家 系
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 上杉(うえすぎ)家 【名字の由来の詳細

# 丹波国何鹿郡上杉荘(京都府綾部市上杉町)をルーツとする。
# 藤原北家勧修寺高藤の子の清房が鎌倉に下向し上杉荘を領したのに由来する。

【山内上杉氏】
・ 山内家は1363年に憲顕が関東管領となり、1379年に憲方が鎌倉山内に住んだのに由来する。
・ 1558年に憲政が越後守護代長尾景虎の許に行き、名跡を景虎に譲り滅亡した。

【宅間上杉氏】
・ 宅間家は、鎌倉宅間(鎌倉市浄明寺)に住んだのに由来する。
・ 後に没落する。

【犬懸上杉氏】
・ 犬懸家は憲藤が鎌倉犬懸(鎌倉市浄明寺)に住んだのに由来する。
・ 朝房は上総と信濃の守護を務める。
・ 1417年に滅亡。

【扇谷上杉氏】
・ 扇谷家は重顕が鎌倉扇谷(鎌倉市扇ケ谷)に住んだのに由来する。

【越後上杉氏】
・ 上杉謙信の越後上杉氏は桓武平氏長尾氏の一族。
・ 1561年に越後守護代を務めていた長尾景虎が、山内上杉氏の名跡を継いだ。
・ 豊臣秀吉の時代には会津若松120万石を領す。
・ 江戸時代には出羽国米沢30万石(後に15万石)を領す。
・ 支藩に米沢新田藩の上杉家がある。

★ 大内(おおうち)家 【名字の由来の詳細

# 地名姓で各地に大内姓がある。

【守護大内氏】
・ 周防の大名の大内氏は百済聖明王の子の琳聖太子の子孫と称すが、多々良氏の出と言われる。
・ 平安時代末期の大内盛房が周防介になり、鎌倉時代には在庁官人として周防権介を世襲でつとめた。
・ 後に周防、長門、石見の守護をつとめた。
・ 1557年に毛利氏に滅ぼされた。

【伊賀大内氏】
・ 伊賀国伊賀郡大内郷(三重県上野市)をルーツとし、伊賀の守護をつとめた大内氏は清和源氏平賀氏の一族。

【常陸大内氏】
・ 常陸国那珂郡大内(茨城県那珂郡那珂町)をルーツとする大内氏は清和源氏佐竹氏流で佐竹行義の三男の義高が大内氏を名乗った。

【駿河大内氏】
・ 駿河国庵原郡大内(静岡県静岡市清水区)をルーツとする大内氏は藤原南家工藤氏の支流。

【その他】
・ 下野の大内氏は下野国芳賀郡大内(栃木県)をルーツとし、藤原北家秀郷流
・ 加賀の大内氏は加賀国江沼郡大内村(石川県加賀市)をルーツとする。

★ 大江(おおえ)氏 【名字の由来の詳細

# 山城国乙訓郡大枝郷(京都府京都市)をルーツとする。
# 790年に桓武天皇の外祖母の土師氏が大枝朝臣の姓を賜り、866年に大江氏に改姓した。

【公家大江氏】
・ 学問の分野で栄え、菅原道真の失脚で地位を高めたが後に没落した。子孫は北小路氏を名乗る。

【武家大江氏】
・ 大江雅光の子の広元が1184年に源頼朝に招かれて鎌倉に下向し、鎌倉幕府の創設に貢献した。

【仙台藩士大江氏】
・ 武家の大江氏と同族。

【対馬大江氏】
・ 対馬国上県郡大江(長崎県上県郡上県町)をルーツとし、宗氏の支流。

★ 織田(おだ)家 【名字の由来の詳細

# 織田信長の家系は、平重盛の子の資盛を祖とし、平家滅亡の際に資盛の妻は幼児だった親真を連れて近江国蒲生郡津田荘(滋賀県近江八幡市)に逃れ、親真が後に越前国敦賀郡(福井県)の織田剣神社の神官になり織田家を興した。ただ、現在は別の説もあるようだ。

【尾張織田氏】
・ 越前の織田氏が斯波氏に仕え、斯波氏が尾張の守護になったのに従って尾張に移った。これが信長の家系。

【丹波柏原藩主主織田氏】
・ 信長の次男の信雄は徳川家康に仕え、1615年に大和松山藩5万石で入封し、1695年に丹波柏原2万石に転封となる。

出羽天童藩主織田氏】
・ 1616年に信雄の三男の信良が2万石を分地され、1617年に上野小幡藩に入封した。後に出羽国高畠を経て1830年に出羽国天童に転封となる。

