名字の博物館
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu こんな名字はあるのかな?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 書籍などの著者名から

# 秋月りす: OL進化論
# 秋本治: こちら亀有公園前派出所
# 浅井建彌: 日本全国「県境」の謎 実業之日本社
# 安倍夜郎: 深夜食堂
# 安保徹: 疲れない体をつくる免疫力 三笠書房
# 碇卯人: 杉下右京の事件簿 朝日新聞出版
# 池上彰: 知らないと損をする 池上彰のお金の学校 
# 井沢元彦: 逆説の日本史 小学館
# 榎本まみ: 督促OL修行日記
# 魚戸おさむ: 玄米先生のべんとう箱
# 牛山隆信: すごい駅「牛山隆信・メディアファクトリー」
# 内田康夫: 浅見光彦シリーズ他
# 大石学: 大江戸まるわかり事典 時事通信社
# 小和田哲男: 日本の歴史がわかる本 室町・戦国〜江戸時代編 三笠書房
# 川島令三: 〈図解〉配線で解く「鉄道の不思議」 東海道ライン編
# 北原雅紀: 玄米先生のべんとう箱
# 北見けんいち: 釣りバカ日誌
# 小宮一慶: 新版 新幹線から経済が見える 祥伝社黄金文庫
# 西岸良平: 鎌倉ものがたり、三丁目の夕日
# 鈴木武樹: 地名・苗字の起源99の謎 PHP文庫
# 関裕二: 古代の謎100問100答 PHP研究所
# 祖父江孝男: ケンミンまるごと大調査 ちくま文庫
# 武光誠: 知っておきたい日本の名字と家紋 角川ソフィア文庫
# 千早正隆: 日本海軍失敗の本質 PHP文庫
# 西村京太郎: 羽越本線 北の追跡者 
# 新田たつお: 静かなるドン
# 野村正樹: 鉄道ダイヤに学ぶタイム・マネジメント 講談社α文庫
# 蜂矢真郷: 古代語の謎を解く 大阪大学出版会
# 原武史: 鉄道ひとつばなし
# 弘兼憲史: 課長島耕作
# 堀江貴文: 刑務所なう。ホリエモンの獄中日記
# 三橋貴明: 国民の教養
# 宮脇俊三: ローカルバスの終点へ 洋泉社の新書
# 本宮ひろ志: 俺の空
# 森田浩: 県別名字ランキング事典 東京堂出版
# 矢野直美: おんなひとりの鉄道旅 東日本編・西日本編
# 八幡和郎: 戦国大名 県別国盗り物語―我が故郷の武将にもチャンスがあった!?  PHP新書
# 横山昭男: 山形県 謎解き散歩 新人物文庫  

■ 有名人や芸能人から
 昔は、芸能人と言えば芸名を使うのが当たり前と思っていたが、最近は本名を芸名に使っているケースも多く、アイドルなどを見ても珍しい名字にお目にかかることが多い。

# 剛力彩芽 ・ 本仮屋ユイカ ・ 能年玲奈

■ BSジャパン 平成25年4月11日18時「知られざる国語辞書の世界」
・ 映画の番宣?がらみだけど、さすがにテレ東らしい番組だ。マニアックな内容だが、結構ツボにはまった。辞書製作の裏事情なんかもわかったし、編集者は日頃から街中を歩いて「言葉の収集(ワードハンティング)」をしているんだね。そのためには「キャバクラ」にも行く。もっともこれは番組の企画だったのかな?
・ 出演者: 又吉直樹 ・ 矢口真里 ・ 小島慶子 ・ 松田龍平 ・ サンキュータツオ ・ 松丸友紀テレ東アナウンサー ・ 各辞書出版社の担当者
・ 語釈: 辞書の説明の部分を語釈というそうだ、「語の解釈」という意味だろう。
・ キャバクラ用語: 「太客: 客をいっぱい連れて来てくれる客」「細客:太客の逆」
・ 辞書のなかに、「ロールケーキ」と「スイスロール」が別に記載されているそうだ。似たようなものだと思っていたが、「ロールケーキとスイスロールの違いはクリームの層が薄いのがスイスロール」でこれらは違う物だそうだ。
・ 辞書の紙は薄くて丈夫。なぜなら、辞書の紙は針葉樹を原料としており、普通の紙の原料の広葉樹の繊維に長さが約1mmなのに対して、針葉樹の繊維は約5mmなのだそうだ。また、辞書の紙は薄くても裏写りしないのはチタン(二酸化チタン)が含まれているからなのだそうだ。

