「徳川」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「た」行の名字
「川・河」のつく名字  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 徳川(とくがわ)

【2016/12/19:改編】

# 5763位

河内源氏新田氏流などにみられる。【全国分布

# 徳川氏は河内源氏の流れの新田氏の支流である得川(えがわ)氏の末裔で、新田義重の子の義季(よしすえ)が上野国新田郡得川郷を領し得川氏を称した。六代政義の時に新田義貞に従って本領を離れ、以後各地を転々とし、親氏の時に三河国加茂郡松平郷(愛知県豊田市松平町)の松平信重の婿となって松平を継いだとされる。得川は「えがわ」と読むが、もともとは「枝川」のことで、いわゆる川の枝分かれした支流を意味する。その後、「とくがわ」と読むようになり、「徳川」と記述するようになった。

# 江戸幕府の祖の徳川家康は、得川氏流として松平から徳川を名乗ったが、征夷大将軍になるには源氏の血統ということで、箔付けに使ったともいう。

# 幕末の300大名の中で、「徳川」「松平」を名乗る家は56家にのぼる。

# 家康は、永禄9年(1566年)に従五位下三河守の官位を得たときに、松平から徳川に改姓した。徳川家康の家紋

# 徳川実紀には、清和源氏新田氏流の得川氏の出となっているそうだが、これは出自を改竄したというのが定説のようだ。

# 家康の祖父の清康は得川氏の一族の世良田氏の出と言っていた。家康はともかく、その祖父の清康の時代には将軍を目指していたわけでは無いから、わざわざ新田氏に関連づけて出自を名乗る必要はないとも言える。そう考えれば世良田氏清和源氏新田氏の支流ですから、新田氏の出というのもあながち信憑性が無いわけでもない。しかし、将軍はおいといても昔は出自を無理無理こじつけた例は沢山ありますから、そう考えればやはり?だね。

# 家康の家臣の本多忠勝の先祖は京の加茂神社の神職。この加茂神社の神紋が「葵(アオイ)」。葵の紋はここに由来する。

# 茨城県の徳川家

# 東京都・静岡県の徳川家

# 愛知県の徳川家

# 和歌山県の徳川家

【知って楽しい「苗字」のウンチク 丹羽基二 PHP文庫】
# 徳川(とくがわ)
・ 旧上野国に得川の地名があり、「えがわ」「とくがわ」と読み、江川や徳川とも書いた。

# 徳川(とくがわ): 群馬県太田市(旧尾島町)徳川町。
・ 徳河郷: 鎌倉時代から室町時代に上野国新田郡新田荘にみられる郷名。「尊卑分脈」によれば、新田義重の第4子義季は得川四郎と称し、その子に頼有がいる。また頼有の女子は岩松経兼妻であり、その所生の子政経の幼名が亀王丸である。当郷は譲渡によって得川氏から岩松氏のものとなった。【角川日本地名大辞典】

# 本来、「とくがわ」の「とく」は旧字体の「コ」で、現在でも末裔の方々は「コ川」と書くそうですが、このサイトでは新字体の「徳川」表記とさせていただいています。


■ 徳川家康の遺訓
・ 「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。不自由を常と思えば不足無し。心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基。怒りは敵と思え。勝つことばかり知りて負けることを知らざれば、害その身に至る。己を責めて、人を責めるな。及ばざるは過ぎたるよりまされり。」

■ 徳川家康: 幼名竹千代は元服して松平二郎三郎元信と名乗り、その後に蔵人元康から徳川家康を称した。 「康」は天才的武将の祖父の松平清康にあやかった。 元信の「元」は今川義元にちなむ。

■ 徳川家康の長男の信康は、徳川姓を名乗ったことはなく、岡崎姓か松平姓を名乗った。【松平家の謎 歴史読本編集部 新人物文庫】

■ 徳川光圀は、若いときは文武両道を学び「才知発明」で「道をもって政道を行う」と高く評価されているが、世評では、「女色に耽ること、悪所へ通うこと、酒宴遊興が甚だしいこと、さらに自らの才智をひけらかし、僧侶や学者を試すこと」が欠点とされている。【松平家の謎 歴史読本編集部 新人物文庫】

■ 徳川宗家の現当主は、幕末の会津藩主の松平容保の曾孫?

■ 徳川譜代【徳川家臣団の謎  菊地浩之 角川選書】
・ 安祥譜代: 酒井家、大久保家、本多家、阿部家、石川家、青山家、植村家。
・ 岡崎譜代: 鳥居家、榊原家、安藤家、水野家、土井家、牧野家、戸田家、奥平家、井伊家。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示