田郷: 室町時代から武蔵国入西郡にみられた郷名。

# 山越(栃木県安蘇郡田沼町山越)
・ 山越(やまこし): 栃木県佐野市山越町。中世に土豪山越氏が支配し、その子孫が津布久氏を名乗って、佐野氏に仕えていたという。【角川日本地名大辞典】

# 大河原(埼玉県飯能市大河原)
・ 大河原(おおかわら): 埼玉県飯能市大河原。地名の由来は未詳だが、古くは軍荼ケ根(ぐんだがね)村といったという(新編武蔵)。地内には縄文中期の集落跡大河原蜂平遺跡がある。中世は当地には土豪の大河原氏がおり、殿屋敷と称する地に大河原某が居住したという。【角川日本地名大辞典】
・ 大河原氏は本貫地(東秩父村)から惣領の中村氏の播磨移住に従って転じた。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

# 黒岩(埼玉県入間郡越生町黒岩)
・ 黒岩(くろいわ): 埼玉県入間郡越生町黒岩。地名は地内の越辺川の中に、黒い岩が多くあったことに由来するという。越生氏一族の土着の地と伝え、武蔵七党系図の越生四郎有平の子に黒岩左近有光が見える。【角川日本地名大辞典】

# 岡崎(埼玉県入間郡越生町越生字岡崎)
・ 岡崎村(おかざきむら): 埼玉県入間郡越生町大字越生字岡崎周辺。鎌倉時代に武蔵国入西郡越生郷にみられた村名。越生七郎光氏の所領岡崎村田畠在家とある。【角川日本地名大辞典】

# 塩谷(埼玉県児玉郡児玉町塩谷)
・ 塩谷(しおや): 埼玉県本庄市児玉町塩谷。「しおのや」とも読み、塩野屋とも書いた。地名の由来は不詳だが、武蔵七党の1つ児玉党の一族塩谷家遠の旧地で、「子孫連綿として居住せし地」と伝える。【角川日本地名大辞典】
・塩谷郷: 南北朝時代から武蔵国にみられる郷名。戦国時代は倉林氏の本領地であった。

# 富田(埼玉県大里郡寄居町富田)
・ 富田(とみだ): 埼玉県本庄市富田。留田とも書く。

# 庄(埼玉県北葛飾郡庄和町)

# 阿佐美(埼玉県児玉郡児玉町入浅見・下浅見)
・ 阿佐美郷(あさみのごう):  埼玉県本庄市児玉町入浅見・下浅見周辺。地名はかつて地内の東山に草薊が繁殖しアザミ山と称していたことによる。地内には武蔵七党の1つ児玉党に属した阿佐美氏が居住した。【角川日本地名大辞典】

# 四方田(埼玉県本庄市四方田)
・ 四方田(しほうでん): 埼玉県本庄市四方田。武蔵七党の児玉党の庄権守弘高の子弘長は「左近将監荘三郎左衛門、四方田」、弟弘季は「本荘四郎、又号四方田」、高綱は「四方田七郎」を号し。【角川日本地名大辞典】

# 蛭河・蛭川(埼玉県児玉郡児玉町蛭川)
・ 蛭川(ひるがわ): 埼玉県本庄市児玉町蛭川。蛭河とも書く。武蔵七党の1つ児玉党の蛭川氏の居所。
・ 蛭河郷: 室町時代に武蔵国児玉郡にみられる郷名。南北朝期以降応永期までは安保氏の所領。【角川日本地名大辞典】

# 本庄(埼玉県本庄市)
・ 本庄(ほんじょう): 埼玉県本庄市本庄。地名は武蔵七党の1つ児玉党の庄氏の末裔にあたる本庄宮内少輔実忠が、弘治2年現在の本庄市北堀字東本庄の地から館(のちの本庄城)を当地内(現在の本庄城跡の地)に移したことにちなむという。【角川日本地名大辞典】