【大和芝村藩主織田氏】
・ 織田信長の弟の長益(有楽斎)が江戸幕府で大和山辺で3万石を領した。その子の長政は1615年に大和戒重藩1万石を立藩し、後に芝村に転封。

【美濃織田氏】
・ 旗本の織田氏で、支流は美濃国方県郡佐野に住んで佐野織田氏となった。

★ 斯波(しば)家 【名字の由来の詳細
 
# 陸奥国斯波郡(岩手県紫波郡)をルーツとする。
 清和源氏義家流で鎌倉時代に足利泰氏の子の家氏が陸奥国斯波郡に下向し高水寺城を本拠として斯波氏を名乗った。
# 南北朝時代に斯波高経が足利尊氏に従って新田義貞を討ち、越前・若狭の守護になった。
# 室町時代には度々管領を務めた。
# 尾張、遠江、信濃、若狭、越前、越中、能登、佐渡の守護を務めた。
# 1471年に朝倉孝景に越前守護職を追われ没落した。
# 尾張の斯波氏も応仁の乱で没落。
# 江戸時代には加賀藩の家老に斯波氏がいた。

★ 畠山(はたけやま)家 【名字の由来の詳細

武蔵国男衾郡畠山郷(埼玉県深谷市畠山)をルーツとする。
# 本来は桓武平氏だが、後に清和源氏になった。

桓武平氏畠山氏】
・ 秩父重綱の子の重弘が畠山氏を名乗った。
・ 重弘の孫の重忠は、当初は平家に従ったが、後に源頼朝に従った。
・ 1205年に北条義時に敗れて滅亡した。

清和源氏畠山氏】
・ 平姓の畠山氏が滅亡後、重忠の妻が足利義純に嫁ぎ、以後義純は畠山氏を名乗った。
・ 後に「河内畠山氏」と「能登畠山氏」に分裂した。

【河内畠山氏】
・ 河内畠山氏は基国が1391年に山名氏清を討ち、1398年には室町幕府の管領になった。

【能登畠山氏】
・ 基国の次男の満則が能登の守護になったのを祖とする。
・ 1577年に上杉謙信に破れ、江戸時代には高家として3000石を領した。

【日向畠山氏】
・ 北朝の畠山義顕が下向して日向の守護になったのが始まり。
・ 1358年に菊池氏、1360年に島津氏に敗れて衰退した。

【薩摩畠山氏】
・ 1332〜1355年頃に薩摩国河辺郡坊津(鹿児島県坊津町)に移り住んだのが始まり。江戸時代は薩摩藩士。

【陸奥畠山氏】
・ 畠山国氏が足利尊氏に従って奥州の管領となったが、吉良貞家に滅ぼされた。
・ 国氏の子の国詮は二本松に住んで二本松氏の祖となった。
・ 陸奥黒沼(宮城県登米郡中田町)の畠山氏は二本松氏の支流。

★ 細川家 【名字の由来の詳細

# 三河国額田郡細川郷(愛知県岡崎市細川)をルーツとする。
# 清和源氏義家流足利氏: 足利義康の子の義清が細川郷に住んで細川氏を名乗った。
# 鎌倉時代は幕府の御家人を務め、足利尊氏の挙兵に従って、室町幕府では八カ国の守護を務め、後に管領となった。
頼之の後の細川家はいくつもの分家に分かれた。

【京兆(けいちょう・右京太夫の唐名)家(上屋敷)】
・ 細川家の嫡流となった頼元が右京大夫となったため「京兆」家と言われた。子孫は、摂津・丹波・讃岐・土佐の四カ国の守護を世襲し、管領を務めた。後に、豊臣秀吉に追放されて滅亡。

【阿波家(下屋形家)】
・ 1381年に阿波国の守護になった義之が祖で、阿波国の守護を世襲で務めた。後に一色氏を討って三河の守護も務めたが、応仁の乱後衰退した。

【淡路細川氏】
・ 1336年に淡路国の守護になった師氏が祖で、淡路国の守護を世襲で務めた。1519年に三好之長に破れて滅亡。

【備中細川氏】
・ 1393年に備中の守護になった満之が祖で、備中の守護を世襲で務めた。1515年に京兆家が備中の守護を務めるようになり断絶。

【和泉上守護細川氏】
・ 1408年に和泉国の半分の守護になった頼長が祖で、1500年に畠山尚順に破れて没落したが後に細川幽斎(肥後細川家)が再興した。
・ 肥後細川家の別姓は長岡といい、妾腹の子などは長岡を名乗った。

