「松尾」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「ま」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 松尾(まつお)

【2016/05/18:改編】

# 98位

# 代表家紋: 五瓜に唐花。

# 清和源氏桓武平氏などに見られる。

# 「神木(松)が生えている、山の裾が延びた土地(尾)」を表す地形由来の名字。「松」の字は縁起が良い、その理由とは

# 地名姓で各地に見られるが、特に九州西部に多く見られる。

# 甲斐の松尾氏は甲斐国巨摩郡松尾(山梨県甲斐市・甲州市塩山)をルーツとする清和源氏で、武田信賢が甲斐国松尾(山梨県)に移り住み松尾氏を名乗ったのが始まりと言われる。

# 信濃の松尾氏は信濃国伊那郡松尾郷(長野県飯田市)をルーツとする清和源氏小笠原流。

# 奥の細道の松尾芭蕉は伊賀国阿拝郡柘植(三重県伊賀市)の出身で伊賀国藤堂藩の料理人の松尾一族の出。

# 愛知県の松尾家

# 長崎県の松尾家

# 歌手の松尾和子は東京都出身。女優の松尾嘉代は東京都出身。タレントの松尾貴史は兵庫県神戸市出身。タレントの松尾伴内(本名:憲造)は長崎県大村市出身。

【戦国大名家辞典 森岡浩 東京堂出版】より
# 島根県の松尾氏: 出雲国尼子氏の家臣。

【知って楽しい「苗字」のウンチク 丹羽基二 PHP文庫】
# 松尾
・ 地名も名字も九州に多く見られる。
・ 信濃国伊那郡松尾(長野県飯田市)をルーツとし、清和源氏小笠原氏の支流。
・ 豊後国大分郡阿南荘(大分県庄内町)をルーツとし、大神氏の支流。
・ 伊賀国阿拝郡柘植郷(三重県伊賀市)をルーツとし、桓武平氏の支流。

■ 松尾(まつお): 長野県飯田市松尾。地名は松生で、松が生い栄る地の意とも言われる。

■ 松尾(まつお): 山梨県甲斐市大下条松ノ尾。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示