# 小河原(栃木県那須郡南那須町小河原)
・ 小河原(こがわら): 栃木県那須烏山市小河原。地名は、当地が荒川の河原の地のために名付けられた。「小」は接頭語である。【角川日本地名大辞典】

# 小中山(東京都あきる野市小中野)
・ 小中山村(こなかやまむら): 群馬県吾妻郡高山村中山?仁治年間、武蔵七党の阿佐美氏の領地。【角川日本地名大辞典】

# 山名(群馬県高崎市山名町)
・ 山名(やまな): 群馬県高崎市山名町。
・ 山字郷: 平安時代に上野国多胡郡にみられた郷名。「和名抄」多胡郡七郷の1つ。諸本の訓は也末奈。高山寺本は「山字」と表記し、東急本は「山宗」とするが、東急本の宗は奈の誤記か。
・ 山名郷: 鎌倉時代から室町時代にかけて、上野国多胡郡にみられた郷名。平安末期には当地を名字の地とする新田一族山名氏が成立している。【角川日本地名大辞典】

# 島名(茨城県つくば市島名)
・ 島名(しまな): 茨城県つくば市島名。地名の由来について「新編常陸」は、昔当地は流水の間で島をなしており、「名」は根にあたり、川辺の地を川根というのと同じで、島根とは島の周囲という意味であると記している。【角川日本地名大辞典】

# 竹沢(埼玉県比企郡小川町)
・ 竹沢(たけざわ): 埼玉県比企郡小川町の竹沢地区。
・ 竹沢郷: 南北朝時代から武蔵国比企郡にみられた郷名。
応安2年6月15日の藤田覚能宛ての関東管領上杉能憲奉書案に、「武蔵国比企郡竹沢郷内竹沢左近将監入道跡事、為勲功之賞所被預置也」と見える。【角川日本地名大辞典】

# 新屋(群馬県勢多郡粕川村新屋)
・ 新屋(にいや): 群馬県前橋市粕川町新屋。
・ 新屋郷: 奈良時代から平安時代にかけて上野国甘楽郡にみられた郷名。「和名抄」甘楽(かんら)郡十三郷の1つ。東急本は爾比也と訓む。高山寺本は「新居」と書き、迩比也と訓む。当郷に宋&煤iそがべ)がいた。
・ 新屋郷: 鎌倉時代に上野国甘楽郡額部荘にみられた郷名。【角川日本地名大辞典】

# 大類(埼玉県入間郡毛呂山町大類)
・ 大類(おおるい): 埼玉県入間郡毛呂山町大類。児玉党の一族大類氏の土着が地名の由来という。【角川日本地名大辞典】
※ つまり、名字由来の地名ということなんでしょうが、では大類氏がここに来る前のこの地の地名は?そして、大類氏の地名の由来は?こういったことがいつも疑問に思う。

# 大浜(埼玉県秩父郡皆野町皆野字大浜)
・ 大浜(おおはま): 埼玉県秩父郡皆野町皆野字大浜。室町時代から武蔵国秩父郡にみられた地名。秩父孫二郎・同心衆(秩父衆)139人の軍役を定めた天正16年2月25日の北条氏邦印判状(彦久保文書)には、大浜伊予守・大浜新八郎の名が見え、大浜氏は5人の軍役を命ぜられている。【角川日本地名大辞典】

# 片山(埼玉県新座市片山)
・ 片山(かたやま): 埼玉県新座市片山。県南部、黒目川南岸に位置する。東南の土地は高く、西北に向かって崖がある。地名は崖下の耕地から見て片山と名付けられたという。崖下に7か所の沢があり七沢と称する。【角川日本地名大辞典】

# 倉賀野(群馬県高崎市倉賀野町)
・ 倉賀野(くらがの): 群馬県高崎市倉賀野町。倉加野・倉ケ野・倉金・倉加禰とも書いた。鎌倉期児玉党の秩父高俊が拠って倉賀野氏を称し、その後裔行光が14世紀末倉賀野城を築いた。【角川日本地名大辞典】

# 白倉(群馬県群馬郡甘楽町白倉)
・ 白倉(しらくら): 群馬県甘楽郡甘楽町白倉。室町期関東管領山内上杉氏の重鎮上州八家、四宿老の1つに白倉氏がおり、同氏の居城白倉城の城跡が残る。【角川日本地名大辞典】
・ 白倉郷: 鎌倉時代に上野国甘楽郡額部荘にみられた郷名。武蔵七党系図児玉党に平武者行弘の子片山武者五郎行成舎弟白倉三郎成季とその子太兵衛信季、同三左兵衛門成氏とある。【角川日本地名大辞典】