さて本題だが、「名字コレクター」としては、今回この番組の出演者から「名字」を拾ってみました。
・ 出演者: 又吉直樹 ・ 矢口真里 ・ 小島慶子 ・ 松田龍平 ・ 松丸友紀

■ 刑事シュート しゅうと&ムコの事件日誌(TBS系の2時間ドラマ)
# 百瀬哲夫北大路欣也、本名:淺井将勝): 調布北警察署捜査課を定年退職した刑事。→ちなみに「北大路」という芸名は、京都市内の「北大路」に自宅があることに由来する。
# 千本木久石垣佑磨): 調布北警察署捜査課の刑事。穂香(ほのか)の結婚相手。
# 百瀬穂香新山千春・現在は黒田千春) 哲夫の娘。
# 千本木辰子岡本麗、本名:戸塚あけみ): 久の母親。

■ 相棒(テレビ朝日系)
# 杉下右京(すぎした うきょう):  水谷豊(本名)。 警視庁特命係係長警部。
# 亀山薫(かめやま かおる): 寺脇康文(本名)。初代相棒で警視庁特命係 巡査部長。
# 神戸尊(かんべ たける): 及川光博(本名)。二代目相棒。警視庁特命係 警部補(元警視)。
# 甲斐享(かい とおる): 成宮寛貴。三代目相棒。警視庁特命係 巡査部長。
# 亀山美和子(かめやま みわこ)、旧姓:奥寺(おくでら): 鈴木砂羽(本名:吉川砂羽・旧姓:鈴木)。帝都新聞社会部記者(警視庁記者クラブ所属)からフリージャーナリスト。
# 宮部たまき(みやべ たまき): 益戸育江(本名)。「花の里」の初代女将で杉下右京の元妻。
# 月本幸子(つきもと さちこ): 鈴木杏樹(本名:山形香公子・かくこ)。 「花の里」の二代目女将。
# 笛吹悦子(うすい えつこ): 真飛聖。CAで甲斐亨の恋人。
# 伊丹憲一(いたみ けんいち): 川原和久。警視庁刑事部捜査一課7係 巡査部長。 「トリオ・ザ・捜一」のリーダー格。
# 三浦信輔(みうら しんすけ): 大谷亮介。警視庁刑事部捜査一課7係 巡査部長。「トリオ・ザ・捜一」
# 芹沢慶二(せりざわ けいじ): 山中崇史(本名:山中崇志)。警視庁刑事部捜査一課7係 巡査。ドラマの中では「島根県出身」の設定。
# 米沢守(よねざわ まもる): 六角精児(本名:山地克明・やまじ かつあき)。 警視庁刑事部鑑識課 巡査部長。
# 角田六郎(かくた ろくろう): 山西惇(あつし)(本名:畑中敦史)。警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策第5課長 警視。
# 内村完爾(うちむら かんじ): 片桐竜次(本名:羽多野貢二)。警視庁刑事部長 警視長。
# 中園照生(なかぞの てるお): 小野了。警視庁刑事部参事官 警視正。
# 大河内春樹(おおこうち はるき): 神保悟志(本名)。警視庁警務部首席監察官警視正。
# 小野田公顕(おのだ こうけん): 岸部一徳(本名:岸部修三・きしべ しゅうぞう)。警察庁長官官房室長(通称・官房長)警視監。
