「清水」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「さ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 清水(しみず、きよみず)

【2016/12/10:改編】

# 21位【第一生命ランキング

# 第18位 約56万人【明治安田生命ランキング2008

# 第20位 約56万人【明治安田生命ランキング2013

# 全国順位(森岡浩ランキング): 20位
# 全国密度順位(森岡浩ランキング): 山梨県 > 長野県 > 群馬県
# 全国人口順位(森岡浩ランキング): 東京都 > 埼玉県 > 長野県

# 代表家紋: 「丸に沢瀉紋」「丸に立ち梶の葉紋」「左三つ巴紋(備中高松城主の清水家)」

# 山梨県長野県群馬県を中心に全国に広がる。

# 清水の湧く場所の意の地形姓。

# 「清水」の「清」には「すむ」という意味があり、「すむみず」が「しみず」に転訛(てんか)した。西日本では「志水」と書くことが多い。

# 関東地方北部、甲信越に多く、中国地方以西に少ない。特に山梨県東部の南アルプス市では人口の10%以上が清水姓。

# 備中国賀陽(かや)郡清水村(岡山県総社市井手小字清水)をルーツとする清水氏は桓武平氏豊臣秀吉の備中高松城の水攻めの清水宗春が有名。

# 陸奥の清水氏は陸奥国磐井郡清水(岩手県一関市花泉町)をルーツとする。

# 神奈川県の清水家

# 新潟県の清水家

# 長野県の清水家

# 三重県の清水家

# 大阪府の清水家

# 京都府の清水(きよみず)家

# 岡山県の清水(しみず)家

# 作家の清水一行は東京都墨田区の出身。俳優の清水紘治は京都府京都市の出身。タレントの清水國明は福井県大野市の出身。俳優の清水健太郎は福岡県北九州市の出身。タレントの清水アキラは長野県下高井郡山ノ内町の出身。タレントの清水ミチコは岐阜県高山市の出身。タレントの清水圭は京都府宇治市の出身。俳優の清水宏次朗は東京都の出身。女優の清水美沙は東京都西東京市のの出身。スケートの清水宏保は北海道帯広市の出身。

【戦国大名家辞典 森岡浩 東京堂出版】より
# 岡山県の清水家: 備中国賀陽郡の清水城(岡山県総社市)主で、桓武平氏の出。豊臣秀吉の備中高松城の水攻めで自刃した清水宗治が有名で、子孫は長州藩の重臣。

【新編日本姓氏辞典】千葉琢穂編著 展望社 より
# 清和源氏義家流足利氏族。最上義光の男大蔵氏満が、出羽国清水山形県大蔵村清水)に住して家号とす。
# 清和源氏頼光流。頼光の後裔の斉院次官国政の男頼兼が清水を称す。
# 清和源氏為義流木曽氏族。源義仲の後裔の義豊が、清水をもって家号とす。
# 藤原氏族北家戸田氏族。戸田一政が徳川忠長に仕え、忠長没落時処士となって、駿河国清水に閑居、清水を家号とす。
# 桓武平氏良文流葛西氏族に清水氏がいる。
# 桓武平氏奥州千葉氏族。本吉胤信の第四代式部大輔清秀が、陸中国清水二桜城に住し、清水をもって家号とす。

【姓氏苗字事典】丸山浩一著・金園社刊 より
# 清和源氏の清水氏が多い。
# 清和源氏頼光流の多田頼綱の子孫の頼兼が清水五郎、その子の頼高が清水蔵人を称した。美濃国大野郡清水を発祥とし、美濃源氏に属する。
# 清和源氏義家流の木曽義仲の子の清水冠者義隆を祖とする清水氏がある。子孫は今川家の家臣を経て徳川家の旗本になった。
# 清和源氏為義の十男の新宮行家の末裔信濃国発祥の清水氏は、後に甲斐の武田氏に仕え、武田氏が滅亡した後には、甲斐や信濃に土着した。
# 出羽国の戦国大名の最上義光の子の光氏が最上郡清水村(山形県最上郡大蔵村清水)に住んで清水氏を称した。
# 近江国に中原氏族井口氏の一族の清水氏がいる。
# 紀伊国牟呂(むろ)郡色川村の豪族桓武平氏平維盛の子孫の清水氏がいる。
# 越後国魚沼郡清水に清水氏がおり、長尾氏の配下。

【苗字の謎が面白いほどわかる本 丹羽基二】より
# 伊賀国清水村をルーツとする清水氏は藤原氏の須藤氏流。
# 尾張国知多郡清水村、甲斐国巨摩郡清水村、下野国芳賀郡清水村をルーツとする清水氏がある。
# 清和源氏木曽流、信濃の清水氏で清和源氏の新宮流、武蔵国の豪族で武蔵七党の丹党の志水氏などもある。
# 関連姓氏: 冷水、冷泉、寒水、志水、志美津、施水、滋水、真水。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示