# 他に、真下、吉島、矢島、多子、与島、秩父、稲島、島方小幡奥平、大渕など。
・ 島方(しまかた): 栃木県那須塩原市島方。地名は、島村と方京村の双方から1字ずつとって命名された。
・ 奥平村(おくだいらむら):  群馬県高崎市吉井町奥平。地名は山に囲まれた平地に立地することにちなむ。当地の豪族奥平氏は小盆地を流れる申田川と桜沢の間に城館を構た。奥平氏発祥の地に相応しく、鎌倉期以降の板碑や五輪塔を散見する。【角川日本地名大辞典】

【猪俣党】

■ 猪俣党: 小野篁(たかむら)の子孫武蔵守孝泰の子武蔵介時資。
・ 武蔵国那珂郡(埼玉県児玉郡美里町)の猪俣館を中心に勢力を持った。
・ 「猪俣氏」「人見氏」「男衾氏」「甘糟氏」「岡部氏」「蓮沼氏」「横瀬氏」「小前田氏」「木部氏」など。

■ 猪俣党から出た名字

# 男衾(おぶすま・埼玉県大里郡男衾町)

# 野部(東京都あきる野市野辺)

# 尾園(武蔵国)

# 甘糟(埼玉県児玉郡甘粕)
・ 甘粕(あまがす): 埼玉県児玉郡美里町甘粕。甘糟・天粕とも書く。武蔵七党猪俣党の河勾野大夫政基の弟(古郡八郎の兄)家基が甘糟七郎と称して甘糟氏の祖となり、甘糟野次広忠が当地に館を構えたと伝える。【角川日本地名大辞典】
※ ところで、釣りバカ日誌に出てくる浜ちゃんの釣りの弟子で邦栄建設の甘粕社長。見た当時は珍しい名字だなぁと思ったものです。

# 人見(埼玉県深谷市人見)
・ 人見(ひとみ): 埼玉県深谷市人見。地名の由来は、遠方から人が見たり、またその上に登って人を見るような小高い丘を人見山といい、その周辺の集落を人見と称するようになったとする説、中世の武蔵武士人見氏が居住ないし所領をもったことによるとする説がある。【角川日本地名大辞典】

# 荏原(東京都品川区荏原)
・ 武蔵国荏原郡

# 岡部(埼玉県大里郡岡部町)
・ 岡部(おかべ): 埼玉県深谷市岡部。県北部、櫛挽台地の北部に位置する。地内の北部を中山道が横断、道路沿いの集落の北側は急崖を境にして小山川流域低地となっている。【角川日本地名大辞典】

# 藤田(埼玉県大里郡寄居町藤田)
・ 藤田(ふじた): 埼玉県大里郡寄居町藤田。戦国時代に武蔵国にみられる地名。榛沢郡から秩父郡にかけて藤田氏の勢力範囲を藤田郷と呼ぶことがあり、「新編武蔵」には藤田12郷と記し、同氏は猪俣党に属したという。【角川日本地名大辞典】