# 甲斐峯秋(かい みねあき): 石坂浩二(本名:武藤兵吉・むとう へいきち)。警察庁次長 警視監。甲斐享の父親。
# 浅倉禄郎(あさくら ろくろう): 生瀬勝久(本名)。 薫や美和子とは大学の同級生で、無二の親友だった男。
# 田端甲子男(たばた きねお): 泉谷しげる(本名:泉谷茂)
# 三好倫太郎(みよし りんたろう): 蟹江敬三(本名)
# 北条晴臣(ほうじょう はるおみ): 長門裕之(本名:加藤晃夫・かとう あきお)。元外交官。
# 本多篤人(ほんだ あつんど): 古谷一行(本名:古谷一行・ふるや かずゆき)。かつて左翼過激派のテロ組織「赤いカナリア」の大幹部。
# 早瀬茉莉: 内山理名(芸名)。本多篤人の娘。
# 片山雛子(かたやま ひなこ): 木村佳乃(本名:東山佳乃・ひがしやま よしの)。女性衆議院議員。
# 瀬戸内米蔵(せとうち よねぞう): 津川雅彦(本名:加藤雅彦・かとう まさひこ)。衆議院議員で法務大臣。
# 陣川公平(じんかわ こうへい): 原田龍二(本名:平井雅章)。元特命課員。
# 相原誠(あいはら まこと): 萩原聖人(芸名)
# 佐古秀樹: 山崎一(やまざき はじめ)。警視庁滝沢署刑事課の刑事(巡査部長)。
# 長谷川宗男: 國村隼(じゅん・本名:米村喜洋)。警視庁副総監兼警務部長。「影の管理官」という裏の顔を持つ。
# 金子文郎: 宇津井健。警察庁長官。
# 田丸寿三郎: 品川徹。警視庁警視総監。
# 岩月彬: 田中圭。警視庁サイバー犯罪対策課専門捜査官。
# 守村やよい: 本仮屋ユイカ(本名)。 東京ビッグシティマラソン爆破予告事件の関係者だった女性で現在はジャーナリストの卵。
# 大久保康雄: 阿南健治。帝都新聞記者で、警視庁記者クラブのキャップを務める美和子の元上司。
# 鹿手袋啓介(しかてぶくろ けいすけ): 西村雅彦。元帝都新聞政治部記者で美和子の先輩。
# 武藤かおり: 松下由樹(本名:松下幸枝)。 弁護士。
# 三雲法男: 石橋凌(本名:石橋秀樹・いしばし ひでき)。裁判官。
# 瀬田宗明: 渡哲也(本名:渡瀬道彦・わたせ みちひこ)。弁護士、元法務大臣。
# 矢木明(やぎ あきら): 高橋克実。「チャンドラー探偵社」。
# アキコ・マンセル: 草村礼子(本名:野口禮子・のぐち れいこ)美和子の伯母。イギリス人と結婚してロンドン在住。
# 杉下花(すぎした はな): 原沙知絵。右京の遠縁で、ニューヨーク在住のフォトグラファー。
# 磯村茜(いそむら あかね): 戸田恵子(芸名)。薫の実姉で新潟県在住。
# 相棒 第三話 「大学病院助教授、墜落殺人事件!」に出てくる外科医の「佐野先生?」役を演じていたのが、俳優の東根作寿英(とねさく としひで)。
# 相棒12の第4話「別れのダンス」2013年11月6日放送: 殺されたのは「茂手木」。大澄賢也演じる「須永肇」。ボールルームダンス界の若手ホープ「芳川」。
# 相棒3
・ 第12話 人間爆弾: 爆弾犯人は塩塚。もと、自衛官。
