「金森」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「か」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 金森(かなもり)

【2015/05/02:改編】

# 岐阜県を中心とした中部地方に多くみられる。

# 岐阜県では安八郡安八町や大垣市に多くみられる。

# 山形県では山形市周辺にみられる。

# 近江国野洲郡金森(滋賀県守山市金森町)をルーツとする。清和源氏土岐氏の支流で土岐定近が金森に住んで金森氏を称した。

# 金森長近の城は岐阜県上有知(こうずち)町(現:美濃市)にあった。高山市は金森長近によって開かれた。飛騨高山を築いた金森氏は転封により出羽国上山(山形県上山市)に移った。

# 飛騨高山を築いた金森長近は土岐氏の一族で、大畑を名乗っていたが、蓮如上人が布教の根拠地とした近江国野洲郡金ヶ森(かながもり)の城主だったことから金森氏を称した。

# 金森氏: 飛騨高山の町をつくった金森長近は土岐氏の一族で、当初は大畑を称していたが、近江国野洲郡金ヶ森の城主だったので金森氏を称した。信長や秀吉に仕え、飛騨高山城をを拝した。江戸時代には1692年に出羽国上山に転封。1697年に郡上八幡3万8千石に転じたが、一揆を原因とし1758年に取りつぶされた。子孫は寄合旗本。

# 岐阜県の金森家

# 「金森」の地名

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示