「蒲」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「か」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 蒲(かば・がま)

【2013/04/24:新載】

# 3884位

# 清和源氏範頼流、藤原氏などにみられる。

# 「蒲(かば・がま)」の生えている土地?

# 岐阜県に多く、特に郡上市に多くみられる。東京都北海道では「がま」と読む。

# 岐阜県:341位。

# 遠江国長上郡蒲村をルーツとする。

# 藤原鎌足の十代の子孫が越後からここに移り住んで、初代の「蒲氏」を名乗った。

# 源範頼は、遠江国御厨静岡県浜松市)で生まれ育ったので、「蒲冠者(かばのかじゃ)・蒲殿(かばどの)」と呼ばれた。

【詳細資料】

■ 蒲池(かまち) → 詳細

■ 蒲生(がもう)

【2015/06/04:改編】

# 2412位

# 清和源氏為義流、藤原北家秀郷流桓武平氏紀氏などにみられる。

# 東北地方南部から関東地方にかけて多くみられる。

# 地名由来。

# 山形県:429位、福島県:632位、滋賀県:651位、宮崎県:706位、島根県:748位など。

# 近江の蒲生氏は近江国蒲生郡(滋賀県蒲生郡)をルーツとし、藤原北家_秀郷流。会津若松藩主蒲生氏郷の蒲生家はこの家系。蒲生氏郷の家紋
・ 蒲生氏郷は近江国の守護の六角氏にしたがっていたが、織田信長が近江を平定した後、織田家に人質として送られたが、後に娘婿になった。
・ 近江国蒲生郡の日野にいた蒲生賢秀は、藤原北家秀郷流を称し、守護六角氏に従っていたが、織田信長に服し、子の氏郷を人質として信長のもとに送った。氏郷は信長に気に入られ、娘婿となった。本能寺の変の後、小牧長久手の戦いでの功もあって伊勢松ヶ島(三重県松阪市)城主となった。秀吉の関東平定後には会津黒川(会津若松)に転じた。氏郷の死後、子の秀行は家康の娘婿となったが内紛が原因で宇都宮18万石に移された。関ヶ原の戦いでは東軍に属し、会津60万石で復帰。しかし、伊予松山24万石に移り、1634年に跡継ぎがおらず断絶した。

# 大隅の蒲生氏は大隅国姶良郡蒲生郷(鹿児島県姶良市蒲生町)をルーツとし藤原氏の出。

# 陸奥の蒲生氏は桓武平氏陸奥国宮城郡蒲生郷(宮城県仙台市)をルーツとする。

# 因幡の蒲生氏は因幡国岩井郡蒲生郷(島根県岩美郡岩美町)をルーツとする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示