「小川」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 小川(おがわ)

【2016/08/18:改編】

# 29位【第一生命ランキング

# 第30位 約41万人【明治安田生命ランキング2008

# 第30位 約41万人【明治安田生命ランキング2013

# 全国順位(森岡浩ランキング): 31位

# 代表家紋: 「丸に木瓜紋」「右三つ巴紋(藤原北家秀郷流の結城氏族の小川氏)」

# 清和源氏桓武平氏藤原氏などに見られる。

# 小さな川を表す地名姓でルーツは常陸国。全国各地で興り、南関東、山陽に多い。

# 例えば、「大川」と「小川」、「大林」と「小林」を比べた場合、「小」のついた名字の方が多いと言われています。それは、「大川」の側よりも「小川」の側の方が住みやすいといった理由により、「小川」の側に住んだ人が多く、結果として「小川」の名字が増えたそうです。

 常陸の小川氏は常陸国小河郷(茨城県小美玉市)をルーツとし、清和源氏佐竹氏流。

# 上野の小川氏は上野国利根郡小川(群馬県利根郡みなかみ町)をルーツとし、沼田氏の支流。

# 武蔵の小川氏は武蔵国多摩郡小河郷(東京都あきるの市)をルーツとし、武蔵七党の一つの西党。

# 近江の小川氏は近江国神埼郡小川(滋賀県東近江市小川)をルーツとする。

# 筑後の小川氏は筑後国浮羽郡小川(福岡県久留米市田主丸町小川)をルーツとする。

# 秋田県の小川家

# 富山県の小川家

# 和歌山県の小川家

# 愛媛県の小川家

# アナウンサーの小川宏は東京都の出身。女優の小川真由美は東京都足立区の出身。歌手の小川知子は広島県広島市の出身。プロレスラーの小川直也は東京都杉並区の出身。

【一個人 2013年12月号】
# 小川(31位)
・ 全国的に分布するが、千葉県に多い。
・ 武蔵国の小川氏は武蔵国多摩郡小川郷をルーツとし、武蔵七党の西党の一族。小川氏は天皇家に納める馬を育てた小川を領していた。一族のうちの一部は、承久の乱の功で薩摩国甑島の地頭になり移り住んだ。
・ 尾張国の小河氏は尾張国知多郡をルーツとし、清和源氏浦野氏流。一族からは徳川家家臣の水野氏が出ている。
・ 近江国の小川氏は近江国神埼郡小川村をルーツとし、豊臣秀吉に仕えて伊予国今治7万石の小川祐忠が出ている。

■ 小川笙船

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示