「赤松」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 赤松(あかまつ)

【2016/08/24:改編】

# 703位

# 村上源氏などにみられる。

# 代表家紋: 「左三つ巴

# 西日本の名字で特に愛媛県南部に多くみられる他、香川県高松市、兵庫県姫路市・明石市などに多くみられる。

# 播磨国赤穂郡赤松(兵庫県赤穂郡上郡町赤松)をルーツとし村上源氏といわれる。鎌倉初期に播磨国佐用郡佐用荘の地頭となった、宇野則影の子の家範が赤松上村にちなんで、赤松氏を称した。赤松則村の家紋

# 赤松から出た名字には、有馬、宇野、佐用、柏原、上月(こうづき)、真島福原、水田、太田、野中、萩原、釜内、別所山崎がある。

# 主なルーツ地
・ 播磨国赤穂郡赤松(兵庫県赤穂郡上郡町赤松)をルーツとする。

# 兵庫県の赤松家

■ 赤松(あかまつ):  兵庫県赤穂郡上郡町赤松。千種(ちくさ)川中流域および同川支流岩木川流域。地名は、赤松の多い自然景観によるものと伝えるが、不詳。
・ 赤松村: 鎌倉時代から戦国時代にかけて播磨国赤穂郡にみられた村名。当地は赤松氏の本拠地で、南北朝初期赤松則村は大塔宮令旨を受け挙兵した。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示