・ 第13話 書き直す女: 殺された劇作家の龍一。第一発見者はすし屋の店員の魚住次朗。
・ 第4話 「誘拐協奏曲」より。ネット通販のネクストライフの常務の井勢谷(いせや)、筆頭株主の佐々原妙子。
・ 第5話 「潜入捜査」より: ITベンチャー企業の「ドラゴン」の社長、北潟(きたかた)誠吾。
# 相棒4
・ 第一話 閣下の城: 閣下(北条晴臣)の顧問弁護士。安岡喜一郎、棟居均、宮添卓也。使用人の郷内繭子。
・ 第二話 殺人講義: イーストサイドマンションの管理人は遠山ちず。死亡した入居者は島田加奈子。加奈子の勤め先の成華大学心理学研究室の教授は春日秀平。
・ 第三話 黒衣の花嫁: 殺された海老原が大学時代に付き合っていたのは、浅葉ハルミ。
・ 第四話 密やかな連続殺人: 元警察官でおでん屋の主人は佐古秀樹。
・ 第六話 波紋: 交番勤務の警察官は下薗司。殺人事件があったアパートの隣室の男は新井山宗次。
・ 第七話 監禁
・ 第八話 冤罪: 室園悦子弁護士。緑川警察署の安城警部補。自首した犯人は篠宮ゆかり。
・ 第九話 殺人生中継
・ 第11話 緑の殺意: レストランに野菜を提供する農園主の野崎春菜。レストランのオーナー?の川端敏臣。レストランのシェフは久保寺川端の部下の倉持
・ 第12話 最後の着信: 殺されたのは幸太郎。その他の登場人物の鷲頭(わしず)一郎。
・ 第13話 アゲハ蝶
・ 第14話 殺人セレブ: 殺されたのは主婦の五島香苗。竹下弥生、仁科世理子。
・ 第15話 天才の系譜: 船頭の金田二ノ宮
・ 第16話 告発の行方: 堂島丈一。国会議員の古賀由紀男の秘書の赤枝文和。創起出版の編集長の栗又
・ 第17話 節約殺人: 松原宣子。馬場香織。
・ 第18話 ついてない女: 月本幸子。向島茂。
・ 第19話 七人の容疑者: 御子柴監督。プロデューサーの曽根ゆり子。
・ 第20話 桜田門内の変: 轟木一郎太警部。亀山薫の姉は磯村茜。留置管理課の泰良哲郎。
# 相棒12最終回スペシャルと名字の意外な関係
# 相棒14の新相棒は、反町隆史演じる「冠城 亘」(かぶらぎ わたる)。なんでも法務省のキャリア官僚で、警視庁に人事交流で出向中とのことです。早速、この名字をチェックしてみました。
# 相棒14 第10話「英雄〜罪深き者たち」(平成28年元日スペシャル)
・ 音越栄徳官房長官(西村和彦)
・ 片山雛子(木村佳乃)議員
・ 杉下右京(水谷豊)
・ 三浦信輔(大谷亮介)元捜査一課
・ 本多篤人(古谷一行)極左グループ「赤いカナリア」の元幹部
・ 茉莉(内山理名)
・ 亘(反町隆史)
・ 植村明梨(武田梨奈)村役場の職員
・ 米沢(六角精児)警視庁鑑識課
・ その他のゲスト: 武田梨奈・橋本さとし・郭智博。
・ 脚本(真野勝成)・ 監督(橋本一)