# 他に、内島、蓮沼、友庄、横瀬、木里などがある。
・ 蓮沼(はすぬま): 埼玉県比企郡吉見町蓮沼。地名の由来には2説がある。第1説は、往古この付近を多摩川が流れ、その流路の変遷によって沼地が多くなり、その沼地にハスが繁茂したので蓮沼と呼ぶようになったという説、第2説は嘉禄年間に、この地を領した荏原兵部有治が蓮花寺を創建して蓮沼法師と称したことによるとする説がある。【角川日本地名大辞典】
・ 蓮沼(はすぬま): 埼玉県深谷市蓮沼。室町時代に武蔵国にみられた地名。
・ 蓮沼(はすぬま): 埼玉県さいたま市見沼区蓮沼。古くは村の南部を蓮沼村、北部を猿ケ谷戸(さるがやと)村と称したという。県東部、綾瀬川と芝川にはさまれた大宮台地上に位置する。東部は溺れ谷が入り込み複雑な地形を形成している。地名の由来は文字のとおり蓮の生じている沼の意による。【角川日本地名大辞典】
・ 横瀬(よこぜ): 埼玉県秩父郡横瀬町。県西部、秩父(ちちぶ)盆地の南東部の武甲山の東北山麓に位置する。地名は地内を流れる一流の瀬が当地の中央を横に流れていることに由来する。【角川日本地名大辞典】
・ 横瀬郷: 室町時代から上野国新田荘(群馬県太田市)にみられた荘園名。
・ 横瀬郷: 南北朝時代に武蔵国秩父郡にみられた郷名。丹党横瀬氏の本拠地。

【村山党】

■ 村山党: 桓武平氏の平忠常の孫の基宗を祖とするが定説ではないようだ。
・ 武蔵国多摩郡村山郷(埼玉県の入間川付近)に勢力を持った。
・ 村山(むらやま): 東京都武蔵村山市。地名の由来は、狭山丘陵が武蔵野に連なる景観を「群山」といい、それが地名に転訛したといわれる。また、「村山」は狭山の異称だとする説がある。「和名抄」記載の石津郷は当地域とする説があり、平安末期以来台頭した武蔵七党の1つ村山党発祥の地。【角川日本地名大辞典】
・ 村山郷: 南北朝時代に武蔵国にみられた郷名。村山党の仙波氏が一族間で「武蔵国之内村山郷内」の地頭職を争っている。
・ 野与党と同族。

# 平良文の子孫。平良文は桓武天皇の四代子孫で平将門の叔父。
・ 野与基永が祖で、弟の村山頼任が村山党の祖。
・ 村山(武蔵国武蔵郷・東京都東村山市)

■ 村山党からでた名字

# 大井(埼玉県入間郡大井)
・ 大井(おおい): 埼玉県ふじみ野市大井。地名は、当地の東に「おいど」と称する古井戸があったことによるという。また、南東部に大きな井戸があり、その付近を小名大井戸(おいど)と称していたのが、やがて大井となったともいう。武蔵七党村山党村山貫主頼任の孫に当たる家綱は、大井五郎太夫と称し当地に居住したという。【角川日本地名大辞典】
・ 大井郷: 戦国時代から武蔵国入東(にっとう)郡にみられた郷村名。名主職であった塩野氏、荒井氏の名が見える。【角川日本地名大辞典】

# 金子(埼玉県入間市): 全国に拡がり、全国の金子氏の祖は村山党の金子氏であるケースが多い。
・ 金子(かねこ): 埼玉県入間市金子中央?武蔵七党のうち村山党金子六郎家範の子の十郎家忠の住居地ともいう。

# 山口(埼玉県所沢市山口)

# 仙波(埼玉県川越市仙波)
・ 仙波(せんば): 埼玉県川越市仙波町。南北朝時代から武蔵国入東(にっとう)郡にみられた地名。地名は昔仙波仙人が海であった当地一帯を陸地に変えたことに由来するという。武蔵七党の村山家継の子息家信は仙波七郎と号しており、「保元物語」には仙波七郎、「吾妻鏡」には仙波十郎・同平太などが見え、鎌倉期には当地を本貫地としたと思われる在地武士の活躍がうかがわれる。【角川日本地名大辞典】

