「小早川」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「か」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 小早川(こばやかわ)

【2016/06/06/27:改編】

# 1773位

# 桓武平氏土肥流清和源氏大江氏などにみられる。

# 代表家紋: 「左三つ巴紋

# 広島県静岡県東部から神奈川県にかけてみられ、特に広島県呉市と静岡県沼津市に多くみられる。

# 広島県:321位、香川県:638位、島根県:676位など。

# 主なルーツ地
・ 相模国足柄下郡早川(神奈川県小田原市)をルーツとする。

# 鎌倉時代に桓武平氏良文流中村宗平の次男の実平が相模国土肥郷(神奈川県湯河原町)に居住し土肥実平を名乗った。実平の子の遠平(とおひら)が相模国足柄郡早川(土肥郷の北部・神奈川県小田原市)に住んだのを由来とする。

# 遠平は平氏討伐の恩賞として安芸国を拝領し、その孫の茂平(しげひら)と季平(すえひら)がそれぞれ、安芸国沼田庄(広島県三原市)と安芸国竹原庄(広島県竹原市)を領しニ家に分かれたが、後に毛利元就の三男の小早川隆景によって統一される。小早川隆景の家紋

# 他に、大江氏の子孫などにも見られる。

# 神奈川県の小早川家

# 広島県の小早川家

# プロ野球の小早川毅彦は広島県広島市の出身。

# 小早川(こばやかわ): 神奈川県。平安時代末期から鎌倉時代にかけて相模国足柄下郡にみられた地名で小早河とも書いた。鎌倉御家人小早川氏の名字の地で、「山槐記」治承4年9月7日条に、「伊豆国流人兵衛佐企謀叛合戦事、八月廿三日寄合輩〈相模国小早河〉」と見える。石橋山の合戦に平家方が陣を取ったところが小早川であり、同合戦がまた小早川の合戦ともいわれたことがわかる。現在の小田原市石橋付近に比定される。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示