「藤井」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「は」行の名字
「藤」族の名字  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 藤井(ふじい)

【2016/08/18:改編】

# 42位

# 第44位 約31万人【明治安田生命ランキング2008

# 第43位 約32万人【明治安田生命ランキング2013

# 代表家紋: 「下がり藤に一文字紋(藤原北家秀郷流)」

# 「藤井」も地名にちなんで生まれた名字で、常陸国那珂郡藤井(茨城県)、下野国都賀郡藤井(栃木県)などが発祥の地である。

# 現在は山陽地方に多く見られ、特に広島県福山市や山口県下松市に多くみられる。

# 現在は山陽地方に多く見られ、特に広島県福山市や山口県下松市に多くみられる。

# 常陸国那珂郡藤井(茨城県水戸市藤井町)をルーツとする藤井氏は清和源氏佐竹氏流。

# 下野の藤井氏は下野国都賀郡藤井(栃木県下都賀郡壬生町藤井)をルーツとする。

# 能登の藤井氏は能登国鹿島郡藤井(石川県鹿島郡中能登町)をルーツとする。

# 備前の藤井氏は備前国邑久郡藤井(岡山県岡山市)をルーツとする。

# 富山県の藤井家

# 明治の植物学者の藤井健次郎は石川県金沢市の出身。天体写真家の藤井旭は山口県山口市の出身。音楽家の藤井フミヤは福岡県久留米市の出身。ギタリストの藤井謙二は広島県福山市の出身。日テレアナウンサーの藤井恒久は宮城県仙台市の出身。タレントの藤井隆は大阪府豊中市の出身。政治家の藤井裕久は東京都の生まれだが父親は広島県福山市の出身。

【一個人 2013年12月号】
# 藤井(42位)
・ 地名姓。
・ 阪神地方から山陽地方にかけて多く、特に山口県に多い。
・ 下野国の藤井氏は下野国都賀郡をルーツとし、藤原北家秀郷流の小山氏の一族で、後に備中国備後国にも分かれた。
・ 河内国の藤井氏は百済系の渡来人で葛井(ふじい)氏をルーツとする。
・ 京の公家の藤井家は近衛家や卜部家の出。

【知って楽しい「苗字」のウンチク 丹羽基二 PHP文庫】
# 藤井
・ 「藤の元に居(井)る」という意味で、藤原氏以外にもみられる。
・ 三河国碧海郡藤井村の出で松平氏の支流、常陸国那珂郡藤井村の出で佐竹氏の支流。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示