# 他に、宮寺難波田、多賀谷、須黒などがある。
・ 宮寺(みやでら): 埼玉県入間市宮寺。鎌倉期の加納下野守の城跡がある。
・ 難波田: 戦国時代に武蔵国入東(にっとう)郡にみられた地名。埼玉県富士見市付近。難波田城があった。

【野与党】

■ 野与党: 桓武平氏の平忠常の孫の基宗を祖とするが定説ではないようだ。
・ 武蔵国埼玉郡(埼玉県加須市付近)の野与庄付近を中心に勢力を持った。

# 平良文の子孫。平良文は桓武天皇の四代子孫で平将門の叔父。
・ 野与基永が祖で、弟の村山頼任が村山党の祖。
・ 村山(武蔵国武蔵郷・東京都東村山市)

■ 野与党からでた名字

# 多名(神奈川県相模原市田名)

# 鬼窪(埼玉県南埼玉郡白岡町)
・ 鬼窪(おにくぼ): 埼玉県白岡市。南北朝時代から武蔵国埼西郡にみられた地名。正平年間、鬼窪弾正左衛門尉、鬼窪左近将監の名がみられ、鬼窪氏の出自は武蔵七党の1つである野与(のよ)党の一族と伝えられる。【角川日本地名大辞典】

# 萱間(埼玉県南埼玉郡上栢間・下栢間)

# 高柳(埼玉県熊谷市高柳など)

# 渋江(埼玉県岩槻市)
・ 渋江(しぶえ): 埼玉県さいたま市岩槻区?中川と綾瀬川が合流する低湿地帯に位置する。地名の由来は不明だが、立地条件・地形から付近の上平井(江)・小村井(おむらい)(江)・今井(江)などと同じ意味で海が入り込み入江となっていたことによるといわれる。また武蔵七党の野与党に属する岩槻渋江氏、千葉系図に見える渋江小太郎一族の所領があったことから地名が生まれたとの説もある。地元では「しぼえ」といっている。【角川日本地名大辞典】

# 多賀谷(埼玉県北埼玉郡内田ヶ谷・外田ヶ谷)

# 大蔵(東京都世田谷区大蔵)
・ 大蔵(おおくら): 東京都世田谷区大蔵。地名の由来は、武蔵守大蔵卿石川豊人が在住したことによるという説と、7〜8世紀の頃から9世紀にかけての葬法として散骨の手段を大蔵と称したという説がある。【角川日本地名大辞典】

# 八條(埼玉県八潮市八條)

# 柏崎(埼玉県東松山市柏崎)
・ 柏崎(かしわざき): 埼玉県さいたま市岩槻区柏崎。「新編武蔵」には栢崎とし、「カヤザキ」と読んでいる。

# 他に、道智、道後、笠原、南鬼窪、西脇、白岡、箕匂(みのわ)、大相模戸田須久毛(すくも)、金重野島などがある。
・ 笠原(かさはら): 埼玉県比企郡小川町笠原。
・ 白岡(しらおか): 埼玉県白岡市。地名は岡、すなわち台地上をなす地で、白の字が冠されたのは、開発前にその遠望の印象によって付されたと考えられる。当地は武蔵七党の1つ野与党の一族白岡禅師澄意の居住地と伝えられる。当地の八幡社の享徳5年の鰐口には「鬼窪八幡宮」と銘記されることなどから、中世にはこの付近は鬼窪(おにくぼ)郷と称されたようである。【角川日本地名大辞典】
・ 大相模(おおさがみ): 埼玉県越谷市相模町。大相模中学校がある。大佐美とも書く。県南東部、元荒川右岸の沖積地に位置する。地名は相模の大山不動(神奈川県伊勢原市)にちなんで、天平勝宝年間に僧不動坊が、当地に真大山大聖寺不動院を開いたことに由来するという。【角川日本地名大辞典】
・ 須久毛郷(すくものごう): 埼玉県羽生市周辺?鎌倉時代に武蔵国埼玉郡にみられる郷名。当地は武蔵七党野与党の族の須久毛氏が居住した地と推定される。【角川日本地名大辞典】
・ 金重(かなしげ): 埼玉県さいたま市岩槻区金重。
・ 野島(のじま): 埼玉県越谷市野島。地名は川沿いの耕地の意ともいうが不詳。平安末期の武蔵七党のうち野与党に野島氏の名が見える。【角川日本地名大辞典】

