「山内」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「や」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 山内(やまうち、やまのうち)

【2016/08/21:改編】

# 112位

# 藤原北家秀郷流佐藤系

# 代表家紋: 「丸に山内三つ柏紋」「山内一文字紋」「丸に一文字紋」「土佐柏紋」「丸に蔓柏紋

# 「山の中」「山の内側」という地形由来の名字。

# 比較的東北地方に多くみられる。

# 山内はなんと読むか?
「山内一豊(やまのうち・かずとよ)」とか「山内容堂(やまのうち・ようどう)」とか「やまのうち」読みに慣れていますが、土佐の山内家の読み方は「やまうち」読みなんだそうです。ちなみに「山内一豊」の「一豊」は「かつとよ」読みが正しいそうです。

相模国鎌倉郡山内荘(神奈川県鎌倉市山ノ内)をルーツとし、藤原北家秀郷流で、後に安芸国の山内氏になる。

# 土佐藩主の山内(やまうち)一豊も同族。山内一豊の山内家は首藤家の出と称する。相模国山内をルーツとし、山内一門のうち丹波に移り住んだ貞通の流れは阿波国を経て尾張国に移り住み、尾張の北半分を預かる守護代で岩倉城主の織田家の重臣となり、織田家が滅んだ後、近江に移り住んで織田信長に仕えた。山内一豊の家紋

# 平安末期から戦国時代にかけて丹波国船井郡にみられた山内荘(やまのうちのしょう)須智村に永禄年間に芋毛氏や山内氏の名がみえる。この山内氏は当地を本拠とし、江戸期の土佐藩主山内家はその後裔であるとする説もある。【角川日本地名大辞典】

# 会津の山内氏も同族。

# 沖縄の山内氏は越来間切山内村(沖縄県沖縄市)をルーツとする。

# 佐藤氏の祖の公清から四代後の俊通(としみち)が相模国鎌倉郡山内庄を領したのに由来する。

# 相模国鎌倉郡山内壮(神奈川県)発祥で、藤原北家藤原秀郷の流れの山内氏、土佐(高知県)藩主の山内が有名。ただし、土佐藩主の山内は尾張国の出。

# 神奈川県の山内(やまのうち)家

# 高知県の山内(やまのうち)家

# 元女子バレーの山内美加は秋田県由利本荘市の出身。

■ 山内家

■ 山内一豊

■ 高知新田藩 ・ 土佐藩

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示