【和泉下守護細川氏】
・ 1408年に和泉国の半分の守護になった基之が祖で、1531年に滅亡。

【典厩(てんきゅう・右馬頭の唐名)家】
・ 管領の細川満元の三男の持賢が祖。

【奥州細川家】
・ 顕氏の養子の業氏が祖で、陸奥守を務めたが、戦国末期に滅亡。

【宇土藩主の細川氏】
・ 細川幽斎(藤孝)の孫の立孝の子の行孝が、肥後細川家から分地(3万石)した。

【谷田部藩主の細川氏】
・ 関ヶ原の合戦後の1601年に幽斎(藤孝)の次男の興元が下野国芳賀郡で1万石を与えられたのが祖。

【熊本藩の家老の細川氏】
・ 細川忠興の長男の忠隆の子孫で、長岡氏を称して熊本藩の家老を務めた。明治維新後細川姓に戻り男爵になった。評論家の細川隆元や甥の隆一郎はこの家系。

★ 前田(まえだ)家 【名字の由来の詳細

# 地形姓で全国にみられる。

【加賀藩主前田家】
・ 菅原氏の出(美濃斎藤氏の出)で、美濃国安八郡前田(岐阜県安八郡神戸町)をルーツとするが詳細は不明。
・ 前田利家の父の利昌(春)が尾張国海東郡前田(愛知県名古屋市中川区)を領して荒子城を本拠とした。
・ 利昌の四男の利家が織田信長に仕え、1575年の越前府中3万3000石を領し、1581年に能登一国に転じた。
・ 本能寺の変後、豊臣秀吉から加賀北国を与えられ金沢城を本拠とした。
・ 関ヶ原の戦い後119万石となる。
・ 三代藩主の利常が隠居の際に次男利次に越中富山10万石を、三男利治に加賀大聖寺7万石を分地した。

【越中富山藩主前田家】
・ 1639年に三代藩主の利常の次男の利次が祖。

【加賀大聖寺藩主前田家】
・ 1639年に三代藩主の利常の三男の利治が祖。7万石から後に10万石になる。

【上野七日市藩主前田家】
・ 初代藩主の前田利家の五男の利孝が1616年に上野国で1万石を分地されたのが祖。

【小松城代前田家】
・ 二代藩主の前田利長の弟の利政の子の直之が加賀藩の家老となり代々1万1000石を領した。

【加賀藩家老前田対馬守家】
・ 前田利家の娘を妻とした前田長種は2万石を領した。

【加賀大聖寺藩家老前田家】
・ 加賀大聖寺藩主の一族。

【丹波亀山前田家】
・ 豊臣秀吉の五奉行の一人の前田玄以の家系で藤原北家利仁流
・ 織田信長から豊臣秀吉に仕え丹波亀山5万石を領した。
・ 関ヶ原合戦で西軍につき、一旦は所領を安堵されたが、1601年に除封となった。

【讃岐前田家】
・ 讃岐国山田郡前田村(香川県高松市)をルーツとし、十河氏の支流。

出羽前田家】
・ 出羽国大曲城の前田氏は小野寺氏の支流。

【薩摩前田家】
・ 薩摩の前田家は、薩摩国満家院前田(鹿児島県日置郡郡山町)をルーツとし、比志島栄尊の四男の栄秀が祖で島津氏に仕えた。
・ 薩摩国東郷の前田家は桓武平氏で薩摩渋谷氏の支流で島津氏に仕えた。

★ 最上(もがみ)家 【名字の由来の詳細】 → 山形藩

# 出羽国最上郡をルーツとする。
# 清和源氏の出で、足利氏の一族の斯波兼頼が羽州探題となって羽前国最上郡に土着し最上氏を名乗った。

大崎家兼の子の兼頼が最上氏を名乗った。
# 1590年に豊臣秀吉に従い、関ヶ原の戦いでは東軍に属し江戸幕府では出羽国山形57万石を領す。
# 1622年に除封となり、最終的に最上義光の子の義智は高家5000石として近江国蒲生郡大森(滋賀県蒲生郡蒲生町大森)を領した。
# 最上義光の四男の山野辺義忠は水戸藩の家老となる。


# 管領(かんれい):  室町幕府の役職で将軍を補佐して政務を統括した。室町中期以後は「斯波」「細川」「畠山」の三氏が交代で就任したので三管領という。
# 守護:  鎌倉時代以後一国ごとに設置された武家の軍事的行政官。
# 守護代:  守護の職務を代行する役人。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

統計表示