【丹党】

■ 丹党: 古代豪族の丹比氏の末裔で、丹治(たんじ)氏を称し、代々武蔵守を相継。
・ 平安時代に関東に下った丹治氏の子孫。
・ 秩父から飯能にかけて勢力をもった。
・ 「丹氏」「加治氏」「勅使河原氏」「阿保(安保)氏」「大関氏」「中山氏」など。

# 丹党の先祖は二十八代宣化天皇。宣化天皇の子の上殖葉皇子の子の十市王の子の彦武王の子の島が臣籍降下し、その十代子孫の峯信が桑名を称し、その五代子孫の武平から丹党になった。

■ 丹党からでた名字

# 横脛(埼玉県川口市)

# 横瀬(埼玉県秩父郡横瀬村)

# 中村(埼玉県秩父市中村町)

# 古郡(埼玉県児玉郡美里町古郡)

# 大河原(埼玉県飯能市大河原)

# 塩屋(埼玉県児玉郡塩谷)

# 小鹿野(埼玉県秩父郡小鹿野町)
・ 小鹿野(おがの): 埼玉県秩父郡小鹿野町。地名は「和名抄」に見える巨香(おか)郷の地であることに由来する。武蔵七党の1つ丹党に小鹿野氏がおり、正保国絵図には小鹿と見える。【角川日本地名大辞典】

# 坂田(埼玉県桶川市坂田)

# 大窪(埼玉県富士見市東大久保)

# 薄(すすき・埼玉県秩父郡両神村薄): 丹党の薄氏は両神の薄をルーツとする。備前国に移住した後は須々木に変えた。
・ 薄(すすき): 埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄。地名はススキが多く茂り、草深い地であったことにちなむという。【角川日本地名大辞典】
・ 薄氏は備前国に転じた後に「須々木」と変えた。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

# 秩父(埼玉県秩父市)

# 織原(埼玉県大里郡寄居町折原)

# 勅使河原(埼玉県児玉郡上里町勅使河原)
・ 勅使河原(てしがわら): 埼玉県児玉郡上里町勅使河原。地名の由来は「郡村誌」の勅使からという説、勅使田があったためという説、「テシ」は簗の意で、簗のある河原という説、昔、宮中の勅使が溺死したためという説の4説がある。「吾妻鏡」には武蔵七党のうちの丹党の一族勅使河原氏が見える。【角川日本地名大辞典】

# 榛沢(埼玉県大里郡榛沢)

# 南荒居(埼玉県北本市荒居)

# 高麗(埼玉県旧高麗郡)

# 小島(埼玉県熊谷市小島)
・ 小島(おじま): 埼玉県本庄市小島。地名は川沿いの耕地であることに由来するという。武蔵七党、丹党榛沢成房の弟重光が居住、小島四郎と称したという。【角川日本地名大辞典】
・ 小島郷(こじまごう): 埼玉県熊谷市小島。中世末期から武蔵国大里郡にみられた郡名。

# 安保(埼玉県児玉郡神川町)

# 長浜(埼玉県児玉郡上里町長浜)

# 志水(埼玉県川越市清水)

# 岩田(埼玉県秩父郡長瀞町岩田)
・ 岩田(いわた): 埼玉県秩父郡長瀞町岩田。地名の由来は、「当村水田中に大岩あり、いかなる故にや此岩に注連をはれり、其由来は伝えず、村名の起り是に因るとぞ」といい、また古代の勅旨「石田」に由来するともいう。村の南方の城山(天神山)に天神山城跡がある。鎌倉期に岩田五郎が、のち南北朝期に白鳥小太夫、室町期に猪俣能登守、次いで藤田右衛門佐重利が居城し、天正18年落城と伝える。【角川日本地名大辞典】
・ 岩田郷: 南北朝時代から武蔵国秩父郡・入西郡にみられた郷名。

# 井戸(埼玉県秩父郡長瀞町井戸)
・ 井戸(いど):  埼玉県秩父郡長瀞町井戸。地名は、村の東にある梅ケ井という名井に由来するという。北の城山(天神山)には、戦国期藤田氏が築城したという根古屋城(天神山城)跡がある。【角川日本地名大辞典】
・ 井戸郷: 室町時代に武蔵国秩父郡にみられた郷名。

