「太田」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 太田(おおた)

【2016/08/18::改編】

# 36位【第一生命ランキング

# 第42位 約32万人【明治安田生命ランキング2008

# 第42位 約32万人【明治安田生命ランキング2013

# 全国順位(森岡浩ランキング): 45位

# 全国密度順位(森岡浩ランキング): 青森県 > 静岡県 > 山形県
# 全国人口順位(森岡浩ランキング): 愛知県 > 北海道 > 静岡県

# 代表家紋: 「太田桔梗紋(太田道灌の家紋)」「夕顔曼に片輪車紋」「丸に蔦紋(清和源氏里見氏族)」「丸に四つ石(桓武平氏良文流)。」

# 摂津源氏

# 満仲の長男の頼光の家系で、子孫の資国(すけくに)が丹波国太田に住んだことに由来する。

# 大田の方が古い地名姓。全国まんべんなく分布し、比較的東海地方に多い。

# 「太田」という地名由来の名字で、太田道灌がでた丹波国桑田郡太田郷(京都府)や美濃国発祥の太田氏などがある。

# 武蔵の太田氏は丹波国桑田郡太田郷(京都府亀岡市)をルーツとし、清和源氏頼光流。

# 備後国太田荘(広島県)をルーツとする。

# 越中国新川郡太田保(富山県富山市)をルーツとする。

# 加賀国河北郡太田(石川県津幡町)をルーツとする。

# 紀伊国名草郡太田(和歌山県和歌山市)をルーツとする。

# 但馬国出石郡太田荘(兵庫県豊岡市但東町)をルーツとする太田氏は大江氏の支流。

# 日向の太田氏は日向国太田荘(宮崎県)をルーツとし、藤原北家秀郷流

# 薩摩国伊集院太田(鹿児島県日置市伊集院大田)をルーツとする。

# 岩手県の太田家

# 埼玉県の太田家

# 富山県の太田家

# 石川県の太田家

# 静岡県の太田家

# 愛知県の太田家

# 熊本県の太田家

# 政治家の太田房江は広島県呉市の出身。歌手の太田裕美は東京都荒川区の出身。爆笑問題の太田光は埼玉県ふじみ野市の出身。フェンシングの太田雄貴は滋賀県大津市の出身。野球の太田幸司は青森県三沢市の出身。

# 第二次安倍内閣の太田昭宏(国土交通大臣)は愛知県豊橋市の出身。

# 太田道灌: 扇谷上杉氏の家宰であった太田資清の子。清和源氏の出で丹波国太田郷(京都府亀岡市)をルーツとする。道灌の祖の資国が鎌倉六代将軍宗尊に従って東国に下向した。

# 太田康連(やすつら): 承久の乱以降、鎌倉幕府の勢力が全国に及ぶようになり、地頭荘園領主の紛争が増加した。そのため幕府は法律に詳しい太田康連(やすつら)や斎藤長安と協議して1232年に「御成敗式目(貞永式目)」51カ条を制定した。 

【一個人 2013年12月号】
# 太田(45位)
・ 愛知県をはじめ、東海地方に多くみられ、東日本を中心に北海道にもみられる。
・ 太田道灌の家系は、頼政の子孫が丹波国大田郷に住んで太田氏を称した。
・ 武蔵の太田氏は武蔵国大田郷(埼玉県さいたま市岩槻区)をルーツとし、藤原北家秀郷流
・ 下野の太田氏は下野国太田荘をルーツとし、この系統は周防国(山口県)にも見られる。
・ 摂津の太田氏は渡辺党で頼親の子孫。
・ 尾張の太田氏は、、、、。

■ 掛川藩

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示