「前田」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「ま」行の名字
「田」族の名字 「田」のつく名字
地形姓 方位姓
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 前田(まえだ・まえた)

【2016/08/18:改編】

# 30位【第一生命ランキング

# 全国に約409000人

# 第36位 約37万人【明治安田生命ランキング2008

# 第36位 約37万人【明治安田生命ランキング2013

# 代表家紋: 花橘、加賀梅鉢

# 「前田」の読み方

# 前田臣菅原氏藤原氏などに見られる。

# 前の水田(手前のほうにある田?)の意の地形姓。他には、神社やお寺などの特定の建築物の前にある田も「前田」とする説がある。

# 鹿児島、熊本に多く東北は少ない。【全国分布

# 鹿児島県:4位、和歌山県:5位、鳥取県:5位、熊本県:8位、兵庫県:9位、〜山形県:110位など。

# 前田姓で有名なのは加賀前田家であるが、元々は尾張国荒子の小土豪である。前田利家の家紋

# 筑前の古族前田臣の末裔

# 加賀藩主の前田氏は菅原氏の出で、美濃国安八郡前田(岐阜県安八郡神戸町)をルーツとする。と、言われるが。【地名の詳細

# 尾張国海東郡前田(愛知県名古屋市中川区)をルーツとする。【地名の詳細

# 豊臣秀吉の五奉行を務めた前田玄以は藤原北家利仁流

# 讃岐国山田郡前田村(香川県高松市)の前田氏は十河氏の支流。

# 出羽国大曲の前田氏は小野寺氏の支流。

# 薩摩の前田氏は、薩摩国満家院前田(鹿児島県鹿児島市)をルーツとする。

# 筑前国前座郡(福岡県朝倉市)には古代豪族の前田氏がいた。

# 群馬県の前田家

# 富山県の前田家

# 石川県の前田家

# 佐賀県の前田家

# 加賀藩の祖の前田利家は尾張国海東郡荒子村の出身。タレントの前田武彦は東京都の出身。レポーターの前田忠明は北海道岩見沢市の出身。俳優の前田吟は山口県防府市の出身。女優の前田美波里は神奈川県鎌倉市の出身。TUBEの前田亘輝は神奈川県厚木市の出身。タレントの前田耕陽は東京都八王子市の出身。プロ野球の前田智徳は熊本県玉名市の出身。テレビ朝日のアナウンサーの前田有紀は神奈川県の出身。女優の前田愛は東京都の出身。プロ野球の前田健太は大阪府忠岡町の出身。もとAKBの前田敦子は千葉県市川市の出身。

【戦国大名家辞典 森岡浩 東京堂出版】より
# 愛知県の前田氏: 尾張国海東郡の国人。菅原姓で、美濃国安八郡前田(岐阜県安八郡神戸町)をルーツとすると言うが不詳。前田利家が織田信長に仕え、その後豊臣秀吉に仕え加賀国100万石。江戸時代には加賀国金沢119万石で、分家に越中富山藩、加賀大聖寺藩、上野七日市藩などがある。
# 愛知県の前田氏: 尾張国愛知郡の下之一色城(愛知県名古屋市中川区下之一色町)城主。
# 香川県の前田氏: 讃岐国山田郡の国人で十河氏の庶流。
# 秋田県の前田氏: 出羽国仙北郡大曲の国人で小野寺氏の庶流と言われる。

【新編日本姓氏辞典】千葉琢穂編著 展望社 より
# 「菅原道真、太宰権帥に遷り、筑紫にありて二子をもうく、兄を前田と称し、弟を原田」という。その後、前田某は尾張国に移り住す。【剣梅内、、桐】
# 藤原北家実頼流。大納言公音の二男玄長が、徳川家の臣となり、分立して前田を称す。【家紋:剣六丁、唐かたばみ】

【姓氏苗字事典】丸山浩一著・金園社刊 より
# 前田(まえだ): 前多。馬栄田
# 田にちなむ地名由来の苗字の一つで、「前の田んぼ」に由来する地名は全国にみられる。
# 姓として一番古いのは文徳天皇(827〜858年)の頃に、筑前国福岡県)に前田臣がいた。摂津国には神功皇后以来という前田氏が見られる。出自は、菅原道真や藤原北家利仁流斎藤氏など他説あるが不詳。
# 藤原北家利仁流斎藤氏系の前田氏は美濃国安八郡前田村をルーツとする。豊臣秀吉の五奉行の一人の前田玄以はこの流れか菅原氏の流れと言われる。
# 菅原氏の流れ。
# 藤原北家押小路氏分流の前田氏もいる。江戸時代は高家。
# 地名由来の前田氏
・ 出羽国小野寺氏に属した大曲城主の前田氏。
・ 常陸国の前田氏は、桓武平氏_大掾氏吉田系。
・ 伊勢国の前田氏は、穂積氏鈴木氏鈴木重基の子孫。
・ 丹波国の前田氏は、古代氏族の大鹿(おおが)氏系統。
・ 薩摩国の前田氏は、肝付氏族で、後に島津藩士。

【一個人 2013年12月号】
# 前田(29位)
・ 美濃国安八郡前田郷をルーツとする前田氏は藤原北家利仁流斎藤氏の出。一族からは前田玄以が出た。藤原北家利仁流の多くは梅鉢の家紋を用いた。

【苗字の謎が面白いほどわかる本 丹羽基二】より
# 筑前国の古代豪族の前田臣。
# 摂津国西須磨の橘姓。
# 美濃国安八郡前田村をルーツとし、藤原北家利仁流
# その他、藤原北家押小路流、美濃の斎藤氏族、伊勢の丸子氏族、菅原氏族などがある。
# 菅原道真の子の高規の六世の孫の知美が美作に下向し繁栄した。
# 菅原道真の子の高規の十一世の孫の佐広は尾張国海東郡に住んで、曾孫の仲利の時に前田姓を称した。この系統が前田利家と言われる。
# 関連姓氏: 前多、毎田、真栄田、真枝。

【知って楽しい「苗字」のウンチク 丹羽基二 PHP文庫】
# 前田
・ 多くは「神社の前の田んぼ(神田)」に由来する。
・ 橘氏菅原氏斎藤氏穂積氏などにみられる。

【参考】 前田家 ・ 前田の地名

■ 「前田」の名字の分布
・ 「前田」の名字は、全国ランキングでも30位くらいに位置する大姓で、一般には西日本に多いとされています。そこで、平成11年度電話帳データに基づく分布(人口比)を見てみたいと思います。
・ やはり、全国的には近畿地方から西の地方に多いようです。
・ 市町村単位では、東京都新島新島村(約14.5%)がダントツに多く、2位の鳥取県東伯郡東郷町(約5.7%)から20位の熊本県八代郡東陽村(約3%)となっています。


■ 「前田」駅

【詳細資料】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細

統計表示