# 野上(埼玉県秩父郡長瀞町野上下郷)

# 藤矢淵(埼玉県秩父郡長瀞町長瀞小字藤矢淵)
・ 藤谷淵(ふじやぶち): 埼玉県秩父郡長瀞町(かつての野上村の大字)。藤矢淵とも書く。県北西部、荒川上流左岸の河岸段丘上に位置する。地名は、古くから藤蔓が多く、荒川の端に淵が多いことによる。【角川日本地名大辞典】

# 他に、竹淵、黒谷岡田、栗毛、弥郡、秩父、堀口青木新里由良滝瀬加治白鳥、葉栗、判乃など。
・ 黒谷(くろや): 埼玉県秩父市黒谷。
・ 堀口村(ほりぐちむら): 江戸時代から明治初期にかけて武蔵国入間郡に見られた村名。現在の埼玉県所沢市大字上山口周辺。
・ 新里(にっさと): 埼玉県草加市新里町(にっさとちょう)。
・ 由良(ゆら): 群馬県太田市由良町。油良とも書いた。地名の由来は不詳だが、一説に、生品神社の祭神大己貴命の后妃由良姫命を村社飯玉神社に祀ったので村名を由良としたという。【角川日本地名大辞典】
・ 由良郷: 南北朝時代から室町時代にかけて上野国新田郡新田荘にみられた郷名。鎌倉期においては由良郷は新田氏本宗家の所領であったと考えられる。
・ 滝瀬(たきせ): 埼玉県本庄市滝瀬。滝ノ瀬とも書き、「たきのせ」ともいう。県北西部、利根(とね)川中流右岸の沖積地の微高地上に位置し、南に小山川が流れ、東・南は郡境に当たる。武蔵七党、猪俣党横瀬野八郎重政の子季忠が当地に居住し滝瀬氏の祖となる。【角川日本地名大辞典】
・ 加治郷(かじごう): 埼玉県飯能市下加治。武蔵国高麗郡にみられた郷名。
・ 飯能(はんのう): 埼玉県飯能市。地名の由来は不詳。武蔵七党丹党の1人が当地に居住し、判乃氏と称した。【角川日本地名大辞典】

【西党】

■ 西党: 武蔵守日奉(ひまつり)宗頼
・ 土着した武蔵国司・日奉宗頼(ひまつり・の・むねより)の子孫が西氏を称した。
・ 武蔵国西部、多摩川流域を勢力範囲とした。
・ 「平山氏」「由井氏」「立川氏」「小川氏」「田村氏」「中野氏」「稲毛氏」「川口氏」「上田氏」「犬目氏」「高橋氏」「小宮氏」「西宮氏」「田口氏」「駄所氏」「柚木氏」「長沼氏」など。
※ JR八高線の「児玉駅」は「児玉党」の、「丹荘」駅は「丹党」の本拠地。

# 参考地名: 日奉郷(ひまつりのごう): 平安時代に筑後国にみられた郷名。「和名抄」筑後国三毛郡四郷の1つ。「太宰管内志」「地名辞書」は、大化前代における日祀部の居住地に因むかとし、比定地未詳とする。「三池郡誌」「大牟田市史」「高田町誌」などでは現在の高田町一帯に比定しているが、根拠に乏しい。古代末期に三毛北郷・同南郷が成立したことにより消滅した。【角川日本地名大辞典】