■ テレ朝土曜ワイド劇場「おかしな刑事」
・ 鴨志田新一 ・ 伊東四朗
・ 岡崎真実 ・ 羽田美智子

■ テレ朝土曜ワイド劇場「おかしな二人」
平島兵助(伊東四朗): 深川北署刑事課刑事で巡査部長。
田宮京子(小林聡美): 東京地検捜査部検事で、実は兵助の娘。
大根謙三(雨宮良): 第二話(能登金剛殺人事件)でゲスト出演。読みは「おおね」で能登半島在住。

■ 釣りバカ日誌 → 釣りバカ日誌にみる名字の様々

■ ジパング(かわぐちかいじ)
# 海軍少佐の草加拓海岩手県盛岡市の出身で旧南部藩士族。
# 海上自衛隊のイージス艦の「みらい」の副長の角松洋介二佐。
# 上海陸戦隊連絡将校如月克己中尉。
# 第37代総理の米内光政(実在の人物)
# 朝日新聞航空部の塚越堅爾機関士。

■ あんどーなつ・江戸和菓子職人物語
# 年金暮らし?のご隠居さん(大住喜八郎)で、実は安藤奈津の祖父で大住物産の会長。大住物産の創業家に婿に来る前は「佐嶋」姓。
# 大住物産会長の大住喜八郎の秘書は成瀬。運転手は吉田
# 茶道の一ツ橋流の家元で奈津の祖母の「一ツ橋あやめ」。

■ 第二次安倍内閣の閣僚
# 安倍晋三(あべ しんぞう): 内閣総理大臣
# 麻生太郎(あそう たろう): 副総理、財務大臣
# 新藤義孝(しんどう よしたか): 総務大臣
# 谷垣禎一(たにがき さだかず): 法務大臣
# 岸田文雄(きしだ ふみお): 外務大臣
# 下村博文(しもむら はくぶん): 文部科学大臣
# 田村憲久(たむら のりひさ): 厚生労働大臣
# 林芳正(はやし よしまさ): 農林水産大臣
# 茂木敏充(もてぎ としみつ): 経済産業大臣
# 太田昭宏(おおた あきひろ): 国土交通大臣
# 石原伸晃(いしはら のぶてる): 環境大臣
# 小野寺五典(おのでら いつのり): 防衛大臣
# 菅義偉(すが よしひで): 内閣官房長官
# 根本匠(ねもと たくみ): 復興大臣
# 古屋圭司(ふるや けいじ): 国家公安委員会委員長
# 山本一太(やまもと いちた): 内閣府特命担当大臣、(沖縄及び北方対策科学技術政策 宇宙政策)
# 森まさこ(もり まさこ): 女性活力・子育て支援担当
# 甘利明(あまり あきら): 経済再生担当、社会保障・税一体改革担当
# 稲田朋美(いなだ ともみ): 行政改革担当

■ 140905: 第二次安倍改造内閣閣僚
# 安倍晋三(あべ しんぞう): 内閣総理大臣
# 麻生太郎(あそう たろう): 副総理、財務大臣
# 高市早苗(たかいち さなえ): 総務大臣
# 松島みどり(まつしま みどり): 法務大臣
# 岸田文雄(きしだ ふみお): 外務大臣
# 下村博文(しもむら はくぶん): 文部科学大臣
# 塩崎恭久(しおざき やすひさ): 厚生労働大臣
# 西川公也(にしかわ こうや): 農林水産大臣
# 小渕優子(おぶち ゆうこ): 経済産業大臣
# 太田昭宏(おおた あきひろ): 国土交通大臣
# 望月義夫(もちづき よしお): 環境大臣
# 江渡聡徳(えと あきのり): 防衛大臣
# 菅義偉(すが よしひで): 内閣官房長官
# 竹下亘(たけした わたる): 復興大臣
# 山谷えり子(やまたに えりこ): 国家公安委員長など
# 山口俊一(やまぐち しゅんいち): 内閣府特命担当大臣 (沖縄及び北方対策 科学技術政策 宇宙政策)
# 有村治子(ありむら はるこ): 女性活躍担当、 行政改革担当など
# 甘利明(あまり あきら): 内閣府特命担当大臣 (経済財政政策)
# 石破茂(いしば しげる): 地方創生担当内閣府特命担当大臣 (国家戦略特別区域)

■ 参議院山口補欠選挙候補(平成25年4月28日)より
# 江島潔元下関市長(自民党公認・公明党推薦)
# 藤井直子(共産党公認)
# 河井美和子(諸派)
# 平岡秀夫元法相(民主党・みどりの風推薦) 

