「明智」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 明智(あけち)

【2015/06/03:改編】

# 7483位

# 清和源氏頼光流(美濃源氏土岐氏流)などにみられる。

# 代表家紋は「桔梗」。明智光秀の家紋

# 関東地方南部と大阪府愛媛県などに多くみられる。

# 愛媛県:905位など。

# 土岐頼重が美濃国可児郡明知村(岐阜県可児市)に居住したのが由来。

# 明智: 「あけち」は「あくつ」と同じで湿地や荒れ地を意味する。「悪土」「悪地」→「明地」「明知」に転じた。【参考資料

# 明智から派生した名字には、「明知」「明田」などがある。

# 歴史的に有名なのは明智光秀で清和源氏の摂津源氏系で、美濃源氏土岐氏支流である明智氏。

# 吉川英治が「新太閤記」を書くにあたって、当時の滋賀県知事の近藤壌太朗が自身の研究を示して、明智光秀のことを悪く書かないように要請した。それ以来、光秀は佞臣から評価がアップしたという。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示