■ 西党からでた名字

# 由木(多摩郡船木田荘由木郷・東京都八王子市)

# 長沼(東京都八王子市長沼町)

# 平山(東京都日野市平山)

# 由井(埼玉県加須市井ヶ島)

# 立川(東京都立川市)

# 狛江(東京都狛江市)


【参考データ】

■ 古代の東国(関東地方)は、中央からは「雛(ひな)」という位置づけられる辺境だった。

■ 武蔵国大里郡村岡(埼玉県熊谷市南部)を領した平良文の子の忠頼の第二子の長元の乱の首謀者の忠常。長子の将常は忠頼の跡をついで武蔵権守を称した。忠常は房総方面に領地を持ち、末裔が千葉氏や上総氏を称した。将常は武蔵国秩父郡中村郷(埼玉県秩父市)に拠点をおき、秩父氏の母胎となる。平将常の子の武基は秩父別当となり、その子の武綱は秩父十郎を称し、前九年の役・後三年の役で源義家に従った。
 平武綱から出たのが、畠山、稲毛、小山田、河越、江戸、児玉。武基は武蔵国の南東部に進出し、豊島氏葛西氏がでた。

■ 12世紀には平良文流の平氏が、荒川流域に展開し秩父平氏として領地を拡げていった。また、平貞盛流の平氏は武蔵や房総や相模の南関東に、藤原北家秀郷流の藤原氏は常陸・下野・上野といった北関東に領地を拡げていった。

■ 保元の乱に名が見える武将: 豊島、河越、秩父、熊谷、横山、猪俣、村山、児玉など三十数名。

■ 13世紀には源平の合戦により、西国方面に地頭職を与えられた東国武士が勢力を伸ばした。

■ 14世紀には南北朝の動乱があった。この時代の特徴は「惣領制の解体」といわれる。なんだ、戦後の日本と同じじゃないか。惣領制が解体されると身内の争いが増えるのは、昔も今も変わらないようで、この時代においても武士団の流動化がおきた。

■ 武蔵国の武士団には「総領型」と「党型」があった。
・ 総領型: 平良文に始まる秩父の武士団が典型で、畠山・小山田・河越・江戸・豊島葛西など。
・ 党型: いわゆる「武蔵七党」に代表される。

■ 天仁元年(1108年)、浅間山の大噴火があった。これにより、上野国から武蔵国北部の荒川以北が被災したと言われる。秩父氏の秩父地方も被災地で、そういった事情もあって秩父氏は秩父地方から勢力範囲を拡大したと言われる。

■ 岡部: 武蔵国大里郡岡部(埼玉県深谷市岡部町)をルーツとし、武蔵七党の猪俣党の庶流。

■ 武蔵七党の「党」の言葉は、12世紀の貴族の日記に初見される。また、武蔵七党という言葉があらわれるのは南北朝期である。

■ 室町時代の国語辞典である「節用集(せつようしゅう)」には、横山党(多摩郡)、猪俣党(那賀郡)、児玉党(児玉郡)、丹党(秩父郡・賀美郡)、西党(多西郡)、私市党(埼玉郡・大里郡)、村山党(多摩郷)。

■ 熊谷直実(なおざね): 永治元年(1141年)に武蔵国大里郡熊谷郷を本拠とした熊谷直貞の二男。熊谷氏は桓武平氏の出という節と武蔵七党の私市党か丹党の出という説がある。直実の母親は私市党の小沢氏の出といわれる。一ノ谷の合戦で平敦盛を討ち取ったが、後に所領没収後に出家したと言われる。

■ 武蔵武士の多くは鎌倉から府中を通り、上野国に抜ける鎌倉街道上道(かみつみち)周辺に分布していた。

■ 南北朝時代、武蔵国には三流の高麗(こま)氏がいた。@7世紀に高句麗から渡来した高麗氏(大宮寺高麗氏)A平良文を祖とする平姓の高麗氏B丹治姓丹党の高麗氏。

■ 下総の相馬氏の領地は婚姻関係により、上野の岩松氏の領地になった。

■ 鎌倉時代は鎌倉を中心にすえて、東北地方は「東北」、北陸地方は「北国」であった。

■ 前九年の役や後三年の役の後に奥羽に領地を得たのは、石川氏(福島県石川町)、岩城氏(福島県いわき市)。


【参考サイト】

・ 武蔵七党の活躍【「農」と歴史】 【農林水産省関東農政局】

【参考資料】

・ 武蔵武士団 関幸彦 吉川弘文館
・ 武蔵武士 そのロマンと栄光 福島正義 さきたま出版会

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示