■ 静かなるドン(新田たつお)
# 新撰組総長の近藤静也。
# 新撰組突撃隊長の猪首(いのくび)硬四郎。
# 新撰組傘下の肘方組組長の肘方年坊。
# 新撰組傘下の生倉組組長の生倉
# 新撰組最武闘派鳴門組組長の鳴門

■ サザエさん
# フグ田サザエ: 主人公。さすがにこの名字は確認できませんでした。
# 磯野波平: この「波平」という名字があります。
# 磯野カツオ: サザエさんの弟で小学5年生。 → 芸能人に磯野貴理子がいる。
# 波野ノリスケ: サザエさんの従兄弟。 → 
# 波野タイ子: ノリスケの妻。旧姓は入江
# 伊佐坂難物: サザエさんの隣の小説家。 → この名字はあり。
# 穴子さん: マスオさんの同僚。 → この名字は確認できず。
# 野沢リカ: タラちゃんのお友達。
# 中島弘: カツオの同級生。
# 花沢花子: カツオの同級生。 → この名字は結構多い。
# 大空カオリ: カツオの同級生。

■ 吊されアンコウ: 流一(本名:有正真一郎)原作の私立探偵・紅門福助(くれないもん ふくすけ)より
・ ナンバーワンホステスの能条貴代(のじょうたかよ)
・ 店の常連客の伊佐弘光(絵本作家)
・ バーのママの弓木圭子
・ 警視庁の村原警部
・ 能条貴代の妹の瀬戸脇真奈

■ 玄米せんせいの弁当箱(魚戸おさむ
・ 主人公の玄米先生は「結城玄米」。農学部の「茶花教授」と「多摩教授」。農学部研究員の「嵐山雪乃」。農学部学部長の「江戸川正直(山形県出身の設定)」。大学の掃除のおばちゃんの「津屋崎ハマ子」

■ 麻酔科医ハナ(なかお白亜)
・ 華岡ハナコは主人公の研修医を終えたばかりの麻酔科医。世界で初めて全身麻酔を行った華岡青洲(はなおか せいしゅう)に由来するネーミングなんでしょうねぇ。この名字は現代でもあるようですが、稀少姓のようです。火浦先生はハナのオーベン。仁村(にむら)先生。卯月先生は医局長。浅野目先生は麻酔科の先輩女医。

■ 内田康夫シリーズ

※ 浅見光彦シリーズをはじめとした内田作品だが、結構作品中に出てくる人の名字や名前は、実在の「知人」「編集者」「取材先の人」「浅見光彦倶楽部の会員」など、実在の人たちのものを使っているようです。

# BSフジの「浅見光彦シリーズ20 化生の海−北前船殺人事件−」。この番組の準主人公とも言えるのが北海道の余市に住む三井所剛史(中島久之)という男性。

# BSフジの「浅見光彦シリーズ20 化生の海−北前船殺人事件−」から「宇戸竹三」もチェック。

# ぼくが探偵だった夏
・ 咲花(さくはな)宏美: 浅見光彦が小学校5年生の時の担任の先生は咲花(さくはな)宏美。

# 後鳥羽伝説殺人事件 内田康夫 より
・ 芸備線の三次駅の駅員の新祖(しんそ)。駅の跨線橋で殺されたのは東京のOLの正法寺美也子。
・ 光彦の妹の死亡の直接的な原因は、島根県仁多町字美女原の小野安雄(民宿)宅裏山の土砂崩れ。

# 贄門島(にえもんじま):  内田康夫
・ 浅見光彦の甥で中学生の雅人。姉の智美(さとみ)はミッション系の女子高生。
・ 浅見光彦の父の秀一が大蔵省主計局長の時に仕えた大蔵大臣が廣部英視(ひろべ ひでみ)。
・ 光彦が千葉県大原で出会ったルポライターが平子(ひらこ)裕馬。平子の高校の同級生は柿島

