「伊藤」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「あ」行の名字
「藤」族の名字  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 伊藤(いとう)

【2016/08/18:改編】

# 6位【第一生命ランキング

# 伊藤(5位)。

# 全国に約110万人

# 伊藤: 第6位 約115万人【明治安田生命ランキン2008

# 伊藤: 第6位 約114万人【明治安田生命ランキン2013

# 全国約114万人【道産子のルーツ事典 岸本良信 中西出版】

# 全国順位(森岡浩ランキング): 6位
# 全国密度順位(森岡浩ランキング): 秋田県 > 三重県 > 山形県
# 全国人口順位(森岡浩ランキング): 愛知県 > 東京都 > 北海道

# 代表家紋: 「庵に木瓜紋」「上がり藤紋」「下がり藤紋」「九曜紋

# 代表家紋: 「庵に木瓜紋」「上がり藤紋」「下がり藤紋」「九曜紋
・ 伊藤整(小説家・北海道松前町の出身): もとは藤原南家の伊東氏の出で、先祖は広島県三次市粟屋町の大庄屋で、伊藤に改姓した。
・ 伊藤博文元総理(山口県の出身): 「上がり藤紋」。元は越智宿禰姓の林家から父親が伊藤家に養子に入った。
・ 伊藤家(松坂屋): 
・ 伊藤忠兵衛(滋賀県の出身、伊藤忠商事の創業家): 
・ 三重県発祥の藤原北家秀郷流の伊藤家の代表家紋は「木瓜紋

# 三重県では人口の2.7%、愛知県では2.2%、岐阜県では1.7%、長野県では1%をしめる。

# 藤原北家_秀郷流_佐藤系などにみられる。

# 藤原南家伊東氏の子孫が伊藤氏に改姓したケースも多い。

# 伊勢の藤原氏の意味で、三重、愛知に多い。藤原北家藤原秀郷の五代孫の公清の裔の尾藤基景(もとかげ)が伊勢守となって伊勢国に土着したことに始まる。伊藤氏は伊勢北部を本拠地として発展し、尾張や美濃など濃尾平野全体に広まった。
・ 平将門を討った藤原北家秀郷の子孫である藤原景綱が、伊勢国度会郡古市荘(三重県伊勢市古市町)に住んだことから「伊勢の藤原」から伊藤氏を称した。伊藤姓の分布は愛知県が最も多く、ついで三重県の特に北伊勢に多くみられる。

# 伊藤氏は代々伊勢平氏に従い子孫は全国に拡がった。中でも三重や愛知はともかく、東北の日本海側の秋田や山形に多い。伊東は大分、福島でよく見る。 → 福島の「伊東美咲」などが代表か?いやたしかに福島県いわき市の出身だが旧姓は安斉だった。

# 長門国赤間関(山口県下関市)の伊藤氏は藤原北家利仁流

# 伊藤博文はもともと名字を「」と言っていたが、伊藤家に縁組みされ「伊藤」姓になった。元総理大臣の伊藤博文は長門国山口県)の出身。伊藤博文の家紋

# 小説家の伊藤左千夫は現在の千葉県山武市の出身。キャンディーズの伊藤蘭は東京都武蔵野市吉祥寺の出身。歌手の伊藤咲子は東京都の出身。俳優の伊藤克信は栃木県日光市の出身。俳優の伊藤淳史は千葉県船橋市の出身。

# 出羽国置賜郡岩倉村(山形県西置賜郡飯豊町)の旧家に伊藤家があり、戦国時代は最上家の家臣。

# 秋田県の伊藤家

# 東京都の伊藤家

# 新潟県の伊藤家

# 富山県の伊藤家

# 石川県の伊藤家

# 愛知県の伊藤家

# 三重県の伊藤家

# 滋賀県の伊藤家

# 山口県の伊藤家

【東北地方の苗字おもしろこぼれ話】鈴木常夫著 本の森 より
# 東北では7位の名字で、宮城県をはじめとした沿岸地域に多いと言われる。
# 山形県では他県とは異なり「伊東」が多い。それと、直接関係は無いが、山形県には「佐藤」も多いが「佐東」の名字もみられる。
# 宮城県岩手県の伊藤氏は、戦国時代の葛西氏の家臣に伊藤氏が多くみられたことに由来する。
# 秋田県雄和町の伊藤氏は加賀国からの落ち武者といわれる。
# 中世に、福島県の安積地方(郡山市)に、伊東氏を名乗る豪族がいた。伊達氏の家臣の大槻氏はこの伊東氏の支流。

【新編日本姓氏辞典】千葉琢穂編著 展望社 より

【伊藤】
・ 藤原氏族北家_秀郷流。秀郷第七代の裔佐藤公清の三男公澄(きんすみ)を祖とす。
・ 一説には、公清の裔基景が、伊勢に住んで伊藤を称す。

【知って楽しい「苗字」のウンチク 丹羽基二 PHP文庫】
# 伊藤
・ 東海地方に多く見られる。
・ 「伊勢の藤原氏」に由来する。
・ 伊勢神宮に奉仕する斎藤氏も、伊勢国を本拠とする同族。

【余談】
・ 「伊藤」の「伊」は「伊勢国」の「伊」だが、それを抜きにして、「伊」という漢字にはどういう意味があるのだろうか?
・ 伊: 「尹(いん)」は神官が手に神杖(しんじょう)を持つ形を意味する。「伊」は神の導きによって人を導く人で、聖者を意味する。

■ 参考姓氏: 伊東 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ 【名字と地名の掲示板】 御質問・御意見などはこちらにどうぞ。

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示