# 貴賓室の怪人「飛鳥」編
浅見光彦
内田康夫・真紀(軽井沢在住の小説家夫妻)
神田功平・智恵子(病院理事長夫妻)
松原京一郎・泰子(元貿易会社社長夫妻)
後閑富美子(自動車部品会社会長)
後閑真知子(自動車部品会社監査役・富美子の妹)
和田隆正(出版社取締役)
草薙由起夫・郷子(某銀行の元重役夫妻)
牟田広和・美恵(美術商夫妻)
小泉日香留・絢子(東京在住の老夫婦)
堀内清孝・貴子(不動産会社会長夫妻)
小潟真雄・明美(群馬県在住の会社役員夫妻)
小松田嗣・佳子(元デパート役員夫妻)
大平正樹・信枝(船舶会社会長夫妻)
後藤大介・瑞依(元岩手県警の警察官夫妻)
村田満(某会社の秘書室勤務)
石川得介(飛鳥の乗客の最長老で元海軍の勇士)
八田野英之(飛鳥の船長)
勝俣浩(飛鳥の機関長)
花岡文昭(飛鳥のチーフパーサー)
堀田久代(飛鳥のソーシャルオフィーサー)
江藤美希(飛鳥のクルーズコーディネーター)
福田直起(飛鳥の二等航海士)
船越脩(飛鳥の船医)
植竹ひで子(飛鳥の看護婦)
高原勝彦(飛鳥の料理長)
橋口均(飛鳥のレストランマネージャー)
塚原正之(飛鳥のフィットネスクラブのインストラクター)
志藤博志(飛鳥のマジシャン)
岡部和雄(警視庁捜査一課警視・実は警部?)
神谷(警視庁捜査一課警部補)
坂口(警視庁捜査一課巡査部長)

# イタリア幻想曲(貴賓室の怪人2)
・ トスカーナツアーのメンバー
牟田広和・美恵(老舗の美術商夫妻)
入澤稔夫・麻里奈(静岡県の食品会社会長夫妻)
石神敬史(機械メーカー顧問)
萬代弘樹(大阪のお好み焼きチェーン店経営者)
永畑貴之(貿易会社相談役。元ドイツ大使館の一等書記官)
野瀬真抄子(フィレンツェ国立修復研究所職員。ツアーガイド、通訳)
若狭優子(イタリアで結婚。ヴィラの手伝い)
石渡章人(イタリア在住の画家兼ニュースカメラマン)
久世寛昌(若き日の浅見陽一郎がカッラーラで出会った日本人)
堂本修子(久世寛昌の妹)

■ その他

# 白戸(家): これはソフトバンクのCMでも有名な一家です。まぁ、架空の家族とは言え、真面目に分析してみました。
# 神宮寺高志: 小林稔侍が演じる天才外科医で、TBSドラマ「真実を追う男」の主人公。
# テレビ東京:「ガンリキ 警部補・鬼島弥一」の警視庁捜査一課管理官。三島紀子(宝積有香

# 半沢直樹: TBSの日曜劇場の「半沢直樹」。主演は「堺雅人」。
# 十津川省三(とつがわ しょうぞう): 西村京太郎の推理小説のシリーズの主人公)
# 亀井定雄(かめい さだお): 十津川警部の相棒。
# 本多時孝(ほんだ ときたか): 十津川警部の上司の警視庁捜査一課長。
# 金田一耕助(きんだいち こうすけ): 横溝正史の推理小説の主人公の探偵。この「金田一」の命名の逸話はWikipediaに書いてあるので、見て貰いたい。

# 2014年2月9日投開票の東京都知事選挙の主な候補者
・ 宇都宮健児氏: 元日弁連会長。愛媛県東宇和郡高山村(現:西予市明浜町)出身。
・ 細川護熙: 元内閣総理大臣。東京府東京都出身(地元は熊本県)。
・ 田母神俊雄: 元航空幕僚長。福島県郡山市出身。出身地らしい名字だ。
・ 舛添要一: 元厚生労働大臣。福岡県北九州市出身。出身地らしい名字だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示